二代目 和風総本家 過酷現場で働くお父さん&大使館御用聞き

放送日 2018年10月11日(木) 20:55~22:48
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
20:57~

二代目 和風総本家2時間SP。過酷な現場で働くお父さん&大使館に御用聞き。

オープニング映像。

キーワード
ベネズエラ・ボリバル共和国大使館
手歌
手袋

家族が見学!過酷な現場で働くお父さん (バラエティ/情報)
21:00~

過酷現場で働くお父さんの仕事を家族が内緒で見学。

群馬・みどり市在住の星野さん家族の次女・花ちゃんの特技はバイオリン。プロの演奏家になるのが夢。姉の菫さんの夢は外科医。二人の父・星野淳一さんは鍛造職人。家ではちょっと無口。娘と母は父の仕事を見たことがない。そこで父の仕事を内緒で見学する。車から仕事風景を見学。

父が過酷な現場へ。勤める山岸鍛工は鍛造工場。乗り物のパーツなどを製造している。許可を頂きヘルメットにカメラを装着、家族に仕事を体感してもらう。約1200℃に熱した材料の鉄をハンマーで叩き、型の上に乗せプレスで成型した。ハンマーを叩くタイミングはペダルで操作、踏み方で力加減をしている。持ち場を離れたお父さんは水を飲んだ。8時間かけ約1500回この作業を繰り返す。表面のゴミは目視で見つける。

できた鍛造製品は工業用機械のパーツなどになり活躍する。お父さんは仲間と昼食。この日は幕ノ内弁当を食べ妻のネギ豚が最高にうまいと語った。10年前に会社を辞め職人の道へ進んだ淳一さんは2人の娘が成長するなかで強くなっていったという。2人に自分の好きな世界に進んでもらうために働いていると話した。製品のサイズを確認して作業は終了。家族が何も知らないお父さんの元へ。

鍛造職人の星野淳一さんが仕事を内緒で見学していた家族と対面。父は家族にいろいろな仕事の話をした。最後の家族で仕事仲間に挨拶回り。この日の晩ごはんのおかずはお母さん特製のネギ豚。仕事見学を振り返り家族で味わった。

VTRを振り返り、お父さんはいいところを見てもらったなどと話した。また鈴木福は父は和楽器職人、母は琴の先生、特技はけん玉などと伝えた。

キーワード
みどり市(群馬)
バイオリン
鍛造
幕ノ内弁当
ネギ豚

大使館に御用聞き~困っている事ありませんか?~ (バラエティ/情報)
21:24~

世界各国の大使館 国内154か所。困っている事ありませんか?と御用聞き。ブラジル、ベネズエラの御用を受け、世界に誇るニッポンの職人技が大使館を救う。困難に立ち向かう子供達に笑顔を届ける。

東京・北青山にあるブラジル大使館を山崎樹範が訪問し大使のアンドレ・コへーア・ド・ラーゴさんと対面、松屋などを進めた。ここで本題。今回の要望は独立記念日の式典に向けての庭の改修。東京・代々木にある大使公邸を見学、工事で荒れた庭を確認する。

ニチヨルしあわせキャンペーンのお知らせ。

キーワード
ブラジル
ベネズエラ
北青山(東京)
ブラジル大使館
アントニオ猪木
松屋
吉野家
サイゼリヤ
代々木(東京)
オスカー・ニーマイヤー
ニチヨルしあわせキャンペーン

大使館に御用聞き~困っている事ありませんか?~ (バラエティ/情報)
21:34~

ブラジル大使公邸の工事で荒れた庭を改修する。ブラジル大使の要望はモダン建築に合う日本風の庭園。東京・大田区にある大森造園建設の庭師の菅原浩人さんが担当。まず庭を下見し日当たりが悪い、激しい傾斜という問題点を見つけた。

VTRを振り返り、庭の問題点を庭師がどう解決するか予想した。

ブラジル大使公邸の荒れた庭の改修スタート。まず落ち葉を掃除。紅葉を配置し端の部分に溝を掘った。休憩時間に職人が大使館が用意したロミオとジュリエットなどのおやつを食べる。職人さんは番組出演で造園のことをやりたい方が増えればいいと考えているなどと話した。そして庭造りの秘密兵器が運ばれてきた。

キーワード
大田区(東京)
大森造園建設
ブラジル大使公邸
紅葉
ロミオとジュリエット
ポン・デ・ケージョ
アサイボウル
ガラナジュース

大使館に御用聞き~困っている事ありませんか?~ (バラエティ/情報)
21:45~

ブラジル大使公邸の荒れた庭を改修。秘密兵器の蛇籠を設置。一般的に日本庭園では石積み土留めだが、モダンな建物に合う蛇籠が選んだという。蛇籠により流れ落ちる土砂を食い止める。濡れると綺麗な鵜沼石を蛇籠に詰めた。そしてメインとなる杉苔を敷き詰める。杉苔は日当たりの悪い庭の救世主。敷石やサツキもレイアウト。

ハラスメントゲームの番組宣伝。

キーワード
蛇籠
鵜沼石
杉苔
サツキ

大使館に御用聞き~困っている事ありませんか?~ (バラエティ/情報)
21:52~

過酷現場で働くお父さん。

ブラジル大使公邸の荒れた庭を改修。杉苔をなじませて完成。モダンでありながら日本らしさを持つ庭園をブラジル大使は絶賛した。そしてブラジル独立記念日当日。大使公邸には約250名の招待客が。スピーチで大使は庭園の工事へのお礼を述べた。大使夫人は今後来る大使も楽しませてくれるなどとコメント。ブラジル大使は多くの人から庭を褒められたなどと話した。

VTRを振り返り、ブラジルとの国交に一役買っている、コンクリートの打ちっぱなしはモダンだった、ブラジルと日本をミックスした庭園ができてびっくりしたなどと話した。

続いて御用を聞くのはベネズエラ・ボリバル共和国大使館。南米大陸の北部に位置するベネズエラ。美しい自然に囲まれ野球大国としても知られ、様々な野球選手を輩出。全権大使のセイコウ・イシカワさんはベネズエラ育ちの日系二世。イシカワさんの御用は伝統工芸品の壺の修復と音楽プログラム「エル・システマ」で聴覚障害などの子供が手を使って歌を表現する手歌で使う白い手袋の製造。番組では白い手袋の御用を聞くことに。手袋を作ってくれる職人は香川県に。多くの手袋メーカーが海外に生産拠点を移し廃業していった中、江本手袋は職人による手作りにこだわり高品質な手袋を製造。依頼を引き受けてくれたのは3代目の江本新一さんと2人の職人さん。ベネズエラ大使館の要望は様々なサイズに合いフォーマルに見え、手にフィットする手袋。使うのは光沢があって手に透けにくく収縮性がある生地で大中小のサイズで作る。次に生地を飾り縫いする。それをすることでフォーマルな装いをするだけでなく、シワを目立ちにくくする効果もある。最後に縫製をして完成。完成したものを子供たちの元へ持っていき、夕焼け小焼けを演奏した。

手袋をもらった子供たちの様子を作った職人さんに見てもらう。喜ぶ顔を見ると、いつもは相手の顔がわからないが、今回のように相手の顔がわかって見せて喜んで頂いてこちらこそお礼がいいたい。少しは役に立ててほっとしていると感想を述べた。

東が壺をどうしたのかと聞くと、直った壺がスタジオに登場。職人さんが破片を接着後に修復したと聞くと、萬田久子は割ってVTRにしたんじゃないのと発言した。

キーワード
蛇籠
杉苔
エンジェルフォール
DeNA
ラミレス監督
ペタジーニ
カブレラ
エル・システマ
江本手袋
夕焼け小焼け
西麻布(東京)
東かがわ市(香川)
カリブ海
滝上吉生さん

家族が見学!過酷な現場で働くお父さん (バラエティ/情報)
22:25~

ハラスメントゲームの番組宣伝。

新幹線に乗って単身赴任のお父さんに会いに行く宮川さん一家。2週間に一度しか帰ってこないお父さんに内緒で会いに行く。父・稔さんの仕事は鉄塔の上で送電線の設置をするラインマン。

キーワード
九建架線工事

家族が見学!過酷な現場で働くお父さん (バラエティ/情報)
22:43~

VTRを振り返り、自分たちはいかに安全な現場で働いているのか、などと話した。

エンディング (その他)
22:45~

二代目 和風総本家の次回予告。

番組宣伝 (その他)
22:45~

ワールドビジネスサテライトの番組宣伝。豊洲市場ついにオープン!

キーワード
豊洲市場
  1. 前回の放送
  2. 10月11日 放送
  3. 次回の放送