番組内容【誤嚥】の検索(関連度順)

    133件中、1~20件を表示
 
  • ...肺炎について。肺炎で死亡する人の9割が65歳以上。大田区・昭和大学歯科病院を取材した。食べ物などが気管に入ってしまう「誤嚥性肺炎」が急増するの...
  • ...が衰えてくる。通常、食べ物や飲み物は口から食道に入って胃に運ばれるが、のどが衰えると気管へ誤って入ってしまう。これを誤嚥と呼ぶ。誤嚥を繰り返すと...
    •     [ 2017年 12月 9日 10:30 ] 特別編
  • ...が鈍くなり、気管に異物が入りやすくなる。食事中にむせるということは、食べ物が気管に間違って入っているというサインで、誤嚥が続くと食べ物や口の...
  • ...に、セキをして追い出すセキ反射が弱くなる。セキ反射が弱いことなどから起きる誤嚥性肺炎は、脳血管障害や生活習慣病などの因子によって発症する可能性...
  • ...高橋先生が解説。正常な嚥下は、気管に蓋をして食堂に送り込む。蓋が閉まらないと誤嚥となりむせてしまう。脳と関係があるという。脳からの刺激が十分...
  • ...ところ、腹膜炎を起こして生死をさまよったとのこと。 この後は「盲腸は切っても大丈夫?」 このあと、のどが関係する病気に迫る。 このあと、誤嚥...
  • ...とした」と発表した。 中華の料理人・周富徳さん(71)が誤嚥性肺炎のため亡くなった。周富徳さんは多くのテレビ番組にも出演し、「炎の料理人」として...
  • ...肺炎で、近年では誤嚥性肺炎が急増している。誤嚥とは食べ物や飲み物が誤って気管に入ってしまうことで、誤嚥が原因の肺炎が誤嚥性肺炎だと...
  • ...さんの頭は浮いており支えになっていない。山田朱織医師が真壁刀義さんに合う枕を診断した。 モーリー・ロバートソンさんに見つかったリスクは「誤嚥性...
  • ...多様で、肺炎球菌性肺炎、マイコプラズマ肺炎、誤嚥性肺炎、が3大肺炎と言われている。今回はそんな肺炎の予防法を教える。 池谷敏郎先生と肺炎...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 次のページ