開運!なんでも鑑定団 【正体不明の石は博物館級?&300万円お茶道具】

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月6日(火) 20:54~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
20:54~

オープニング映像。

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
20:54~

本日のゲストは3代目若乃花・花田虎上。伯父は元横綱・初代若乃花、父は元大関・初代貴ノ花。1988年に兄弟で藤島部屋に入門。1998年夏場所後には横綱に昇進し史上初の兄弟横綱となった。その後はケガに苦しみ29歳の若さで引退したものの通算5度の幕内優勝を遂げ平成を代表する技巧派力士として相撲ファンの心に刻まれている。

花田虎上の依頼品はポール・ギアマンの油絵。花田のラッキーカラーは赤と緑で番組収録の際は赤いパンツを履いていることを明かした。本人評価額の50万円を上回り、鑑定結果は100万円。山村浩一は「ギアマンが70歳前後の作品。ギアマンは明るい色を多用し色使いをもって光を表現する」などと説明した。

「開運!なんでも鑑定団」番組ホームページテロップ。

次の依頼者は埼玉・東松山市在住の三浦一彦さん。半年前にフェイスブックをきっかけに里恵さんと結婚したという。今回のお宝は、秋田県大館市で暮らしていた祖父・勇さんの家に飾ってあった品物。とにかく見た目が悪く、三浦さん自身も調べたが全く分からなかったという。

三浦一彦さんの依頼品は正体不明の石。主成分はマンガン、炭酸塩鉱物でロードクロサイトという。ギリシャ語でバラを意味するロードクロスに由来し和名は「菱マンガン鉱」という。形状も様々で牙状や珊瑚状、ブドウ状などが存在する。最初に発見されたのが13世紀のインカ帝国。当時の人たちは統治者の血が石になったと考え、聖なる力を秘めているとし大いに珍重した。再び注目を浴びたのは1813年、ルーマニアでロードクロサイトの原石が発見されたことによる。第二次大戦後はアメリカで宝飾品として人気に火がつき高値で取り引されるようになった。主な原産地は中南米、ロシア、南アフリカなど。依頼品は縦10cm・横15cm、ロードクロサイトの結晶。果たして鑑定やいかに?

キーワード
初代若乃花
初代貴ノ花
藤島部屋
旭富士
武蔵丸
ポール・ギアマン
開運!なんでも鑑定団
小鳥とブーケ
東松山市(埼玉)
フェイスブック
大館市(秋田)
ロードクロサイト
マンガン
カヴニク鉱山
コロラド州(アメリカ)
ロシア
ルーマニア
南アフリカ
アルマローズ
インカローズ
アルマキング

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:08~

三浦一彦のロードクロサイトを鑑定。本人評価額の30万円を上回り、鑑定結果は100万円。川上紳一は「ロードクロサイトの超珍品。気持ち悪いほどのツブツブが珍しい」などと説明した。

キーワード
ロードクロサイト
尾太鉱山

出張なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:10~

今回の舞台は千葉県香取郡多古町。江戸時代は多古藩1万2千石の城下町として大いに栄えた。栗山川の遊歩道には菜の花やコスモス、アジサイなどが咲き訪れる人を楽しませる。街の自慢は多古米や大和芋。本日の鑑定士は安河内・勝見・森の3人。会場は多古町コミュニティプラザ文化ホール。

依頼人の柏熊英明さんが発明したトイレットペーパー巻取り機を会場で披露。依頼品は薩摩焼の花瓶2点で本人評価額は200万円。鑑定結果は2万3000円。森由美は「薩摩焼風の花瓶。本当に良い薩摩焼はもっと緻密で動きのある作品が多い」と説明した。

澁谷義男さん依頼品は江戸時代の有名絵師の絵を張り混ぜた絵。本人評価額は200万円だったが結果は1000円。安河内眞美は「残念ですけど元のところに戻しましょう」とコメントした。

泉ベーカリーの店主・平山馨一さんの依頼品は蒔絵の鏡台で、本人評価額は10万円。勝見充男が鑑定する。

キーワード
多古町(千葉)
栗山川
菜の花
アジサイ
コスモス
多古米
大和芋
多古町コミュニティプラザ
薩摩焼
谷文晁
渡辺崋山
椿椿山
村岡良弼
泉ベーカリー
ブドウパン

出張なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:21~

平山馨一さんの依頼品は蒔絵の鏡台。本人評価額は10万円だったが結果は100万円。今回鑑定価格が本人評価額よりアップした方には、町長の所一重さんと、ふっくらたまこより特産品詰め合わせをプレゼント。勝見充男は「江戸後期に作られた立派な鏡台。全面に施されている立葵の紋は本多家の紋」などと説明した。

平山たさ子さんの依頼品は狩野伊川院栄信の掛軸。本人評価額は50万円だったが結果は5万円。安河内眞美は「残念ながら伊川院の作品ではない。おめでたい画題ですし、ご主人の思い出と共に大事にして頂きたい」とコメントした。

関根一男さんの依頼品は出石焼の白磁香炉。本人評価額は20万円だったが結果は30万円。森由美は「出石焼で間違いない。蓋の部分に王冠のような細工がついていたと思う」などと説明した。

キーワード
多古町(千葉)
狩野伊川院栄信
出石焼

幻の逸品買います (バラエティ/情報)
21:28~

沖縄・石垣市在住の石垣雅克さんは熱烈なウイスキーコレクターでコレクションは2000点に上る。ウイスキーは12世紀の頃アイルランドで作られ始めた。樽のように熟成されるようになるのは18世紀になってからのこと。スコットランドで連続式蒸留機が発明されると増産が可能になりアメリカやヨーロッパにも普及していった。お酒を飲めない石垣さんがウイスキーコレクションを披露。摂津酒造が作った「アルプウイスキー」を30万円で譲って欲しいとお願いした。

92歳の茶道教授が超絶技巧に一目惚れ!

キーワード
白札
タリスカー
オールドテーラー
摂津酒造
アルプウイスキー

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:35~

次の依頼者は広島県在住の茶道教授・坂本弘江さん。弘江さんの健康法は早起きして裸で乾布摩擦をし、ラジオ体操や600ミリリットルのペットボトルを1000回振ることなど。弘江さんは11年前に一目惚れして300万円で買ったお茶道具を鑑定依頼した。

坂本弘江さんの依頼品は堆朱の香合。彫漆は中国の漆芸を代表する技法で漆の色にも様々な色がある。始まりは唐の時代で宋の時代になると楼閣人物や食籠が作られるようになった。本人評価額は20万円だったが結果は30万円。森由美は「出石焼で間違いない。蓋の部分に王冠のような細工がついていたと思う」などと説明した。

番組観覧募集テロップ。

キーワード
広島県
開運!なんでも鑑定団
楼閣人物堆黒盆
犀皮屈輪文食籠

エンディング (その他)
21:50~

お宝鑑定依頼の募集告知。

エンディングテーマ:TOKYO RABBIT「HANABI」

今田耕司ら出演者によるエンディングの挨拶。

エンディングテーマ:TOKYO RABBIT「HANABI」

キーワード
TOKYO RABBIT
HANABI
  1. 前回の放送
  2. 8月6日 放送
  3. 次回の放送