ワールドビジネスサテライト ▽もしもの時自動運転車を遠隔操作▽北欧の新型風力発電▽反転攻勢のシャープ

『ワールドビジネスサテライト』(英称:WORLD BUSINESS SATELLITE)は、テレビ東京系列を始め、BSテレ東(旧・BSジャパン)・日経CNBCで1988年4月4日から放送されている経済情報番組である。略称は、英称の頭文字を採った「WBS」(ダブリュービーエス)。モノステレオ放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月27日(木) 23:00~23:58
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

オープニング映像。

「損保が自動運転車を遠隔操作」など今日のラインナップを伝えた。

ニュース (ニュース)
23:01~

日米貿易交渉で両国は2国間による新たな貿易協定TAG(日米物品貿易協定)を締結するための協議に入ることで合意した。これにより交渉中は自動車への追加関税は発動しないことで同意したが、一方で日本は農産物市場を一部開放することになる。トランプ大統領が求めてきた2国間での交渉を日本が受け入れた形。

アメリカはTPP復帰は消極的な姿勢。日本はアメリカが求めてきた2国間交渉に応じ、農業分野の市場開放をする大幅な譲歩をしつつ、自動車への追加関税はさせないところを落とし所にした。TAG(日米物品貿易協定)は2国間で物に対する関税の撤廃や引き下げを行うもので、アメリカが求めてきたFTAはサービスを含めたものなのでそれより対象を狭くしたもの。また交渉中は自動車への追加関税を発動せず、農産物への関税引き下げはTPP水準に留める。しかし共同声明ではTAG完了後、他の貿易・投資の事項も交渉すると書かれており、こうしたことから一時しのぎなのではという指摘もある。今回の合意について経済界の反応はトランプ大統領も取引が上手い人だったが、力ずくではいかなかった。TPP以上の譲歩がないことが確認された。断固たる姿勢で交渉に臨んでほしい。自動車への追加関税が発動されないとを歓迎としている。

TAGのアメリカの受け取られ方について現地では物品に限った条件付きの交渉ということはほとんど認識されていない。トランプ政権は日本がこれまで拒んできた2国間交渉に応じたという点を強調している。トランプ大統領は自らの実績としてアピールした。実際中国などとの貿易戦争で打撃を受けてきた農業関係者は日米の合意を歓迎、これは牛肉の関税が下がる可能性があるため。一方、今後の交渉については日本はこれから結ぶのはFTAではないと強調しているが、アメリカは将来FTAを目指す立場を変えておらず、認識違いは今後も火種として残りそう。

熊谷亮丸は引き分け。頑張ったところは日本で譲れないところで守りきったが、共同声明を観ると曖昧で玉虫色。お互いにどうとでも良いように解釈できる。しかも中身が口約束の部分が多く、これから各論の部分でしっかり交渉しないと結果的に負けになってしまう。山川龍雄はTPPと比較すると負け。米韓FTAと比較すると健闘してる。今後はどうなるか分からないとした。

現在、世界中で自動運転車の開発が進んでいるが、事故などのあった場合、誰が責任を取るのか、どう対処するのかが課題になっている。自動運転は搭載される技術によってレベル分けされており、レベル2まではハンドル操作・加減速で運転をサポートする技術なので責任はドライバー。レベル3以上は操作不要なので責任はシステムにある。今日、損害保険ジャパン日本興亜は自動運転トラブルに対応する研究拠点を開設。自動運転車がトラブルに会った場合、遠隔操作でサポートする。オペレーターは客への応対と同時に遠隔運転手と同時にトラブルに対処、遠隔運転手はモニターを見ながら手元のハンドルを操作し車を動かす。スピードやブレーキは足元のペダルで操作。車の運転に関する全ての操作が遠隔で可能。また、車が走行できな状態になった場合でも代わりの車を手配する。損害保険ジャパンは2020年を目標に無人運転車を遠隔操作できる仕組みを作る予定。

シャープが今日、テレビの新商品を発表。4Kチューナーを内蔵している他、地上デジタル放送も4K画質に変換可能。12月から始まる4K放送を前に買い替え需要の囲い込みを狙う。一方、シャープの親会社・ホンハイでもイベントを開いた。会場には戴正呉会長の姿も。中国重視の姿勢をアピール。これまで中国で展開していたアクオスブランドに代わり中国向けの新ブランドを発表。中国ではアクオスブランドは安いイメージがある。その背景には鴻海グループが運営するサイトではアクオスが日本の半額で売られている。買収前は赤字続きだった液晶パネル事業を安く多く売ることおで急回復させたシャープ、今後アクオスに変わる中国向けの新ブランドを中心に安いイメージから脱却を測る。

キーワード
日米貿易交渉
安倍総理
ランプ大統領
TAG
ニューヨーク(アメリカ)
FTA
TPP
小林喜光代表幹事
トランプ大統領
中家徹会長
豊田章男会長
ライトハイザー通商代表
飯豊聡取締役専務執行役員
損害保険ジャパン日本興亜
AQUOS 4K AN1
シャープ
戴正呉会長兼社長
鴻海グループ
アクオス
深圳市(中国)

ニュース (ニュース)
23:23~

今日、ノルウェー国営の欧米最大のエネルギー会社「エクイノール」が日本支店を開設。ノルウェーは豊かな観光資源に加え、エクイノールなどが運営する世界屈指の北海油田が経済を支えてきた。しかしエクイノールは化石燃料からの脱却が進む将来に備えている。海の真ん中に現れたのは世界初の洋上風力発電の風車。最大の特徴は海の上に浮いていること。風車の柱は水中に100m伸びていて水面から上の高さも100m重さは5300トンだが、重心は中心にあり風を受ける角度を自動で調整し直立のまま安定させている。洋上風力発電は柱を海底に突き刺す着床式が主流だが、エクイノールは浮体式の技術を世界初で確立。既にスコットランド沖で5基を実用化し、2万2000世帯に電気を供給、ノルウェー沖にも11基を設置する計画で事業の拡大を進めている。エクイノールは日本に風車を売り込みにきた。海底油田開発の商談会には会場内には風力発電の風車が目立った。再生可能エネルギーは2040年には世界のエネルギー供給の40%まで拡大すると予想され、次世代エネルギー源として注目を集める。海底油田の設備を守る装置で世界シェア7割を占める横河電機も洋上風車の発展で自社が開発した無人管理システムに商機が生まれると期待する。浮体式風力発電は福島沖などで実証実験が行われており、戸田建設は長崎県五島で1基の実用化に成功。しかしエクイノールはこの発電能力3倍の巨大風車を複数稼働させていて、遅れを取っている。これを受け日本財団は日本とノルウェー企業の共同研究を可能にする基金を開設した。

日朝外相が接触。

キーワード
エクイノール
フィヨルド
横河電機
再生可能エネルギー
千代田区(東京)
スタバンゲル(ノルウェー)

WBS News (ニュース)
23:33~

ソフトバンクと中国の配車サービス最大手の滴滴がタクシーの配車サービスを大阪で始めた。スマートフォンのアプリで現在地や目的地を入力し、最寄りのタクシーを呼び出しできる。ソフトバンクの宮内謙社長は滴滴が中国で成功した事業を日本で広げていきたいと意欲を述べた。

ニューヨークを訪れている河野外務大臣は北朝鮮のリ・ヨンホ外相と会談。会談の内容については一切明かさなかったが、拉致・核・ミサイル問題の解決について日本政府の立場を伝えたものと見られる。先週の南北首脳会談で金正恩委員長が日本との対話に言及したことを踏まえ、日朝首脳会談の可能性を探る狙いがあったと見られる。

トヨタ自動車が国内全てのトヨタブランドの販売店で全ての車種の取り扱うことを検討。4つの系列店での販売戦略を見直し、現在の60車種を半減する予定。また販売店の試乗車を活用する形で来年春からカーシェアリング事業に本格参入する方針も固めた。国内市場あ頭打ちとなる中、新たな収益源にする考え。

安倍総理大臣は訪問先のニューヨークで内閣改造と党役員人事を来月2日に行うことを表明。菅官房長官と麻生財務大臣、西村・野上官房副長官を留任させる考えも明らかにした。また二階幹事長を続投させる意向を固めている他、甘利元経済再生担当大臣の要職起用を検討している。

今後の利上げへの影響は…。

キーワード
滴滴
ソフトバンク
宮内謙社長
河野外務大臣
日朝首脳会談
リ・ヨンホ外相
金正恩委員長
南北首脳会談
トヨタ自動車
カーシェアリング
安倍総理大臣
内閣改造
党役員人事
菅官房長官
麻生財務大臣
野上官房副長官
西村官房副長官
二階幹事長
甘利元経済再生担当大臣

ニュース (ニュース)
23:37~

オープニング映像。

NYの株式相場&為替を知らせた。

アメリカのFRBは今年3回目の利上げを決めた。声明文で金融政策は緩和的という文言は削除し、緩和終了をにおわせた。また2021年の利上げは見込まず、2020年の利上げ打ち止めを示唆した。今年の利上げについてパウエル議長は会見で今のところ貿易問題の影響はほとんど見られないと述べているが、一方で中間選挙を控えるトランプ大統領からは利上げを不満と話した。しかしパウエル議長が政治的な要素を考慮しないと否定したように市場で利上げ停止との見方はほとんどない。市場では12月の仕上げ予想が80%以上に高まっており、金融政策の正常化は確実に進んでいきそう。

ニューヨークからの中継で音声が乱れたことを謝罪した。

熊谷亮丸は今、FOMCの見通しではこれから5回利上げするこれに対し市場は3回ぐらいと予想。利上げペースが加速すると、アメリカの長期国債が売られ、世界的な大変なことが起きる。アメリカの債券市場に投資をしてアメリカが新興国の株を買っているので変調をきたすと世界中のマーケットが大混乱する可能性がある。アメリカの長期金利はあがることを警戒する必要があるとした。

星野リゾート 台湾進出のカギは。

キーワード
ダウ
ナスダック
S&P500
ドル/円
FRB
パウエル議長
トランプ大統領
ケビン・カミンズ
ニューヨーク(アメリカ)

ニュース (ニュース)
23:44~

星野リゾートは来年夏、台湾・台中市に高級温泉リゾート「星のや グーグァン」を開業。豊富な湯量を生かして全50室に源泉かけ流し風呂を設置。台湾内外のラグジュアリー層にアピールする。一方、来年2月軽井沢に新しいホテル「星野リゾート BEB軽井沢」をオープン予定。ターゲットは20代、屋外に交流スペースを設けるほか、星野リゾートにしては値ごろ感のある価格設定にすることで早い段階で知ってもらうのが狙い。

キーワード
星のや グーグァン
星野リゾート
星野リゾート BEB軽井沢

WBS News (ニュース)
23:45~

三菱電機の男性社員5人が2014~17年の間に長時間労働を原因とした精神障害などを発症し労災認定されていたことがわかった。この内2人が過労により自殺している。3人には裁量労働制が適用されていた。三菱電機は認定があったことが事実であり重く受け止めているとコメント。

アメリカのトランプ大統領は国連安保理の会合で11月の中間選挙に介入しようとしているとして中国を名指しで批判した。貿易摩擦を背景に中国への圧力を強めるトランプ政権の中間選挙での勝利を望んでいないとしている。これに対し中国の王毅外相は他国の内政に干渉していない。根拠のない非難は受け入れられないと強く反発した。

H.I.S.ホテルホールディングスはロボットが受付をする「変なホテル」の新店舗を羽田空港の近くに来月開業する。訪日客を主なターゲットに据えていて、受付では火山の噴火をイメージしたアニメ映像を背景に恐竜と人形のロボットが客を出迎える他、ロビーにはゴミ捨てを客に促すロボットを配置。来年は国内に7店舗、2020年までにニューヨークとトルコでの開業を予定している。

台風24号は宮古島の南東の海上を北上していて、明後日土曜日には沖縄・奄美にかなり接近する見込み。その後進路を北東に変えてスピードを上げながら日曜日には西日本に、月曜日には東日本や北日本にかなり接近する恐れがある。西日本から北日本の広い範囲で暴風・大雨のおそれがあるため気象庁は早めの対策を呼びかけている。

キーワード
三菱電機
労災
王毅外相
トランプ大統領
国連安保理
中間選挙
台風24号

トレンドたまご (バラエティ/情報)
23:52~

明治大学の大場直史さんが開発したのは、無限に味のするガム。味を感じる仕組みのポイントは装置をかむと電極から電気を舌に流し、それを脳が味を認識して味を作り出す。電流の強さや周波数を調整し今後もいろいろな味の再現も可能。更に、かんで発電するので、いつでもバーチャル味を楽しめ、カロリーはない。将来的にはいろんな味をバーチャルで再現することを目指している。

トレたま募集中のテロップ。

キーワード
トレたま募集中
明治大学

エンディング (その他)
23:54~

本日放送のニュース映像を振り返りつつエンディング。

エンディングテーマ:「糧」森山直太朗

ダウ、ドル/円、ナスダック、米10年国債の値動きをテロップ表示。

日経新聞電子版のニュースヘッドライン。「日通、中国~欧州で貨物列車『一帯一路』の需要開拓」「『公平・公正性に課題』 東大、英語の民間試験で」など。

あすの天気予報。

ビジネスオンデマンドとパラビで配信中。

キーワード
森山直太朗
ダウ
ナスダック
ドル/円
米10年国債
日経新聞電子版
日通
一帯一路
東大
ビジネスオンデマンド
パラビ

番組宣伝 (その他)
23:56~

「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 9月27日 放送
  3. 次回の放送