番組の内容から、似ている内容の番組を検索

検索元にした番組【明日へ−つなげよう− 】 [ 2018年 3月 18日 10:05 ~ ]
 
  • 明日へ−つなげよう−  【適合度:38.2% 】
  • ふるさとで一緒に暮らしたい〜熊本・益城町 東無田集落〜[ 2018年 3月 18日 10:05 ~ ]
  • ...熊本地震からまもなく2年を迎える熊本・益城町。震源地となった益城町には被災からの教訓を学ぼうと多くの人が訪れる。案内するのは東無田まちづくり協議会代表の田崎眞一さん。この集落は家屋の7割以上が全半壊という...
  • 明日へ−つなげよう−  【適合度:20.9% 】
  • 復興サポート▽温かな手と手をつないで〜熊本・益城町Part2[ 2017年 6月 18日 10:20 ~ ]
  • ...オープニング映像。熊本地震で益城町は震源地となり、全半壊した家は5507戸にのぼっている。農業も壊滅的被害を受け、地割れによって田んぼに水がはれなくなった。 熊本県益城町について話し合う。テーマは「住まい・災...
  • テレメンタリー  【適合度:19.4% 】
  • 2017「神戸〜宮城〜熊本 教訓のバトン」[ 2017年 5月 28日 04:30 ~ ]
  • ...オープニング映像。 被災地の人たちが、教訓のバトンを渡す。 仙台市の「あすと長町仮設住宅」の住民らが、仮設住宅の周辺に完成した災害公営住宅に入居することを、行政に要望した。 神戸市の大倉山高層住宅は、抽選に...
  • NHKスペシャル  【適合度:19.3% 】
  • 東日本大震災▽めざした復興は今…震災7年被災地から問いかけ[ 2018年 3月 14日 00:10 ~ ]
  • ...オープニング映像。仮設住宅に変わる新たな住宅が完成している。復興予算32兆円をかけて巨大なプロジェクトが進めてくるも理想と現実、大きなずれが生じていた。復興を目指したまちづくりであったが、住民が戻らず、空...
  • 明日へ-支えあおう-  【適合度:17% 】
  • 復興サポート[ 2013年 3月 3日 10:07 ~ ]
  • ...オープニング映像。 岩手県大船渡市の災害公営住宅に、東日本大震災の被災者らの入居が始まった。災害公営住宅は、宮城に1万5千戸、岩手に5600戸が2015年までに用意される予定であるが、まだ工事の開始すらされていない...
  • 被災地からの声  【適合度:16.2% 】
  • 福島県大熊町[ 2019年 3月 11日 02:25 ~ ]
  • ...オープニング映像。 今日は福島県大熊町を伝える。福島第一原発が作られ、事故を起こし住民は避難を強いられている。土や廃棄物を貯蔵する施設もつくられている。大熊町の紹介を行い、9割異常が帰還困難区域。町民は離...
  • スタジオパークからこんにちは  【適合度:16% 】
  • 明日へ つなげよう▽そして村は動き始めた[ 2016年 7月 14日 14:05 ~ ]
  • ...NHKには全国で54の放送局があるが、各放送局が製作したよりすぐりの番組を紹介していく。今回は熊本地震の被災地に、東日本大震災の被災地である宮城・東松島市の職員が応援に駆けつけた様子に密着した「明日へ つなげ...
  • 明日へ-支えあおう-  【適合度:16% 】
  • 復興サポート▽命を守るコミュニティを作ろう〜岩手大槌町2[ 2015年 12月 8日 02:00 ~ ]
  • ...日本で暮らす65歳以上の高齢者は3300万人になり、4人に1人と過去最高になっている。家に引きこもりがちな高齢者の孤独死が全国的に課題となっている。特に被災地では仮設住宅から災害公営住宅に移り住んだ人の孤独死が...
  • NHKスペシャル  【適合度:15.7% 】
  • 東日本大震災「集団移転はこうして実現した〜宮城県岩沼市〜」[ 2014年 9月 27日 21:00 ~ ]
  • ...東日本大震災から3年半、岩沼市の仮設住宅から内陸に造成された新しい街への引っ越しが始まった。被災地のトップを切って誕生したこの街は国の「防災集団移転促進事業」によって生まれたが、多くの街では意見がまとまら...
  • NHKスペシャル  【適合度:15.7% 】
  • 東日本大震災▽私たちの町が生まれた〜集団移転・3年半の記録[ 2014年 11月 22日 02:35 ~ ]
  • ...東日本大震災から3年半、岩沼市の仮設住宅から内陸に造成された新しい街への引っ越しが始まった。被災地のトップを切って誕生したこの街は国の「防災集団移転促進事業」によって生まれたが、多くの街では意見がまとまら...
  • 明日へ−つなげよう−  【適合度:15.6% 】
  • 復興サポート「温かな手と手をつないで〜熊本・益城町〜」[ 2016年 7月 10日 10:05 ~ ]
  • ...熊本地震からまもなく3か月。熊本・益城町の家屋倒壊現場では、専門スタッフが家屋から貴重品を回収する作業を行っている。東無田集落では全半壊が8割以上、避難所生活は現在も6割以上にのぼる。リポーターが仮設住宅の...
  • NHKスペシャル  【適合度:15.2% 】
  • 「終(つい)の住みかと言うけれど…〜取り残される被災者〜」[ 2019年 3月 13日 00:42 ~ ]
  • ...宮城県の気仙沼市を2011年から町の変化を伝えた。災害公営住宅もほぼ全てが完成。しかし終の棲家として深刻な事態が起こっている。亡くなっていた人、孤独死が誰もわからない状況だったという。石巻市では、今でも修理...
  • 明日へ−つなげよう−  【適合度:15.2% 】
  • 活断層の村で生きる〜熊本地震 西原村2年の記録〜[ 2018年 4月 15日 10:05 ~ ]
  • ...熊本・西原市の阿蘇の野焼きの映像。熊本地震で村は荒れ、ふるさとに残る、離れるで意見は割れた。村人らは中越地震被災地で人の話を聞いた。集落の未来を考える機会になったと村人は話す。 熊本地震で布田川断層は約30...
  • ニュース  【適合度:15.1% 】
  • 6/10の放送回[ 2018年 6月 10日 13:00 ~ ]
  • ...熊本地震で被災し、自力で住宅を再建できない人が入居する災害公営住宅が、初めて熊本。西原村の河原地区に完成した。災害公営住宅は12戸作られ木造平屋建てで、柱や床に熊本県産の木材を使っているほか敷地内に住民ど...
  • あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜  【適合度:15% 】
  • 福島県いわき市 松本正道さん[ 2018年 4月 24日 10:50 ~ ]
  • ...オープニング映像。 福島県いわき市にある、南台仮設住宅は原発事故から避難してきた双葉町の人たちが最も多く暮らす仮設住宅では毎年街をあげての盆踊りが開催されてきた。仮設住宅の敷地でスーパーを経営している男性...
  • テレメンタリー  【適合度:15% 】
  • 2019「3.11を忘れない77 プレハブのふるさと」[ 2019年 3月 10日 04:30 ~ ]
  • ...オープニング映像。 オープニング映像。 宮城県名取市の閖上地区はかつて7000人ほどが住んでいた。夏は祭りで賑わい、朝市には新鮮な魚が並んだ。海と運河のある生活が閖上地区の日常だった。しかし2011年3月11日に東日...
  • 特報首都圏  【適合度:14.9% 】
  • どう向き合う豪雨と土砂災害 伊豆大島・避難と復興の闘い[ 2014年 10月 17日 19:30 ~ ]
  • ...伊豆大島で起きた大規模な土砂災害から昨日で1年。土砂災害は全国各地で相次ぎ、長野・南木曽と広島・安佐南区のケースでは、どちらも行政からの避難の呼びかけが土砂災害の発生に間に合わなかった。そんな中、大島町の...
  • 明日へ−つなげよう−  【適合度:14.8% 】
  • 復興サポート 故郷よ“おらほの舞”でよみがえれ! ~福島県 浜通り地方?[ 2016年 2月 12日 14:05 ~ ]
  • ...「明日へ つなげよう」のスポット映像。 なまはげなど民俗芸能の宝庫である東北。特に福島県は800あまりの芸能が育まれてきた。しかし震災と原発事故の影響で浜通り地方では6割以上が消えようとしている。長年にわたり...
  • 特報首都圏  【適合度:14.7% 】
  • どう向き合う豪雨と土砂災害 伊豆大島・避難と復興の闘い[ 2014年 10月 18日 10:50 ~ ]
  • ...先週、伊豆大島を大型台風が直撃。災害対応の最前線にカメラが密着した。伊豆大島では去年10月、大型台風の際に避難指示を出さなかったことで死者36人行方不明者3人を出している。 伊豆大島で起きた大規模な土砂災害か...
  • 目撃!にっぽん  【適合度:14.6% 】
  • じじいたちの“遺言”〜住民帰還を目指した6年の苦闘〜[ 2019年 4月 28日 06:10 ~ ]
  • ...オープニング映像。 福島第一原発事故から8年が過ぎても放射線量が高い帰宅困難区域は森閑としていた。その中で事故前の故郷を取り戻そうとする6人の男たちがいて、街が荒れるのを食い止める活動を続けてきたが、若い世...