昼サテ 2019年2月28日放送回

『昼サテ』(ひるサテ)は、テレビ東京系列で2019年1月4日から平日昼前に放送されているニュース番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月28日(木) 11:13~11:35
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:13~

オープニング映像が流れた。

ニュース (ニュース)
11:13~

経済情報を伝えた。

ライトハイザー米通商代表は、日本との貿易交渉の初会合を来月にも設けたい考えを示した。TPPの発効で、日本への牛肉輸出などが不利な状況となっている。農家への影響が出ているとして、交渉を急ぐ考え。

NEXT…中継、米朝首脳会談2日目。

キーワード
日経平均
TOPIX
円相場
ライトハイザー米通商代表
アメリカ
米朝首脳会談

ニュース (ニュース)
11:15~

アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩委員長が米朝首脳会談を行っている。ハノイから中継で、会場となるホテルに到着し、米朝首脳会談の2日目が始まったことを伝えた。トランプ大統領は「2国間の関係が強いと良いことがたくさん起こる」と話し、金正恩委員長は「これまでの努力を見せる時が来た。素晴らしい対話を続けている」と話した。午前11時から45分、通訳のみで1対1の会談、その後側近らを含めた拡大会合のち昼食会、午後4時すぎからは合意文書の署名式が行われる見通し。きのうの会談について、北朝鮮側は「包括的で画期的な結果を出すために真摯な意見交換をした」と報じている。非核化に向けた動きがあるのか注目。

トランプ大統領の元弁護士が、クリントン陣営のメールが暴露される計画を、トランプ大統領は事前に知っていたなどと話した。また、トランプ大統領がロシアの共謀を疑っているが、核心的な証拠は持っていないとした。トランプ大統領はツイッターで、刑期を短くするためにうそをついているとして元弁護士を激しく攻撃した。

NEXT…再調査受け野党が追求。

キーワード
トランプ大統領
金正恩委員長
米朝首脳会談
アメリカ
北朝鮮
ハノイ(ベトナム)
コーエン被告
ヒラリー・クリントン
ツイッター
ワシントンDC(アメリカ)

ニュース (ニュース)
11:20~

厚生労働省の統計不正問題をめぐり再調査をしていた特別観察委員会の報告書を受け、安倍総理大臣は「厚労省は真摯に反省すべきだと」強調した。野党は調査結果は不十分と主張しさらなる審議が必要だとして野田予算委員長の解任決議案提出を視野に抵抗する構え。

野田市の小学4年女児が自宅で死亡し、両親が逮捕された事件 をうけて野田市は先程はい初防止策を取りまとめる委員会の初会合を開いた。2~4ヶ月をめどに結果を報告する。

NEXT 関東は今夜も雨。

キーワード
安倍総理
野田予算委員長
厚生労働省
鈴木有
千葉県
野田市
野田市(千葉)

天気予報 (ニュース)
11:23~

鎌倉プリンセスホテル天気カメラの中継映像を背景に全国の天気予報を伝えた。

昼サテのホームページのテロップ。

NEXTこの後はマーケット情報。

キーワード
昼サテのホームページ

マーケット情報 (ニュース)
11:26~

午前のマーケット情報を伝えた。平野さんは「きのうのニューヨークと同じような感じになっています。ドルが比較的強くなっている。12月の貿易統計が出て、かなり増えてきている。日中は少し下がったが、下げ渋っている。問題は日本。重要なところに来ており、10月2日は高値。12月26日は安値、ちょうど今は真ん中のところ。半値戻しにはなっていないが、近づいている。今は意見が分かれるところで、重要なところに来ている。都合の良い『ダウ理論』というのがあり、景気指標・企業業績など予測不能な自称にいたるまで需給に関する全ては市場株価に織り込まれるということ。だからわからない時は株価に聞きましょうと。最近の株価は陽性が多い。きょう・あすと陰性になるかどうか。そのせめぎあいは寄り付きと引け目のせめぎ合いなんですね。それで株価の強さが表れる」などと説明した。今日は値上がり・値下がりの銘柄数がほぼ拮抗する動きとなっている。

午前の終値を確認した。

東証アローズから中継。直居さんは「ちょっと方向感が乏しくなってきている気がします。海外市場もそう。このところ米中貿易摩擦の緩和期待から上げてきたが、きのうはアメリカのライトハイザー通商代表部代表が『そう簡単じゃない』と釘を刺す場面もあった。それより海外も含めて年末の悲観から戻してきたので、戻り待ちの売りをこなしているところ。その一段上に行くには手掛かり難という声が多いように思う。3月は決算が多いので、配当取りを意識した時期だと思う。必ずしも皆が今日上昇しているわけではないですし、業績面でこの時期にサプライズがあったわけではないが、株主還元を強化するという意味では好感されます。そういうことから注目して良いと思っています。3月末に向けてまだこのような動きがあると思う。そろそろ10連休を意識している面があると思います。証券はそこがお休みになる。企業側は決算発表の時期から言っても4月末は難しい。調整中だが、連休前に大きなポジションをとりにくいという動きがぼちぼち出てきているような気がします」などとコメントした。

きょうアメリカでは10月~12月期のGDPが発表される。

キーワード
米中貿易協議
日経平均株価
製造業PMI
日経平均先物
TOPIX
ライトハイザー通商代表部代表
日経平均
日経ジャスダック平均
東証マザーズ指数
長期国債先物
オリコン
三社電機
GDP

エンディング (その他)
11:34~

ゆうがたサテライトでは「米朝首脳が合意文書に署名へ」などをお伝えする。

  1. 前回の放送
  2. 2月28日 放送
  3. 次回の放送