歴史の道 歩き旅 小林綾子 東海道を歩き旅「浜松宿」

『歴史の道 歩き旅』(れきしのみち あるきたび)は、2016年4月4日から2017年3月31日までテレビ東京で放送された紀行番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年9月14日(水) 7:30~ 8:00
放送局 テレビ東京

番組概要

東海道の真ん中!静岡・掛川~新居 日本一と日本唯一を楽しむ旅 (バラエティ/情報)
07:30~

今回は「東海道の真ん中!静岡・掛川~新居 日本一と日本唯一を楽しむ旅」。東海道は徳川幕府が整備した街道で、江戸~京都を結ぶ役500kmの道。今週は小林綾子が静岡・掛川~新居を歩く。3日目の今日は、若き日の徳川家康が過ごした浜松城の城下町として賑わった静岡県浜松を散策。餃子の消費日本一の浜松餃子を堪能。そして、日本一のゆるキャラに隠された事実が明らかに!?さらに、浜松生まれの日本初の本格オルガンの誕生秘話も!

このあと、ミャンマーの楽器「サイン・ワイン」の意外な演奏方法とは?

東海道 静岡・浜松を歩く。

東海道 静岡・浜松を歩く。徳川家康が1570年に築城した浜松城は秋には美しい紅葉と一緒に見られる。現在のは安土桃山時代のものを再建したもの。歴代城主が数多く幕府の重役に出世したため出世城とも呼ばれている。

浜松には意外な日本一が。家康くんに遭遇し、挨拶。出世大名として人気で、昨年ゆるキャラグランプリで1727体中で優勝を飾った。また、日本一鈴木という苗字が多い町でもある。人口の7%5万6000人が鈴木さんだという。市長も鈴木さん。餃子消費量も日本一。家康くんは鍵盤柄の袴やみかん柄の家紋など、浜松アピールに余念がない。頭のうなぎを触ると出世できる。

餃子の名店 むつぎくを訪れた。昭和37年創業で、連日大行列ができる人気店。浜松餃子は餡にキャベツが多いのが特徴。真ん中にはもやしを添え、口の中をさっぱりさせることができる。共働き家庭が多く惣菜文化が広まったのが餃子人気を後押ししたという。

日本唯一の楽器博物館を紹介。浜松市は電子楽器製造も日本一。1300点ほどの世界の楽器が展示されている。ミュージアムショップアンダンテでは楽器モチーフの商品がずらりと並ぶ。アジアの楽器300点が集まったスペースは圧巻。

キーワード
歌川広重
東海道
徳川幕府
京都
掛川(静岡)
新居(静岡)
浜松(静岡)
徳川家康
サイン・ワイン
浜松城
水野忠邦
濱納豆
家康くん
鈴木康友
むつぎく
餃子
浜松市楽器博物館
アンダンテ
クンプル

東海道の真ん中!静岡・掛川~新居 日本一と日本唯一を楽しむ旅 (バラエティ/情報)
07:45~

浜松の自慢できるモノって一体!?

楽器博物館で見つけた楽器は楽器に見えないものばかりで、宮殿の船みたいと小林さんは話した。浜松に楽器メーカーが集中しているが、きっかけはヤマハの創業者である時計屋の修繕を行っていた山葉さんが小学校のオルガン修理を手がけその構造を学んだことから始まったという。その技術を活かし全て国産の部品でできたオルガンが完成し楽器メーカーが増える足掛けとなった。その山葉さんのもとでピアノ製造技術を学んでいたのは河合楽器の創始者河合さん。浜松の楽器はこうして誕生し発達していった。また楽器博物館では鍵盤楽器ルームがあり、実際に体験してみることもできる。また1日数回ギャラリートークを開催している。

楽器やお茶だけでなく静岡県の日本一総数は273件もある。家康の散歩道を歩き次に向かったのは浜松駅。小林さんはここで日本一のものについて聞き込みをすることに。

BGMに堺正章の「幸福への招待」が流れた。

キーワード
サイン・ワイン
ヤマハ
楽器博物館
山葉寅楠
河合小市
河合楽器製作所
電子チェンバロ
愛のオルゴール
メヌエット
ミャンマー
静岡県
堺正章
幸福への招待
浜松駅
家康の散歩道
浜松(静岡)

東海道の真ん中!静岡・掛川~新居 日本一と日本唯一を楽しむ旅 (バラエティ/情報)
07:54~

静岡県はみかんの生産が日本一でみかん大福がおすすめだという。小林さんは目の前の百貨店でさっそくまるごとみかん1つが入ったみかん大福を購入、さっき教えてくれたご家族にみかん大福をおすそ分けすることに。皮が薄くみかんの味に負けてないと話した。静岡県民にとってみかんはなくてはならない物で常に家にある物と県民の方は話してくれた。

キーワード
遠鉄百貨店
温室みかん大福

エンディング (その他)
07:57~

「歴史の道 歩き旅」の次回予告。明日は名物うなぎパイの秘密&浜名湖の名物を紹介!

キーワード
うなぎパイ
浜名湖
  1. 前回の放送
  2. 9月14日 放送
  3. 次回の放送