世界ナゼそこに日本人 ナゼか秘境で驚き原始生活&スゴすぎる日本人職人2HSP 2019年3月11日放送回

放送日 2019年3月11日(月) 20:00~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

秘境で原始的生活SP (バラエティ/情報)
20:00~

グアテマラの秘境の森で原始的生活を送る日本人を探す。グアテマラは古代マヤ文明の中心地。面積約10万平方キロメートル、人口約1600万人、公用語はスペイン語、特徴の一つは火山大国。マグマで料理をする人もいる。日本人がいるのはツヌナ村。現地の地図に載っていない場所。聞き込みをしてバスで移動。まずパナハッチェルへ向かう。4時間後に到着し生卵オレンジジュースを飲む人にツヌナ村の場所を聞いて、港からボートで移動する。湖を30分移動し人口約3000人のツヌナ村に到着した。現地の人はマヤ文明からの言葉カクチケルを話す。

ツヌナ村で日本人を聞き込み。情報を得て川で洗濯していた日本人の高田伸子さんと対面した。自宅を訪問。高田さんは日本好きの夫マルティンさんや子供と暮らす。家と土地を300万円で購入し森を一から切り拓いた。家族5人の寝室の壁は隙間だらけ、家は欠陥だらけで補修して生活している。家には電気はなくサソリが出現する。ツヌナ村には病院がなく近くて1時間以上かかる。それ以上に困るのが夫のマルティンさん。家にある様々なものを売ってしまうという。

食べ物は敷地内に自生するフルーツなど。伸子さんは赤い実を使ってコーヒーを作る。2歳の武蔵くんもコーヒーをがぶ飲み。グアテマラはコーヒー大国で赤ちゃんの時からコーヒーを飲むのが当たり前。問題なく暮らしているように見える伸子さんだが生活費が稼げていない。このあとさらなる原始的生活の実態に迫る。

キーワード
サソリ
マヤ文明
火山
マグマ
ツヌナ村(グアテマラ)
パナハッチェル(グアテマラ)
生卵オレンジジュース
西荻窪(東京)
アボカド
パパイヤ
バナナ
レモン
マンゴー
コーヒー

秘境で原始的生活SP (バラエティ/情報)
20:24~

小栗旬はしっかりとした自転車に乗る人の格好をして食事会に現れたユースケ・サンタマリアに衝撃を受けたと話した。

グアテマラの秘境の森で原始的生活を送る高田伸子さんに密着。自生しているフルーツを食べたり夜はろうそくで対応、問題なく暮らしているように見えるが生活費が稼げていないという。夫は画家で収入は不安定、家の敷地内でゲストハウスを経営しているが客はほとんど来ない。3人の子育てで仕事に就けない伸子さんの貯金も残りわずか。なぜ彼女は秘境の森で原始的生活を送ることになったのか。その謎を探るべく日常に密着する。

ある日の朝、隣の家の人にニワトリを譲って貰った。お隣さんの家までは歩いて10分、森を越えるためトゲの草の間を通る。自宅に帰る際にハプニング発生!一体何が?

キーワード
グアテマラ
ニワトリ

秘境で原始的生活SP (バラエティ/情報)
20:33~

グアテマラの秘境の森で原始的生活を送る高田伸子さんに密着。伸子さんはお隣さんからニワトリを譲ってもらった帰宅中に野良犬に襲われ石などで威嚇した。翌日にニワトリは卵を産んでいた。その頃、夫のマルティンさんは村のゴミ捨て場からゴミを拾って燃やした。それを使い驚きのものを作り上げる。

キーワード
ニワトリ
グアテマラ

秘境で原始的生活SP (バラエティ/情報)
20:40~

小栗旬はしっかりとした自転車に乗る人の格好をして食事会に現れたユースケ・サンタマリアに衝撃を受けたと話した。

VTRを振り返りこういう生活が羨ましい、家族が笑顔などと話した。小栗旬はタイのロケで行ったホテルにアメニティがなかったなどと語った。

グアテマラの秘境の森で原始的生活を送る高田伸子さんに密着。夫のマルティンさんは村のゴミ捨て場からゴミを拾って燃やし、それを使いイスを作った。ガス台を売ったのはゴミを燃やす機械を作るため。家族のために生活費を稼ごうとしていた。そしてお店に売り込みをしてイスが売れ収入を得た。

ある日の午後。長男は家の敷地で穴を掘りミミズを捕まえた。それをエサにアティトラン湖で魚釣り。淡水魚を釣って焼き魚にし、かぶのぬか漬けなどと一緒に夕食にして食べた。電気がないためろうそくを囲んで食事。また家族はお手製のサウナに入る。さらに風邪気味の二男のためレモネードを作った。村にはまともな薬局もなく自家製レモネードが薬代わり。

夜、この日も夕食づくり。特製スクランブルエッグを作っていると二男が泣き出し授乳へ。夫が料理を代わるが焦がしてしまった。なぜ伸子さんはこの生活を送ることになったのか。

海外旅行好きだった伸子さんは33歳の時に旅先で出会った日本人男性と結婚し長男を授かった。しかし数年で離婚しシングルマザーに。アクセサリーの販売店に勤務、そんな時に彼女を支えたのが現在の夫マルティンさん。明るい性格に惹かれ長男もなついていたため結婚を決意。そして39歳でグアテマラシティに移住した。ところが子育てには危険過ぎるため、大自然で伸び伸び育てようとツヌナ村に移り住んだ。しかし待っていたのは原始的な生活。日々苦労が絶えないがなんとか生活している。長男は今の暮らしが大好き、将来は母のようにゲストハウスをやりたいと話した。現在。夫は工具で作業、店を始めようとしている。

キーワード
タイ
グアテマラ
ミミズ
アティトラン湖
かぶのぬか漬け
焼き魚
サウナ
レモン
生姜
風邪
レモネード
スクランブルエッグ
グアテマラシティ(グアテマラ)
ツヌナ村(グアテマラ)

世界に誇るニッポンの職人SP (バラエティ/情報)
21:03~

ベルギーで日本食を広め国民栄誉賞級の勲章を授与された日本人を探す。彼の日本食はシラク氏など世界のVIPも絶賛している。ベルギーは面積約3万平方キロメートル、人口約1100万人。日本人職人の店「のんべえ大学」はミシュランガイドにも掲載される人気店。本格的な日本食を食べられる。店内で黙々と作業するのが料理人の末次庸介さん。目の前に座った女性の目的が末次さんの包丁使いを見るため。末次さんはむきものを作った。のんべえ大学はベルギーの超人気レストランで年間通してほぼ満席。

常に大忙しの末次さんを支えているのが現地の従業員たち。東大大学院を中退し料理人になった矢野さんや息子の晋大さんなどが働く。お昼、開店後にすぐ満席、客の殆どはグループ客、一人の客は食通の常連さんだった。携帯を忘れた常連さんに末次さんが走って携帯を届けた。14時、二階堂で水分補給。息子に速攻でバレた。そして再び厨房に立ち本格日本食を作る。休憩中にまかないのカレーを食べる。

末次さんの悩みは人件費が高いこと。ベルギーは社会保障費が高額、それでも末次さんは従業員の生活を第一に考えている。なぜ末次さんはベルギーでのんべえ大学をやることになったのか?その謎を探るべく日常に密着。朝7時、店の3階の自宅へ。朝食を奥さんが作った。末次さんは奥さんの手料理が一番好きだという。末次さんはベルギー出張にきた本田宗一郎さんの料理を担当していたという。

朝食を終え店に出勤。従業員総出でランチ営業に向けた仕込みに取り掛かる。だし巻き卵作りは修行時代に濡らした雑巾で練習をしていたという。息子は親父はでかい壁だと語る。ベルギーの大人気の店の秘密はある日本食の存在があった。それが国民栄誉賞級の勲章を授与されたきっかけ。

1歳の頃に結核で父を亡くした末次さんは母子家庭で育った。ナスの糠で空腹感を満たしていた少年時代。母は自宅を売却し小さな居酒屋を始めた。母の料理は評判で店は徐々に人気となった。その名前がのんべえ大学。末次さんは母のように料理で人を笑顔にしたいと19歳で藍亭に弟子入り、料理の幅を広げるため和食の名店を3年ごとに渡り歩き店の技術を習得した。一流料理人になった末次さんがベルギーにやってきた裏には衝撃の理由があった。

キーワード
日本食
シラク氏
オノ・ヨーコ
ミシュランガイド
のんべえ大学
ベルギー
とんかつ
鮭茶漬け
天ぷら
むきもの
二階堂
カレー
本田宗一郎さん
Honda
イワシのみりん干し
だし巻き卵
結核
藍亭

世界に誇るニッポンの職人SP (バラエティ/情報)
21:32~

ベルギーで大絶賛される料理人の末次庸介さんは41年前にベルギーにやってきた。知り合いの料亭の女将さんに誘われ1978年、29歳で移住した。開店当初は全く客が入らなかった。1970年代は日本食が知られていなかった。そこで末次さんが思いついたのが母が作ってくれたなかで一番好きだった日本食。末次さんはおふくろの味をベルギーで再現し大絶賛され、店の経営は軌道に乗った。それが経営するのんべえ大学の人気NO.1メニュー。その正体とは?

キーワード
ベルギー
日本食
のんべえ大学

世界に誇るニッポンの職人SP (バラエティ/情報)
21:40~

ベルギーで大絶賛される料理人の末次庸介さんが作る人気NO.1メニューはナスの味噌田楽。これが受け入れられた裏にはベルギーだからこその理由が隠されていた。

キーワード
のんべえ大学
ベルギー
日本食
ナスの味噌田楽

世界に誇るニッポンの職人SP (バラエティ/情報)
21:46~

ベルギーで大絶賛される料理人の末次庸介さんが作る人気NO.1メニューはナスの味噌田楽。ベルギーはワッフルやゴディバ発祥の地で甘党が多い。そこで末次さんは味噌を甘めに味付けしたナスの味噌田楽を作った。そして末次さんは本物の料理人として認められ勲章を授与された。末次さんの母は81歳で他界した、生前よく言っていたのが「またのんべえ大学をやりたい」。亡き母の想いを受け継ぐため末次さんは以前働いていた店を辞めてベルギーでのんべえ大学をオープンさせた。現在、店のカウンターに息子が立っている。ベルギーには和食を広めおふくろの味を守る日本人職人がいる。

二つの祖国の番組宣伝。

VTRを見て勇気がもらえる、簡単にできることじゃないなどと話した。

キーワード
ベルギー
ナスの味噌田楽
ゴディバ
ワッフル
のんべえ大学
和食
末次庸介さん

エンディング (その他)
21:50~

二つの祖国の番組宣伝。

世界ナゼそこに?日本人の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
21:51~

よつば銀行 原島浩美がモノ申す!の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 3月11日 放送
  2. 次回の放送