モーニングチャージ! モーニングチャージ!【東京都心に人気ワイナリー誕生】

放送日 2016年10月25日(火) 6:40~ 7:05
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
06:40~

オープニング映像。

日本では2004年から、携帯で電子決済などができるサービスとしておサイフケータイという機能が広まったが、ようやくiPhone7で同じように不接触で支払いができる「アップルペイ」がきょうからスタートする。電車の改札では、アプリを機動することなく、かざすだけでそのままsuicaを使うことができる。特長は、カード登録の簡単さで、アプリでクレジットカードの数字を読み込むだけで登録が可能になり、さらに電子マネーのチャージも簡単になる。アップルのジェニファー・ベイリーさんがiPhoneを手に決済に仕方をデモンストレーション。

これまで、それぞれの国の機種に合わせた開発を行ってこなかったアップルが、今回、なぜ日本だけに対応した機能を取り入れたのか。アップルのベイリーさんに聞こうとしたところ、日本のアップル担当者が「質疑応答でなく、一方的にお話しさせていただく」と遮り、インタビューには応じてもらえなかった。専門家であるコーポレートディレクション・占部伸一郎さんは、日本の市場はアップルにとって重要で、そこの利益を守るとか伸ばしていくとかが、彼らにとってもグローバルでも重要な課題だったと指摘。日本ではiPhone利用者は6割近くに上るが、一方、世界では今年初めて販売台数が大幅に減少した。需要の見込める日本でのサービスを拡充して客の囲い込みに動き出したという背景がある。

「アップルペイ」に対し街頭では、「興味がある。全部iPhoneで済むのはいい」という意見がある傍ら、「パスモでいい」「もっとアップルにしかできない創造性のあるものを期待」という声も聞かれた。

出演者が挨拶し、「アップルペイ」を取材した林アナが、アップルやJR東日本の担当者の気合の入りようはとても感じ、満を持しての日本でのサービス開始と伝えた。光浦靖子は、おサイフケータイや電子マネーを利用していないので、買い換えるほどまではいかないかなと思うとコメント。馬渕治好氏は、シェアが高いということは今後減るおそれがあるということなので、iPhoneは好きだけど決済機能がないからAndroidに乗り換えようかなという人がいた場合に、それを思いとどまらせる、シェアを守ることはできるという意味合いが大きいと指摘し、大橋アナが、攻めより守りの姿勢と話した。

キーワード
iPhone
おサイフケータイ
アップルペイ
suica
アップル
iPhone7
ジェニファー・ベイリー
ジェニファー・ベイリーさん
コーポレートディレクション
パスモ

ニュース (ニュース)
06:44~

きょうのヘッドライン一覧を表示し、その中から、日産が新技術を取り入れた新型「ノート」を公開、イオンが大規模セール「ブラックフライデー」を導入という項目を口頭で紹介した。そのほか、「IHI 赤字で事業撤退も」「スマホで指静脈 認証」「サンマ漁 今年も不振」。

造船重機大手のIHIはきのう、造船関連のうち天然ガスや石油の掘削船などの事業撤退を視野に、抜本的な対策を検討していることを明らかにした。建造工事などが遅れてコストが膨らみ、2016年9月の中間連結決算の純損益90億円の黒字予想から一転、50億円の赤字見通しとなったため。三菱重工業が大型客船事業から撤退を決めたほか、川崎重工業も船舶事業の撤退を検討するなど、造船業界の苦境が鮮明になってきている。

日産自動車はきのう、新しいハイブリド技術を採用した改良型「ノート」の量産を始めたと発表した。エンジンで発電した電気を使いモーターで走行する「e-Power」と呼ばれる仕組みを搭載し、燃費性能はリッターあたり37.2キロで、トヨタ・アクアの37キロを超え、コンパクトカーの分野ではトップとなる。発売は来月の予定。カルロス・ゴーン社長は、新型ノートについて「革新的な技術『イーパワー』を搭載することで、国内生産と国内販売に大きく寄与することだろう」と述べた。

日立製作所はきのう、スマートホンのカメラで指の静脈を読み取る新しい認証技術を発表した。スマホで撮影した指の画像を1秒ほどで解析し、肌や静脈の色の違いなどから静脈の模様を読み取ることで個人を認証する。静脈による生体認証は指紋などと比べ偽造が難しいとされている。日立製作所では、来年度中の実用化を目指すという。

全国の水揚げのおよそ半分を占める北海道東部のサンマ漁が、去年に続いて不振となっている。先月中旬から漁獲が増えたものの、水揚げ量は過去40年で最低水準だった去年並みで推移。サンマの資源量は近年減少していて、また、冷たい水域を好むため、海水温が高くなった日本近海を避けて、より沖合に移動しているとみられる。

イオンはきのう、米国の年末商戦「ブラックフライデー」を初めて導入すると発表した。来月25日から3日間、全国のグループ内の店舗など約2万店で大規模セールを開催する。「ブラックフライデー」とは、米国で毎年11月下旬、感謝祭翌日の金曜日に開催されるセールで、どの店も黒字になるため「ブラック」と呼ばれるようになったと言われるほど多くの買物客で賑わう。イオンリテール執行役員・三宅香さんは、「明確な割引率は現段階では公表していないが、来て損のない、期待を裏切らない規模になる」と話す。

イオンが導入する「ブラックフライデー」についてトーク。国内で個人がどれだけお金を使っているかを示す「家計最終消費支出」の推移グラフを表示。(出典:内閣府)東日本大震災、消費税増税での落ち込みを経て、直近で伸び悩んでいると林アナが説明し、イオンの取り組みだけでなく政府も月末金曜は早く退社してお金を消費しようと促すプレミアムフライデーを来年2月末から実施すると伝えた。馬渕治好氏が、雇用は悪くはないが、消費者の気分を表すデータが悪化していて心理が冷えている、背景はよく分からないが、経済面で暗いニュースが多いからかと思う、刺激する策としてこういうことをやってみるというのはいい試みだとは思う、失敗すればまた別なことをやればいいとコメント。

光浦靖子は、お祭り感大好き、月末の金曜日、店を全部24時間営業にしてほしい、飲んだ後の緩んだサイフを狙ってほしいと話した。馬渕氏は、米国では、感謝祭の休みがあって、クリスマスに向かって盛り上がっていくという初日がブラックフライデーであり、ブラックフライデーだけ取り出されても、という感じは少しあると指摘した。大橋アナが、名前が惜しい気もする、ブラック企業が思い浮かんでしまうので、黒字フライデーとかではとコメントし、林アナが、ハッピーフライデーとか、サタデーナイトフィーバーとか、そういうところからマインドを変えていこうということと述べた。

キーワード
IHI
ノート
スマホ
指静脈 認証
サンマ
イオン
ブラックフライデー
三菱重工業
川崎重工業
ノート e-POWER
ハイブリッド
日産自動車
トヨタ
アクア
カルロス・ゴーン社長
e-Power
日立製作所
北海道
感謝祭
イオンリテール
内閣府
東日本大震災
消費税増税

特集 (バラエティ/情報)
06:51~

門前仲町駅から徒歩6分。試飲スペースの併設されたワイン醸造所深川ワイナリーを紹介。ここは体験型の醸造所を目指しているという。見学者は見ることによりより美味しさが増すなど好評だった。

東京ワイナリーは都内で最初にオープンしたワイナリー。都産都消にこだわっているといい、都内の人に都産の美味しさなどの驚きを広めたいと代表は話した。

清澄白河駅近くに出来たフジマル醸造所を紹介。このワイナリーを運営するのはバビーユ。大阪で都市型ワイナリーを大ヒットさせた。ここではサーバーから注がれるワインが大人気。これにヒットの秘密があるという。

東京都内にワイナリーが続々オープンしている。駅近のワイナリーでは気軽に行って工場見学、テイスティングも可能、東京で育ったぶどうを使った純東京産ワインも登場。さらにレストランを併設し、ワインに合う料理が楽しめるワイナリーも人気となっている。パピーユ・藤丸社長は、「ワイナリーが特別な場所にあるのではなく、民家の間などでもやっていけることを知ってもらいたい」と話す。都市型ワイナリーが都内に続々オープンする理由を特集。

キーワード
門前仲町駅
深川ワイナリー
コンコード
練馬区(東京)
東京ワイナリー
山形県置腸産 デラウェア
清澄白河駅
江東区(東京)
フジマル醸造所
パピーユ
東京都
ワイナリー

特集 (バラエティ/情報)
06:59~

ナゼ!?中国にスーパーモデル大集合

清澄白河駅近くに出来たフジマル醸造所を紹介。このワイナリーを運営するのはバビーユ。大阪で都市型ワイナリーを大ヒットさせた。ここではサーバーから注がれるワインが大人気。これにヒットの秘密があるという。二酸化炭素をサーバーに充填することで酸化を防止しフレッシュなワインを楽しむことが出来る。パピーユのフジマル社長は全国で都市型ワイナリーが展開しようとしているとし、手伝いが出来たらとコメントした。

都市型ワイナリーについて話が展開。作ってフレッシュな間に売れば回転し量が消費されコストがダウンし、レストランも併設しているとワインも一緒に飲むので好循環が期待できると馬渕氏がコメントした。光浦はフレッシュなワインというのに興味を惹かれると話した。

キーワード
清澄白河駅
江東区(東京)
フジマル醸造所
パピーユ
生樽ワイン

特集 (バラエティ/情報)
07:03~

中国上海に150人以上のスーパーモデルが集結。ファッションショーが行われた。主催したのはアリババで、販売苦戦の中国では高級ブランドがネットショッピングのアリババに出店している。一方偽ブランド品が多いアリババにとってもイメージUPに繋がる仕組みになっている。

キーワード
上海(中国)
アリババ

エンディング (その他)
07:04~

ワイナリーについて話が展開。都心は電車があるので運転してワイナリーに行かなくていいと話された。

きょうの天気のテロップ。

  1. 前回の放送
  2. 10月25日 放送
  3. 次回の放送