参議院選挙 東京都選挙区 政見放送

放送日 2016年7月6日(水) 4:40~ 5:45
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
04:40~

参議院議員候補者の経歴放送・政見放送を伝える。東京都選挙区の候補者一部について放送。立候補者の氏名が放送順に紹介された。

キーワード
蓮舫
鈴木たつお
三宅洋平
よこぼり喜久
鈴木信行
田中康夫
原田きみあき
おおつき文彦
鈴木まりこ
犬丸勝子
民進党
犬丸勝子と共和党
維新政党・新風
おおさか維新の会
支持政党なし
日本のこころを大切にする党
参議院選挙

参議院議員候補者 東京都選挙区 経歴放送・政見放送 (ニュース)
04:41~

支持政党なしの大槻文彦が候補あいさつ。東京都豊島区出身、武蔵大学経済学部卒業、元国会議員公設秘書、自民党かた旧民主党まで与野党を経験、当事務局長である。 今までの選挙では必ず一つの党に投票する必要があり、でなければ白票にされ本当に民意が反映されないと指摘した。政策は一切ないと述べ、議席を獲得したら議会で出される法案に対して、個別で支持政党なしのホームページで賛否を募ると話した。

東京選挙区・民進党・蓮舫(48歳)青山学院大学法学部卒、報道キャスター、2004年初当選、2010年再選、党代表代行。

今回三回目の挑戦となる参院選。株価や為替変動の恩恵は届いているだろうか。景気や経済がよくなった、賃金が上がっているという総理の声は皆さんと同じだろうか。総理や自民党、公明党と見ている景色が違う。異次元という名前がついた金融緩和、公共事業等への財政出動が行われたが日本経済は良くならなかった。株為替は敏感に反応したかも知れないが、実体経済は改善していない。今求められるのは経済政策の見直し。私は社会保障の充実、子供たちへの支援へと発想を大胆に転換し予算の再分配を見直すことが経済成長で必要。

仕事がないと若い人たちは地方から都会に出てきている。非正規雇用が多いため安定した職が見つけにくくなっている。給料が抑えられこの収入では結婚も子どもを持つことも諦めざる得ないことが広がっている。男性5人に1人が生涯未婚率、女性も10人に1人。非正規雇用と正規雇用では結婚している割合が倍近くの格差が広がっている。少子化なのに待機児童数が毎年増えている。保育士の給与を上げて保育士待遇の改善。大学生の2人に1人が奨学金という借金を抱えているのか。給付型奨学金を作るべき。1人親家庭の子どもの2人に1人が貧困である。しっかり頑張っている背中を支えるのが政治。

経済的な理由で結婚を諦める、経済的に恵まれないからと学ぶことを諦める、夢をみることも諦める、そんな切ない選択を押し付けないためにも全ての人の背中を支える。急激に進む少子化、高齢化、人口減少、さらには晩産化、晩婚化、非婚化と家族形態の変化、貧困の増加、非正規雇用の増加、今求められるのは不安な人たちに寄り添い支え合う政治が必要。

原田きみあきの政見放送。原田きみあきは冒頭にアベノミクスの金融政策について批判し、政策を発表。年金制度改革で年金負担を防いで若者の負担を減らし、郵政改革を行って赤字経営からの脱却を図る。また住宅と自動車の3%減税を実施し、国内販売の影響を回復させ、消費税増税を止める。次にお父さんお小遣い減税を行ったうえ、NHK改革を行って受信者負担を軽減して8つの局を6局とし、ニュース・政治に関係しないところはCMを国内販売のみの日本人企業に限定・厳格化し、内政干渉を防止して受信料の不払いの解消を行なう。また空き家法案は廃案、是正していくと訴えた。議員特権について罪なき国民の殺害などが発生した場合、議員特権や内閣に関係なく検挙できるように法改正を行なうべきだという。さらに日銀改革を実施し、在日外国人の脱税を許さず、在日韓国朝鮮特権を廃止して是正すると話す。また国民に信頼される自衛隊を目指し、外国の違法操業漁船の取り締まりなどを強化する。TPPは関係国の関係国間交渉にシフトさせ、時間を短縮させる。次に警察機構改革を実行して中央警察の創設を行い、主に暴力団対策や外国人取り締まりなどに重点を置かせる。

東京都選挙区、無所属の三宅洋平氏37歳の経歴を紹介。2002年ロックバンド犬式でデビューし、2013年参院選全国比例区で立候補し、落選候補で最多個人票を獲得した。

三宅洋平氏の政見放送を紹介。前回の参議院選挙で全国比例で18万の票を得たことについて、国会に入ることはできなかった。今回、ストップ改憲3分の2議席という気持ちで選挙に出ることを決めたと話した。三権分立と基本的人権が凍結され、自衛隊の国軍化をする改憲を止めて新しい提案をしたいと話した。福島原発由来の放射能物質は広島型原発の百機分降り注いだと言われているが、どのように流れたかわかっていない。実態調査を国が行うべきだ、財源は為替や株の取り引きに税金をかければ良いと話した。消費税は日本の景気を減退させた大きな要因であるので、超富裕層の力を借りたい、廃炉ビジネスの透明化や地域循環型のエネルギーで地方分権にも近づけると話した。

東京都選挙区・犬丸勝子と共和党・犬丸勝子(61)。公立小学校教諭、NPO法人理事長を経て、介護会社社長、政治団体会長。

出遅れてポスターが作成できていないので、掲示板31番に自作のポスターを貼ってほしい。ルールは事務所に問い合わせてほしい。前回は憲法改正と不正選挙について話したが、3年経った今も良い方向に変わっていない。アベノミクスで経済が良くなると多くの人が期待していただろうが、国の借金が増えてしまった。不公平な格差社会は選挙から始まっている。

前回1万票以上の票をもらったが当選できなかった。小選挙区制になってから、原因は知名度のせいである。年金・医療・介護などの不公平さは、既成政党に有利な格差選挙から始まっている。対策は3つあり、1つ目は「ゴミ政治家の大掃除」。2つ目は「めちゃくちゃな法律の廃止」。マイナンバー法、憲法改正法など。3つ目は「売国政府を打壊する」。

東京都選挙区・無所属・鈴木たつお(75)。東京大学卒業、NHK入局、日放労長崎分会委員長、70年安保で戦う、91年・弁護士登録。

共に新しい労働者の政党を作りましょう、これが最も訴えたいこと。老々介護・非正規雇用・沖縄の米軍犯罪・福島の子供の甲状腺がん・公的な保育と福祉など様々な問題がある。東京オリンピック招致を巡る2億3000万円の裏金など、不正は横行している。

安倍政権の憲法改訳と戦争政治に絶対反対する。安保戦争法が強行採決されたが、安倍首相は秋の臨時国会で具体的改憲の検討に入ると名言している。憲法停止の国家緊急権の導入や、国防軍と軍法会議の設置を狙っている。戦争は1%の金持ちの為に行われている。アベノミクスはとっくに崩壊していて、非正規雇用労働者が増え続けているのが原因である。労働者派遣法は廃止にする。消費税も廃止しかない。社会保障を消費税に頼るべきではない。未来の社会の主人公である労働者の新しい政党を作り、社会を根本から作りかえよう。

東京都選挙区・無所属・よこぼり喜久(80)。中央大学卒、社労士試験合格、ラジコン模型店開設、がん予防法の実践を始める。

がん療法の自由化で、がん死者をゼロにする。政府が推奨しているがんの標準治療は外科的な治療である。昭和50年・読売新聞に載った記事によると、学術賞の受賞者が日本の3つのがん研究グループで行った実験の結果、患部除去療法の治療効果が無いと評価が変わった。新しい治療法が普及しなかった理由を日本医師会に尋ねると、薬の開発が出来なかったためだという。日本医師会が我が国の医療界を操り、誤った治療法を合法的にみせている。偽装したがん医療で、がん患者の命や財産の収奪が行われた場合、損害賠償の対策が求められる。

維新政党・新風の鈴木信行は東京・葛飾区出身で党代表、靖国神社清掃団代表を20年活動し国際親善イベント実行委員長を務めている。

韓国の大使館前に違法設置された慰安婦像に竹島の碑を縛り付け抗議したことにより現在、韓国から入国禁止措置を受け刑事裁判も本人不在で行われている。いま日本は中国・韓国の悪意に晒され続けているが既成政党の政治家は媚びてばかりで国益や国民を守ろうとしていないと主張した。入管特例法を廃止、不敬罪を払拭し社会秩序を乱すものを処罰する、移民政策に反対しており犯罪者となった帰化した外国人は国籍剥奪ができるよう国籍法改正を訴えると述べた。更に核には核で対抗することが抑止力であり、中絶にも反対、消費税を減税し新興宗教への増税強化などを話した。

おおさか維新の会の田中康夫は作家で元長野県知事、元参議院議員、元衆議院議員だ。空き家を回収しお年寄りのデイサービスと乳幼児の保育を1つ屋根の下で行う宅幼老所の設置、フランス流保育ママの導入、ベーシックインカムの導入、荒廃した奥多摩の森林整備、犬猫のマイクロチップ埋め込みの義務などを訴えた。森林整備でオリンピックに訪れる人に環境立国・日本の心意気を印象付けるとも話している。

参議院議員候補者 東京都選挙区 無所属 原田きみあきの政見放送。アベノミクス・異次元金融緩和・ゼロ金利政策は、無謀投資を呼び込み大量の不良債権を発生させ、マイナス金利に転換したことで国民負担が増えたと批判し、安倍首相らに対し内閣解散・総辞職・議員辞職させるべきだと主張。年金制度・郵政・NHK・議員特権・日銀・防衛省・警察機構の改革、消費税・お父さんのお小遣いに対する減税、在日外国人への対応、空き家法案を廃案し改革案で実施することを掲げた。

参議院議員候補者 東京都選挙区 支持政党なし おおつき文彦の政見放送。与党・自民党に並んで「支持政党なし」が多く、現在の選挙では反映されない無効票が多数ある。おおつきは、それらの方々の受け皿となり民意を反映する投票先として、政党「支持政党なし」を設立したと話した。そのため政策は一切なく、国民アンケートの結果を元に代理人として議決権を行使するという。

参議院議員候補者 東京都選挙区 日本のこころを大切にする党 鈴木まりこの政見放送。鈴木は何度でもやり直せる社会の実現・奨学金と教育費の無償化・震災時における二重ローン問題を掲げた。またアメリカと同様に消費税の減税・廃止・凍結を訴える鈴木は、消費税マイレージ制度を提案。マイナンバーカードをポイントカードとし、収める消費税の何%かを政府が福利で運用して積み立て貯蓄し、65歳の満了時には年金とは別に受け取れるというもの。融資システムは融資される側が有利になりすぎていることを批判し、未来を良くして行こうと主張した。

キーワード
支持政党なし
大槻文彦
武蔵大学
民進党
蓮舫
青山学院大学
自民党
公明党
金融緩和
社会保障
子ども食堂
非正規雇用
格差
待機児童
少子高齢化
給付型奨学金
参議院選挙
三宅洋平
犬式
山本太郎
改憲
三権分立
基本的人権
福島原発
消費税
犬丸勝子
犬丸勝子と共和党
憲法改正
アベノミクス
格差社会
小選挙区制
マイナンバー法
憲法改正法
70年安保
NHK
東京大学
日放労
老々介護
東京オリンピック
甲状腺がん
安保戦争法
憲法改訳
安倍政権
労働者派遣法
中央大学
がん
読売新聞
日本医師会
葛飾区(東京)
靖国神社
慰安婦像
ベーシックインカム
オリンピック
参議院議員
ゼロ金利政策
マイナス金利
安倍首相
年金
郵政改革
議員特権
日銀
防衛省
TPP
テロ
黒田
麻生
特定秘密保護法
空き家
無効票
議決権
都立国際高校
アイダホ大学
東日本大震災
熊本地震
マイレージ
超高齢化社会
日本のこころを大切にする党
奨学金
教育費
二重ローン
マイナンバーカード

エンディング (その他)
05:41~

エンディング映像。

7月10日は参議院議員通常選挙の投票日だ。参議院議員の選挙では比例代表選挙と選挙区選挙の2つの選挙が行われる。比例代表は政党名、選挙区は候補者名を書いて投票する。また期日前投票は7月9日まで行われている。引っ越して3カ月経過していない、指定病院に入院をしている人などは不在者投票、また身体に重度の障害を持つ人は郵便等投票が可能だ。

キーワード
参議院議員通常選挙
  1. 前回の放送
  2. 7月6日 放送
  3. 次回の放送