美の巨人たち この紋所が目に入らぬか!『沢瀉蒔絵印籠』超絶技巧シリーズ(3)

『美の巨人たち』(びのきょじんたち)は、テレビ東京系列で2000年4月8日から2019年3月30日まで毎週土曜22:00 - 22:30(JST)に放送されていた美術系教養番組。2019年4月6日から『新美の巨人たち』とタイトルが変わり、美術鑑賞をテーマとする旅番組へと変わった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月25日(土) 22:00~22:30
放送局 テレビ東京

番組概要

美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:00~

カタバミが鮮やかに描かれた印籠を紹介。明治と現代の超絶技巧対決は印籠を特集する。柴田是真は漆芸家であり、絵師。俳句やお茶、和歌などもたしなむ超絶技巧界のスーパースター。

静岡・三島市にある佐野美術館に収蔵されている柴田是貞の「沢瀉蒔絵印籠」 を紹介。印籠にはオモダカの花や、カタバミが描かれており、夏草を描くのに5つの技法が使われている。柴田是真は「蒔絵と描くことのみに骨身」という言葉を残している。

キーワード
カタバミ
沢瀉蒔絵印籠
柴田是真
三島市(静岡)
佐野美術館
オモダカ

オープニング (その他)
22:05~

オープニング映像。

美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:05~

印籠は元々は印章を入れたことからこの名が付いたと言われている。時代劇マニアのジョンさんが東映太秦映画村を訪れた。

きょうの作品は柴田是真の「沢瀉蒔絵印籠」。どんな超絶技巧が隠されているのか、その再現を東京藝術大学の小椋範彦に依頼した。オモダカの葉を作るのにも銀高蒔絵・金蒔絵などの技法が用いられている。小椋先生は「正面ではない側面の薄いところにまたがって蒔絵が入っているが、かなり難しいと思う」と説明した。

柴田是真は11歳で印籠蒔絵師・駒関西に入門。当時の漆芸家は下絵を絵師に任せ自らは漆による加工を行うだけだった。しかし柴田是真は他人の下絵では満足できなくなり16歳の時に四条派の画塾に入門。後に絵師とし認められる。

柴田是真は一枚の葉に持てる技を尽くし“切金”と“螺鈿”という技法で繊細に表現した。東京藝術大学・小椋範彦が超絶技巧に挑んだ。螺鈿に使うのはアワビの貝殻。水でふやかした後、金と同様に0.5mm角に切っていく。

印籠は腰からぶら下げて歩くファッションアイテムだった。柴田是真の「沢瀉蒔絵印籠」には表面に突起する部分があった。

キーワード
沢瀉蒔絵印籠
柴田是真
萩と小川図蒔絵鞘印籠
オモダカ
追儺蒔絵印籠
古満寛哉
猫鼠を覗う図
明治からの贈り物

美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:17~

「銀魂2」の告知テロップ。

柴田是真の「沢瀉蒔絵印籠」には“変塗”という技法が使われている。表面に施した“石目塗”とと呼ばれる変塗、これこそが柴田是真の真骨頂だという。柴田是真は変塗を次々と開拓し「青梅波塗柳流水蒔絵重箱」には変塗が数多く用いられている。小椋先生は“石目塗”の技法に挑戦した。

日本美術研究家・安村敏信は「是真は驚かせるというよりも分かる人に分かってもらいたかった。自分から分かるように説明しない」と話す。「沢瀉蒔絵印籠」で表現された“朝露”には直径1mmのガラス玉が用いられている。

「清水三年坂美術館」を訪れた歴史マニアのジョンさんは「文房具蒔絵印籠」を見学。漆で墨や硯などの質感を表現している。安村敏信は「オモダカというのは槍の穂先みたいな格好いい形なので武将に好まれる。江戸趣味としても粋な感じがする単純でしかも格好いい」と説明した。

キーワード
銀魂2
沢瀉蒔絵印籠
柴田是真
青梅波塗柳流水蒔絵重箱
変塗
明治からの贈り物
石目塗
印籠・緒締・根付 展
文房具蒔絵印籠
オモダカ
菊尽蒔絵印籠
初釜蒔絵印籠

美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:24~

「銀魂2」の告知テロップ。

柴田是真が66歳の時に4か月を費やし描いた「富士田子浦蒔絵額」はウィーン万国博覧会で称賛を浴びた。是真は明治という新たな時代に工芸の1つに過ぎなかった漆芸を芸術へと昇華させ、紙の上に漆で絵を描くまでになった。是真が描いた「花瓶梅図漆絵」を紹介した。

キーワード
銀魂2
沢瀉蒔絵印籠
柴田是真
富士田子浦蒔絵額
ウィーン万国博覧会
貝図
花瓶梅図漆絵

エンディング (その他)
22:27~

「美の巨人たち」のホームページと、番組公式Facebook・Twitterの紹介テロップ。

美の巨人たちの次回予告。

柴田是真作「沢瀉蒔絵印籠」の映像と共にエンディング。

キーワード
美の巨人たち 公式ホームページ
美の巨人たち 公式フェイスブック
美の巨人たち 公式ツイッター
沢瀉蒔絵印籠
柴田是真

番組宣伝 (その他)
22:28~

おしゃべりオジサンとヤバイ女の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月25日 放送
  3. 次回の放送