ワールドビジネスサテライト 【お家騒動に揺れた“大戸屋”…新戦略発表▽米新大統領決定!日本への影響は】

『ワールドビジネスサテライト』(英称:WORLD BUSINESS SATELLITE)は、テレビ東京系列を始め、BSテレ東(旧・BSジャパン)・日経CNBCで1988年(昭和63年)4月4日から放送されている経済情報番組である。略称は、英称の頭文字を採った「WBS」(ダブリュービーエス)。モノステレオ放送を実施。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年11月9日(水) 23:00~23:58
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

オープニング映像。

WBSニュース (ニュース)
23:00~

米大統領選はトランプ候補勝利となった。勝利演説では毒舌を封印し融和路線を打ち出した。

東京はトランプ・ショックで先行き不透明から投資家がリスク回避に動き、株価は下落、円高・ドル安が進んだ。財務省・金融庁・日銀は緊急会合を開き対応を協議した。安倍総理lはトランプ次期大統領と世界のさまざまな課題に協力して取り組みたいと述べた。

日経平均株価終値、為替、商品市況の現在の値を伝えた。

このあと、トランプショックに市場は?

フェルドマン氏は初めて選挙に行く人がトランプにかなり入れたと話した。

トランプの勝利宣言は現地時間午前3時頃だったという。会場周辺では明け方まで歓声をあげる支持者がいた。国民の中には快く受け止めていない人も多く、カナダに移住する方法を紹介した公式サイトがアクセス集中で閲覧できなくなった。勝因について、既存への政治への不満があり、適役としてトランプを選ぶ有権者が白人・労働者を中心に多かった。

トランプの政策について、経済政策では法人税の減税を主張し、アメリカから企業が出ていくことを懸念し35%から15%に引き下げるとしている。世帯収入が5万ドル以下の場合、所得税をゼロにするとしている。TPPについては離脱を表明。為替政策についてはドル安政策を進めアメリカ企業の輸出を増やす考え。対日政策では日米安保について防衛費の増額を要求している。

岸田外務大臣に取材。TPPについて日本の立場・方針は変わらず、TPP議論は1世紀型の経済ルールをつくるということで、他の経済連携にも影響が出て来るとし、主導権を握るのは今後の経済連携の議論でも日本がリードするのに繋がるという。政府はあすの国会でTPP承認案について採決の強行も辞さない考え。経済界からは新大統領でTPP成立事態を危ぶむ見方も出ている。

在日アメリカ軍費用の負担を増やすという主張について、岸田大臣はアジアの活力・経済成長を考えるとこの地域との関係をアメリカも注視していくのは当然で、その中で安保の分野でアメリカとの関係を日本も安定させなくてはならず、アメリカがどう対応をしてくるのか注視しなければいけないと話した。

トランプ氏のドル安政策で円高に動く可能性について岸田大臣は、どのような経済政策をとるのか予断をもって話すのは早く、日本との交渉の中でどのような結論が出るのか信頼関係に基づき努力したいと述べた。

メルケル首相はトランプ氏を祝福するとした。プーチン大統領は米露関係改善に期待する祝電を送り、喫緊の国際的課題に対処するといった共同作業に期待したいと表明。習近平国家主席も祝電を送ったと国営放送が伝えた。

イギリスの反応はブレグジットよりトランプ大統領の方が問題という意見があった。メイ首相は祝意を表明し、自由と民主主義に基づく英米の特別な関係は今後も強固のままと表向き冷静ではあるが、経済のグローバル化を共に押し進めた同盟国が内向き志向に変わる警戒感は強い。フランスの国民戦線・ルペン党首は今日はアメリカ、あすはフランスに変化が起きるとツイート。オランダの極右勢力なども歓迎の意思を示した。

トランプ氏は当面は暴言を控え常識にかなう大統領を目指すとみられる。勝利演説で他国との協調姿勢を示し、国内の景気改善策を打ち出した。議会も上院下院とも共和党が多数で、通常であれば安定した政権運営が可能。しかし選挙戦では共和党幹部と衝突もあり共和党理念と異なる政策が多い。すでに財務長官候補に陣営の資金調達を担当するムニューチン氏、国土安全保障長官候補に元ニューヨーク市長のルドルフ・ジュリアーニ氏との見方が出ている。トランプ氏は10日にオバマ大統領と会談する予定。

国際情勢に詳しい豊島氏はトランプ大統領の誕生で世界のパワーバランスに変化が出ると見ている。人種的な分裂の問題は残るのがアメリカのポイントで、力は弱まり対等するのは中国だという。来年ぐらいに具体的に強硬な姿勢でアメリカを試しにくるという。尖閣諸島、南沙諸島も含め、習近平政権が近づくという。

フェルドマン氏は次期大統領からの政策がはっきりしない限りは落ち着かないという。アメリカの利上げは遠のいたという。トランプ大統領になってからの利上げはあるという。今のFRBの態勢に批判的でイエレン氏を辞めさせるという発言はあったが、大統領は自分の力で辞めさせる権利はないという。FOMCに空席が2つあり任命するのはトランプ氏にも権利があり、トランプが任命すると今の担当は辞める可能性があるという。

キーワード
ドナルド・トランプ次期大統領
共和党
アメリカ大統領選
トランプ氏
岩井コスモ証券
円高
ドル安
トランプ・ショック
中央区(東京)
世界経営者会議
フィナンシャル・タイムズ
千代田区(東京)
NY金
北海原油
NY原油
為替
日経平均株価
トランプショック
グレン・S・フクシマ上級研究員
ジャミル・アンダリーニ編集長
財務省
金融庁
日銀
菅官房長官
安倍総理
ニューヨーク(アメリカ)
トランプ
TPP
小林喜光代表幹事
トランプ大統領
メルケル首相
プーチン大統領
習近平国家主席
ベルリン(ドイツ)
ブレグジット
メイ首相
ルペン党首
フランス国民戦線
ロンドン(イギリス)
スティーブン・ムニューチン氏
ルドルフ・ジュリアーニ氏
オバマ大統領
尖閣諸島
南沙諸島
習近平
利上げ
FRB
イエレン氏
FOMC

WBSニュース (ニュース)
23:25~

大戸屋は去年、三森会長が亡くなり、息子を社長にしたい創業家側と社長だった窪田氏を続投させたい会社側で対立があり、今年6月の株主総会で会社側が勝利したが売り上げ・株価が下がった。今日、創業以来初の事業戦略発表会を開いた。説明会では店舗商品をネット販売する計画や2020年までに海外店舗を200店舗を目指す計画が示された。お家騒動については大きな進展はないという。大戸屋は現在国内に400店以上、海外に100店舗を展開している。窪田氏はお家騒動で客数など低迷し、改革に取り組んでいる。

改革の1つは商品開発。来年2月の新メニューの牡蠣鍋、試食は女性社員がした。商品の特徴は女性に人気のクレソンを入れた。クレソンが大きいとの指摘を受けた。大戸屋の客の6割は女性だが、これまで男性のみで商品開発を行ってきた。窪田社長は月に1度、大戸屋の店舗で皿洗いをしている。

窪田氏はカリスマの後は大変だが創業者とは違い、これからは合議制で決めていくとしている。

このあと、母親が悲痛な訴え。

ニューヨーク証券取引所で取引が開始。現在ダウ平均は60ドルほどあげている。時間外では800ドル以上を下げていて落ち着きを取り戻しているが、ブレグジット時には終値で600ドル下げ、下げも想定される。株式相場はクリントン大統領誕生を先取りし回復し、反動が避けられないと思ったが現在はプラスで推移。12月利上げについても大統領就任まで先が読めない。政策では法人税減税など企業にメリットがあるが、財政赤字の拡大という懸念もある。

キーワード
三森久実会長
窪田健一社長
三森智仁氏
大戸屋ホールディングス
大戸屋
トランプショック
ニューヨーク証券取引所
ダウ
ナスダック
S&P500
ブレグジット
クリントン大統領
トランプ氏
利上げ
千代田区(東京)

WBS News (ニュース)
23:36~

過労死防止のシンポジウムで過労自殺した電通の新入社員女性の母親が講演した。厚生労働省は労働基準法違反の疑いで電通の強制捜査に踏み切った。容疑が固まれば法人としての電通と担当者を書類送検する方針。シンポジウムには塩崎厚生労働大臣も出席し、長時間労働を強いる企業への監督を強化する考えを強調した。

財務省発表の今年度上半期の国際収支速報では経常収支10兆3554億円の黒字で、8年半ぶりの高水準となった。輸入額の減少、外国人旅行者の増加が要因。

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は今日の理事会で野球・ソフトボールの一部の試合を福島県で開催する方針を示した。森会長と会談した内堀知事は復興五輪の1つのシンボルになればと話した。

日本マクドナルドホールディングスは12月期連結決算の業績予想を上方修正し純利益が、10億円から38億円になる見通しだと発表した。4月以降に導入した新メニューの好調が続き、売上高も2200億円から2250億円に引き上げた。

このあとは「トレンドたまご」。秘密基地で安眠…。

キーワード
塩崎厚生労働大臣
電通
厚生労働省
過労自殺
労働基準法
財務相
経常収支
国際収支
千代田区(東京)
森会長
内堀知事
2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
東京オリンピック
東京パラリンピック
野球
ソフトボール
福島県
日本マクドナルドホールディングス

トレンドたまご (バラエティ/情報)
23:40~

トレたま募集中の告知テロップ。番組ホームページアドレスが表示された。

このあとは天気予報。

いびき対策の家具を紹介。ベットに乗せ、カーテンを閉めて眠れば迷惑がかからないというものである。フェルトで吸音し板は厚くなっている。内部にはコンセントや照明があり、スタンドをつけるとタブレットなど利用できる。和室のふとんにもセットすることができる。使わない場合は机にもなる。

このあと、“カリスマ”が語る成長の秘けつとは?

これからの季節は暖かく湿度も保たれるが、夏は暑いという。国内の家具メーカーが作っているためしっかりしているという。

キーワード
ワールドビジネスサテライト 番組HP
RUDDER

WBSニュース (ニュース)
23:46~

このあとは天気予報。

世界経営者会議、時計界のカリスマ経営者として知られるビバー氏はスマートウォッチの将来性を強調し、大型投資を続けるとした。今年の高級時計市場は前年比で12%落ち込む中、「タグ・ホイヤー」「ウブロ」など4%プラスの好調。タグ・ホイヤーでは普及価格帯の時計など人気でマーケティング投資の半分を若者向けに充てるという。高機能で低価格のスマホが好調のエイスースは消費者中心のものづくりを徹底することが重要でiPhone並の機能を持つスマホを手頃な価格で販売する予定。年内にはロボット事業への本格参入を目指している。

キーワード
世界経営者会議
ジャン・クロード・ビバー氏
LVMHグループ
スマートウォッチ
タグ・ホイヤー
ウブロ
エイスース
iPhone

WBSニュース (ニュース)
23:50~

クリントン氏が日本時間の明日午前0時半から敗北宣言をする見通し。

市場の動きについてロバート・フェルドマンさんが「まだどういう政策をするのか検討がつかないので様子見なのだと思う」とコメント。

アメリカ株式、為替の現在の値動きを伝えた。市場の動きについてロバート・フェルドマンさんが「まだどういう政策をするのか検討がつかないので様子見なのだと思う」とコメント。

キーワード
クリントン氏
アメリカ大統領選
ダウ
ナスダック
S&P500
為替

天気予報 (ニュース)
23:51~

明日の全国の天気予報を伝えた。明日は強い風はおさまるが、西から天気は下り坂に。寒さも厳しくなる。外出時はコート・手袋をお忘れなく!

このあと、あすの注目は…。

エンディング (その他)
23:54~

エンディング曲:「今日の想い」竹内まりや

日経新聞電子版のニュースヘッドライン。「世論調査なぜ違った?“隠れトランプ支持者”も」「金融市場、駆け巡った“トランプ・ショック”」など。

WBSは『テレビ東京ビジネスオンデマンド』で配信中。

ダウ、ドル/円、ナスダック、米10年国債の値動きをテロップ表示。

「ワールドビジネスサテライト」の明日の予告。「トランプ氏勝利でロシア 中国は…」「居酒屋業界低迷…“ワタミ”は今!?」など。

エンディング映像。

フェルドマン氏の注目はTPPで日本はやることやったと訴え、米国との新しい関係を作らなければいけないと話した。米国は事情が変わったというかもしれないが、日本は信頼できることを訴えるほうがいいという。

キーワード
竹内まりや
今日の想い
日本経済新聞 電子版
テレビ東京ビジネスオンデマンド
米10年国債
ナスダック
ドル/円
ダウ
ワタミ
TPP承認案
機械受注
決算
トランプショック
トランプ
トランプ・ショック
トランプ氏
  1. 前回の放送
  2. 11月9日 放送
  3. 次回の放送