緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦 7★あす夜7:54小田原城のお堀の水を抜く!

放送日 2018年4月21日(土) 11:03~13:07
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:03~

池の水ぜんぶ抜く大作戦。長野県からは真田家ゆかりの寺では、池の中に沈んだ樹齢300年の御神木を救い出す。大阪府からは東京ドーム2個分の超巨大池の水を全部抜き、異常繁殖したライギョに地引き網でかっさらう。福岡県からは番組史上最少の池、そこには凶悪外来種がうじゃうじゃ。岐阜県からは外来種の巣窟からヤゴを救う。

キーワード
池松壮亮
東京ドーム
神奈川県
長野県
岐阜県
大阪府
福岡県
ライギョ
ブルーギル
トンボ
ヤゴ

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
11:04~

最初は番組史上初の小田原城からのオファーが来たのでMC2人が現場に向かった。依頼をくれたのは小田原市役所の皆さんで、話を伺うと二の丸の堀が汚れてきてブラックバスなどもいるので調査して駆除してほしい、前回のヘドロ除去から38年が経過し水自体が汚れてきているのでキレイにしてほしいとのことだった。堀を確認した田中直樹はあまりの大きさに驚きを隠せない。お堀の面積は1万平方メートルあり、水量は約1万5000トン。お堀の水は取水口の水門を開けると全て相模湾に排出でき、MC2人が水門を開き排水が開始された。排水には1週間かかるということで、抜いている模様は4月からの月一レギュラー回で伝える。

田村淳が真田家ゆかりのお寺池の水を抜き、池に倒れ込んだ御神木を救い出す。

舞台は長野家上田市、田村淳と亀田英男さんが現場へ向かった。

田村淳と亀田英男さんが龍顔寺に到着。龍顔寺は1607年に創建されたお寺で真田昌幸の弟である真田宮内介高勝の菩薩を祀った寺。依頼者の片山一武さんに話を伺うと、昨年の長雨の影響で池の淵に植えられた御霊木が池の中に倒れてしまった。現場を確認しに向かうと今回一緒に水を抜く池松壮亮がいた。不動池は参道を中心に2つの池に別れており、前日から水抜き作業が行われ今日残り半分の水を抜き御神木を救い出す。御神木は高さ2m以上で根本から倒れてしまっていた。御神木の幹はそのまま残し枝を撤去して運び出す。

番組史上初!幻の生物が出現!

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦の番組宣伝。

キーワード
小田原城
小田原市役所
小田原市(神奈川)
相模湾
ブラックバス
上田市(長野)
龍顔寺
真田昌幸
真田宮内介高勝
真田幸村
真田信之
関ヶ原の戦い
上田合戦
ラストサムライ
不動池

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
11:33~

龍顔寺・不動池の水抜きがスタート。抜いた水は田んぼの用水路へ流れていき、2日間で2000トンの水を抜き作業開始。先ずは地元の方々と在来種を救出する。池には水草除去のために放った外来種のソウギョがおり全部で15匹を捕獲。また外来種のコイやウシガエルなどを捕獲。在来種のギンブナやヨシノボリなどを救出。

在来種の救出していると、番組史上初の絶滅危惧種であるタイコウチを発見した。久保田潤一さんは「思ってた以上に良い池でした」などと話し、池松壮亮さんは「カメはいなかったですけど楽しかったですね」などと話した。

「宮本から君へ」4月6日スタート

御神木の枝を池から取り出す。住職は御神木の枝を利用し仏像を作りたいと考えており、ここから京都伝統工芸大学校の皆さんに協力してもらい寄せ木作りで約3mの薬師如来像を作る。御神木を切る前にお寺で安全祈願をし伐採作業開始。35tクレーン車で切り出した枝を運び伐採が完了、枝は京都伝統工芸大学に運ばれ半年かけ仏像として生まれ変わる。

田中直樹は「水生昆虫の雑誌があったら巻頭を飾る生き物ですよね」などと話し、久保田潤一さんは「激減している種類ばっかりなので、それらが安心してエサを取れ冬眠できる環境があそこに残ってたってことですね」などと話した。

東京ドーム2個分の巨大池完結編

番組史上最大の大きさをもつ山田池。昨年水鳥の雛を丸呑みにするライギョ1万匹の殲滅に小泉孝太郎さんが挑んだ。広大な池のため作業は3段階に分かれ、第1段階で池の水を3分の1まで抜き長さ200mの地引き網でライギョを囲い込み捕獲。第2段階では水をギリギリまで抜き再び地引き網で捕獲。最終段階で水をすべて抜き泥に逃げたライギョを駆逐する。その作戦の果てに見つけた魚とは。

世界卓球の番組宣伝。

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦の番組宣伝。

キーワード
龍顔寺
不動池
イシガメ
ソウギョ
コイ
ウシガエル
ギンブナ
ヨシノボリ
マツモムシ
ヤゴ
オオヤマトンボ
イトトンボ
コシアキトンボ
特定外来生物
絶滅危惧種
ミズカマキリタイコウチ
京都伝統工芸大学
寄せ木作り
東京ドーム
枚方市(大阪)
山田池
ライギョ

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
12:13~

2017年10月、ライギョ殲滅作戦第1段階を開始し20万tの水を抜く。1ヶ月をかけ3分の1にまで水を減らし地引き網による捕獲作戦を行うと外来種のコイを捕獲し、在来種のギンブナなどを保護、さらに日本固有種のニホンイシガメを発見した。ついにライギョを発見し4匹の駆除に成功した。

3ヵ月後2018年1月。水が抜き続けられアオコ対策で天日干しにされた山田池で作戦第2段階を開始。地元枚方高校の生物飼育部の生徒にも協力していただき地引き網スタート。地引き網を引き上げるとライギョが次々とあがり、丸々太ったコイや外来種のカメなども捕獲、そして在来種の6万匹のフナなどを保護した。さらに池からは甲長40cmのスッポンが発見された。

作戦は第3段階へ。残りの水をぜんぶ抜いていると泥の中から在来種ギギという鳴く魚が現れ保護。そして殲滅作戦最終段階である泥の中のライギョを捕まえていき、この日は合計61匹を捕獲した。保護された在来種の魚は池を一部せき止め溜めた場所に引っ越し。

田中直樹は「今回本当に初めて出てくる生き物が多いですね」などと話した。

続いては福岡県福岡市にある1700年の歴史を持つ鳥飼八幡宮から池に関するSOSが届いた。依頼者の山内圭司さんに話を伺うと、掃除をしても汚い池をキレイにしてほしいとのことで確認すると番組史上最小の放生池があった。山内圭司さんにはどうしても池をキレイにしたい理由があり、4年後にある遷宮でキレイでない池を残すか否かという話が出ており、神職としては池を残したい気持ちがあるなどと話した。

助っ人として北九州テクノサービスの皆さんが駆け付けた。先ずは水中ポンプで水を抜き、生物を捕獲し、ヘドロをバキュームで吸い取り、高圧洗浄機で磨く作戦。池の面積を測り、水抜き作業開始すると16分57秒で水抜きが完了した。

続いて池に棲む生物の保護を修猷館高校の生物研究部の皆さんに手伝ってもらい行う。

神社の小さな池が外来種の巣窟と化していた

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦の番組宣伝。

キーワード
枚方市(大阪)
山田池
ライギョ
コイ
ギンブナ
ゲンゴロウブナ
スジエビ
タモロコ
モツゴ
ウキゴリ
ニホンイシガメ
枚方高校
ミシシッピアカミミガメ
クサガメ
ウシガエル
ブルーギル
タウナギ
スッポン
ギギ
鳥飼八幡宮
福岡市(福岡)
放生池
北九州テクノサービス
修猷館高校

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
12:56~

続いて池に棲む生物の保護を修猷館高校の生物研究部の皆さんに手伝ってもらい行う。ミシシッピアカミミガメやアメリカザリガニ・ブルーギルなど外来種を捕獲、また在来種のギンブナも保護できた。

ここから池の清掃作業を開始。40年間溜まったヘドロを吸い出していると池の底に窪みを発見。山内圭司さんに伺うと以前の掃除の際に生き物を逃しておく「お壺」と話す。続いて高圧洗浄機で清掃の仕上げに取り掛かり無事完了。そして池に神社にまつわる不老水という水を流し込む。2日後に池を確認すると濁っていた池はなく透き通ったキレイな池へと変わっていた。

田村淳は「第7弾にして我々のやりたかったことができた」などと話し、田中直樹は「九州チームの活躍ぶりが良いですね」などと話した。

続いては岐阜県笠松町からSOS。舞台は日本有数のトンボの生息地だが、凶悪外来種によって激減していた。

キーワード
鳥飼八幡宮
放生池
修猷館高校
特定外来生物
ミシシッピアカミミガメ
クサガメ
アメリカザリガニ
ギンブナ
北九州テクノサービス
亀田英男さん
笠松町(岐阜)
トンボ
ライギョ

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
14:38~

田中直樹が依頼者の可児幸彦さんに話を伺うと、大正13年まで川の中にあったこの場所は多くのトンボが集まるため笠松トンボ天国として残された。40年前は40種類以上いたが現在は約25種類ほどにまで減少。池のピンチを救うため16年前から近隣小学校のプールでヤゴの保護が始まり、保護したヤゴはトンボ池に放流されているが捨てられた外来種にヤゴが食べられてしまっている。

小さな池を食い尽くす怪物の正体とは!

キーワード
笠松町(岐阜)
笠松トンボ天国
トンボ池
トンボ
ヤゴ

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
14:45~

トンボ池の水抜き作業を行い、地元住民の方協力のもと外来種捕獲作戦が開始。ライギョやコイなど6種類の外来種を捕獲。ヤゴの救出を開始するとギンヤンマやコシアキトンボなど6種類43匹のヤゴを保護。そんな中岐阜県の準絶滅危惧種であるイトモロコや絶滅危惧IB種のトウカイコガタスジシマドジョウを保護した。

貴重な在来種のオンパレード

キーワード
笠松町(岐阜)
笠松トンボ天国
トンボ池
特定外来生物
ライギョコイ
ブルーギル
ミシシッピアカミミガメ
クサガメ
アメリカザリガニ
ウシガエル
ヤゴ
ギンヤンマ
コシアキトンボ
オオヤマトンボ
キイトトンボ
イトモロコ
トウカイコガタスジシマドジョウ

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
14:57~

トンボ池で在来種の保護を行う。その後もヌマガイやニホンウナギ・スッポンを保護した。依頼者の可児幸彦さんは「ライギョがいるのは聞いていたが、大きいのが何十匹もいるのは信じられない」などと話した。

キーワード
笠松町(岐阜)
笠松トンボ天国
トンボ池
ヌマガイ
ニホンウナギ
スッポン
ライギョ
ブルーギル
コイ
ヤゴ

エンディング (その他)
15:00~

番組が月一レギュラーになることについて、久保田潤一さんは「生き物屋冥利に尽きるというか、全国あちこち行っていろんな生き物が見れるってことなんで楽しみですね」などと話した。月一レギュラー初回は小田原城からスタートする。

「にちようチャップリン」の番組宣伝テロップ

「日曜ビッグバラエティ」の次回予告。

キーワード
小田原城

番組宣伝 (その他)
15:01~

「にちようチャップリン」の番組宣伝。

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
11:19~

田村淳と亀田英男さんが龍顔寺に到着。龍顔寺は1607年に創建されたお寺で真田昌幸の弟である真田宮内介高勝の菩薩を祀った寺。依頼者の片山一武さんに話を伺うと、昨年の長雨の影響で池の淵に植えられた御霊木が池の中に倒れてしまった。現場を確認しに向かうと今回一緒に水を抜く池松壮亮がいた。不動池は参道を中心に2つの池に別れており、前日から水抜き作業が行われ今日残り半分の水を抜き御神木を救い出す。御神木は高さ2m以上で根本から倒れてしまっていた。御神木の幹はそのまま残し枝を撤去して運び出す。

番組史上初!幻の生物が出現!

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦の番組宣伝。

キーワード
上田市(長野)
龍顔寺
真田昌幸
真田宮内介高勝
真田幸村
真田信之
関ヶ原の戦い
上田合戦
ラストサムライ
不動池

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
11:46~

龍顔寺・不動池の水を抜き作業開始。在来種のギンブナやヨシノボリなどを救出。

在来種の救出していると、番組史上初の絶滅危惧種であるタイコウチを発見した。久保田潤一さんは「思ってた以上に良い池でした」などと話し、池松壮亮さんは「カメはいなかったですけど楽しかったですね」などと話した。

御神木の枝を池から取り出す。住職は御神木の枝を利用し仏像を作りたいと考えており、ここから京都伝統工芸大学校の皆さんに協力してもらい寄せ木作りで約3mの薬師如来像を作る。御神木を切る前にお寺で安全祈願をし伐採作業開始。35tクレーン車で切り出した枝を運び伐採が完了、枝は京都伝統工芸大学に運ばれ半年かけ仏像として生まれ変わる。

世界卓球の番組宣伝。

田中直樹は「水生昆虫の雑誌があったら巻頭を飾る生き物ですよね」などと話し、久保田潤一さんは「激減している種類ばっかりなので、それらが安心してエサを取れ冬眠できる環境があそこに残ってたってことですね」などと話した。

東京ドーム2個分の巨大池完結編

番組史上最大の大きさをもつ山田池。昨年水鳥の雛を丸呑みにするライギョ1万匹の殲滅に小泉孝太郎さんが挑んだ。広大な池のため作業は3段階に分かれ、第1段階で池の水を3分の1まで抜き長さ200mの地引き網でライギョを囲い込み捕獲。第2段階では水をギリギリまで抜き再び地引き網で捕獲。最終段階で水をすべて抜き泥に逃げたライギョを駆逐する。その作戦の果てに見つけた魚とは。

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦の番組宣伝。

キーワード
龍顔寺
不動池
ギンブナ
ヨシノボリ
マツモムシ
ヤゴ
オオヤマトンボ
イトトンボ
コシアキトンボ
絶滅危惧種
ミズカマキリタイコウチ
京都伝統工芸大学
寄せ木作り
東京ドーム
枚方市(大阪)
山田池
ライギョ

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦7 (バラエティ/情報)
12:38~

続いては福岡県福岡市にある1700年の歴史を持つ鳥飼八幡宮から池に関するSOSが届いた。依頼者の山内圭司さんに話を伺うと、掃除をしても汚い池をキレイにしてほしいとのことで確認すると番組史上最小の放生池があった。山内圭司さんにはどうしても池をキレイにしたい理由があり、4年後にある遷宮でキレイでない池を残すか否かという話が出ており、神職としては池を残したい気持ちがあるなどと話した。

助っ人として北九州テクノサービスの皆さんが駆け付けた。先ずは水中ポンプで水を抜き、生物を捕獲し、ヘドロをバキュームで吸い取り、高圧洗浄機で磨く作戦。池の面積を測り、水抜き作業開始すると16分57秒で水抜きが完了した。

続いて池に棲む生物の保護を修猷館高校の生物研究部の皆さんに手伝ってもらい行う。

神社の小さな池が外来種の巣窟と化していた

世界卓球の番組宣伝。

緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦の番組宣伝。

キーワード
鳥飼八幡宮
福岡市(福岡)
放生池
北九州テクノサービス
修猷館高校
ブルーギル
  1. 前回の放送
  2. 4月21日 放送
  3. 次回の放送