朝の!さんぽ道 【横浜中華街】旅人:渡部陽一

『朝の!さんぽ道』(あさの!さんぽみち)は、テレビ東京系列にて2017年4月3日から放送されている紀行番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月4日(月) 7:35~ 8:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
07:35~

オープニング。今週のテーマは「2月が旬な街さんぽ」、きょうは春節を前にした横浜中華街を歩く。

番組公式Twitterの案内。公式ツイートはハッシュタグ「#朝のさんぽ道」で検索。

渡部陽一さんが横浜中華街に登場。きょうは春節を前にした横浜中華街を歩く。中国の春節は日本の旧正月にあたり、今年は2月5日から。放送日の2月4日は大晦日にあたる。最寄り駅は「元町・中華街」駅。

キーワード
横浜中華街
春節
#朝のさんぽ道
元町・中華街駅

2月が旬な街さんぽ 横浜中華街 (バラエティ/情報)
07:36~

横浜中華街から、家庭料理の店「山東」を紹介。春節の前日は中国では水餃子を食べるといい、日本の年越しそばにあたるという。この店では大晦日の1日で4000個が売れるという。餃子は中国の昔のお金に形が似ていることから金運の象徴、また子孫繁栄のご利益があるといわれる。

BGM:「中華街で乾杯」/渡辺真知子(1983年)

続いて横浜中華街の中心部へ。千葉県から来た家族が肉まんの店に並んでおり、麻婆豆腐を楽しんできたと答えた。おしゃれな奥さんが渡部陽一さんを見つけて驚いてしまい、渡部さんは服のセンスをほめたあと挨拶とハグで迎えた。

横浜中華街の「関帝廟」は関羽のまつられる寺院で、春節の前日にカウントダウンイベントが行われることで知られる。隣の「横浜中華学院」で獅子舞の練習が行われていた。獅子の頭は中から目などを動かすこともできるといい、先生と生徒に実演してもらった。春節には店の1軒ずつをまわり、獅子の頭が客をかんで厄払いをする。

続いて横浜中華街の大通りへ。「日本における新聞誕生の地」の碑が立っていた。横浜は他にも様々なものの発祥の地として知られる。通りでパンダの柄の中華まんを売る店を見つけた。

キーワード
横浜中華街
春節
水餃子

2月が旬な街さんぽ 横浜中華街 (バラエティ/情報)
07:49~

パンダの顔の中華まんを売っていた店は「老維新」で、他にも2000点以上の中国雑貨を販売している。中国のお年玉袋「大紅包」を紹介、店主は中国では結婚するまでは親からお年玉がもらえると答えた。ちなみに十二支は中国では猪でなく豚になるといい、6~7世紀に日本に伝来したときに豚がおらず猪となったという。

BGM:「茶林」/chai(2000年)

キーワード
横浜中華街
春節
老維新
茶林
chai

2月が旬な街さんぽ 横浜中華街 (バラエティ/情報)
07:54~

おしるこの看板を見かけて「同發新館」へ。「黒ゴマあん入り白玉」は中国では「湯圓」と呼ばれ、春節15日目の元宵節に家族で食べて家庭円満を願うという。

番組公式Twitterの案内。公式ツイートはハッシュタグ「#朝のさんぽ道」で検索。

横浜中華街の大通りを歩く。渡部陽一さんは赤ちゃんを連れたお母さん、飛行機の整備士をしているという外国人男性などに声をかけた。

キーワード
横浜中華街
春節
#朝のさんぽ道
黒ゴマあん入り白玉
元宵節
  1. 前回の放送
  2. 2月4日 放送
  3. 次回の放送