緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦 予習復習スペシャル▼明日よる放送!

放送日 2019年6月15日(土) 11:30~13:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像。山奥で放置された「ひっそり放置池」を徹底調査。

淳らが挨拶。今月はひっそり放置池SPと紹介。今回の企画は先月開始されたが大反響だったためSPとして放送。池自体は20万カ所あるとされ、その中で管理されていない池はその半分くらいあると言われていると加藤先生は説明。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
11:32~

ひっそり放置池最初の舞台は島根県・西ノ島。島へはチャーター船を貸し切り1時間30分かけて淳が向かった。一緒に同行したのは生駒里奈。隠岐の島の固有生物としてオキサンショウウオやオキタゴガエルなどが生息している。依頼者である三浦さんによると池が豪雨の際決壊するおそれがあり廃止する予定なのでその前に調査をしてほしいというもの。港から車で山の中にある池へ移動。淳は「ウルルン滞在記」みたいと感想を述べた。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

キーワード
七類港
別府港
ウルルン滞在記
島根県
西ノ島
オキタゴガエル
オキサンショウウオ

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
11:40~

荷物の搬入を手伝いながら獣道を徒歩へ移動。移動開始10分で池に到着した。池は65年前に農業用に作られた溜池で14年前までは飲水として利用されていたが65年間一度も抜いたことがないという。当時を知る人達によると池にはニホンウナギが多く生息していて昭和初期には釣って食べていたという。池には水抜きのスペシャリストである北九州テクノサービスの方がおり、1週間かけて水抜きを行ってきたと話した。水抜きをするため事前の話し合いなどをするが資料などが残っていないため調査から開始し深さは5m水量は2万tと判明し運んだ機材で水抜きを行った。

65年ぶり水抜き絶滅危惧種が大量出現!

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

「土曜スペシャル」の番組宣伝表示。

キーワード
北九州テクノサービス
ニホンウナギ
西ノ島
松根溜池

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
11:53~

西ノ島のひっそり放置池「松根溜池」の水を抜く。今回島民40名がボランティアに参加。まずは生物救出作戦を開始。65年間放置されちたためヘドロが蓄積していた。生駒は別ルートで進んでいると魚の大群を発見。2度めとなる水抜きとなる生駒は1回目の時は戦力外だったが今回はヘドロの中を進み見事な網さばきをみせ進化していた。捕まえた生物は鯉だった。明治時代に食用として輸入したものが放たれ増殖したと思われる。さらに最近生まれた鯉なども発見。鯉の天敵になるのがいなかったため爆発的に増えたとみられる。

鯉が大量に見つかる中、在来種が中々見つからない。そんな中絶滅危惧種に指定されている「メダカ」が大量に見つかった。池の上層にメダカ、下層に鯉と棲み分けが出来ていた状態だと考えられる。他にもギンヤンマのヤゴなどが見つかった。話にあったウナギが見つからない中捜索していると淳が見つけたと述べる。

NEXT、50年ぶりにウナギは姿を表わすのか!?

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

キーワード
西ノ島
松根溜池
メダカ
ギンヤンマ
オオヤマトンボ
モクズガニ
ウナギ

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
12:06~

貴重な生物が見つかる中、話にあったウナギを捜索していると淳がいたと大声で包囲網を作るように命じた。そして、ウナギがその姿を表した。これには話をした口村さんも喜ぶ。今回保護した生物は別の池に移した。

「全仏テニス」のテロップ。

VTRを振り返りトーク。田中らはお疲れ様でしたと淳に述べ、淳も大変だったが行ったかいがあるという池だったと話す。加藤先生もひっそり池について地域では居なくなった生物が残っていて面白いなど話す。

続いての池は千葉・館山市の山の奥の奥にある池。向かったのは田中と早乙女太一。道中にはタイヤなど不法投棄されたゴミが散乱。池に到着したがしっかりと茶色に染まった池が一行を出迎えた。依頼者は区長の石井伸さん。池について石井さんによると生まれた時からあり、当時池から下はぜんぶ田んぼで農業の溜池だったが、役目を終え30~40年放置状態。水抜きについて丸三興業の亀田さんは池にバルブがあり2時間ほどで抜けると説明。

水抜きが終わると魚の背びれが大量に見える状態なった。まずは生物調査を開始。2度めの参加となる早乙女太一さんは沖縄以上の深さに苦戦するが少しずつ魚との間合いをつめる。まず捕まえたのは鯉だったが、その間に変な魚が現れた。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

キーワード
西ノ島
松根溜池
ニホンウナギ
メダカ
丸三興業
館山市(千葉)
茂名溜池

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
12:22~

千葉・館山市の山の奥の奥にある池「茂名溜池」の水抜きをする。生物調査をしていると見たことがない魚を早乙女太一が捕獲。その正体は「ドイツゴイ」。14正規にヨーロッパで移入されドイツで改良された品種。その他「ゲンゴロウブナ」などの外来種が捕獲された。在来種が見つからない中見つけたのhが巨大カエルでその正体はウシガエルで大量のウシガエルが生息していた。池には外来種5種類289匹を捕獲。在来種は2種類94匹しか保護できなかった。

つづいてゴミ調査・清掃を行う。池には見えていたガスコンロやお皿、三輪車のタイヤなどが発見された。すると巨大ゴミが埋まっていた。掘り出した結果ビーチチェアが見つかる。さらにガラス片が大量にあり、タライ13杯分にものぼった。さらに不法投棄をさせないため池周辺のゴミ清掃にも取り掛かった。今回の清掃で総量2tのゴミを回収した。

劇団朱雀 早乙女太一 二代目座長公演の宣伝テロップ。

VTRを振り返りトーク。ウシガエルが大量にかなりの大きさだった事からストレス無くのびのびと成長したと思うと田中は述べ、大家は早乙女太一の活躍にジェラシーを感じるなど話した。

以前清掃した池のその後を調査。やってきたのは埼玉・大宮区にある「氷川神社」。「氷川神社」では50年前までホタルが生息していたが姿を消していた。以前の清掃では松田聖子の会員証などが発見され8ヶ月ぶりの訪問。池には1mくらい泥が溜まっていて池全体は約2500tあり結構なお金をかけてとっていると話し、宮司の東角井さんの表情について自信に満ち溢れていると淳らが述べていたが実は決意の顔だったと田中は述べた。また、神社ではホタル復活のため神社裏に小さな池を造り、餌となるカワニナを飼育し準備を進めている。その泥を吸い上げていると以前の調査で見つからなかったカバンらしきものを発見。しかし、目的の少女のカバンではなかった。今後も泥を吸い上げているうちに出てくるかもしれないと話した。

続いてのその後調査の場所は福岡・太宰府市にある「太宰府天満宮」。「令和」の聖地とされ、「太宰府天満宮」には多くの人が訪れていた。そんな「太宰府天満宮」からSOSがあったのは1000年以上の歴史を持つ「心字池」。生物を保護しへドロ700tを汲み取ったりした。清掃から半年が経ち確認する。

キーワード
館山市(千葉)
茂名溜池
ドイツゴイ
ゲンゴロウブナ
ブルーギル
ウシガエル
劇団朱雀
早乙女太一 二代目座長公演
早乙女太一
松田聖子
氷川神社
大宮区(埼玉)
ホタル
カワニナ
太宰府天満宮
令和
太宰府市(福岡)
心字池

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
12:24~

千葉・館山市の山の奥の奥にある池「茂名溜池」の水抜きをする。生物調査をしていると見たことがない魚を早乙女太一が捕獲。その正体は「ドイツゴイ」。14正規にヨーロッパで移入されドイツで改良された品種。その他「ゲンゴロウブナ」などの外来種が捕獲された。在来種が見つからない中見つけたのhが巨大カエルでその正体はウシガエルで大量のウシガエルが生息していた。池には外来種5種類289匹を捕獲。在来種は2種類94匹しか保護できなかった。

つづいてゴミ調査・清掃を行う。池には見えていたガスコンロやお皿、三輪車のタイヤなどが発見された。すると巨大ゴミが埋まっていた。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

キーワード
館山市(千葉)
茂名溜池
ドイツゴイ
ゲンゴロウブナ
ブルーギル
ウシガエル

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
12:38~

巨大ゴミを掘り出した結果ビーチチェアが見つかる。さらにガラス片が大量にあり、タライ13杯分にものぼった。さらに不法投棄をさせないため池周辺のゴミ清掃にも取り掛かった。今回の清掃で総量2tのゴミを回収した。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

VTRを振り返りトーク。ウシガエルが大量にかなりの大きさだった事からストレス無くのびのびと成長したと思うと田中は述べ、大家は早乙女太一の活躍にジェラシーを感じるなど話した。

以前清掃した池のその後を調査。やってきたのは埼玉・大宮区にある「氷川神社」。「氷川神社」では50年前までホタルが生息していたが姿を消していた。以前の清掃では松田聖子の会員証などが発見され8ヶ月ぶりの訪問。池には1mくらい泥が溜まっていて池全体は約2500tあり結構なお金をかけてとっていると話し、宮司の東角井さんの表情について自信に満ち溢れていると淳らが述べていたが実は決意の顔だったと田中は述べた。また、神社ではホタル復活のため神社裏に小さな池を造り、餌となるカワニナを飼育し準備を進めている。その泥を吸い上げていると以前の調査で見つからなかったカバンらしきものを発見。しかし、目的の少女のカバンではなかった。今後も泥を吸い上げているうちに出てくるかもしれないと話した。

続いてのその後調査の場所は福岡・太宰府市にある「太宰府天満宮」。「令和」の聖地とされ、「太宰府天満宮」には多くの人が訪れていた。そんな「太宰府天満宮」からSOSがあったのは1000年以上の歴史を持つ「心字池」。生物を保護しへドロ700tを汲み取ったりした。清掃から半年が経ち確認する。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

まさかの展開が。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

キーワード
館山市(千葉)
茂名溜池
早乙女太一
ウシガエル
松田聖子
氷川神社
大宮区(埼玉)
ホタル
カワニナ
太宰府天満宮
令和
太宰府市(福岡)
心字池

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
12:51~

以前清掃した池のその後を調査。やってきたのは埼玉・大宮区にある「氷川神社」。「氷川神社」では50年前までホタルが生息していたが姿を消していた。以前の清掃では松田聖子の会員証などが発見され8ヶ月ぶりの訪問。池には1mくらい泥が溜まっていて池全体は約2500tあり結構なお金をかけてとっていると話し、宮司の東角井さんの表情について自信に満ち溢れていると淳らが述べていたが実は決意の顔だったと田中は述べた。また、神社ではホタル復活のため神社裏に小さな池を造り、餌となるカワニナを飼育し準備を進めている。その泥を吸い上げていると以前の調査で見つからなかったカバンらしきものを発見。しかし、目的の少女のカバンではなかった。今後も泥を吸い上げているうちに出てくるかもしれないと話した。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

VTRを振り返りトーク。来月は地元凱旋SPという事で淳と田中の地元の水抜きを行うと紹介。淳は地元の水抜きが出来るのは嬉しいなど放し、田中も万博公園は子供の頃によく遊んだと話すが、「凱旋水抜き」というジャンルがあるんだと感想を述べた。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝テロップ。

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の番組宣伝。

キーワード
松田聖子
大宮区(埼玉)
ホタル
カワニナ
下関(山口)
大阪府

山の奥でひっそり…忘れ去られた放置池SP (バラエティ/情報)
12:56~

以前清掃した池のその後を調査。やってきたのは福岡・太宰府市にある「太宰府天満宮」。清掃から半年が経ち確認する。池は黒く濁り元の姿に戻っていた。その理由は上流にある「菖蒲池」の水が汚い状態でそれが流れてきているという。しかし「菖蒲池」には「菖蒲」があり水抜きすると枯れてしまう恐れがあり水抜きが難しい状態。さらに落ち葉もヘドロの要因となると説明。くすのきの落ち葉は4~5月に落ちるということで 全部拾うことになった。

「全仏テニス」のテロップ。

キーワード
太宰府天満宮
太宰府市(福岡)
心字池
菖蒲池
菖蒲
くすのき
  1. 前回の放送
  2. 6月15日 放送
  3. 次回の放送