開運!なんでも鑑定団 大珍品?ブルース・リーの遺品に驚きの鑑定!

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年(平成6年)4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月18日(日) 12:54~14:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
12:54~

オープニング映像。

国生さゆりがゲストに登場した回で、鑑定士の山村浩一が収録後にスタジオで握手会&写真撮影会をしていたなどと今田が明かした。

キーワード
国生さゆり

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
12:57~

本日のゲスト獣神サンダー・ライガーのプロフィールを紹介。小学生の頃は園芸部に所属していたが、藤波辰爾の写真を見て「こんな体になりたい」と思いプロレスラーになることを決意するがツテもなくなれない。そこでメキシコに行くと、ちょうど遠征中だった山本小鉄さんと会うことが出来て熱意が認められ新日本プロレスに入団。2年後にはヤングライオン杯で優勝。転機は永井豪「獣神ライガー」をモチーフにしたマスクマンとしてデビューした。それを見た永井豪がタイガーマスクにもミル・マスカラスにも負けてないと太鼓判を押してくれたとのこと。そんな獣神サンダー・ライガーの登場により、それまではヘビー級の前座に過ぎないと見られていたジュニアヘビー級の人気が高まったのだった。

スタジオ観覧募集テロップの露出。

獣神サンダー・ライガーのお宝はミル・マスカラスのマスク。ファンの人がライガーさんおマスクと交換してくれませんか?と言われ交換したとのこと。本人評価額は300万円だったが、120万円の値がついた。鑑定した泉高志によると、実際に使ったマスクで当時の専門誌月刊ゴングの表紙を飾った時のものだと話した。

番組ホームページのテロップが露出。

広島・廿日市市にある體麗導療術院の飛田識雄さんが依頼人。アイアンマン好きの飛田さんのお宝は…。

依頼人の飛田識雄さんがスタジオに登場。依頼品はブルース・リーの名刺とクレジットカードの売上伝票。名刺はオークションで知人に購入してもらったもので、売上伝票も知人の紹介で手に入れたという。ブルース・リーはわずか32歳で夭折した伝説の武道家だ。1940年にサンフランシスコで誕生した後、程なくして香港へ帰還。少年時代から映画の子役として活躍する傍ら、イップマンに弟子入りした。喧嘩に明け暮れたブルース・リーは父に命じられ、18歳で単身渡米。シアトルのチャイニーズレストランで働きながら格闘術を模索し、哲学的要素を取り入れようとワシントン大学哲学科へ入学した。1964年には空手の選手権でデモンストレーションを行う様子がプロデューサーの目に止まり、テレビドラマ「グリーン・ホーネット」で俳優デビュー。この頃「ジークンドー」を完成させ大物俳優らも師事したが、東洋人に対する差別が激しい時代で俳優としてのチャンスには恵まれず、1971年に香港へ帰還。映画会社ゴールデン・ハーベストと契約し主演映画を次々とヒットさせた。その後、ついにハリウッドのワーナー・ブラザースが主演を依頼。「燃えよドラゴン」で世界的スターへと上り詰めた。しかし本人はその事実を知ることがないまま、公開1ヵ月前に脳浮腫で他界した。

「駐在刑事」の番組宣伝テロップ。

キーワード
獣神サンダー・ライガー
藤波辰爾
新日本プロレス
山本小鉄
永井豪
獣神ライガー
ミル・マスカラス
タイガーマスク
広島市(広島)
メキシコ
開運!なんでも鑑定団
月刊ゴング
「開運!なんでも鑑定団」ホームページ
廿日市市(広島)
體麗導療術院
アイアンマン
ブルース・リー
サンフランシスコ(アメリカ)
イップマン
ワシントン大学
グリーン・ホーネット
ジークンドー
スティーブ・マックイーン
ジェームズ・コバーン
ゴールデン・ハーベスト
レイモンド・チョウ
ドラゴン危機一発
ドラゴン怒りの鉄拳
ドラゴンへの道
ワーナー・ブラザース
燃えよドラゴン
脳浮腫
香港
バットマン

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:14~

ブルース・リーの名刺とクレジットカードの売上伝票の鑑定が行われた。本人評価額は300万円。鑑定結果は160万円となった。

キーワード
ブルース・リー

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:16~

今年、市制10周年を迎えた山口県美祢市にある日本最大級の秋吉台国定公園には、石灰岩の地層やその地下には特別天然記念物の秋芳洞がある。そして名産品は美東ごぼうとなっている。

司会業を33年経験していた近末さんは獣医だった義父が遺してくれた円山応挙の仔犬図を本人評価額100万円で出品した。鑑定の結果、3万円となった。

陶芸が趣味な狩又さんは自分の作品を司会者2人にプレゼントし、朝井閑右衛門の油絵を50万円で出品した。

キーワード
秋吉台国定公園
秋芳洞
黄金柱
美東ごぼう
美祢市(山口)
北島三郎
まつり
円山応挙
朝井閑右衛門

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:25~

親戚の方から捨ててほしいと頼まれたがとっておいた朝井閑右衛門の油絵は、鑑定した結果本人評価額50万円を上回る350万円となった。

韓流ドラマが大好きな西野さんは、骨董品集めをしていた父から託された速水御舟の掛軸を本人評価額300万円で出品し、鑑定した結果偽物だったので下回る2千円だった。

変わった名前の家具店を営んでいる岸本さんは、蚊取り線香を燃やす丼に使用していた中国の赤絵の鉢を本人評価額の10万円で出品した。

キーワード
朝井閑右衛門
速水御舟

出張!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:33~

岸本さんが子どものころ蚊取り線香を焚くのに使っていたという中国の赤絵の鉢。鑑定結果は50万円。17世紀に作られた呉須赤絵であるとのこと。

NEWSの大ファンだという西村さんの依頼品は亡き祖父が遺した香月泰男が絵付けした鉢。本人評価額は50万円、鑑定結果は100万円となった。鉢を焼いたのは田原陶兵衛とのこと。

藤田さんの依頼品は備前焼の布袋像。50年ほど前に父親が母の同級生へ金を貸す際に形として受け取ったものだという。地元で有名な腕利きの評議士は700万円ほどの価値はあると話していたそうだが、鑑定結果は30万円となった。

子供の頃 絵本代わりに眺めていた画帖 しかしそれはひょっとすると放蕩無頼が遺した傑作か?

キーワード
呉須赤絵
NEWS
加藤シゲアキ
香月泰男
北へ西へ
十一代 田原高麗陶兵衛
備前焼
布袋像

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:43~

北海道札幌市在住の宮崎孝雄さんは3人のお孫さんと過ごすことと、木工大工が大好きだという。自宅に作業場があるほど本格的で庭のベンチなどもつくっていた。そんな孝雄さんのお宝は、母から「昔、近所に住んでいた画家が描いたもの」と聞かされていた絵だった。

秦テルヲさんは広島の素封家の長男として生まれ、京都市立美術工芸大学に入学し、卒業後は着物工場に就職していた。働きながら、京都近郊をスケッチして歩いていた秦さんの作品は丙午画会例会に出品して好評を博していた。虐げられた人を描いていたが、宗教では人を救えないとキリスト教と決別した。その後は子供や女性を描いて個展を開くが、女性問題を起こして大阪に遁走した。そんな秦さんだが1920年には長男が誕生して翌年京都へ戻り、晩年は原因不明の病に悩まされたが自画像を描いていた。依頼品を見てみると京都の風景などが描かれ、昭和13年と記されているので晩年、京都に戻ってからの作品といえる。

宮崎高雄さんのお宝は秦テルヲさんの画帖「京洛帖」で、個人的に付き合いのあった母を通じて頂いたものだという。京都の名称が描かれているこの作品は、秦さんの7人の兄弟が落書きをしていた。

「開運!なんでも鑑定団」の番組宣伝表示。

キーワード
札幌市(北海道)
秦テルヲ
野長瀬晩花
竹久夢二
京洛帖

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:56~

宮崎高雄さんは秦テルヲの画帖「京洛帖」を本人評価額80万円で出品した。鑑定の結果、評価額を大きく上回る150万円となった。

「開運!なんでも鑑定団」の番組宣伝表示。

キーワード
秦テルヲ
京洛帖

エンディング (その他)
13:58~

お宝鑑定の方はお宝の写真とエピソードを添えて応募、出張鑑定開催に関するお問い合わせも受付ている。

エンディング映像が流れた。

エンディングテーマ:「今から渋谷で遊ばない?」

  1. 前回の放送
  2. 11月18日 放送
  3. 次回の放送