開運!なんでも鑑定団 2015年9月15日放送回

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年9月15日(火) 20:54~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
20:54~

本日の鑑定品は奈良時代称徳天皇が世の安寧を願い寺院に奉納した百万塔、明治時代そのごく一部が民間に譲与され愛好家垂涎の的となっているが果たして本物か?など

今田耕司は火花が芥川賞を取り、又吉をかわいがっていればよかったと後悔していると話した。

キーワード
称徳天皇
百万塔
火花
芥川賞
又吉

本日のゲスト (バラエティ/情報)
20:55~

開運!なんでも鑑定団のホームページのテロップ。

奈良時代 称徳天皇が作らせた大珍品!

今回のゲストは吉木りさで、1987年に千葉・船橋市の生まれ。小学生時代に歌って踊れる歌手に憧れるも、母が見つけたのは民謡教室。吉木は7年間続けたところ全国大会で入賞し、高校1年の時にスカウトされ演歌歌手を目指した。21歳の時に演歌歌手としてデビューするも売れず、心機一転してグラビアアイドルに挑戦した。AmazonアイドルDVD売上ランキングで1~4位までを独占したことでトップグラビアアイドルとなり、テレ東で放送された「吉木りさに怒られたい」も大反響を集めた。

ゲストの吉木りさは演歌歌手としてデビューしたという知られざる歴史があり、テレ東の番組「吉木りさに怒られたい」の反響で待ちゆく人に怒ってほしいと言われたと明かした。そんな吉木の鑑定品目は川端玉章の双幅で、祖母のお宝。評価額は50万円だったが鑑定額は2万円で、安河内眞美は遠近感がなく、橋脚の部分は描く気がないみたいだとコメント。

キーワード
開運!なんでも鑑定団
船橋市(千葉)
吉木りさに怒られたい
川端玉章

百万塔 (バラエティ/情報)
21:02~

今回の依頼人は上村嘉平次さんで、ボーイスカウト歴58年の大ベテラン。是非とも多くの子供達にボーイスカウト活動に参加してほしいと願っていて、お宝は妻の祖父が遺したもの。祖父の吉澤義則さんは国文学者の一方で大の骨董好きで、奈良時代に作られた貴重なものだという。

スタジオに依頼人である上村嘉平次さんが登場。お宝は奈良時代に作られた百万塔で、藤原仲麻呂の乱後に称徳天皇が世の安寧を願って100万基つくらせたもの。製法はろくろ挽きだったため、百万塔の底には鉄爪の跡がある。また職人の賃金が出来高制だったため支払い高を計算するために職人の名が書かれているという。百万塔は相輪部と塔身部に分かれ、相輪部を取り外すと陀羅尼経が入っている。世界最古の印刷物とされているが、その製法が記された文献は一切ない。100万基を作るには5年余の歳月を要し、770年に10の寺院に奉納された。だが戦火や天災で多くが消失し、廃仏毀釈により法隆寺にあった1400基が民間に譲与された。

キーワード
ボーイスカウト
ロバート・ベーデン=パウエル
吉澤義則
八王子市(東京)
百万塔
藤原仲麻呂
称徳天皇
道鏡
陀羅尼経
廃仏毀釈

百万塔 (バラエティ/情報)
21:12~

大爆笑!出張鑑定IN鹿児島県肝付町。

依頼人である上村嘉平次のお宝は奈良時代に作られた百万塔で、評価額は300万円。だが鑑定額は150万円で、勝見充男は本物に間違いないがおさめられている陀羅尼経が当時のものではないと語った。それでも百万塔の状態は良く、箱も良いという。

キーワード
百万塔
陀羅尼経

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:15~

今回の出張!なんでも鑑定団の舞台は鹿児島・肝付町。四十九所神社は984年に伊勢神宮から分霊を受けて創建され、やぶさめ祭りは900年余りの歴史がある。射手は中学2年の男子生徒が選ばれている。またJAXA内之浦宇宙空間観測所もあり、おおすみ、はやぶさはここから打ち上げられた。肝付町の特産品は伊勢海老で、毎年春・秋に開催されている「えっがね祭り」では趣向を凝らした伊勢海老料理が飲食店などで提供されている。

田中弘幸さんは活魚料理店を営んでいて、目玉は伊勢海老。そんな田中さんのお宝は望月玉渓の六曲一双屏風で、インターネットオークションで18万円で落札したもの。本人評価額は60万円だったが、鑑定額は3万円。鑑定人は描き方は上手だが、鳩の描き方におかしい点が散見されると語った。

吉留祐子さんは歯科医院で雑務などを手伝い、一番大変だったのは鹿児島弁が分からなかったと語った。お宝はバービー人形・スキッパー人形で、本人評価額は2体合わせて5万円。だが鑑定額は12万円で、鑑定人は状態は良くないが箱はやたらと綺麗とコメント。またコスチュームの1つにあるワンピースは日本でしか売られていない希少品だという。

徳留秋輝さんは熱烈な骨董収集家で、コレクションは1000点余り。本物から贋作まで様々なものがある中で、お宝は和田英作の油絵。背景に深みがあってキャンバスも経年劣化が見られるとして本物と確信していて、評価額は100万円。だが鑑定額は3千円で、鑑定人は使っている色が雑だとコメント。

理容業一筋の古川近房さんは若いころから大の骨董好きで、お宝は西郷隆盛の書。本人評価額は300万円。

キーワード
肝付町(鹿児島)
やぶさめ祭り
無形民俗文化財
おおすみ
はやぶさ
えっがね祭り
伊勢海老
えっがねみそうどん
望月玉渓
バービー
スキッパー
バービー人形
スキッパー人形
和田英作
黄衣の少女
西郷隆盛

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:28~

岩元立子さんは夫と養豚業を営んでいて、お宝は中村直人の絵。38年前に姉の友人からこの絵を含めた3点を80万円で買い取り、作者も真贋も気にかけたことはなかったという。本人評価額は50万円だったが、鑑定額は35万円。鑑定人は中村直人の「モーレーの城門」という作品で、彼の技術の真骨頂が込められていると語った。

理容業一筋の古川近房さんは若いころから大の骨董好きで、お宝は西郷隆盛の書。本人評価額は300万円だったが鑑定額は5千円で、比較的わかりやすい贋作だった。

小野一夫さんは88歳ながら現役の内科医で、お宝は貯金箱30点。タンスを整理していたところ見つけたもので、妻に問いただしたところ記憶にございませんと言われたという。人形型の貯金箱それぞれに各国の民族衣装を身に付けていて、小野さんは何かのシリーズと考えている。本人評価額は1万5000円だったが、鑑定額は4万円。住友信託銀行の世界風俗人形シリーズというもので、コレクターズアイテムにもなっているという。

キーワード
中村直人
パリの赤い家
西郷隆盛
住友信託銀行
モーレーの城門

明治時代の紙幣8点 (バラエティ/情報)
21:37~

依頼人の細川昭夫さんは北海道・置戸町に住み、庭造りが生きがいだとコメント。小学校時代から庭造りに興味があり、大人になってからは小型のショベルカーも購入し植え替えに使っている。寒冷地なため11月半ばから雪吊りを施すなど雪対策に神経を注いでいる。そんな細川さんは小学校の頃からあるものを集めているが、家族は興味を示してくれていないという。

スタジオ見学者募集のお知らせ。宛先表示。

依頼人である細川昭夫さんのお宝は明治時代の紙幣8点。小学校時代から古いお金を集めるのが趣味だが、家族は理解を示してくれないという。また山を売った際に余ったお金で拾圓冊を購入したと明かし、妻のカツエさんにとっては初耳だったことが判明した。

明治政府は通貨制度を整備する余裕が無かったため江戸時代に使われた藩札をそのまま通用させる一方で、民部省札や太政官札などを発行し混乱をきわめた。そこで明治4年に新貨条例を制定し、翌年に明治通宝を発行。同年に国立銀行条例を制定し、全国各地に国立銀行が設立された。そしてアメリカに製造を委託し、旧国立銀行券が発行された。明治9年に紙幣寮の印刷工場が完成し、政府は神宮皇后の肖像画入り改造紙幣を発行。だが10年に西南戦争が勃発し、激しいインフレが発生。紙幣価値を安定させるには一元的な発行制度の確立が不可欠とし、15年に日本銀行を設立。だが旧兌換銀行券はトラブルで、4年で製造中止となった。続いて登場した改造兌換銀行券が日本の紙幣として統一。

キーワード
置戸町(北海道)
開運!なんでも鑑定団
雪吊
新貨条例
明治通宝
藩札
国立銀行条例
旧国立銀行券
神功皇后
西南戦争
旧兌換銀行券
改造兌換銀行券
改造紙幣
第一国立銀行
第二国立銀行
第十国立銀行

明治時代の紙幣8点 (バラエティ/情報)
21:49~

依頼人である細川昭夫さんのお宝は明治時代の紙幣8点。本人評価額は300万円だったが、鑑定額は500万円。竹内俊夫は明治時代の紙幣は現存数が少なく、旧国立銀行券と旧兌換銀行券はそれぞれ100万円で、普段見ることが珍しい紙幣なので大切になさって下さいとコメント。妻のカツエさんはびっくりしたと述べ、今田は決して処分しないでくださいと念を押した。

キーワード
旧国立銀行券
旧兌換銀行券
改造紙幣
E・キヨッソーネ
神功皇后

エンディング (その他)
21:52~

お宝の鑑定依頼、お宝を売りたい人を募集している。

エンディングテーマ:中村千尋/涙の鍵

今田耕司の終わりの挨拶。

キーワード
中村千尋
涙の鍵
  1. 前回の放送
  2. 9月15日 放送
  3. 次回の放送