新K-1伝説 2017年8月12日放送回

新K-1伝説(しんケイワンでんせつ)は、テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪で放送されている格闘技情報番組である。2015年10月8日放送開始。(テレビ愛知、テレビ大阪は2017年10月7日放送開始、TVQ九州放送は2019年4月7日放送開始)

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月12日(土) 2:00~ 2:30
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
02:00~

超破壊型打撃格闘技 Krush、日本×中国の6対6の全面対抗戦。さらに、K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ウェルター級王座決定トーナメントの優勝候補のメルシック・バダザリアンは「勝つのは当たり前、でもプロなら沸かせてなんぼだろ」 と語る。かたや勝利至上主義の山際和希は、「3回勝って普通に優勝しようと思う」と語る。

キーワード
Krush
メルシック・バダザリアン
山際和希
K-1 WORLD GP

K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ (スポーツ)
02:01~

中国人史上初のK-1王者となったウェイ・ルイ。2月25日初代ライト級王座決定トーナメントでウェイ・ルイは評判通りの強さを見せた。ウェイ・ルイは「K-1王者としてこのベルトを守っていきたい、相手は強ければ誰でもかまわない」と語った。その初防衛戦の相手は、ムエタイ大魔神・ゴンナパー・ウィラサクレ。昨年、対戦相手の山崎秀晃の膝を破壊した。ゴンナパー・ウィラサクレは「トーナメントではない一発勝負のワンマッチなら誰にも負けない」と自信を見せた。K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ、ウェイ・ルイ×ゴンナパー・ウィラサクレが始まる。

K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ、王者 ウェイ・ルイvs挑戦者 ゴンナパー・ウィラサクレックの試合を、第2ラウンドまでを放送した。

キーワード
ウェイ・ルイ
K-1 WORLD GP
ゴンナパー・ウィラサクレ
山崎秀晃
K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ

K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ (スポーツ)
02:10~

K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ、王者 ウェイ・ルイvs挑戦者 ゴンナパー・ウィラサクレックの第3ラウンドから放送。ウェイ・ルイが2-0の判定で勝利し、初防衛に成功した。

キーワード
K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ

日本vs中国・6対6全面対抗戦 (スポーツ)
02:14~

日本vs中国・6対6全面対抗戦の第1試合 里見柚己vsワン・ジュングァンの試合、2-0の判定で、ワン・ジュングァンが勝利した。ワン・ジュングァンにK-1で戦いたいと言われた武尊は、久しぶりにこんなアグレッシブで気持ちの強い選手を見たので殴り合いをしたくなりました、とコメントした。

日本vs中国・6対6全面対抗戦の第2試合 佐野天馬vsユン・チーを放送。3-0の判定で佐野が勝利した。

日本vs中国・6対6全面対抗戦、第3試合 瑠輝也vsドン・ザーチーの試合を放送。瑠輝也が1R 1分53秒に飛び膝でKOで勝利した。

日本vs中国・6対6全面対抗戦 第4試合 渡部太基vsティエ・インホァの試合を放送。2-0の判定でティエ・インホァが勝利した。

日本vs中国・6対6全面対抗戦 第5試合 小宮由紀博vsチュー・ジェンリャンの試合を放送。3-0の判定でチュー・ジェンリャンが勝利した。

日本vs中国・6対6全面対抗戦 第6試合の卜部弘嵩vsジェン・ジュンフェンの試合を放送。試合は、2-0の判定でジェン・ジュンフェンが勝利し、中国が4勝2敗で勝ち越した。

K-1 WORLD GP フェザー級タイトルマッチ (バラエティ/情報)
02:21~

武尊vsワン・ジュングァンのK-1 WORLD GP フェザー級タイトルマッチが正式に決定。9/18(月・祝)にさいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナで開催される。

キーワード
K-1 WORLD GP フェザー級タイトルマッチ
さいたまスーパーアリーナ
ワン・ジュングァン
武尊

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ウェルター級王座決定トーナメント (バラエティ/情報)
02:22~

K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ウェルター級王座決定トーナメントの1回戦第2試合は、山際和希が優勝候補のメルシック・バダザリアンに挑む。山際和希は、渡部太基に判定勝利し、久保優太に引き分けており、堂々たる結果を残してる。山際は「人の意見とか気にしないタイプなんで」と語り、会見でも「みんなKO勝ちとか激しい試合を目標に頑張ると思うんですけど、みなさんは勝手に壊し合ってもらって、私はわたしのやり方でコツコツ当てて距離を取って、ダメージなく、普通にやって優勝できるかなと思う」と語った。メルシック・バダザリアンは、「山際の戦いは退屈だろ?でも俺と試合をすればお客さんを退屈させるようなことはしない」などとコメントした。メルシック・バダザリアンは、故郷・アルメニアを離れ強くなるためにアメリカにやってきた。「父と黒澤明の七人の侍を観た、それがきっかけで戦いの文化に興味を持った」のだという。9/18 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナでK-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ウェルター級王座決定トーナメントが開催される。

キーワード
K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ウェルター級王座決定トーナメント
渡部太基
久保優太
アルメニア
七人の侍
黒澤明
さいたまスーパーアリーナ

エンディング (その他)
02:27~

「新K-1伝説」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 8月12日 放送
  3. 次回の放送