ソレダメ! ?放送100回SP!ポッコリお腹消える?衝撃!年代別「体臭」解消法!?

放送日 2019年6月5日(水) 18:55~21:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
18:55~

オープニング映像。

今回はソレダメ!100回目。春日俊彰は「ゲストなんです私!初回から100回まで奇跡的に呼ばれてる!」と話した。初登場はKing & Princeの高橋海人と岸優太。高橋海人は「まっすーの歌声が好き。今日は神とのご対面」と話した。

キーワード
イカ
体臭
ハチミツ

放送100回SP!疲労回復 体臭対策 徹底解決SP (バラエティ/情報)
18:57~

トラブルバスター春日が教える排水溝の臭いをちょっとの間抑えられるソレマル新常識。排水溝に氷を入れると臭わなくなる。共生エアテクノの松林宏治さんによると臭いの元になるのが雑菌で高温多湿になると活動が活発化する。氷を入れることによって雑菌が繁殖しにくくなるので臭いも抑えられる。氷を入れる前の臭いセンサーは170だったが氷を入れて溶けたところは臭いセンサー0に。

トラブルバスター春日が教える硬いバターが塗りやすくなるソレマル新常識。硬いバターはすりおろし器を使えば塗りやすい。あっという間に溶けるので時短にもなる。

トラブルバスター春日が教える宅配ピザの箱をかさばらなくするソレマル新常識。ここで生活力検定「Q ピザの箱をかさばらなくして捨てるにはどうすればよいでしょうか?」。スタジオで答えを予想した。正解は水をかけると小さくまとめられる。一般的な宅配ピザの箱は表面が防水加工されているが裏面は水をかけるとしなしなになるため簡単に小さくなる。元の箱と比較すると10分の1サイズまで小さく。

トラブルバスター春日が教える網戸のまま庭の景色が見られるソレマル新常識。網戸をマジックで黒く塗ると庭がくっきり見える。東京理科大学の川村康文教授によると黒く塗るころで部屋の中の乱反射を防ぐことができ、外からの光の邪魔をしなくなるのでよく見える。一般的な網戸は白かグレーのため外からの光と中からの光が乱反射し景色が見えにくくなるが黒く塗ることでそれが抑えられる。

トラブルバスター春日が教える突然外れてしまったビーチサンダルの鼻緒を直すソレマル新常識。缶のプルタブを鼻緒に通すと応急処置ができる。アルミで丈夫な上平らなので歩くのも問題なし。

今ハチミツが大ブームでスーパーのハチミツコーナーには豊富な品が揃っていた。マヌカハニーは喉の痛み止めにも効果的で喉スプレーなども販売されている。高い美容効果で注目されるのがキルギスハニー。イガマメの花からとれるハチミツでミネラルを豊富に含むという。実はハチミツには150種類以上の栄養成分が含まれていて吸収が早く疲労回復に最適という。さらにハチミツには認知症予防の効果があるという。

増田は古くから養蜂が盛んな長野県中川村にやってきた。村の人に聞き込みを始めるとハチ博士と呼ばれる富永さんがいるということで手がかりをもとめ”ハチ博物館”にやってきた。そこには高さ2メートル70センチにも及ぶ巨大なハチの巣などが展示されていた。そこで声をかけてきたのがハチ博士の富永さん。小学生の頃にハチにハマり70年以上ハチを研究しているんだそう。また富永さんは日本ミツバチの養蜂の第一人者。日本のハチは日本ミツバチと西洋ミツバチがいて日本ミツバチは飼育が難しいんだそう。

地元直伝!より健康的になる食べ方 ハチミツ+?で高血圧予防効果が!

イカをもっと美味しく健康的に!ソレマル調理法を大公開。さらに体臭ごとの対処法を伝授。

キーワード
共生エアテクノ
バター
東京理科大学
マヌカハニー
キルギスハニー
ハチ博物館

放送100回SP!疲労回復 体臭対策 徹底解決SP (バラエティ/情報)
19:21~

増田貴久が約1万匹の日本ミツバチを見せてもらった。小柄な日本ミツバチは蜜を集める量が少なく集まる量は西洋ミツバチのわずか5分の1。ミツバチの唾液の酵素の働きで花の蜜が果糖とブドウ糖へと変化しハチミツとなる。

「ミツバチがとってくる栄養豊富なあるモノは?」という問題を出題。正解は花粉。ビタミンやミネラルがたっぷり、花粉は大切な栄養源となる。花粉が含まれてるからこそハチミツは健康にいい。

巣箱の上の方に溜まった蜂の巣を切り離し蜂の巣をゲットしたら中川村はちみつ工房へ持っていきハチの巣を砕き遠心分離機にかける。増田は獲れたての貴重なハチミツを味わった。西洋ミツバチは1種類の花から蜜と集めてくるのに対し、日本ミツバチは様々な植物の花から蜜を集めるので独特で熟成されるような味わいがして健康に良い。さらに増田は日本ミツバチの巣そのものを食べさせてもらった。スタジオでも若林正恭らが日本ミツバチの巣を試食した。

ハチミツに含まれるフラボノイドには認知症を引き起こす物質の蓄積を抑える働きがある。毎日大さじ1杯程度がりそうだという。富永さん宅ではトマトにハチミツをかけて食べていた。トマトに含まれるリコピンには抗酸化力を持つため認知症予防の効果がより期待できる。

「認知症予防効果が最も期待できる飲み物は?」という問題を出題。正解は緑茶。緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートには神経細胞を保護し修復する働きがある。ハチミツが認知を起こす物質の蓄積を抑え、緑茶が神経細胞を保護し修復してくれる。

増田貴久が高血圧予防に効果のあるハチミツ料理を求めて下平スミ子さん宅を訪れた。くるみをすりつぶし味噌とハチミツを加え作った「ハチミツくるみ味噌」を食べさせてもらった。これは「焼きおにぎり」や「ウドのハチミツくるみ味噌和え」にも使える万能調味料。くるみに含まれるα-リノレン酸は血管をしなやかにし高血圧予防が期待できる。さらに食べさせてもらった「ニンニクのハチミツしょう油漬け」は生のニンニクをビンに入れしょう油とハチミツを加え冷蔵庫で2ヵ月寝かせて作ったものでポリフェノールが腎臓を活発にしニンニクに含まれるアリシンが血管を拡張し高血圧予防が期待できる。スタジオでも焼きおにぎりと冷奴が登場し若林正恭らが試食した。

疲労回復に期待でき夏バテ対策にバッチリなタウリンがたっぷり入っている旬の食材はイカ。高タンパクで低脂質なのでカロリーを気にせずカロリーが取れるヘルシー食材。世界のイカ消費量の約半分が日本国内で消費されてるほど日本はイカが好き。田中美佐子と土屋アンナのお宅でもイカ料理が並ぶという。

煮ても硬くならないソレマルテクニック!汗ばむ季節に気になる体臭の新常識!汗の臭いや加齢臭の解消法!

キーワード
日本ミツバチ
西洋ミツバチ
果糖
ブドウ糖
ハチミツ
ミツバチ
トマト
認知症
フラボノイド
リコピン
緑茶
エピガロカテキンガレート
くるみ
ニンニク
ハチミツくるみ味噌
ウドのハチミツくるみ味噌和え
焼きおにぎり
しょう油
ニンニクのハチミツしょう油漬け
ハチミツくるみ味噌のおにぎり
冷奴
高血圧
α-リノレン酸
ポリフェノール
アリシン
イカ
タウリン

放送100回SP!疲労回復 体臭対策 徹底解決SP (バラエティ/情報)
19:46~

日本近海には約140種のイカがいるという。山口県萩市の須佐港にやってきたのはパンサー尾形。ここであがるのがケンサキイカは男命イカと呼ばれ旬は6月からで少しいまは早い。漁師さんに聞くとイカが捕れないというが尾形は持っているのかいざ出港。集魚灯で明かりにやってくる小魚にイカが集まって来るという。針を落としたらひたすら待つ。今日は20隻の船がイカ漁へやってきたが4時間後にも一匹も釣ることができず他の船はすでに帰港。しかしその後糸を手繰ると見事な大きさの男命イカをゲット。翌朝地元の人の食べかたで頂くことに。

世代にあった「汗臭・ミドル脂臭・加齢臭」の対処法を関根先生が解説してくれる。まずは10代半ばから30代半ばの汗臭対策とは汗腺の働きが悪い時はネバネバ汗になるので「サラサラ汗」をかく事だった。ネバネバ汗はミネラルを多く含み乾きにくく、皮膚にいる常在菌を繁殖しやすくなる。そこで、普段から運動して汗をかくことが必要になっている。

苦労して釣り上げたイカの一番の食べ方は刺し身という。地元ならではの食べ方があるということで料理自慢の漁師の奥さんのもとへ。まず頭の部分を外し続いて皮を剥く。そして胴体を開き骨と内臓をとれば下ごしらえは完了。イカの繊維は横方向ということで縦に切って繊維を分断すると柔らかい食感になるという。また地元の人の刺し身の食べ方は醤油を使わないという。

30代半ばから50代半ばの使い古した油やチーズのような臭いのする「ミドル脂臭」は、主に後頭部から発生する。ゲストの田中さんはシャンプーの前に先にリンスするなどと予想したが、正解は「ブラッシングしてからシャンプー」だった。ブラッシングをすると、髪や頭皮の汚れが浮き上がって落としやすくなるからだという。そして、シャワーは頭皮に対して90度で当ててすすぎ、毛穴の汚れを浮き上がらせる。続いて、シャンプーを泡立ててから襟足部分やもみあげ、前頭部、後頭部、頭頂部の順番に洗っていく。流す時は襟足、もみあげ、前頭部、後頭部、頭頂部の順に流す。頭を拭く時は指を立てて頭皮をしっかり拭き取る。

50代半ば以上の加齢臭は皮脂を落としすぎると必要以上の皮脂が分泌されてしまうので、石鹸で泡を作って手のひらで優しく洗う。さらに抗酸化物質が含まれて皮脂の酸化を防ぐカシスを食べるのが良い。そして最後は、疲労やストレスを感じやすい30代半ばから50代半ばの疲労臭の対策も紹介された。肝機能が低下し臭いが発生する疲労臭は、オルニチン回路がアンモニアを尿素に変える働きが弱まる事にある。回路はアンモニアが血管を通り、肝臓のオルニチン回路に入るが、疲れてくるとアンモニアが尿素に分解されずにそのまま血液に戻る。それが皮膚へ疲労臭になってあらわれるという。スタジオ出演者は、体から出てくるアンモニアに反応して色が変化する「お疲れインジケーター」を装着し、疲労臭を測定した。

地元の人の刺し身の食べ方はいったい何を付けて食べるのか。スタジオでは「ソース」や「マヨネーズ」などと回答。地元の人はマヨネーズを付けて食べるということで高橋が大正解。マヨネーズで食べた尾形は「甘い」と言いさらにこの組み合わせには疲労回復効果があるそう。ゲソはかき揚げにして食べるという。ゲソは冷凍して保存し凍ったまま油で揚げていくという。まずは凍ったイカをサイコロ状に切っていく。そこに塩と小麦粉さらに片栗粉をまぶしタマネギと卵を加え混ぜる。凍ったまま油で揚げていくと油ハネがしないんだそう。スタジオでイカのかき揚げを頂き美味しいと声が上がった。

イカを愛してやまないという人がやっている店”梅乃葉”へやってきた。子どもより好きと笑顔で話す福島さんは男命イカ専門のお店をオープン。店は大人気となり多いと2時間待ちになることもあるという。イカをグリルで焼くと硬くなってしまうことがよくあるが回避するテクニックがある。実は切ってから焼くことで部位ごとに日の入具合を確認でき焼きすぎることが無いんだそう。またグリルで焼く場合は中火で3分くらいでいいんだそう。逆にイカの煮物は切らずに丸ごと煮ると硬くならなく栄養も流れ出ないんだそう。スタジオで味わうと「丁度いい、美味しい」と声が上がった。

キーワード
須佐港
男命イカ
萩市(山口)
オルニチン回路
疲労臭
イカのかき揚げ
加齢臭
ミドル脂臭
アンモニア
尿素
シトルリン
アルギニン
カシス

放送100回SP!疲労回復 体臭対策 徹底解決SP (バラエティ/情報)
20:29~

50代半ば以上の加齢臭は皮脂を落としすぎると必要以上の皮脂が分泌されてしまうので、石鹸で泡を作って手のひらで優しく洗う。さらに抗酸化物質が含まれて皮脂の酸化を防ぐカシスを食べるのが良い。そして最後は、疲労やストレスを感じやすい30代半ばから50代半ばの疲労臭の対策も紹介された。肝機能が低下し臭いが発生する疲労臭は、オルニチン回路がアンモニアを尿素に変える働きが弱まる事にある。回路はアンモニアが血管を通り、肝臓のオルニチン回路に入るが、疲れてくるとアンモニアが尿素に分解されずにそのまま血液に戻る。それが皮膚へ疲労臭になってあらわれるという。スタジオ出演者は、体から出てくるアンモニアに反応して色が変化する「お疲れインジケーター」を装着し、疲労臭を測定した。

キーワード
オルニチン回路
疲労臭
アンモニア
尿素
King & Prince
オルニチン
ラクチュロース
ビフィズス菌
  1. 前回の放送
  2. 6月5日 放送
  3. 次回の放送