美の巨人たち ならず者で美の怪物!?カラヴァッジョ『バッカス』の超絶的リアリズム

『美の巨人たち』(びのきょじんたち)は、テレビ東京系列で2000年4月8日から2019年3月30日まで毎週土曜22:00 - 22:30(JST)に放送されていた美術系教養番組。2019年4月6日から『新美の巨人たち』とタイトルが変わり、美術鑑賞をテーマとする旅番組へと変わった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月26日(土) 22:00~22:30
放送局 テレビ東京

番組概要

ならず者で美の怪物!?カラヴァッジョ『バッカス』の超絶的リアリズム (バラエティ/情報)
22:00~

イタリア・ローマにあるサンタゴスティーノ教会に「ロレートの聖母」が展示されている。「ロレートの聖母」の作者はミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ。ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは「いかさま師」なども描いた。また、フィレンツェのウフィツィ美術館には「バッカス」が展示されている。

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの作品には「果物籠」がある。また、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは紙幣に刷られていたことがある。なお、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの「バッカス」にはミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの自画像が隠されていることが判明した。

キーワード
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ
ロレートの聖母
いかさま師
聖パウロの回心
ローマ(イタリア)
サンタゴスティーノ教会
ウフィツィ美術館
フィレンツェ(イタリア)
バッカス
果物籠

オープニング (その他)
22:06~

オープニング映像。

ならず者で美の怪物!?カラヴァッジョ『バッカス』の超絶的リアリズム (バラエティ/情報)
22:07~

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは「果物籠」を描いた。また、「いかさま師」がミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの人生を変えた。フランチェスコ・マリア・デル・モンテがミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョのパトロンとなり、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョはマダマ宮殿に住み込んで絵を描くようになった。

カラヴァッジョ「バッカス」についてマリア・マティルデ・シーマリさんは、日焼けをして手が赤くなっていたりする点から、若者が変装しているバッカスを描いていて、神話のバッカスを描いたわけではないと話した。

カラヴァッジョの「聖マタイの召命」は、聖書の一場面にもかかわらず17世紀当時の服装で描かれている。ローマの人々はこの絵に熱狂し、喝采した。ここからカラヴァッジョは「ロレートの聖母」や「聖パウロの回心」も描いた。ひとたび町に繰り出せば乱暴狼藉を繰り返すならず者のカラヴァッジョだが、名声はヨーロッパ中に広がっていったという。

カラヴァッジョは35歳の時、女性関係のもつれから敵対してきた男を決闘の末に殺害。ローマから逃げ出し、逃亡者となった。そんな男の原点「バッカス」にはカラヴァッジョの自画像が隠されているという。

キーワード
果物籠
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ
いかさま師
フランチェスコ・マリア・デル・モンテ
マダマ宮殿
カラヴァッジョ
バッカス
聖マタイの召命
ロレートの聖母
聖パウロの回心
エマオの晩餐

ならず者で美の怪物!?カラヴァッジョ『バッカス』の超絶的リアリズム (バラエティ/情報)
22:16~

カラヴァッジョは35歳の時、女性関係のもつれから敵対してきた男を決闘の末に殺害。ローマから逃げ出し、逃亡者となった。そんな男の原点「バッカス」にはカラヴァッジョの自画像が隠されているという。

西洋で自画像が描かれるようになったのは、画家の地位が向上したルネサンス以降のこと。カラヴァッジョの顔を最も正確に伝えているのは、面識のあった画家のオッタヴィオ・レオーニの絵画で、自画像ではない。今日の1枚「バッカス」には、そんなカラヴァッジョの自画像が描かれている。画面左すみに置かれたワインのデカンタには約3cmほどのカラヴァッジョの姿があり、それはこの絵を描いているカラヴァッジョが映り込んでいるのだという。このあと、カラヴァッジョは「聖マタイの殉教」などで自画像を大胆に描くようになった。

1608年、イタリア中を逃げ回ったカラヴァッジョはマルタ島にたどり着き、マルタ騎士団に入団。騎士団の本拠地として知られる島の教会「聖ヨハネ大聖堂」には、「洗礼者ヨハネの斬首」が飾られている。しかし、カラヴァッジョはここでも殺傷ざたを起こして騎士団を追放。島から逃げ出したという。

キーワード
カラヴァッジョ
バッカス
アルブレヒト・デューラー
ラファエロ・サンツィオ
ミケランジェロ・ブオナローティ
アテネの学堂
最後の審判
カラヴァッジョの肖像
聖マタイの殉教
オッタヴィオ・レオーニ
自画像
デルモンテ枢機卿
マルタ島
聖ヨハネ大聖堂
洗礼者ヨハネの斬首
ゴリアテの首を持つダヴィデ

ならず者で美の怪物!?カラヴァッジョ『バッカス』の超絶的リアリズム (バラエティ/情報)
22:25~

羊飼いの若者が巨人ゴリアテを倒した旧約聖書の一場面を描いた「ゴリアテの首を持つダヴィデ」。巨人の顔こそ聖書の世界に借りた自分自身の肖像であり、自信に満ちた若き日の自分が老いた自分を持つ、残酷な対比を描いているという。カラヴァッジョは殺人を犯して逃亡すること4年、38歳の時にポルト・エルコレでのたれ死んだ。

8月から北海道近代美術館を皮切りに「カラヴァッジョ展」が日本を巡回!

美の巨人たち番組ホームページ、Facebook、Twitterも更新中のお知らせ。

キーワード
カラヴァッジョ
バッカス
ゴリアテの首を持つダヴィデ
ポルト・エルコレ(イタリア)
カラヴァッジョ展
美の巨人たち 公式ツイッター
美の巨人たち 公式フェイスブック
美の巨人たち 公式ホームページ

エンディング (その他)
22:27~

「美の巨人たち」の次回予告。

番組宣伝 (その他)
22:28~

「車あるんですけど…?」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 1月26日 放送
  3. 次回の放送