開運!なんでも鑑定団 1500万で買った日本一のコレクション!?

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、#放送時間の変動を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月22日(日) 12:54~14:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
12:54~

オープニングにて、今回の鑑定品のラインナップを紹介。

オープニング (その他)
12:56~

オープニングにて今田耕司はリオオリンピックで銀メダルを獲得した卓球の水谷隼は高校の伝統から、ノーパンで試合に臨んでいると語った。

キーワード
リオオリンピック
水谷隼

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
12:57~

今回のゲストは将棋棋士の先崎学九段。小学3年生の時に米長邦雄永世棋聖の内弟子になり、住み込みで修行した。だがまだ幼かったとあって、横になっている師匠の顔をまたぐなどの非礼からいつも怒られていたという。小学5年の時に奨励会に入会し、昇級スピードから天才先崎とよばれた。だが麻雀やパチスロに熱中し、戦績は低迷。将棋雑誌では羽生善治が天才、先崎は元天才と紹介され、改心した先崎九段は将棋に邁進。17歳の時にプロデビューし、90年にはNHK杯将棋トーナメントに優勝。13年には通算600勝を達成した。そんな先崎九段は破天荒な言動でも知られ、師匠である米長氏の一手を酷評するなど言いたい放題。またサービス精神旺盛で、探偵!ナイトスクープでは井岡弘樹とボクシング30秒、将棋2分を交互に行う対決を行った。試合結果は第9ラウンドで先崎九段のKO負けだった。

ゲストである先崎学九段のお宝は飯田覚士、内藤大助のサイン入りグローブ。両氏にサインして貰った時、このサインが消えるまでこのグローブで練習してくださいと言われたという。本人評価額は10万円だったが、鑑定額は5万5000円。泉高志氏は内藤氏がサインした当時は世界チャンピオンで、飯田氏のサインは現役引退後のもので前者は3万円、後者は2万5000円と説明。

開運!なんでも鑑定団のホームページ情報。

CMの後は大珍品! 湿板写真の原板。

ユニバーサル広告社の番組宣伝。

キーワード
米長邦雄
羽生善治
井岡弘樹
奨励会
NHK杯将棋トーナメント
探偵!ナイトスクープ
飯田覚士
内藤大助
開運!なんでも鑑定団
湿板写真

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:06~

福岡・福智町の山中で鑑賞石を探していた嶋津信雄さんは40年来の蒐集家。お宝は数十年前に義父が手に入れた湿板写真の原板で、写っていたのは大隈重信、副島種臣、山本貴三郎の3人。

湿板写真は1851年にイギリスのF・アーチャーが発明し、ガラス板に塗ったヨウ化銀コロジオンが湿っていて感光性を失わないうちに撮影する。従来の銀板写真に比べて操作が簡単で仕上がりも良く、上野彦馬はこの写真法を用いて成功を収めた。高杉晋作、坂本龍馬といった維新の志士を撮影し、西南戦争の記録写真を残した。小写真研究家の森重和雄氏は依頼品を具に検証したところ、写っている敷物から写真館が繁盛していることが伺え、上野彦馬が撮影したものと断言した。写っているのは少なくとも大隈重信、副島種臣ではないが、写真代を考えると身分の高い人、富裕層の子弟であると思われ、慶応年間に長崎に居住し、洋楽を学んでいた学生と推測できるという。

テレビ東京公式見逃し配信サイトで無料配布中「ネットもテレ東」のテロップ。

キーワード
鑑賞石
福智町(福岡)
湿板写真
上野彦馬
大隈重信
副島種臣
山本貴三郎
F・アーチャー
西南戦争
坂本龍馬
高杉晋作
ネットもテレ東

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:16~

嶋津信雄さんのお宝は湿板写真の原板で、本人評価額は50万円。だが鑑定額は100万円。谷野啓氏はヒビ割れがなく、上野彦馬のものとなると市場には滅多にないと語った。3人のうち1人は山本貴三郎で相違なく、仮に写っている3人のうち1人も名前が分からなければ60万円程だったという。

CMの後は大爆笑! 出張鑑定 IN 広島・福山市

キーワード
湿板写真
上野彦馬
山本貴三郎
福山市(広島)

出張 なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:20~

今回の出張鑑定の舞台は広島・福山市。市政100周年を迎え、町のシンボルは福山城。天守閣は戦時中の空襲で焼失しその後、復元されたが伏見櫓と筋鉄御門は築城当時のもので国の重要文化財となっている。過去に海援隊の蒸気船と紀州藩の船が衝突して沈没した際、坂本龍馬はこの地で直談判し多額の賠償金を獲得した。また江戸時代後期の漢詩人にして儒学者の菅茶山はこの地の生まれで、数々の俊英を輩出した。出張鑑定の会場は神辺文化会館。

藤川清美さんはペインクリニックの看護師長を務めていて、会場には後輩の方々が応援に駆けつけていた。お宝は熊谷守一の油絵で、絵画に一目惚れした夫が60万円で購入したもの。実は絵についた埃を掃除機で掃除しようとした際、うっかり傷つけてしまった。本人評価額は60万円だったが、鑑定額は2千円。永井龍之介氏は全くの贋作で、シンプルな線、色彩を特徴とする作風とは異なると語った。

石岡静香さんは町内の運動会をキャンセルして出張 なんでも鑑定団に出場し、番組の大ファンと明かした。お宝は森永製菓のブリキ看板で、片付けで見つけたときには看板の兵隊から連れて返ってくれたら門番してあげるという声が聞こえたという。爾来、玄関横のすりガラスに立てかけているが家族からは大不評。それでも出張鑑定に応募したときには看板の兵隊と相談したという。本人評価額は3万円だったが、鑑定額は6万円。北原照久氏は数はそんなになく珍しい一品と語った。

元廣隆臣さんは会場にいる妻の千代美さんが誕生日と語り、笑ったら可愛いと語った。お宝は備前焼の壺と花入で、友人と飲んでいた居酒屋で出会った男性と意気投合し、酔った勢いで金に困っていた男性のために、男性が持っていた備前焼を買うと豪語してしまったという。後には引けず、支払った金額は50万円。ちなみに千代美さんにはこの一件を秘していた。本人評価額は50万円で、もし高ければ売り払って千代美さんに何か買ってあげたいという。

キーワード
福山市(広島)
福山城
鞆の浦
菅茶山
神辺文化会館
坂本龍馬
熊谷守一
白猫
森永製菓
備前焼

出張 なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:33~

元廣隆臣のお宝は備前焼の壺と花入。本人評価額は50万円だったが、鑑定額は65万円。森由美は花入は人間国宝の故・藤原雄氏、壺は伊勢崎満氏の作品で状態も良いと説明した。

クリニック院長の斎木豊徳さんはバンドが趣味で、シンガーソングライターと言われているという。ステージでは自身が作詞・作曲した「ひとつ」を熱唱した。お宝は香月泰男の油絵で、祖父は香月の従兄弟だった。15年前にクリニックを開業した時に絵を受け継ぎ、院長室に飾ってあるが作品の良さは分からないという。本人評価額は50万円だったが、鑑定額は200万円。永井龍之介氏はシベリア抑留を体験した香月は戦後美術の金字塔といわれるシベリアシリーズの連作を発表し、そのシリーズを知った上でこの作品を見ると同氏の画業の趨勢が見て取れると語った。

会社員の中地翔子さんは石田靖の大ファンだと明かした。お宝はブリキのキャデラックで、出張 なんでも鑑定にも出演したいという思いを父に相談したところ、キャデラックを出してきたという。本人評価額は父と相談して5万円だったが、鑑定額は19万円。北原照久氏は座席に座っている鉄腕アトムのアニメが放送された頃に作られた玩具で、車体に貼られているシールが無く、箱付きで保存状態が良ければ50万円以上すると語った。

松枝馨さんはかな書道が趣味で、お宝は古伊賀の茶碗。40年程前に友人に誘われて出かけた骨董店で一目惚れしたもので、40万円の分割払いで購入した。本人評価額は80万円。だが鑑定額は3万円で、森由美氏は古伊賀の割に形の迫力が足らず、土味もないと語った。

キーワード
備前焼
藤原雄
伊勢崎満
ひとつ
香月泰男
青の太陽
ブリキ
鉄腕アトム
古伊賀

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:44~

群馬・吉岡町にあるうどん店・山椒庵の主を務める清水巽さんは製麺会社も経営していて、自社の製麺を直接、お客に食べてもらいたいと店を開業した。一番人気は「舞茸天ぷらうどん」。お宝は10数年前に仕事で付き合いのある男性から不動産会社が経営難で、資金が必要なので生涯をかけて蒐集してきたコレクションを買って貰えないかと相談され、提示された1500万円で買い取った「円空仏 60体」。数年後、男性は他界し、清水さんは本当に価値があるのか気になって鑑定を依頼した。

円空は江戸時代初期に諸国を行脚しながら、一風変わった仏像を掘り続け、造物聖と謳われた。7歳の時に洪水で母を喪ったことがきっかけで仏門に入ると修験道に傾倒。32歳の時に神仏の像を掘り始め、当時は伝統的な製法を踏襲し奔放さはみられない。その後、製作した十二神将から独自の様式を生み出そうとしていたことを窺い知ることができ、偶然の造形美をあえて作品に活かしていた。己が作品を作るのではなく、木から仏を現出させるという思いで製作に臨み、木がそのものが持つ表情がそのまま残されている。仁王像は円空仏の中では最も大きく、力強さと慈愛が同居した両面宿儺坐像は代表作とされる。円空は生涯で12万体の仏像を掘ることを発願し、全国各地に現存する約5300体のほとんどは寺社で恭しく祀られるのではなく、名も無き大衆へと受け継がれた。

開運!なんでも鑑定団の番組宣伝。

キーワード
山椒庵
吉岡町(群馬)
舞茸天ぷらうどん
円空
円空仏
伊吹山
白山
富士山
観音菩薩
馬頭観音菩薩
稲荷大明神
不動明王
千面菩薩
仁王像
両面宿儺坐像
鳥天狗
宇賀弁才天
金剛力士立像吽形
千体地蔵
護法神
迦楼羅
善女竜王
自刻像
十二神将

開運!なんでも鑑定団 (バラエティ/情報)
13:55~

清水巽さんのお宝は円空仏 60体で、本人評価額は1500万円。だが鑑定額は3万円。大熊敏之氏は意図的な悪意が込められたような贋作で、躊躇いがある彫り、迫力が感じられない表情など多くは稚拙な真似だと語った。木の香りから比較的新しい木に思えたという。本物であれば1億3000~5000万円はするという。大熊氏は仏様なので大切にお持ちになさってとコメント。

キーワード
円空
円空仏

エンディング (その他)
13:58~

お宝鑑定依頼大募集!お宝の鑑定依頼やお宝を売りたい方は、写真とエピソードを添えてご応募ください。

エンディングテーマ:碧の方舟 / SEIRIOS

エンディングにて、今田耕司は「鑑定団、又来週です。さようなら」とコメント。

キーワード
碧の方舟
SEIRIOS
  1. 前回の放送
  2. 10月22日 放送
  3. 次回の放送