東京をアートの街に! ▽話題沸騰“アートフェア”の魅力に迫る

放送日 2019年3月30日(土) 13:30~14:25
放送局 テレビ東京

番組概要

東京をアートの街に!~話題沸騰“アートフェア”の魅力に迫る~ (バラエティ/情報)
13:30~

東京港区にあるパークホテル東京で現代アートの即売会が行われた。ホテルの部屋に展示することで自宅に飾るイメージが膨らみ、購入を決めやすくなる狙いがあるとのこと。千代田区では、廃校になった中学校を利用した現代アートの展示会が行われ、敷地全体には若手アーティストの作品が中心に展示された。最近では若い人たちが生活を豊かにするために美術品を購入する動きがあり、そうした機運を高めるために3月にアートの販売イベントが都内で同時開催された。中でも最大級のアートの見本市である「Art Fair Tokyo 2019」は四日間で6万人以上が来場したとのこと。会場にはジャコメッティやシャガールの巨匠の傑作も展示された。アートフェアの動きは東京から、国全体に広がりを見せている。

キーワード
パークホテル東京
ART in PARK HOTEL TOKYO 2019
3331 ART FAIR 2019
東京国際フォーラム
Art Fair Tokyo 2019
シャガール
港区(東京)
千代田区(東京)

東京をアートの街に!~話題沸騰“アートフェア”の魅力に迫る~ (バラエティ/情報)
13:37~

山本豊津さんは「フェアで毎年3000から5000点の美術品が飾られる。一通り全部見ると3点ぐらいは自分の好きなものが見つかるという。女性の買い物を心がければアートはものずごく買いやすい。5万円で買えるかも。50万から100万の予算があったらかなり面白いものが買える。交渉も可能。」と話した。300万円で買った絵が40年後に6億円になったことがあったという。「激動する赤」というタイトルの絵。2014年にオークションに出品されると、530万ドル、約5億8000万円の値が付いた。描いたのは白髪一雄。足で絵を書く前衛的な手法で「激動する赤」は描かれた。会場には将来有望な若手作家を特集したコーナーもある。焼き物で作った動物の立体作品。小さな物は9万円ほどで購入できる。目が錯覚をおこしそうな絵画は約40万円。注目が集まっていた作品は一見単なる木のように見える。近づくと無数の折り鶴が見えた。このアーティストの作品は50万円から購入できる。

最大級のアートの見本市のアートフェア東京2019には、ジャコメッティの「ディエゴの胸像」も販売されていて価格は9億円とのこと。さらに、シャガールの「青い鳥と花嫁」の作品が1億7000万円で販売されていて、その裏側に飾られた藤田嗣治の「体操する子供たち」は価格が2200万円にだがすでに売却が決まっていた。他のブースでは、イギリス画家のドゥードゥルさんが来場者の前で絵を書くパフォーマンスをしていて、裏側では商談が行われていた。会場には勝田えみさんや野原邦彦などの日本人のアーティストの作品も数を多く展示されている他に、古代の美術品や陶芸品、伝統的ものまで様々なものが販売されている。

熱心にギャラリーの担当者の話しを聞く小松隼也さん。気になる作品がある。アーティストと直に話しをしながら作品の理解を深める。しかし、展示されていた作品は売り切れ。アートはほとんどが一点物。小松さんは他にも気になった作品が。クレヨンで描かれた犬の絵。作者はイラストレーターの黒田征太郎さん。80歳を超えた今も精力的に作品を発表している。小松さんはアクリルで描かれた犬の絵とどちらを購入するか迷っていた。小松さんはクレヨンで描かれた「MAD DOGS No.30」を購入。小松さんの自宅はまるでギャラリー。なぜアートと暮らすのか。

キーワード
東京画廊
アートフェア東京2019
アルベルトジャコメッティ
激動する赤
白髪一雄
ディエゴの胸像
マルク・シャガール
青い鳥と花嫁
藤田嗣治
瀬戸優
水源-ライオン-
体操する子供たち
今井俊介
untitled
Mr Doodleさん
小野川直樹
Skyline
仏頭
大久保紗也
マイセン社
Nothing(crying)
黒田征太郎さん
パゴダ対
勝田えみ
MAD DOGS No.30
あなたを許します
野原邦彦
Party

東京をアートの街に!~話題沸騰“アートフェア”の魅力に迫る~ (バラエティ/情報)
13:52~

アートフェア東京で絵を購入した小松さんの自宅を訪ねた。10年前からアートを買い始めたという。写真や油絵、ドレスなど広範囲に購入しておりギャラリーのようになっている。都内で一人ぐらしをしており、職業は弁護士だという。作品が作品を呼ぶような感覚で歯止めが効かなくなっているなどと語られた。アートフェアで購入したのは黒田征太郎さんの「MAD DOGS」シリーズの一枚で、すでに購入している黒田さんのフクロウの絵の横に飾られたが、思い直した机の前に変更された。この作品には権力に抗うメッセージが込められているという。仕事が多忙な小松さんはアートから刺激を受け取ることも多く、いい影響をすごく受けているなどと語った。だが一番の効果は仕事を離れてウイスキーを飲みながら見る良い時間もあることだという。

アートフェア東京に4年前から携わり大きく成長させたのが來住尚彦さんだという。赤坂BLITZなどの支配人を務め、有名アーティストのツアーなども演出し赤坂サカスの立ち上げにも参加して手腕を買われアートフェア東京のプロデューサーに就任した。來住さんは古美術から現代アートまで揃えて日本文化を世界に発信する場だと語った。だが日本はアートマーケット史上では10位以内に入っておらず市場が小さいという問題もあるという。一方で台北で新たに行われた美術展では、村上隆やデビュッフェ、草間彌生の初期作品など展示に力が入っている。來住さんはアートフェア東京を世界に劣らない催しにしたいと考え、104か国の大使館と協力し特設ブースを作って各大使が勧める作品を展示したという。また住友不動産六本木グランドタワーでは次なる展開として來住さん自らアートの展示を行っていた。ここには学生アーティストの作品が展示され、どれも将来が希望されるアーティストの作品だという。

來住さんは東京中に点在するアート会場を巡るバスツアーの企画も行ったという。ザ・ペニンシュラ東京ではホテルの正面に作品が展示され、イタリア大使も招いて鑑賞された。羽田空港にもクロアチアのアーティスト、ジョージア・ボーシックの作品が展示されている。天王洲では街を歩くといたるところに現代アートがある。寺田倉庫では「David Bowie is」に倉庫スペースを提供するなど、文化事業も積極的に支援しているという。アートフェア東京もスペースを借りて全国の学生アーティストの作品を展示している。ツアー終了後の天王洲では來住さんと寺田倉庫の中野さんは東京をアートの街に変えていくという同じ思いを共有していた。來住さん取って置きの場所としてアントニン・レイモンドが設計した聖オルバン教会を紹介した。補強がデザインされていて震度7の地震に耐えられる上にカッコイイと述べられた。実は東京はアートの街でそれを海外の人に説明できるよう東京のアートを知らなければいけないと來住さんは語った。

アートフェアを京都で!一体どんな仕掛けが!?

キーワード
アートフェア東京
黒田征太郎
ウイスキー
フクロウ
MAD DOGS
赤坂BLITZ
赤坂サカス
Swiss Art Basel
台北當代
村上隆
デビュッフェ
草間彌生
Future Artists Tokyo 六本木
BURNING SPIRIT
アンナ・ガブリエレ
東京藝術大学
残り我
内藤久嗣
名古屋造形大学
Pinocchio’s Group
金龍主
多摩美術大学
台北(台湾)
皇居
ザ・ペニンシュラ東京
ジャンルカ・マルジェリ
アリナ・エンドウ
Merry - Go - Round
ジョージア・ボーシック
Purple Haze/Winter Fires
Celebration/Crystal Reflection
寺田倉庫
デヴィッド・ボウイ
David Bowie is
Future Artists Tokyo 天王州
聖オルバン教会
アントニン・レイモンド
渋谷駅
明日の神話
岡本太郎
Kitty Riot
DOLK
愛だけを…
内田繁
千代田区(東京)
天王洲(東京)
港区(東京)
神宮前(東京)
六本木(東京)
世界遺産
京都府

東京をアートの街に!~話題沸騰“アートフェア”の魅力に迫る~ (バラエティ/情報)
14:11~

二の丸御殿の台所は普段非公開だが、アートフェアのメイン会場に考えた。ギャラリーブースや作品展示のレイアウトを決め、二の丸御殿が見える風景に注目し、2,3メートルの作品を置くことにした。「清水三年坂美術館」へ。幕末・明治のアートを展示している。自在置物の昆虫は節を動かせる。明治時代の金属製の花瓶に目をつけた。素材に別の素材をはめ込み模様を表現する象嵌という技術を使っている。京都市長の門川大作は「日本の最大の強みは文化芸術。」などとコメント。アート京都は今年9月開催予定。

マネックスグループの会議室の壁には現代アートがある。タイトルは「見えない地図を想像してください」。人と人を結びつけることを意識したものだという。松本大は「アートは人間味があって人間から出てくるもの。アートがある中で議論したほうが発想が柔軟になったり、社員役員がいい感じに触れ合う。」などとコメント。ビジネスにとっても重要だという。マネックスグループは若手アーティストを支援する試みを2008年から続けている。アートを社員研修として捉えている。車内には裏返った寿司などのアートがある。積水ハウスはゲストハウスでアートのイベントを企画したいという。來住尚彦は何ができるかを探るために視察させてもらうことに。

久保新吾は「住宅は暮らしの提案が重要になっている。こだわる方も大切な客。」などとコメント。積水ハウスはアートなどを使い生活を豊かにする提案も行っていくという。來住尚彦は「アートと生活を結びつけたい。」などとコメント。アートには人を楽しませ勇気づける力がある。

キーワード
二条城
世界文化遺産
徳川慶喜
大政奉還
二の丸御殿
重要文化財
象嵌
京都市長主催レセプション
アート京都
東山区(京都)
マネックスグループ
見えない地図を想像してください
金子末弥
ART IN THE OFFICE
積水ハウス

スポット

スクール/教育

東京藝術大学

レジャー/交通

赤坂BLITZ
羽田空港
住友不動産六本木グランドタワー
渋谷駅
赤坂サカス
清水三年坂美術館
二条城
皇居

不動産

積水ハウス

宗教

聖オルバン教会

政治/経済/地方自治体

東京国際フォーラム

旅行

ザ・ペニンシュラ東京
パークホテル東京
  1. 3月30日 放送