開運!なんでも鑑定団 2014年12月21日放送回

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年12月21日(日) 12:54~14:00
放送局 テレビ東京

番組概要

(その他)
12:54~

オープニングにて今回の放送内容を紹介。唯一残されたお宝に驚きの鑑定結果が!

オープニングにて今田耕司は石坂浩二から勧められた歯医者に通院したことについてトークした。

今回のゲストは元小結 高見盛の振分親方で、小学4年の時に体格を見込まれた教師から相撲をやれば給食のおかわりは自由と言われたことを機に相撲に挑戦。その後はメキメキと頭角を現し、アマチュア横綱の栄冠に輝いた。2000年に名古屋場所で新入幕を果たし、敢闘賞を受賞するも翌年に靭帯を断裂。それでも2002年に復帰し、実直な人柄から好きな力士No.1に選ばれた。昨年1月に引退し、東関部屋の部屋付き親方として後進の育成に励んでいる。

本日のゲストである振分親方のお宝は刀の鍔で、古美術商の方から頂いたもの。本人評価額は30万円だったが、評価額は3万円。江戸後期に作られたもので、当時も高いものではなかったという。

CMの後は仏壇から出てきた凄いお宝!

キーワード

オープニング (その他)
12:54~

オープニングにて今回の放送内容を紹介。唯一残されたお宝に驚きの鑑定結果が!

オープニング (その他)
12:56~

オープニングにて今田耕司は石坂浩二から勧められた歯医者に通院したことについてトークした。

今回のゲストは元小結 高見盛の振分親方で、小学4年の時に体格を見込まれた教師から相撲をやれば給食のおかわりは自由と言われたことを機に相撲に挑戦。その後はメキメキと頭角を現し、アマチュア横綱の栄冠に輝いた。2000年に名古屋場所で新入幕を果たし、敢闘賞を受賞するも翌年に靭帯を断裂。それでも2002年に復帰し、実直な人柄から好きな力士No.1に選ばれた。昨年1月に引退し、東関部屋の部屋付き親方として後進の育成に励んでいる。

本日のゲストである振分親方のお宝は刀の鍔で、古美術商の方から頂いたもの。本人評価額は30万円だったが、評価額は3万円。江戸後期に作られたもので、当時も高いものではなかったという。

CMの後は仏壇から出てきた凄いお宝!

大江戸捜査網2015の番組宣伝テロップの表示。

キーワード

板谷波山の花瓶と湯呑み (バラエティ/情報)
13:05~

今回の依頼人である猪俣睦子さんは福島・会津坂下町の米澤屋麹店で完全無添加の味噌作りを手がけていて、スーパーなどから依頼が来るが大量生産するとなると添加物を加えたり、機械を導入しなければならないなど断っているという。そんな猪俣さんのお宝は10年程前に家から発見したもの。

板谷波山は不世出の陶芸家で、妻のまるは夫を終生支え続けた。同じく陶芸家の濱田庄司は夫妻の出会いを知っていて、1895年に2人は結婚。1903年に東京・田端に移住し、有り金をはたいて住居と作業場を建設。窯を作る資金はなかったため内職し、1年半かけて完成に漕ぎ着けた。この夫婦窯から生み出された作品は斬新だった一方、妥協を許さなかったことから1年で僅か20数点しか作れなかった。そのため暮らしは困窮を極め、まるが小銭を稼いだ。波山の作品の中で最高傑作と言われているのが葆光彩磁和で、葆光彩磁珍果文花瓶は重要文化財に指定。人間国宝を辞退後も夫妻で創作に明け暮れた。

今回の依頼人である猪俣睦子さんのお宝は板谷波山の花瓶と湯呑で、自宅の箪笥から発見したもので家族にも存在を明かしていなかったとコメント。長女の志帆さんら家族は観覧席から初めて鑑定品を目の当たりにしていた。

映画「妖怪ウォッチ」の宣伝テロップ。

キーワード
会津坂下町(福島)
濱田庄司
板谷波山
葆光彩磁和合文様花瓶
葆光彩磁珍果文花瓶
映画「妖怪ウォッチ」

板谷波山の花瓶と湯呑み (バラエティ/情報)
13:16~

今回の依頼人である猪俣睦子さんのお宝は板谷波山の花瓶と湯呑で、本人評価額は100万円。だが鑑定額は150万円で、2点とも正真正銘、板谷波山のもの。湯呑に描かれている絵は妻によるもので、跡見玉枝という日本画家から指導を受けていたという。作られた当時、夫妻は困窮した生活していたと見られている。

CMの後は大爆笑!出張鑑定 IN 奈良県・葛城市。

キーワード
板谷波山
跡見玉枝

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:21~

今回の出張鑑定の舞台は奈良・葛城市で相撲の発祥の地と呼ばれ、野見宿禰と当麻蹴速が天皇の前で相撲を取ったと記されていることに由来する。612年に創建された當麻寺の本堂には国宝の當麻曼荼羅が祀られているが、損傷が激しいため室町時代の複製品が展示。他にも8点の国宝が収蔵され、庭園は大和三名園の1つ。会場はマルベリーホール。

古川正昭さんは骨董歴8年ながら既に3000万円を注ぎ込んでいて、蒐集する際には恋愛のような感情を持ち、群鶏の中から一鶴を選ぶことが骨董の基本とコメント。お宝は五彩の壺で知り合いの蒐集家に懇願して自分の蒐集品と交換したもの。本人評価額は120万円だったが、鑑定額は250万円。中国清王朝前期のもので、当時の特徴が見受けられるという。

南一さんはやしきたかじんによく似ていると言われ、壇上で「やっぱ好きやねん」を熱唱。お宝は蘇軾の絵で、20年程前に処分しようとした際に表具師から諌められたため十数万円かけて額装にしたという。本人評価額は100万円だったが、鑑定額は1000円。鑑定人によると一見すると拓本のように見えるが、拓本でもないという。

依頼人の植本政次さんは陶芸家として自身の作品を中島誠之助に鑑定を依頼したところ、窯変が上手いなどと高評価を得た。お宝は三代徳田八十吉の壺で、30万円で買い取ったものだが妻には打ち明けていないという。本人評価額は30万円だったが、鑑定額は50万円。三代徳田八十吉の作品に相違なく、地肌の色彩の下に幾何学文様が描かれているものは珍しいという。

小原寿三さんは古いものなんでも買いますという広告を製作し、連絡を受けてこれまでに数多くのコレクションを購入してきた。これまでに1億5000千万円を費やしていて、お宝は宋版一切経。京都の寺が建て替えられることになった際に20万円から買い取ったもので、本人評価額は50万円。

キーワード
野見宿禰
当麻蹴速
當麻曼荼羅
葛城市(奈良)
弥勒仏坐像
やしきたかじん
蘇軾
やっぱ好きやねん
三代徳田八十吉
宋版一切経

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:36~

小原寿三さんのお宝は宋版一切経で、本人評価額は20万円だったが鑑定額は100万円。宋版一切経は全部で6000帖あり、重要文化財に指定されているものもある。

木下有司さんは退職した現在は野菜作りに励んでいて、300坪の畑を1人で手がけている。お宝は丹波焼の壺で、30年程前に農機具を保管していた納屋から発見したもの。本人評価額は30万円だったが、鑑定額は120万円。今から600年前に焼かれたものだという。

森田龍雄さんは野宿をしながらの自転車旅行が趣味で、今年6月は琵琶湖を一周したという。お宝は松尾芭蕉の書状で、俳句が趣味だった祖父が残したもの。本人評価額は250万円だったが、鑑定額は1万円。松尾芭蕉の筆跡とは明確に異なるが、箱は良いものだという。

キーワード
宋版一切経
丹波焼
松尾芭蕉

貫名海屋の屏風 (バラエティ/情報)
13:44~

今回の依頼人は石川・志賀町に住む堀内裕司さんで、猟犬を育てている。狩猟歴は50年以上で、11月から2月までの期間中は毎日のように猟に出ているという。お宝は骨董好きだった亡き父親が残したもの。小学生5年の時に羽振りの良かった父の会社が倒産し、父は行方をくらまして一家は離散。堀内さんは生家を出ずに暮らし、担任の先生から助けを得つつ自分で生計を立てながら高校を卒業。それから30年後に父が亡くなっていたことを知り、今回のお宝を引き取ったという。

今回の依頼人である堀内裕司さんは小学5年の時に一家が離散し、自身は生家に残って周囲からの助けを得ながら高校を卒業。離散した際に行方をくらました父とは会うことはなく、父の死後に今回の鑑定品である貫名海屋の屏風を引き取ったという。堀内さんは屏風を父親と考えていたが、家に置いておいても仕様がないので良いものなら売りたいとコメント。

貫名海屋は幕末の三筆と謳われた書家で、幼い頃は体が弱かったため17歳の時に高野山に入山。その頃に空海の書を詠んだことで生涯にわたって空海を敬慕し、書聖である王羲之の書風を尊びた。清・唐時代の法帖や碑文を収集し、模写するなどして研鑽を積んだ。年を重ねるほどに書は円熟味を増し、書風は変幻自在だった。

今回の依頼品は貫名海屋の屏風で、李山甫の七言律詩、林逋の七言律詩が書かれている。落款から70代に制作されたものと見られる。

水曜ミステリーの番組宣伝テロップ。

キーワード
志賀町(石川)
貫名海屋
空海
市河米庵
隠元隆き
王羲之
蘭亭序
臨神龍本蘭亭序
蓼倉文庫蔵書目録
天地無私
草書竹七言絶句
草書題富士升龍図七言絶句
李山甫
林逋

貫名海屋の屏風 (バラエティ/情報)
13:56~

今回の依頼人である堀内裕司さんのお宝は父が亡くなった際に引き取った貫名海屋の屏風で、本人評価額は120万円。だが鑑定額は3万円で、別人が書いた贋作だという。不自然な筆の動きが散見していて、本物だったら350万円程になるという。今田耕司は狩猟が趣味の堀内さんに雉獲ってくださいとエールを送った。

風船ハンターの参加者募集テロップ。

キーワード
貫名海屋
風船ハンター

エンディング (その他)
13:58~

お宝の鑑定依頼大募集!のお知らせ。お宝の鑑定依頼、お宝を売りたい方ははがきで応募。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 12月21日 放送
  3. 次回の放送