日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース

放送日 2018年12月16日(日) 19:54~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
19:54~

池上彰が2018年のニュースを振り返り、2019年の大きな問題を解説する。

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
19:55~

日本中に数多くある看板が落下する事故が相次いでいるという。特に台風で最大瞬間風速の記録を更新した今年は、落下事故が多かった。しかしこの事故は台風のせいだけではないという。調査のために看板設置の専門家と街中を歩くと、わずか40秒で危険な看板を発見した。専門家は接続部部のサビが最も危険だと話し、日本サイン協会の横山さんは全国の看板の約7割が違反だという。違反の背景には看板は自治体に申請が必要だがしていない企業が多く、2、3年に1度メンテナンスを行う義務があるのを一般に知られていないことにある。ただ、4年前に看板事故が起きたためにこの状況が改善されつつあるという。

事故をきっかけに国土交通省は、地方自治体に看板の調査を指示した。広告板調査結果ではワースト1位が埼玉県だった。なかでも福岡市では約8000件の無許可看板に対し指導などをする違反看板対策を行っている。さらに京都市では2007年に看板の老朽化対策と景観向上のため看板に関する条例を強化した。大阪にあるグリコの看板は1年に1回点検を行っているという。

スタジオでは埼玉県出身の的場さんが「ショック」などとコメント。片山地方創生大臣の本の宣伝看板が公職選挙違反の疑いがある問題については、池上さんが解説した。さらに実は市の条例に基づく許可を得ていなかったという。現在は市の指摘を受け、白く塗り潰されいる。香港といえば看板だらけのイメージだったが、2年前に安全確保を目的に取り締まりを強化し撤去されたとのことだ。

スタジオでは池上彰さんが注目したのは「長野県の男性平均寿命がトップ転落」ニュースと紹介。川島さんは「長野県が1位だとは知らなかった」などとコメントし、地元の池上さんが「そんなことも知らなかったの」などと反論した。そこで長生きできる秘訣があるということで、現在1位の滋賀県の秘密を紹介。(朝日新聞)

長寿大国・滋賀県の秘密3つに迫る。なんとスポーツクラブの数が全国で2位。そこで滋賀県のスポーツクラブ「鍛錬」に訪れた。

長寿日本一の秘密が明らかに!

キーワード
西日本新聞
公共インフラ
台風7号
台風20号
神戸市JR舞子駅
国土交通省
毎日新聞
河原町通
京都市都市計画局
グリコ
江崎グリコ
福岡市(福岡)
京都市(京都)
さいたま市(埼玉)
香港
朝日新聞
厚生労働省
総務省統計局
鍛錬
高島市(滋賀)
琵琶湖

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
20:16~

長寿大国の滋賀県で話題のスポーツクラブ「鍛錬」では、会員数の半分が60歳以上の高齢者だった。その中でも75歳の山ノ井さんは7年前、脳梗塞を患ってリハビリ生活をしていたが、1年半前からジムでトレーニングを始めて70キロのバーベルを持てるようになっていた。こうした高齢者のスポーツ人口の多さに樋口教授は、握力が5キロ下がると死亡率が10から15%下がると話す。さらに筋肉は血糖値を下げる重要な臓器なので減少は糖尿病になりやすいという。

滋賀県、長No.1の理由を専門家に聞いた。専門家は「喫煙率が下がった」と話した。かつて滋賀県は肺がん死亡率1位(男性)だったこともあった。これを受け、禁煙対策を実施した。対策として専門家は「子どもたちを対象にした禁煙教育をやっていった」などと話した。こうした努力から滋賀県は日本一喫煙率が低い県となった。

滋賀県草津市在住の中村さんは100歳だが元気で、ヒミツは県ブランド牛の近江牛を食べていることだという。近江牛には良質なタンパク質やビタミンB群が含まれており、これが長寿の秘訣の1つとなっている。

栗東にあるスーパーでは野菜が無料で提供されていた。これはボランティアの方による健康を推進するための活動で、1日に必要な野菜を客が計量し参加のお礼にその野菜をプレゼントするものであった。自治体の予算で定期的な活動している。時には民家に訪問し食事の塩分などの量を計測するなどしている。

健康についてゲストの川島海荷は「キックボクシングをはじめて今年の目標が筋肉をつけることだった」などと話した。池上は自身の体力の付け方として「人を食う」などと話していた。

2018年5月の新聞の記事は3Dプリンターですしを再現するという見出しであった。アメリカの国際展示会では、「スシ・テレポーテーション」と書かれていた。この技術は味、食感、栄養素を読み取りアメリカにデータを転送し、全く違う食材でエビ寿司を再現するというものであった。

このプロジェクトの発表から8ヶ月がたちさらに進化したという情報をキャッチした。プロジェクでは料理をひとつの立方体で再現するといものでプロトタイプ状態のものであれば出来上がっているという。そのほんの一部を見せてもらうことにした。

キーワード
鍛錬
厚生労働省
滋賀県
高島市(滋賀)
脳梗塞
中日新聞
近江牛
草津市(滋賀)
タンパク質
ビタミンB
アル・プラザ栗東
栗東市(滋賀)
滋賀県衛生科学センター
静岡新聞
すし
アメリカ
マグロ
エビ
わさび

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
20:35~

未来のマシンのである「キューブフードプリンター」一部を見せてもらった。技術が進めば一家に一台このマシンがあり、世界中の人が作った料理をシェアして食べられる世界になるという。キューブフードプリンターがあれば、フレーバーや色素を変えてあらゆる料理を作ることができ、インターネットを通して世界中のメニューの中から選択することも可能となる。さらに、AIが家族の体重や健康状態を管理することもできるという。

スタジオでは未来のキューブ料理の試作品が登場した。料理を食べるのは開発チーム以外ではスタジオの出演者らが世界で初めてであるという。

キーワード
AI
カツ丼
牛丼
パリ(フランス)

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
20:42~

スタジオにキューブマグロ寿司とキューブたまご寿司が登場した。お米、マグロ、たまごなどの素材を全く使用せずに再現したお寿司。マグロ寿司を試食した太川陽介は「お米がお米。マグロはちょっとゼリー。マグロの味だんだんしてきた」と話した。試食した的場は「マグロの味ももちろんするしシャリもちゃんとお米なんですけどお寿司食べてるって感じではない。マグロ風味のゼリーを食べてるかな…」と話した。たまご寿司を試食した柴田理恵は「水を多く入れて炊きすぎた重湯が固まったみたい。ちゃんとたまご焼きの味」と話した。さらに、肉も小麦も使用していないハンバーガーが登場し、山里と壇蜜と川島が試食することとなった。

未来のハンバーガーを試食した壇蜜は「本当にハンバーガーだ」と話した。山里亮太は「立食パーティーでずっと置いてあってちょっとパサついてんな?ぐらい。パンの食感。チーズとハンバーグはああいう製法で作られたってわかんないです」と話した。パンの部分は米ジェル、チーズの部分は大豆である。また、肉の部分は大豆、海藻ジェル、そしてコオロギが使われている。現在、コオロギがタンパク源として注目されている。今後、開発が進めば思い出の味を保存し再現することや、まだ存在しない料理を作ることができるという。

池上さんらは鹿児島県薩摩市にある未来の島「上甑島」を訪れた。島では電気自動車で露店を行っていた。さらに散策していると町内会のイベントを発見。上甑島では至る所で電気自動車を様々な形で活用されており、東京に比べて所有率が50倍も差がある。地元の市役所で働く神山さんによると、日産自動車の協力のもと電気自動車を40台無償提供してもらったという。上甑島では企業と組んだ電気自動車を使った実験を行っている。さらに電気自動車1台で一般家庭の電力2日分も賄えるという。(秋田魁新聞)

上甑島ではレンタカーも電気自動車で、池上彰も電気自動車を体験した。電気自動車の乗り心地は良いとのことで、上甑島の絶景を楽しんだ。しかし、一緒に並走していた森本アナを無視して池上彰が独走状態となった。そして、最後に448枚の太陽光パネル敷き詰められた施設を訪れた。この施設では廃車となった電気自動車のバッテリーが保管されている。電気自動車のバッテリーは車としては走れなくなっても蓄電可能で、発電した電気を一般家庭に供給するという日本で初めての実験をしている。現在、島内の電力の10パーセントを供給しており、来年には20パーセントを超えるという。

千葉県内の商業施設などで中国人向けに続々と導入されているものがあるという。中国人は現金を持ち歩かずスマホで買い物をすることから、中国人向けスマホ決済が続々と導入されている。中国・深圳は人類史上最速で発展している街とされ、スマホ決済が主流であるという。約40年前は人口約30万人ほどの漁村であったが、現在は人口約1250万人の大都市である。

池上彰が2019年に流行るであろう食べ物として、ルビーカカオを使ったチョコレートであるルビーチョコレートを紹介した。着色料や香料を使わなくてもルビーカカオを使えばベリー系の味が出るとのことで、ビター・ミルク・ホワイトに次ぐ第4のチョコレートとして注目されている。パリで行われた「サロン・デュ・ショコラ」でも紹介された。

中国でのスマホ決済の最新生活を取材した。実際にスタッフも現金を使わずに買い物を行った。いま中国では昔ながらの市場など、ほとんどがスマホ決済になっていた。さらに路上ライブのおひねりまでスマホ決済が行われたていた。中国政府が「キャッシュレス政策」に乗り出したのは25年も前。スマホ決済を行っていた夫婦のご自宅にお邪魔した。100%スマホ決済ということで、お小遣いの受け渡しまでキャッシュレスで行っていた。最近では香典やご祝儀もキャッシュレス。いまや中国だけでなく、世界中で起きている現象。

スタジオでは池上さんが世界で加速するキャッシュレス化について解説した。世界のキャッシュレス比率をみると、韓国が96.4%。韓国では年商240万円以上の店舗でのクレジットカード取り扱いを義務化にし、年間クレジット利用額の20%を所得控除できるようになり普及したという。対して日本は19.8%。日本がキャッシュレス化が進まない理由として、治安が良いなどという。いま中国ではキャッシュレス化が進み、街中では爆発的に増えているものがあるという。

キーワード
マグロ
日産自動車
E-NV200
静岡新聞
コムス
秋田魁新聞
電気自動車
大豆
コオロギ
ルビーカカオ
自動車検査登録情報協会
サロン・デュ・ショコラ
パリ(フランス)
薩摩市(鹿児島)
上甑島
出川哲朗の充電させてもらえませんか?
スマホ決済
QRコード
日本経済新聞 WEB版
イオンモール成田
キャッシュレス政策
成田市(千葉)
深圳(中国)
キャッシュレス
野村総合研究所
国立印刷局

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
21:19~

中国でキャッシュレス化が進み路上で爆発的に増えたものは?正解は自動販売機。お金があったら盗られてしまうから。アメリカだと自動販売機は建物の中にあり路上にはない。中国のお札はボロボロでお札が自動販売機に入らない。スマホ決済でストレスなく買えるようになった。中国ではキャッシュレス化が進み様々なものが自動販売機で買えるようになここ4年で設置台数は4倍以上の増加しているという。

逆にカナダではキャッシュレス化が進んだおかげで2013年に1セント硬貨が廃止になった。1セント硬貨を作るのに1.6セントかかっていたが年間で9億4000万円分削減できた。1円玉1つ作るのにだいたい3円。「日本で現金を流通させるためにかかる費用は?」というクイズが出された。正解は1.5兆円。銀行のATMの管理はものすごくお金がかかる。

世界のキャッシュレス化の波に乗り遅れている日本だが池上彰は2019年には日本でもキャッシュレス化が進むと予測。池上は2020年の東京オリンピックで世界中から観光客が来たときに不便だなという話になってしまう、その後大阪万博もありますし急いでキャッシュレス化を進めなければいけない、来年10月に消費税が10%上がるのを機にキャッシュレス決済でお金を払ったら5%ポイント還元ということになっていると話した。日本でも徐々にスマホ決済サービスが普及している。今年10月からサービスを始めたPayPayはファミリーマートやビックカメラなどで利用できる。Origami Payはタクシーやファストフード店を中心に約2万店舗で利用可能。池上は好むと好まざるとにかかわらずキャッシュレス化は進んでいきますからそれにどう対応するか考えてくださいと話した。

現金の落とし物の金額の推移は去年に最高額をマークしていた。バブル崩壊後は現金の落とし物が減ったが、池上彰は落とし物を届けない人がいたことも要因ではないかとした。東京都での落とし物はとして証明書類が平成11年は2位であったが、平成29年には1位となった。特に消費増税でポイント還元する店が増えたことや、漫画喫茶などで身分証明証が必要になったことから、ポイントカードの量が増えたという。スタジオに壇蜜の財布が登場した。

キーワード
キャッシュレス化
自動販売機
スマホ決済
中国
カナダ
東京オリンピック
日本経済新聞
大阪万博
警視庁
消費税
バブル崩壊
PayPay
ファミリーマート
リーマンショック
ビックカメラ
Origami Pay
東京都

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
21:32~

続いて池上彰が注目した小さなニュースは2018年6月10日付の北海道新聞の5面の「外国人の国保不正加入調査」。この問題は池上が注目したことし6月には地方紙の小さなニュースだったが今では全国紙の1面を飾る大きなニュースに発展。在留資格がない外国人が日本で高度医療を安く受けるために不正に健康保険に加入していないかどうか調査を始めるというニュース。日本の国籍を持っている人だけでなく日本に住むすべての人が保険証を持てるような仕組み。街の外国人に日本の健康保険証を持っているか聞いてみた。声をかけた外国人のほとんどが持っていた。日本の健康保険証を手に入れるのは簡単なのか。日本滞在ビザの手続きも行う行政書士に聞いてみた。碇谷賢祐さんは健康保険証に関しては90日以上のビザがあれば取得できると話した。健康保険の加入条件は日本国籍ではなく日本に居住している人。留学や仕事などで90日以上日本に滞在する場合は健康保険加入が義務。日本の健康保険の印象を外国人に聞いてみると「普段の生活が助かっている」「アメリカの保険と比べたら日本の方が良いと思う」など。しかし悪用する外国人もいるという。

壇蜜の財布の中には現金やポイントカードなどが多く入っていた。庶民的なスーパーなどのポイントカードが多いことから庶民的だと池上彰からの好感度が上がった。次に山里亮太の財布を確認する。

山里亮太の財布がスタジオに登場し、シネマカードや保険証などが入っていた。池上彰が「銀行のだからこれは止めておこう」とすると、山里亮太は「一応そういうモラルはあるんですね」とコメントした。中には高知のよさこいチームのファン倶楽部のカードなどもあった。

池上彰が2019年に流行ると思うものとして、韓国・中国のメーカーが発売することを発表した折り畳めるスマートフォンを紹介した。フレキシブル有機ELディスプレイという薄く・軽く・曲がる次世代のディスプレイを採用し、折りたたみを可能にした。

日本の健康保険をアメリカと比べた。日本は国民皆保険という国民全員保険に入らなければならない義務だが、アメリカは任意。日本は自己負担は3割、アメリカは保険に入っていない人は自費(10割)。アメリカの医療費は高く虫垂炎をとると大体100万円。込み入った病気になると自己破産している人がいっぱいいる。治療を受けられない方もたくさんいる。保険に入っていない人はずっと我慢して、悪化して救急車を呼ぶことになり、病院は治療しなければらないため、治療してもらったら逃げる。病院は治療費を回収できないためカバーするための保険に入るため医療費がまた高くなるという悪循環を繰り返している。

キーワード
北海道新聞
産経新聞
国保
スターバックスコーヒー
スターバックスコーヒージャパン
健康保険証
高知県
健康保険
royole.jp
フレキシブル有機ELディスプレイ
国民皆保険
読売新聞

池上彰が選ぶ今知っておきたい小さなニュース (バラエティ/情報)
21:46~

日本の保険証を持つ妹になりすまし2年半の治療を受けた姉。治療費は1158万円だが実際の支払いは14万6千円。厚生労働省は調査を開始している。健康保険証には顔写真がなくなりすましてもわからない。政府は在留カードの提出などの対策を検討している。国民医療費の内訳は税金が38.6%。今後国民健康保険料は値上げの見通し。

池上彰がテレビ東京に物申す

キーワード
保険証
厚生労働省
在留カード
国民健康保険

エンディング (その他)
21:52~

2019年の抱負を聞かれた池上彰は「働き方改革!ちょっとテレビ東京系での仕事が多すぎた。」と強調していた。

「有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?」の番宣テロップ。

番組宣伝 (その他)
21:52~

「Youは何しに日本へ?」の番組宣伝。

「世界!ニッポン行きたい人応援団」の番組宣伝。

「東野圭吾 手紙」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 12月16日 放送