密着!ガサ入れ 2018年10月10日放送回

放送日 2018年10月10日(水) 18:55~22:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
18:55~

ニッポンの事件年間92万件。そこには逮捕、送検、ガサ入れがある。ガサ(家宅捜索)は事件を立証・解決するため人や家などの関係先を調べること。刑事は各袖巡査から「デカ」、ガサ入れは捜すから「ガサ」。今夜は日本全国のガサ入れを徹底取材。

キーワード
ガサ入れ
不法滞在

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
18:58~

地方税の滞納金は全国で1兆634億円。税金滞納者と戦う租税債権管理機構、通称税金Gメンは徴収困難な滞納者へガサ入れを行う。今回番組は徴収管理鑑の久米幸彦に密着。税金Gメンは国税徴収法により財産の差し押さえが出来る。最初のターゲットは大工の70代の男。国民健康保険税約15万円を滞納している。国税徴収法第142条により滞納者宅が不在でも捜索。神棚から札束を発見し滞納金を差し押さえた。

久米幸彦は滞納者は本人が大事なものはできるだけ目に届く場所にあると語る。ガサ入れで必ず持っていくものは徴税史員証や差押調書など。次のターゲットは30代のサラリーマン。国民健康保険税など28万円を滞納。滞納者の家を訪問し国税徴収法第142条により捜索。マンガなどを差し押さえた。残りは月々2万円の返済を約束した。しかし滞納金は支払われず、差し押さえ品物を公売にかけ滞納金に当てる。

Gメンが過去に押収した品は着物に高級外車、土地など。久米幸彦らは昨年度1億893万円を回収している。次のターゲットは滞納金総額450万円の60代男。

ニチヨルしあわせキャンペーンのお知らせ。

キーワード
地方税
須崎市(高知)
租税債権管理機構
高幡広域市町村圏事務組合
ガサ入れ
国税徴収法
国民健康保険税
国税徴収法第142条
差し押さえ
ニチヨルしあわせキャンペーン

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
19:14~

徴収管理鑑の久米幸彦に密着。滞納金総額450万円の60代男の自宅をガサ入れ。事前調査で通帳の入金記録を把握済み。生活費を除いた40万円を差し押さえ。液晶テレビやゲーム機などを差し押さえた。合計52万7064円。残り滞納金は397万2936円。

あなたの家に突然刑事がやってくる…絶対に無視できないハガキとは?逮捕の理由は何!?

キーワード
ガサ入れ
差し押さえ

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
19:22~

悪質な交通違反者に送られる出頭通知書は無視をすると逮捕される。平成29年の23区内交通反則金の未払いは約2万3千件。交通反則金未払いを捜査する警視庁交通執行課に密着。最初の未納者は大学生。未払い期間は1年5か月。警察官が家に向かい本人か確認、道路交通法違反容疑で逮捕した。

次の未納者は40代の会社員。未払い期間は1年8か月。警察官が自宅を訪問し男を逮捕。男は出頭通知を8回受け取ったが仕事を理由に無視していた。犯罪歴は警察に記録される。次の未納者は30代会社員、未払い期間は1年8か月。自宅を警察官が訪問し男を逮捕した。反則金未納での逮捕は2回目だった。

不法滞在する外国人を大規模ガサ入れ。日本に不法滞在する外国人は6万6000人。それを東京入国管理局の入国警備官が取り締まる。管轄区域は関東甲信越エリア。茨城県某所で担当の入国警備官が不法就労の疑いがあるクリーニング工場を調査。張り込みは8月下旬にはじまった。不法滞在の外国人が働いているかを確認した。

つづいて外国人の住居と出勤状況を探る。工場の社長宅で外国人の送迎に使われている黒いワゴン車を発見。追跡し張り込みを続け住居と出勤状況を確認した。東京入国管理局で情報をリスト化し裁判所でガサ状を手に入れガサ入れが許可された。午前8時半、19人の警備官が現場に到着。9時15分にクリーニング工場に到着しガサ入れ開始。消えた不法就労者を大捜索。

キーワード
警視庁
反則金
ガサ入れ
道路交通法
不法滞在
東京入国管理局
茨城県
茨城新聞
不法就労
霞が関(東京)

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
19:49~

不法滞在する外国人を大規模ガサ入れ。日本に不法滞在する外国人は6万6000人。それを東京入国管理局の入国警備官が取り締まる。管轄区域は関東甲信越エリア。茨城県某所で担当の入国警備官が不法就労の疑いがあるクリーニング工場を調査。張り込みは8月下旬にはじまった。不法滞在の外国人が働いているかを確認した。

つづいて外国人の住居と出勤状況を探る。工場の社長宅で外国人の送迎に使われている黒いワゴン車を発見。追跡し張り込みを続け住居と出勤状況を確認した。東京入国管理局で情報をリスト化し裁判所でガサ状を手に入れガサ入れが許可された。午前8時半、19人の警備官が現場に到着。9時15分にクリーニング工場に到着しガサ入れ開始。消えた不法就労者を大捜索。

不法滞在する外国人を大規模ガサ入れ。外国人は逃走したが警備官がタイ人男性を確保した。工場経営者にガサ入れを説明しタイムカードを確認、経営者は不法就労者の雇用を認めた。在留カードを確認し3人が不法就労者だと判明。さらに見つかっていない住み込みの男女を一斉捜索し2人を発見。工場では最低賃金を下回る時給750円で外国人を働かせていた。今回のガサ入れで5人の不法就労が発覚、強制送還後は5年間再入国できない。

密売老人をガサ入れ。末端価格1000万円超。

キーワード
ガサ入れ
不法滞在
茨城県
茨城新聞
不法就労
霞が関(東京)
東京入国管理局
在留カード
強制送還

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
20:00~

広島県警察本部薬物銃器対策課に密着。薬物乱用者の自白から70代半ばの売人を捜査。ガサ入れのため薬物取引の現場を撮影、客の素性を明らかにし、密売買の証拠を掴んでいく。密売老人はとあるファミリーレストランの駐車場で覚せい剤を取引した。

キーワード
覚せい剤
ガサ入れ

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
20:10~

覚せい剤を売りさばく密売老人を追跡。取引の瞬間をカメラに収めた。つづいて客の男を尾行し素性を明らかにする。また老人が客と取引、その客には窃盗容疑での逮捕状が出ていた。密売老人と接触する人物は10人程だった。老人は客との接触前に必ずマンションに立ち寄っていた。ここが覚せい剤の倉庫の可能性が高い。次に刑事たちは客をガサ入れして密売買の証拠を掴む。

刑事たちはまず広島地方裁判所で客の中年女のガサ状を手に入れ着衣携行品をチェックすることにした。しかし窃盗男が現れ電話。密売老人は倉庫に向かった。刑事たちは取引を確認し窃盗男を逮捕。男が持っていた封筒から覚せい剤が見つかった。

刑事は密売老人のガサ入れのため証拠を固める。取引をした長髪男の家をガサ入れし覚せい剤取締法違反で逮捕。男は老人から覚せい剤を購入したことを自供した。そして密売老人をガサ入れ。覚せい剤、プラスチック小袋、通帳類を差し押さえる。刑事11人が捜索。倉庫から被疑者が出てきたタイミングでガサ入れ開始。

キーワード
覚せい剤
ガサ入れ
窃盗
広島地方裁判所
覚せい剤取締法

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
20:36~

覚せい剤を売りさばく密売老人の倉庫をガサ入れ。注射器1000本以上、覚せい剤などが見つかり老人は覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。

薬物事件摘発のプロ関東信越厚生局 麻薬取締部に密着。今回のターゲットは危険ドラッグ投函男。日本最大の製造工場、末端価格30億円相当を発見。麻薬取締部は厚生労働省の管轄、警察と変わらない権限を持つ。麻薬取締官の約7割が薬剤師の資格を持っている。ネット上の大規模な危険ドラッグ販売サイトを確認し製造もしていると麻薬取締部は睨んでいた。

ガサ入れまでのステップは3つ。見えない販売業者を炙り出せ!、100個のポストから尻尾を掴め!、関係者を全て洗い出せ!。危険ドラッグには主にハーブ、粉末、液体の3種類があり、販売サイトの客から入手した封筒には危険ドラッグが入っていた。発送元の住所は千葉県だが記載内容はデタラメ。伝票番号に目をつけ西東京エリアで販売されたとわかった。現場に向かうとそこは住宅街。張り込みで危険ドラッグ投函の現場を押さえた。20代の男が何かを次々と投函する現場を目撃し尾行、男は古い民家に入っていった。

別の日。20代の男が違うポストで大型封筒を次々と投函した。民家の張り込みを続け関係者6人を洗い出した。そして男を確保しガサ入れ開始。家の中には主犯格と見られる男がいた。部屋には大量の危険ドラッグがあった。物置などには大量のハーブが入れられ、冷蔵庫にも危険ドラッグの原料が。さらに危険ドラッグを作るための機械も置いてあった。さらに大麻の種も発見、6人の担当業務もわかった。ガサ入れで末端価格30億円相当のブツを押収した。

東京入国管理局の入国警備官が茨城県の不法就労の女たちに迫る。リトルバンコクと呼ばれる地域に不法就労の外国人がいる店があると通報を受け調査。調査対象はタイ人スナック2店。ガサ入れのためまず入国警備官が扮装をして怪しまれず店へ潜入。会話から不法就労の証拠を引き出した。

潜入調査から2週間後、容疑者のガサ状を入手。入国管理局のガサ状は容疑者個人の物のみ押収する。そして東京入国管理局に18人の警備官が集まり2店舗を同時ガサ入れ。まずホステス全員のビザをチェック、容疑者「そら」などの不法就労が発覚した。2店で合計6人のタイ人女を拘束、その後女たちが荷物整理を行う。

キーワード
ガサ入れ
覚せい剤
覚せい剤取締法
関東信越厚生局
危険ドラッグ
九段第三合同庁舎
厚生労働省
大麻
東京入国管理局
茨城県
不法就労
在留カード

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
21:14~

ガサ入れで強制退去となる不法就労のホステスが荷造りのため自宅へ。化粧品や現金などを詰め込む。女は2度目の強制退去だった。他の女はモンキーバナナが好物だった様子。また別の女の自宅にはオーバーステイの男がいた。7人の不法滞在者は入国管理局に移送された。強制退去の飛行機代は自腹。

日本史上最大のガサ入れ。1995年3月22日山梨・上九一色村。警視庁の警察官1000人以上を動員、のべ2500人のガサ入れ。目的はオウム真理教の壊滅。事件を解決に導いた山田正治氏がその裏側を語る。オウム真理教は1984年に設立、信者の家族と数々のトラブルを起こしていた。坂本堤弁護士一家殺害事件、松本サリン事件などが発生、オウム真理教教団施設の近くでサリンが検出された。警視庁は管轄外のため動かなかった。その後、管轄内でオウム事件が発生する。

キーワード
不法就労
ガサ入れ
モンキーバナナ
オーバーステイ
東京入国管理局
上九一色村(山梨)
警視庁
オウム真理教
麻原彰晃
オウム神仙の会
坂本堤弁護士一家殺害事件
松本サリン事件
サリン

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
21:24~

1995年2月28日。警視庁管内でオウム事件発生。オウム信者が拉致に関与していたことがわかった。これで警視庁がオウム壊滅に向けて始動した。山田正治氏はガサ入れのため上九一色村を視察したという。3月20日に地下鉄サリン事件が発生、事件前にガサ入れは出来なかったのか?山田氏は資料が追いつかなかったなどと語った。作戦名は「ルート5」。ガサ入れはオウム施設40か所から10数ヵ所に縮小、国家公安委員長の野中広務は犠牲者が出ることを覚悟し辞表を手にしていたという。現場に向かう山田氏もサリンが降りかかるのではと心配していた。

1995年3月22日にガサ入れ決行。開始1時間後、監禁されていた信者が救出された。オウムの医師は捜査を妨害し監禁容疑で逮捕された。捜査一課は女性信者を保護し事情聴取、幹部を逮捕した。幹部の供述から麻原彰晃の逮捕状が発行された。5月16日に麻原を発見する。

キーワード
オウム真理教
警視庁
公証役場事務長拉致事件
上九一色村(山梨)
ガサ入れ
地下鉄サリン事件
港区(東京)
江東区(東京)
野中広務
サリン
監禁
麻原彰晃

番組宣伝 (その他)
21:35~

未来世紀ジパングの番組宣伝。

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
21:38~

突撃!しあわせ買取隊の番組宣伝。

オウム真理教のガサ入れ。1995年5月16日に麻原発見。捜査一課の山田氏は隠し部屋にいた麻原と対面した。カリスマ性を感じない、話す内容も別にと思ったという。また山田氏は警視庁が一体になったこと、全国の組織的にやったことがオウム事件の結果だと語った。

税金Gメン久米幸彦に密着。650万円の税金滞納者60代の男の家をガサ入れする。

キーワード
麻原彰晃
オウム真理教
ガサ入れ
警視庁

密着!ガサ入れ (バラエティ/情報)
21:47~

税金Gメン久米幸彦に密着。650万円の税金滞納者60代の男の家をガサ入れ。滞納者と妻は留守、30代の息子が家にいた。液晶テレビを押収、後日改めて捜索することにした。分納の2万円を払わない男。久米幸彦はある秘策をもって家に向かった。この日は滞納者が滞在していた。久米は車を担保として差し押さえることを了承させた。

突撃!しあわせ買取隊の番組宣伝。

山梨県警察本部交通機動隊の白バイが航空隊のヘリと連携し通行区分違反のライダーを取り締まった。道志みちと呼ばれる国道413号はライダーに人気。東京オリンピックでは自転車ロードレースのコースになる予定。見通しが悪いカーブが多く事故も多発するため取り締まりをしている。

山梨県警の航空隊と大月署の警察官が空から地上を監視、違反者を白バイとパトカーに連絡する。連絡を受けた白バイは道の駅に入ったはみ出し禁止の違反ライダーを通行区分違反で検挙した。

キーワード
ガサ入れ
差し押さえ
国税徴収法
国税徴収法第142条
通行区分違反
大月警察署
国道413号
相模原市(神奈川)
山中湖村(山梨)
道志川
東京オリンピック
  1. 10月10日 放送