美の巨人たち 『三十三間堂』は極楽浄土!?放送900回・京都建築シリーズ(1)

『美の巨人たち』(びのきょじんたち)は、テレビ東京系列で2000年4月8日から2019年3月30日まで毎週土曜22:00 - 22:30(JST)に放送されていた美術系教養番組。2019年4月6日から『新美の巨人たち』とタイトルが変わり、美術鑑賞をテーマとする旅番組へと変わった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月7日(土) 22:00~22:30
放送局 テレビ東京

番組概要

美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:00~

今回は放送900回祈念として京都の名建築を紹介していく。第1回の今日の放送では京都・東山区にある「蓮華王院本堂」で「三十三間堂」とも呼ばれている。建物の中には1001体の仏像が飾られている。名前の「三十三」には平清盛らの切なる願いが込められていた。

キーワード
南禅寺
東福寺
伏見稲荷大社
醍醐寺
銀閣寺
三十三間堂
三十三間堂大的全国大会
平清盛
後白河法皇
東山区(京都)

オープニング (その他)
22:06~

オープニング映像。

美の巨人たち (バラエティ/情報)
22:16~

「三十三間堂」の中の観音像の前には34本の柱が立てられていて、柱と柱の間が33箇所となる。この33には観音様が33に姿を変えて人々を救うとされるという意味が込められている。さらに「1:1.4142」という数字についてサイエンスナビゲーターの桜井さんによると「白銀比」が沢山隠されていると説明する。「三十三間堂」の場合は外壁に白銀比の長方形5つが収まり、さらに左右の台座に5つずつ白銀比の長方形が収まっていて白銀比の重なりで建物が出来ていた。

「三十三間堂」について建物内にある太い柱や二重虹梁など基礎部分に「版築」と呼ばれる工法が使われており、何層にも重ねた砂と年度が地下振動を吸収し耐震性に優れていると藤森照信さんは解説した。

「三十三間堂」の西側の軒下には矢が一本突き刺さっている。この矢にも驚くべき数字が隠されていた。

キーワード
三十三間堂
東山区(京都)
白銀比
法隆寺
版築
通し矢

エンディング (その他)
22:27~

エンディング映像。

「美の巨人たち」ホームページ、ツイッターのテロップ。

キーワード
並河靖之
桜蝶図平皿
番組ホームページ
ツイッター

番組宣伝 (その他)
22:28~

おしゃべりオジサンとヤバイ女の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 7月7日 放送
  3. 次回の放送