番組内容【静岡大学防災総合センター】の検索(日時順)

    36件中、1~20件を表示
 
  • ...がでているという。 静岡大学防災総合センターの専門家は土砂災害の危険度について「危険度分布は予測情報も含めている。紫はの範囲が午前中...
  • ...夜の深層NEWSでは、こうした避難を円滑に行うためには何が必要かを議論した。静岡大学防災総合センター・牛山素行教授は「『大変なこと...
  • ...いるが災害とかあまり経験なかった事から避難しなくても大丈夫だろうという軽い気持ちだった話す。このように危機感が薄く避難が遅れたという。静岡大学...
  • ...1500ミリを超え、東京の1年間に降る量と匹敵すると話した。静岡大学防災総合センター教授は5日から8日までの全国雨量は553億立方メートル、年間...
  • ...。静岡大学防災総合センターの牛山教授によると、流木によって色々なところが遮られることで川の氾濫が早まったり普段水が流れない場所にも水...
  • ...オープニング映像。 静岡大学防災総合センターの牛山素行氏は災害時の避難情報について説明。危険性の低さから「避難準備情報」、「避難勧告...
  • ...さんの自宅は水に浸かってしまった。 静岡大学防災総合センター牛山素行教授は住民への聞き取り調査を行っている。牛山さんは「テレビ・ラジオの情報...
  • ...さんの自宅は水に浸かってしまった。 静岡大学防災総合センター牛山素行教授は住民への聞き取り調査を行っている。牛山さんは「テレビ・ラジオの情報...
  • ...、周辺住民に河川災害のメカニズムを理解してもらうことが欠かせないと唱える。 三宅大作記者と静岡大学防災総合センター・牛山素行教授が解説。避難...
  • ...をかけていく」とコメントした。静岡大学防災総合センター牛山素行教授は「危険な場所に住んでいる方は、積極的に早めの安全行動を取ることが重要」と...
  • ...。また静岡大学防災総合センター客員教授は「現在きょう比較的地震活動が少ないからといって、箱根の今回の活動がおさまってくるのではないかという判断は...
  • ...ある。静岡大学防災総合センターの専門家は、「自分の地域がどういう災害が起こりやすいか日ごろから確認しておくことが重要である」と述べた。 早めの...
  • ...たのはそれから30分後だったという。 静岡大学防災総合センターの牛山素行教授は相次ぐ自然災害の中で行政に依存するのではなく、自らが判断...
  • ...それから30分後だったという。 静岡大学防災総合センターの牛山素行教授は相次ぐ自然災害の中で行政に依存するのではなく、自らが判断する必要...
  • ...している方がたくさんいる。 広島での災害・災害への備えについて静岡大学防災総合センターの牛山素行教授にうかがった。広島市の対応は土砂災害の...
  • ...静岡大学防災総合センター牛山素行氏をゲストに災害情報とテレビ報道をテーマに対談する。 今回のゲスト静岡大学防災総合センター 牛山素行氏を紹介...
  • ...から土石流の被害を受けており上流に堰を作る対策を行ってきた。それでも防げなかったことで今後どのような対応するかについて静岡大学防災総合センターの教授は「一番...
  • ...は住民の通報を活用することにした。 多治見市の試みについて静岡大学防災総合センターの牛山素行教授は、気象情報などとともに活用すれば避難勧告...
  • ...に関係があることが裏付けられ、市は住民の通報を活用することにした。 多治見市の試みについて静岡大学防災総合センターの牛山素行教授は、気象情報...
  • ...を再開した書店経営の成瀬田鶴夫さんは不安は大きいと語る。現地で調査している静岡大学防災総合センター牛山素行教授は、少しでも安全な場所に避難...
  1. 1
  2. 2
  3. 次のページ