世界!ニッポン行きたい人応援団 “竹垣”がこれほど奥深いとは!竹垣職人に感激

『世界!ニッポン行きたい人応援団』(せかい!ニッポンいきたいひとおうえんだん)は、2016年4月14日からテレビ東京系列で放送されているバラエティ番組。レギュラー化する以前に、『日曜ビッグバラエティ』枠で「世界!ニッポン行きたい人グランプリ」として3回放送していたことがある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月4日(月) 20:00~21:00
放送局 テレビ東京

番組概要

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:00~

アメリカ・シアトルに住むマークさんは自分で竹垣を作って発送している。大変高価なものもある職人技の結晶である。2004年に全米竹協会会長と出会い竹の素晴らしさに目覚めた。職人としてのキャリアは10年になる。弟子のマットさんとは3年間働いている。竹垣は奈良時代にはすでに一般的で、垣間見るという言葉の語源となった。マークさんは「アメリカ人にもわびさびを知ってほしい。ニッポンで勉強したことがないのにマットに教えているのが心苦しい」と話す。そんなマークさんを日本に招待する。

早速マークさんに日本へ招待すると教える。「やっとニッポンで本物の竹垣を勉強できる」と話す。それから3週間後マークが初来日した。興奮冷めやらぬまま、紅葉の京都に向かった。金閣寺垣を発見。垣根の上に半分に割った竹をかぶせるのが特徴。次は犬矢来を発見した。馬が壁に蹴り傷つくのが防ぐために作られた。「竹垣が京都の街に溶け込んでいる」と話す。京都は上質な竹の産地としても有名。茶道によって京都で竹垣が発展した。各寺が競って竹垣を作った安土桃山時代には寺の名前がついた竹垣が多く出来た。龍安寺発祥の竹垣は龍安寺垣と呼ばれる。「今まで見た中で一番美しい竹垣。アメリカでは見たことがない」と話す。その特徴は美しいひし形の格子で、太い竹のの内側に細い竹が隠れていて強度が高まっている。「細かい細工がわかったので帰国したらすぐに作りたい」と述べた。最大の魅力でらう龍安寺の石庭に向かうが、竹垣を堪能したがった。マークさんはポートランドの日本庭園の竹垣を作った三木崇司さんに会いたいと願っていた。今回番組が熱意を伝えたところ会ってもらえることになった。

キーワード
スターバックスコーヒー
全米竹協会
シアトル(アメリカ)
源氏物語
成田国際空港
竹垣
金閣寺垣
四つ目垣
鉄砲垣
犬矢来
建仁寺垣
二尊院垣
龍安寺
龍安寺垣
京都府
ポートランド(アメリカ)

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:20~

マークは三木崇司に会ってポートランドの竹垣の感動を伝えた。三木竹材店の5代目で京都御所などの竹垣を手がける名工である。三木さんは竹垣を見る前に真竹の竹林を見せた。真竹はじょうぶでしなやかなため竹垣に一番多く使われている。10月から12月は伐採のピークになる。竹の水分量が下がると害虫に強くなる。まずは竹の選別を行う。竹の根は短いため枝で支え合わないと倒れてしまう。支えとなる竹は切らずに残すのが鉄則。葉のついた竹は水分が蒸発するため耐久性としなやかさがある。葉が少ないものは柔らかくなりすぎる。マークさんも3年目の貴重な真竹を切らせてもらった。マークさんは力技だった。竹は切った後にすぐに枝を切り落とす。少しでも傷つければ竹垣には使えなくなる。修行では竹を運ぶのが3年間で見習いをする。切り出した竹は水洗いして割っていく。

竹割りの秘密兵器が登場!

キーワード
三木竹材店
桂離宮
京都御所
二条城
ポートランド(アメリカ)
真竹

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:31~

切り出した竹は表面を傷つけないように割っていく。菊割という専用の道具を使って行う。僅かに出っ張っている竹の芽に道具を当てて割っていく。マークは「道具の重さで竹を割るので竹を曲げずにまっすぐ切れるのがすばら良い」と述べる。三木さんはマークに普段のやり方で四つ目垣をつくるように課題が出た。四つ目垣は竹垣の基本だが、全体のバランスが重要となる。約1時間で完成した。三木さんは「しっかり出来ている。竹の枝芽を手前に向けると目通りが良くなる」とアドバイスした。マークは「四角のバランスを良くして上を広くとった」と自ら評価。三木さんは「もう一段いれるとバランスがよくなる」コメント。マークさんは竹垣をつくるときは奇数でつくると思い込んでいたとのこと。また、三木さんは京都で主流とされる結び方を教えた。復讐できるよう動画もバッチリ撮影した。

マークは作業が終わると三木さんの自宅に招待してもらった。そこには家族が集合していた。

「京都の家庭の味に感動」、「究極!光悦寺垣の秘密を伝授」

キーワード
四つ目垣

世界!ニッポン行きたい人応援団 (バラエティ/情報)
20:41~

マークは職人の三木さんの家で夕食のおもてなしを受ける。食卓には奥さん手作りのご馳走が並ぶ。マークに地元の食材を食べてもらいたいと京野菜の筑前煮を作った。三木さんと一緒に切った青竹のおちょこととっくりで乾杯する。肉好きのマークのためにローストビーフを用意した。箸は白竹で作っている。マークは孟宗竹を使った湯豆腐から食べた。とても美味しいとコメント。すると子どもたちが三木さん手作りのとんぼのおもちゃを見せてくれた。

翌朝、マークは三木さんとフォーシーズンズホテル京都を訪れた。そこには100メートルに渡る竹垣を見た。複数の竹をつないで一本のように見せている。マークは自分より背の高い竹垣は初めてと話す。三木さんは「これだけ背の高いものは本来すごい圧迫感を感じるが、それよりも逆に近づいて見たくなるのも竹垣の要素の一つ」と語る。もう一つの工夫として、後ろに隠れた枝を右に傾けることでエントランスへ誘導している。

マークは三木さんとともに東山の智積院へ向かった。両側にひざよりも低い智山垣を設置することで景色を遮らない。東山の山の形を模したとされている。竹垣の交換は新しい管長の就任合わせて交換されている。三木さんは「気持ちを竹垣を表すのが良さ」と話す。マークは「竹垣でもてなしの気持ちまで表現しているとは思いもしませんでした」とかたった。

ウェルカムサプライズとしてマークさんが長年作りたくても作れなかった光悦寺垣の作り方を特別に教えてもらう。曲線部分は竹を組み直す精密な構造になっている。本阿弥光悦が曲線を描く優美な竹垣を好んでつくらせたのが由来となっている。すでに反面は三木さんが作ってくれているのが一緒に完成させる。本来、その内部構造は秘密にすべきものだが、特別に見せてもらえることになった。マークは13年憧れ続けた光悦寺垣の作り方を目に焼き付ける。少しずつ仮止めしながら竹を添わせて作る。三木さんがお父さんと初めて作ったのがこの光悦寺垣だという。3時間かけて完成させた。

マークさんは植彌加藤造園の庭師である竹村茂好さんにも会っていた。三木さんに竹垣職人なら必ず見ておくべきと言われた南禅寺の竹垣を見学した。南禅寺垣は真竹と萩の穂を組み合わせるのが特徴。奥行き感と立体感を生み出している。境内にあるものを使って作っている。

マークさんは三木さん一家ともお別れする。「一緒に竹垣づくりが出来て幸せでし」と話し、オリジナルのTシャツ、竹で作った鳥の巣箱などをプレゼントした。三木さんからは一緒に酒坏を交わしたとっくりと、菊割り、寄せ書きをプレゼントした。そして、竹の穂垣をモチーフにした壁掛けも贈られた。裏側は京銘竹の白竹になっている。「これからもがんばってください」とエールがおくられた。

キーワード
京野菜の筑前煮
丹波黒豆の枝豆
孟宗竹を使った湯豆腐
ローストビーフ
九条ねぎと油揚げの辛子和え
フォーシーズンズホテル京都
東山(京都)
智積院
智山垣
光悦寺垣
本阿弥光悦
三木清
植彌加藤造園
南禅寺
南禅寺垣
左京区(京都)
真竹

エンディング (バラエティ/情報)
20:58~

マークはその他にも建仁寺住職と仏法談義をしたり、祇園畑中で竹垣交換を見学したりと様々な体験を通して多くの人にで会った。帰国を前に「すべてが予想以上で人生観も大きく変わった。お世話になった方々には感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

次回予告が流れた。

♪「夢をあきらめないで」が流れた。

エンディング。

キーワード
夢をあきらめないで
  1. 前回の放送
  2. 12月4日 放送
  3. 次回の放送