開運!なんでも鑑定団 2015年9月1日放送回

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年9月1日(火) 20:54~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
20:54~

オープニング映像。

今田は日傘を3年前から持っていたが忘れて帰ったエピソードを語った。

本日のゲスト (バラエティ/情報)
20:55~

ファイティング原田さんは1943年東京都世田谷区に生まれ、家計を支えるため中学生の時精米店でアルバイトをしていた際、笹崎ボクシングジムに入門。16歳でプロデビューを果たし新人王を獲得した。19歳の時、世界フライ級タイトルマッチでポーン・キングピッチをノックアウトし日本人2人目の世界チャンピオンとなった。バンタム級に転向し1965年の世界バンタム級タイトルマッチでは無敗だったエデル・ジョフレに判定勝ち。その後WBC世界フェザー級タイトルマッチでジョニー・ファメションに3度のダウンを奪うもまさかの判定負けとなった。1990年には日本人で初めて米国ボクシング殿堂入りを果たした。

お宝はチャンピオン時代に頂き大事にしていた花入れ。本人評価額は5万円。結果は種子島で江戸から明治に焼かれた能野焼で墓に備える花活けとして使われていた。雨風にさらされて肌が風化しているなどとして10万円だった。

「開運!なんでも鑑定団」ホームページのテロップ表示。

親孝行のつもりで大枚を叩いて買った掛軸。

キーワード
世界フライ級タイトルマッチ
ポーン・キングピッチ
あしたのジョー
世界バンタム級タイトルマッチ
エデル・ジョフレ
WBC世界フェザー級タイトルマッチ
ジョニー・ファメション
「開運!なんでも鑑定団」ホームページ
能野焼
種子島
世田谷区(東京)

土佐光起の双幅 (バラエティ/情報)
21:03~

富山市の宮越修治さんは長男の大さん、二男の孝治さんとも競輪選手として活躍する。自身も昔から競輪が好きで2人を連れてよく見に行っていたがまさか2人とも選手になるとは思っていなかったそうだ。お宝は18年前に骨董店で一目惚れした掛軸でコレクションの中で一番自慢の品。父のために奮発して買ったそうだ。

お宝は親孝行のため350万円で買った「土佐光起の双幅」。屏風の中の絵にほれ込んだという。土佐派は南北朝時代からおよそ200年間、宮廷の絵所預を世襲したがその後は狩野派が勢力を誇示したため衰退の一途をたどった。土佐光起は16世として生まれたがすでに栄華はなく18歳で絵所預復職を願い出たが却下された。だがのちに85年ぶりに奪回を果たしている。平安初期の歌人を描いた「六歌仙図」には覚悟が伺える。版画などの技法も取り入れ新たな土佐派の様式を生み出した。死の前年には「本朝画法大伝」を記し生涯をかけて体得した画法をわかりやすく解説している。

依頼品には和歌を詠む貴族の姿、3人の女性がすごろくに興じる姿が描かれている。

キーワード
宮越大
宮越孝治
富山市
土佐光起
石山寺縁起絵巻
土佐光元
土佐光吉
六歌仙図
在原業平
小野小町
花鳥図
春秋花鳥図屏風
源氏物語図屏風(初音)
本朝画法大伝

土佐光起の双幅 (バラエティ/情報)
21:12~

大爆笑!出張鑑定 IN 那須塩原。

宮越修治さん依頼品「土佐光起の双幅」を鑑定。本人評価額は350万円だが鑑定額は3万円だった。

キーワード
土佐光起

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:15~

驚きの鑑定結果に会場騒然!

今回の出張先は栃木県那須塩原市。2005年合併で誕生した市であり、今年で市政10周年となる。市内には塩原温泉郷と板室温泉の2つの温泉地がある。また酪農が盛んであり生乳の生産量は本州で1位。旧青木家那須別邸は明治時代の外交官である青木周蔵別荘である。設計したのはドイツの建築技法を日本に伝えた松ケ崎萬長で、1999年に国の重要文化財に指定された。会場は黒磯文化会館で行われる。

高根沢広之さんの依頼品は「高久靄崖の掛け軸」。本人評価額は100万円だったが鑑定結果は1万円だった。

大山もよさんの依頼品は「壺」。本人評価額は10万円だったが鑑定結果は20万円だったた。

諏訪スミ子さんの依頼品は「狼少年ケン 人形セット3箱」。本人評価額は3万円だったが鑑定結果は45万円だった。

金澤正邦さんの依頼品は「横山大観の掛け軸」。本人評価額は300万円。

キーワード
那須塩原市(栃木)
塩原温泉郷
板室温泉
青木周蔵
松ヶ崎萬長
高久靄崖
横山大観

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:29~

金澤正邦さんの依頼品は「横山大観の掛け軸」。本人評価額は300万円だったが鑑定結果は800万円だった。

室井重幸さんの依頼品は「尾形乾山の茶入れ」。本人評価額は50万円だったが、鑑定額は5000円だった。

岡部利之さんの依頼品は「ゴジラとミニラのソフビ人形」。本人評価額は10万円だったが鑑定結果は3万円だった。

キーワード
横山大観
尾形乾山

上杉謙信の書状 (バラエティ/情報)
21:37~

依頼人は山形県白鷹町の蚕桑地区コミュニティセンターでダンスのインストラクターを務める大瀧陽子さん。依頼品は越後の武将から拝領したお宝。

大瀧陽子さんの依頼品は「上杉謙信の書状」。越後の龍と言われた上杉謙信は20歳で越後の国主となると、幕府の復権を目指した。武田信玄とは5度に渡り、川中島の戦いで激突した。その際、塩不足で武田信玄のために塩を送ったために「敵に塩を送る」という逸話が生まれた。織田信長はそんな謙信の強さを認めた狩野永徳の「洛中洛外図屏風」を献上したほどであっった。その後、両者は1577年に手取川で激突するも、織田軍は大敗を喫する。それから1年後、上杉謙信は死亡した。

キーワード
白鷹町(山形)
上杉謙信
武田信玄
川中島の戦い
狩野永徳

エンディング (その他)
21:52~

お宝の鑑定依頼、お宝を売りたい人を募集している。

エンディングテーマ:中村千尋/涙の鍵

今田耕司の終わりの挨拶。

キーワード
中村千尋
涙の鍵
  1. 前回の放送
  2. 9月1日 放送
  3. 次回の放送