開運!なんでも鑑定団 【退職金で骨董を買い漁る父のお宝は究極の壺?】

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月18日(火) 20:54~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
20:54~

オープニング映像。

今田耕司ら出演者が挨拶。今田は先日、コンビニで長澤まさみに会ったとの話題を話した。

キーワード
長澤まさみ

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
20:54~

本日のゲストはフリーアナウンサー中野美奈子。1979年に神奈川県・丸亀市で生まれ、2002年にフジテレビに入社すると1年目から「めざましテレビ」のレギュラーに抜擢された。2009年には「おいてけぼりのThirty」を販売、オリコンシングルチャートで12位を記録した。2010年に結婚、2年後にフジテレビを退社。シンガポールに移住しフリーアナウンサーとして再出発した。昨年末に帰国、現在は3歳の長男の子育てに奮闘中。

中野美奈子アナが持ち込んだのは「音丸耕堂の香合」。音丸耕堂は人間国宝、祖母の家に置いてあったという。本人評価額は20万円、鑑定結果は100万円だった。本物で最高傑作の1つ、総漆でできているという。

キーワード
中野美奈子
丸亀市(香川)
めざましテレビ
IQサプリ
おいてけぼりのThirty
オリコン
音丸耕堂
人間国宝
音丸淳

私のお宝売ります (バラエティ/情報)
20:59~

依頼人は東京都・町田市でネパール料理店「ソルティーモード」を営む爲谷謙治さん。祖父の遺産として貰ったものを売りたいのだという。

爲谷謙治さんが持ち込んだ売りたいお宝は「端硯(すずり)」。端硯はすずりの世界では名品だとされ、広東省中西部の一帯で採掘された端渓硯とペーリン山脈一帯で採掘される端石硯がある。今回の依頼品は縦23cm、横15cm、高さ7cm。表面には満月と2匹の龍などが刻まれている。石肌は赤身を帯びた紫色で端石硯の可能性が高い。

キーワード
町田市(東京)
ソルティーモード
ダルバート
モモ
端硯
端渓水巌・北斗七星硯
端渓水巌・夏日靉靆硯
端渓水巌・夏夜涼風硯
端石・榴開百子硯
緑端・蘭亭硯

私のお宝売ります (バラエティ/情報)
21:10~

爲谷謙治さんが持ち込んだ売りたいお宝は「端硯(すずり)」。売却希望額は80万円、鑑定結果は180万円だった。約380年前に制作されたもだった。

キーワード
端硯

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:12~

出張なんでも鑑定団、今回の舞台は石川県津幡町。会場は津幡町文化会館シグナス。

最初の依頼人は町長・矢田富郎さん。持ち込んだのは「薩摩焼の鉢」、52年前に父が当時25万円で購入したもの。本人評価額は65万円、鑑定結果は3万円だった。

酒井安子さんが持ち込んだのは「鳥文斎栄之の掛軸」。三十数年前に家を新築した時、両親からお祝いとしてもらったもの。本人評価額は100万円、鑑定結果は3万円だった。

石橋雅之さんが持ち込んだのは「蒔絵の小箱」、40年前に父親が30万円で購入したものだという。本人評価額は88万円。

キーワード
倶利伽羅不動寺
石川県森林公園
津幡町文化会館シグナス
津幡町(石川)
薩摩焼
鳥文斎栄之
蒔絵

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:21~

石橋雅之さんが持ち込んだのは「蒔絵の小箱」。本人評価額は88万円、鑑定結果は120万円だった。

上田敬太郎さんが持ち込んだのは「初代 徳田八十吉の茶碗」。徳田八十吉は上田さんの祖先だという。本人評価額は20万円、鑑定結果は60万円。

嶋田和子さんが持ち込んだのは柴田是真の掛軸。初孫ができた時、主人が購入したものだという。本人評価額は89万円、鑑定結果は90万円だった。

キーワード
蒔絵
徳田八十吉
百万石音頭
柴田是真

幻の逸品 買います (バラエティ/情報)
21:28~

依頼人は静岡市から外岡仁さん。ブリキのフォルクスワーゲンのコレクターで、愛車もフォルクスワーゲン ビートル。買いたいには1960年代に野村トーイから発売されたブリキ車の色違い。今は白色だけ持っており、他に緑と赤があるという。箱付き完品で12万円、箱無しで5万円。お持ちの方は番組HPまたはお手紙まで。

CMの後は、家族の反対を押し切り退職金で骨董を次々と買い漁る父。

キーワード
静岡市〈静岡〉
フォルクスワーゲン ビートル
フォルクスワーゲン
野村トーイ
番組HP

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:36~

依頼人は東京都豊島区からカレー好きな西村賢治さん。お宝は骨董を集める父親が集めたものだという。

番組観覧者募集のお知らせ。ハガキまたは番組HPまで。

西村賢治さんが持ち込んだのは「古丹波の壺」。父・弘明さんが100万円で購入したもの。古丹波(丹波焼)は日本六古窯の中でひときわ異彩を放つ焼き物。平安時代の末に丹波国で始まり、当初は穴窯で生活雑器を作っていた。古丹波最大の魅力はダイナミックに流れる自然釉であり、丹波の猫掻きと呼ばれる。江戸時代になると朝倉山椒壺や通徳利が作られ、18世紀になると白丹波が登場。依頼品は高さ48cm、ふっくらと丸みを帯び赤褐色の肌に緑色の自然釉が豪快に流れている。

キーワード
豊島区(東京)
番組HP
古丹波
柳宗悦
常滑焼
茶碗 銘 朝路野
播座花生
赤土部徳利
鉄釉朝倉山椒壺
筒描徳利
色絵桜川文徳利
白地桔梗形鉢

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
21:48~

西村賢治さんが持ち込んだのは「古丹波の壺」。本人評価額は100万円、鑑定結果は350万円だった。約450年前に作られた古丹波の壺、鑑定した中島誠之助は自然釉の簾が素晴らしいと評価した。

キーワード
古丹波

エンディング (その他)
21:50~

本日紹介した「端石硯」を買いたい方大募集。ハガキまたは番組HPまで。

エンディングテーマ:石戸なつみ「暁契」

今田耕司ら出演者によるエンディングの挨拶。

エンディングテーマ:石戸なつみ「暁契」

キーワード
端石硯
番組HP
暁契
石戸なつみ
  1. 前回の放送
  2. 6月18日 放送
  3. 次回の放送