タイムマシンは、無い!〜脳挫傷のボーカリスト・300日の軌跡〜 2017年3月2日放送回

放送日 2017年3月2日(木) 1:35~ 2:05
放送局 テレビ東京

番組概要

タイムマシンは、無い!~脳挫傷のボーカリスト・300日の軌跡~ (バラエティ/情報)
01:36~

2009年に結成したBugLugはハイボルテージなサウンドと毒を孕んだ歌詞で支持を集め、ライブでは47都道府県ツアーを行うなど精力的に活動してきた。だが、昨年5月7日、ボーカルの一聖が自身の誕生日に高校の友人だった柴田亮さんとの食事の帰途、階段で転倒。頭部を強打し、重症頭部外傷と診断された。搬送されるのが30分遅れていたら、命はなかったという。長時間に及ぶ手術は無事に成功するも、術後の経過次第では意識障害や失語症、最悪の場合は半身不随の可能性があった。

5月10日に事故が報じられ、予定されていた全国ツアーの無期延期も合わせて発表された。vistlipの海、アルルカンの暁といったバンド仲間は現況を知るとともに、「勝負の年に何をやってんだ」などと怒りも覚えたという。16日に面会許可が降り、所属レーベルの藤本大史社長、益子拓郎マネージャーは「変わり果てた姿に絶句した」と回想した。同月20日にメンバー4人が初めて面会することになるも、おそらく会話はできないと前もって言われていたという。

キーワード
BugLug
TIME MACHINE
HICCHAKA×MECCHAKA
脳挫傷
頭蓋骨骨折
急性硬膜下血腫
重症頭部外傷
一聖
vistlip
アルルカン
己龍
R指定

タイムマシンは、無い!~脳挫傷のボーカリスト・300日の軌跡~ (バラエティ/情報)
01:44~

BugLugの優らは事故後初めて一聖と面会した際、一聖は驚いた顔をして、「おぉ」と声を発した。さらに「よし、やるか」と吐露した。事故から約1か月後、スタッフはギターを差し入れ。メンバーの前でギターを弾くも、一聖の頭蓋骨は術後も腫れた状態ではまっていなかった。その後、4人は所属レーベルのライブツアー「治外法権」に一聖なしで参加することを発表。ゲストボーカルの招聘、一聖の映像とリンクさせて演奏だけにするといった選択肢があるなか、4人で歌うことを腹に決めた。一方の一聖は奇跡的な回復を見せ、リハビリを開始していた。

キーワード
BugLug
治外法権

タイムマシンは、無い!~脳挫傷のボーカリスト・300日の軌跡~ (バラエティ/情報)
01:48~

リハビリ中の一聖は4人が練習するスタジオを訪れ、メンバーと談笑。その中で「バンドの曲と歌詞があまり思い出せない」と明かした一聖を前に、4人はバンドの曲を熱唱。一聖は「素晴らしいよ」と語り、ライブを控えるメンバーのパフォーマンスに太鼓判を押した。そして、ボーカルのいない4人のツアーが始まり、8月26日にツアー最終日を迎えた。一聖も会場に足を運び、ライブに感泣した。その後、復帰を待ちわびるメンバーのため、一聖はリハビリにより熱を入れた。

キーワード
BugLug
治外法権
アルルカン
vistlip
R指定
DRUM LOGOS

タイムマシンは、無い!~脳挫傷のボーカリスト・300日の軌跡~ (バラエティ/情報)
01:56~

9月上旬、事故後初めてスタジオ練習が行われた。メンバー4人の見解は数ヶ月に渡る練習を積めば復帰できると思っていたというが、一聖本人は「歌詞が出てこない」と吐露した。それでもノートに歌詞を書き記して記憶に刻み込もうとし、メンバーとの練習を重ねた。年が明けた17年1月7日、所属レーベルの新年ライブで1曲だけ歌うことの許可が降り、知らされていなかったファンは一聖がステージに立つと驚きと歓声をあげた。そして、BugLugは「TIME MACHINE」を熱唱。セレクトした理由は「事故があったからこそ思うことがある。タイムマシーンはいらない」。ライブ後、今年5月に日本武道館で復活ライブを開催することを発表した。

キーワード
BugLug
TOKYO DOME CITY HALL
TIME MACHINE
日本武道館
  1. 3月2日 放送