歴史の道 歩き旅 大和田獏 中山道の宿場町を巡る旅「妻籠宿」

『歴史の道 歩き旅』(れきしのみち あるきたび)は、2016年4月4日から2017年3月31日までテレビ東京で放送された紀行番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年6月24日(金) 7:35~ 8:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
07:35~

オープニング映像。歴史ある道を月曜から金曜まで毎朝1人の旅人が歩く。道中では100年以上前から存在する珍しいモノも紹介する。

キーワード
東海道
奥の細道
熊野古道

中山道 大井宿~妻籠宿 江戸時代そのままの風景に出会う旅 (バラエティ/情報)
07:35~

今回の旅人は大和田獏。江戸時代そのままの風景に出会う旅で、中山道を通って大井から妻籠まで歩く。中山道とは江戸時代の五街道の一つで、日本橋~京都を結ぶ約530kmの道。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャパンにも掲載された馬籠宿を訪れた大和田獏。上り坂の途中で「五平もち」の看板に惹かれ白木屋へ。鈴木さんが出迎え、店内に飾られてある先代の写真から談笑。クルミ・ゴマ・ピーナッツが入ったタレで味付けされた五平もちを頂いた。

大和田獏に歴史の道クイズ「馬籠宿の町並みには見当たらない物とは?」と出題した。

澤田屋で売られている銘菓ほおば巻を食べた大和田獏は餡は粒が残っていて甘すぎず美味しいと話した。

丸田屋で電子レンジOKのおひつなどを売っている。

馬籠峠から妻籠宿までの約5.5kmの緩やかな下り坂。観光客に人気のハイキングコースである。

妻籠宿は中山道と飯田街道の分岐点にあり、交通の要所として栄えた宿場町。 時代劇ぽくていいと思わず大和田獏はシャッターを切った。有形文化財上嵯峨屋は江戸中期の建物だと推定する。

妻籠宿は江戸時代から続く町並みを残すために住民による町並み保存の3原則が決められ「売らない」「貸さない」「壊さない」ということである。

脇本陣は139年目になる。現在の建物は1877年に総檜造りで建築されたものである。明治天皇様が最初に見えたお客様である。

キーワード
中山道
大井(岐阜)
妻籠(長野)
日本橋(東京)
京都府
歌川広重
東京都
馬籠宿
ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン
白木屋
五平もち
澤田屋 妻籠店
丸田屋
妻籠宿
馬籠峠
岐阜県
上嵯峨屋
長野県
ふじわら民芸店
ほおば巻
檜笠
木曾ひのき箸
妻籠宿脇本陣奥谷
明治天皇様

中山道 大井宿~妻籠宿 江戸時代そのままの風景に出会う旅 (バラエティ/情報)
07:50~

明治天皇のため作られたテーブルを紹介。当時ほとんどの日本人が見たことも聞いたこともないそれを、釘を一切使わない製法で見事完成させた。陛下に水を汲んだ桶も見せてもらう。

気になる風景をカメラに収めていく大和田。

手打ち蕎麦の「吉村屋」を発見、食事することに。開田高原の良質なそば粉を使用しているとのこと。ざるそばを頼んだ大和田。買ったばかりの箸で食べてみる。

キーワード
中山道
妻籠(長野)
妻籠宿
明治天皇
フランス
吉村屋
ざるそば
開田高原

中山道 大井宿~妻籠宿 江戸時代そのままの風景に出会う旅 (バラエティ/情報)
07:56~

「蕎麦と檜の香りが混ざって美味しい」と喜ぶ大和田。

「歴史を思い描きながらする旅はいいですね」など語る大和田。また地元の人達へ感謝を述べた。

キーワード
中山道
妻籠(長野)
妻籠宿
吉村屋
ざるそば
大井宿

エンディング (その他)
07:58~

「歴史の道 歩き旅」の次週予告。藤田朋子が東海道茶所日本一静岡を巡る旅。

キーワード
藤田朋子
静岡県
  1. 前回の放送
  2. 6月24日 放送
  3. 次回の放送