知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜 2018年12月15日放送回

『知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜』(しられざるガリバー エクセレントカンパニーファイル)は、テレビ東京系列で2017年10月1日から放送されているドキュメンタリー番組である。トラスコ中山の一社提供番組。2018年3月25日までは『知られざるガリバー〜消費者の知らないエクセレントカンパニー〜』(しられざるガリバー しょうひしゃのしらないエクセレントカンパニー)であった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月15日(土) 18:00~18:30
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
18:01~

オープニング映像。

JR大阪駅やさいたまスーパーアリーナなどの独創的な屋根はすべてある会社の特別な素材でできている。さらに都心で建設中の建物の外壁にも同じ素材を使った新製品が。その素材は「カラー鋼板」。この素材はサビに強く耐久性にも優れている。今回はカラー鋼板トップクラスのシェアを誇る「淀川製鋼所」に迫る。同社の社長は「鋼板が我々の主力」などと話した。CMで話題の「ヨド物置」もサビに強く耐久性に優れている。カラー鋼板で業界トップクラスまでのぼりつめた淀川製鋼所の成長の秘密に迫る。

キーワード
JR大阪駅
さいたまスーパーアリーナ
カラー鋼板
淀川製鋼所
ヨド物置
ヨド物置CM

年商1.700億円 魔法の鋼の板で社会を守る (バラエティ/情報)
18:04~

大阪・中央区にある淀川製鋼所の本社に訪れた。同社の社長は会社について「我々は総合力とか機動力とかそういう言葉で表現する」と話す。従業員人数は約2400人、年商約1700億円にのぼる。大阪の工場では、カラー鋼板の製造現場を見学した。

巨大な物体の正体とは?

キーワード
淀川製鋼所
淀川製鋼所 大阪工場
カラー鋼板
中央区(大阪)
西淀川区(大阪)

年商1.700億円 魔法の鋼の板で社会を守る (バラエティ/情報)
18:11~

淀川製鋼所の成長の秘密を聞いた。同社の社長は「次の一手を早い時期にやってきたのが成長の理由」と話した。同社は1935年に創業、1964年にカラー鋼板の製造をスタートさせた。1987年には台湾企業に資本参加し海外市場開拓の拠点とした。

淀川製鋼所の大阪工場では、鉄を薄く伸ばすための「ロール」という商品が設置されていた。遠心力を利用した鋳造設備で全長12m、70tのロールを製造可能にする。千葉・旭市に完成した日の出山公園では、淀川製鋼所が手がけた防災用の倉庫が設置してある。同公園には500に人の避難が可能となっている。現在は大阪でも防災倉庫の設置が広まっている。

台風への挑戦

淀川製鋼所では耐火性能を持った外壁材を使用している。耐火実験の様子を実際に見せてもらった。開発当初よりつなぎ目を改良し、大きな問題となっていた耐火性能の問題をクリアすることが出来た。

キーワード
淀川製鋼所
大阪工場
呉工場
カラー鋼板
大阪府
呉(広島)
淀川製鋼所 大阪工場
東日本大震災
西淀川区(大阪)
旭市(千葉)
福島区(大阪)

年商1.700億円 魔法の鋼の板で社会を守る (バラエティ/情報)
18:22~

外壁づくりの次なる課題は台風への対策だ。台風圧実験では風圧に対する強度をチェックしている。今回の試験で外壁が崩れたのは大型台風の2倍以上の風圧であった。一方、東京で建設が進められている複合施設では、淀川製鋼所の外壁が採用された。担当者は「高層階で使用するため品質というところを重要視する」などと話した。

兵庫・芦屋を訪ねた。この洋館は海外の建築家が設計した。この建物「ヨドコウ迎賓館」は国の重要文化財にも指定されている。現在は保修理工事のため閉鎖中だが、来春に再オープン予定となっている。同社社長は「安全、安心、環境などの中で今後も新商品を作って販売力を強化していきたい」と話した。

キーワード
淀川製鋼所
東急不動産
東池袋駅
豊島区(東京)
フランク・ロイド・ライト
重要文化財 ヨドコウ迎賓館
芦屋市(兵庫)

エンディング (その他)
18:27~

倉庫や外壁パネルなどの防災にも取り組む淀川製鋼所では、社会貢献をキーワードに次はどのような一手をみせてくれるのだろうか。

「『安全・安心な製品で環境と景観を守る』株式会社 淀川製鋼所」

次回の「知られざるガリバー〜エクセレントカンパニーファイル〜」の番組宣伝。

キーワード
淀川製鋼所

番組宣伝 (その他)
18:28~

「はじめて東京行ってみたら?」このあとすぐ

  1. 前回の放送
  2. 12月15日 放送
  3. 次回の放送