ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?〜 〜秋のネバネバヌルヌルで健康SP〜

放送日 2018年10月24日(水) 18:55~21:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
18:55~

秋のネバネバぬるぬるSP。今まさに旬を迎えるなめこに長芋。実は驚きの栄養効果があった。ネバネバぬるぬるに含まれている成分は粘膜を保護する成分が含まれているため風邪の予防が期待できる。潤いを与える成分も多く含まれているため乾燥肌対策にもなるという。健康になる食べ方の新常識など。

出演者らがあいさつをした。

キーワード
長芋
なめこ

今すぐ試したくなるソレマル新常識8連発! (バラエティ/情報)
18:58~

コンニャクは時間をかけて煮込まないと味が染み込まないということがある。実は煮込む前にある事をすると5分で味が染み込む。「コンニャクは砂糖でもむと味がしむ込む!」。丹野こんにゃくの会長・丹野さんによると砂糖を入れてもむとコンニャクから水分が出て、その分出汁を吸い込むという。コンニャクは約95%が水分、砂糖でもむと浸透圧で中の水分が外に出てくるため、脱水状態。その状態で煮込むとスポンジのように出汁を吸い込むという。砂糖はコンニャク約100gあたり小さじ1杯。約1分ほどもみ込む。固くなる心配もない。

破れた洋服をキレイに縫える新常識「はしご状に縫うと縫い目が消える」。池本啓子さんによると「はしごまつり」は糸は見えないように縫える縫製方法だという。針を裏側に通して表側の糸がはしご状になるよう縫う。ポイントは縫った糸が台形になるようにすること。

サンマを長持ちさせたい時は内蔵などを残したまま水洗いしトレーごとラップで包み、穴を開けてサンマ全体が浸かるまで水を注ぐ。そのあと冷凍庫で保存。約1ヶ月はジューシーなままという新常識をお送りした。

ブドウを長持ちさせる方法の新常識「ブドウは房から切り離して保存!」。瀬尾浩一さんによるとブドウは房のまま保存をすると甘みがだんだん薄れて少なくなってしまう。ブドウの木とつながっている軸は実に水分を運ぶ役割をしている。切り離された軸は実から水分を吸収するという。その際、水分と一緒に軸に甘みも流れてしまう。

荷造りヒモのわずらわしさを解消する新常識。スタジオの皆さんは箱の中に入れる、潰して芯を取る、内側からヒモをとるなどを答えた。正解は芯を抜いてヒモを内側から使う。小沢和弘さんによると新入社員のときに先輩から教えられたそう。ヒモを地面に3回ほど叩くと、ヒモが歪む。そこから芯を抜いて真ん中から使うという。内側からヒモを出すため転がる心配もない。

秋は憂鬱になる季節、しかしその憂鬱の「鬱」の漢字が書けるだろうか?出演者も誰一人正確に書くことが出来ない「鬱」の漢字が正しく書けるソレマル新常識。「鬱」の覚え方は”リンカーンはアメリカンコーヒーを3杯飲んだ”だ。最強の暗記術の著者本山勝寛さんによると記憶を定着させるには強烈なイメージと一緒に覚えるのが有効とのことだ。林の間に缶を入れワ冠を書きアメリカンなので米印、コを横向きに寝かせヒを書き3杯なのでノを3つ書くと「鬱」の字になる。

再配達依頼を早くする新常識「再配達依頼はLINEが超早い」。ヤマト運輸の荒川奈津美さんによるとメンバーに登録してLINEで再配達依頼をするとたった4ターンで依頼が完了するという。ちなみに郵便局でもLINEの公式アカウントがある。

オムライスをふわとろにする新常識「卵豆腐を使うとふわとろになる!」。西山京子さんによると材料は卵、玉子豆腐だけ。牛乳よりも卵が固まる速度が遅くなるため外側が温まったらよせる、中が固まらずにできるという。

水族館の人気者のペンギンだが、ペンギンの口の中が可愛くないというソレマル新常識。このあと衝撃的な口の中を公開する。

健康で元気な生活をおくるために欠かせない食べ物といえば栄養たっぷりのネバネバぬるぬる食材、しかし食べ方を間違えると健康効果が十分に得られないとのこと。効率良く摂取するためには作り方と食べ方がとても重要。今夜はこの時期旬を迎える長芋となめこに注目する。

キーワード
コンニャク
丹野こんにゃく
衣替え
はしごまつり
サンマ
ブドウ
荷造りヒモ
シモジマ 浅草橋本店
LINE
ヤマト運輸
ヤマト運輸 LINE公式アカウント
ぽすくま
オムライス
卵豆腐
最強の暗記術
ペンギン
長芋
なめこ

今すぐ試したくなるソレマル新常識8連発! (バラエティ/情報)
19:23~

水族館の人気者のペンギンだがその口を開けた姿は可愛くない、その衝撃映像を公開する。ソレマル新常識、口の中はギザギザでエイリアン!ペンギンは刺状突起と言う棘のようなものが舌と上顎についているので口を開けると怖い姿になってしまうとのことだ。刺状突起は口の中に向かって生えており、釣り針の返しのように魚を逃さない役割を果たしているのだという。

キーワード
サンシャイン水族館
ペンギン

秋のネバネバぬるぬるパワーの新常識 (バラエティ/情報)
19:25~

健康で元気な生活を送るために必要なネバネバぬるぬる食材。疲労回復や食欲増進のイメージが強いが、寒くなる季節に嬉しい風邪予防のパワーがあるという。食材に含まれている成分には粘膜を保護する働きがある。また肌に潤いを与える成分も含まれているため、乾燥肌対策にもなるという。今回は長芋となめこに注目する。

なめこの新常識について。なめこを栽培して40年になる三宅さんと一緒に山の中へ。天然なめこはとても貴重で、目にするもののほとんどは栽培物だという。原木なめことは、原木になめこの菌を打ち込み栽培する方法。自然の中で栽培するため、肉厚でぬめりが強いとのこと。ぬめりがとても強い「つぼみ」、シャキシャキ感がとても強い「開き」、つぼみと開きの間の「中開き」に分けられ、それぞれ特徴を活かして料理は使い分けられる。「つぼみ」はつるんとした食感が楽しめる味噌汁、「中開き」はぬめりと食感のバランスが良いため「なめこおろし」、「開き」は歯ごたえが特徴のため鍋がおすすめ。最初に石づきの部分を切り、水に1時間ほど漬けることで枯れ葉などのゴミが取れやすくなるという。また1時間以上水に漬けることでぬめりが強くなる。スーパーで売っているものも水に漬けておくと大きくなり、ぬめりも増えるという。なめこに含まれる「ペクチン」はコレステロールの吸収を抑え、動脈硬化予防が期待できる。また腸の働きを活発にしてくれるため、便秘解消の効果もあるとのこと。水に溶けやすいペクチンを効率良く摂るには味噌汁がベスト。旨み成分を作り出す酵素は60~70℃で最もよく働くため、なめこは水から入れるのがポイント。味噌を加えたら沸騰直前に火を止めることで、更に旨みを引き出す。

山形・鮭川村にあるなめこの栽培工場。こちらではパック詰めされたなめこを栽培している。栽培方法はビニールの容器におがくずとなめこ菌を打ち込んだ 菌床栽培という栽培方法で温度や湿度が管理された室内で栽培する。摘み取りは手作業。軸の部分から1つずつハサミで切り取る。水洗いをしてからおがくずなどのゴミを取り除く。なめこは水分が多いため他のキノコを比べてもとても傷みやすい。そのためパック詰めされたなめこでもなるべく新鮮なものを選ぶことが重要。なめこは切り口で新鮮度が分かるという。新鮮なやつは切り口の色が白い。音無美紀子さんになめこクイズ。「なめこのうま味を引き出すため買ってすぐにする事は?」。音無さんは水で洗い浸けておくと答えた。正解は冷凍保存がよいという。なめこは冷凍することで細胞壁が壊れ、うま味成分が出やすくなり美味しさがアップするという。

なめこといえばレパートリーが少ないイメージ。農家の食卓をのぞいてみるとなめこの料理がたくさん並んでいた。山形の郷土料理「南蛮なめこ」。その作り方はとっても簡単。さっと水洗いしたなめこを弱火のフライパンへ入れる。出汁しょう油を入れ2分炒め煮をする。みじん切りしたネギと一味を入れて混ぜ合わせたら出来上がり。

「天然なめこ」は超貴重で100g500円、「菌床なめこ」は100g100円。美味しいなめこの味噌汁を作るポイントは火をつける前になめこを入れ、沸騰前に味噌を入れて火を止める。火を止めて3分以上置くと旨みが増す。試食した小籔は早速おかわりしていた。

動脈硬化予防に期待できるなめこ農家直伝、秘伝のレシピを伝授/今が旬!長芋の新常識を掘りまくる!/炊き込みご飯の新常識。

キーワード
なめこ
長芋
オクラ
鮭川村(山形)
ペクチン
なめこのみそ汁
なめこおろし
真室川町(山形)
動脈硬化
便秘
ネギ
南蛮なめこ
天然なめこのみそ汁

秋のネバネバぬるぬるパワーの新常識 (バラエティ/情報)
19:44~

片栗粉を使用しなくても作れる麻婆なめこは、一般的な麻婆豆腐と作り方は同じで材料をフライパンに入れてひと煮立ちさせてなめこを入れる。とろみがつくだけでなく、動脈硬化予防に期待できるペクチンも溶け出しているという。

スタジオ出演者は南蛮なめこや麻婆なめこを食べ、ご飯のおかわりを聞いた小籔さんに対し、若林さんが「食堂のセットに変えようこの番組」とコメントしていた。

長芋の中でも最も粘りが強いのは自然薯で、次は大和芋でお好み焼きなどに使われる。長芋は粘りこそ劣るが、シャキシャキした食感で焼くと美味しい。これらの長芋はでんぷんを分解して消化しやすくするジアスターゼや、関節の腱や軟骨を強化するグリカンも含まれている。さらに長芋を詳しく知るために、増田さんが青森にある長芋農家に取材しに行った。

農家直伝!長芋の新常識を掘りまくる!、長芋と???のスペシャルドリンク、秋の味覚を使った炊き込みご飯!などを紹介する。

キーワード
ニンニク
しょうが
なめこ
豚ひき肉
ペクチン
自然薯
長芋
大和芋
三沢市(青森)
ジアスターゼ
グリカン
でんぷん

秋のネバネバぬるぬるパワーの新常識 (バラエティ/情報)
19:52~

でんぷんを分解し、消化しやすくする「ジアスターゼ」や関節の腱や軟骨を強化してくれる「グリカン」を含む長芋。青森・三沢市の長芋農家を取材。織笠さんはこの道40年の大ベテラン。長芋は5月頃に種芋を植え、つるが伸びて新しい芋が育つ。11月頃に機械を使って収穫。今回は手掘りに挑戦。長芋の位置を見極め丁寧に掘り進めなければならない。ひたすら掘り続け、1時間かけてゲットした。長芋は生で食べると効率的にジアスターゼとグリカンが摂れるという。

長芋農家の織笠さん直伝の長芋を生で美味しく頂けるソレマルな食べ方を紹介。定番のとろろは皮をピーラーではなく包丁で厚く向く。また掴む部分の皮はむかない。また厚めに剥いた皮は上げておつまみに出来ると紹介。他にも長いもを千切り-ピーラーを使ってめんつゆに落とした「長芋そうめん」なども紹介。試食した増田ははじめての感覚でとても美味しいとコメントした。めんつゆを温めるのもオススメ。最後に牛乳と凍った長芋をミキサーに掛けた長芋スムージーも紹介。試飲した増田は朝に飲みたいと話した。このほか長芋のクリームシチューなどもまとめて紹介した。

スタジオで長いも料理についてコメント。試食がないという話になると、小籔が収穫のシーンをカットすればいいと突っ込んでいた。

キーワード
ジアスターゼ
生きろ
NEWS
長芋
長芋のたまり漬け
三沢市(青森)
でんぷん
グリカン
長芋そうめん
長芋スムージー
長芋のクリームシチュー
長芋の肉じゃが風

秋の炊き込みご飯の新常識 (バラエティ/情報)
20:05~

この季節外せないのは炊き込みご飯。旬のものは美味しい上に栄養たっぷり。麻生れいみ先生によると炊き込みご飯にはより効果的に栄養をアップすることができるベストな組み合わせがあるという。炊き込みご飯の新常識をご紹介。

美味しい炊き込みご飯の作り方。実は炊き込みご飯は簡単そうに見えて失敗も多い料理。2つの基本を守れば誰でも簡単に成功するという。調味料を先に入れてから水を注ぎ、水加減を合わせるのがソレマル!2つめのポイントは具材を入れるとき、硬いものから入れていき、混ぜずに炊飯するのがソレマル!米と具材を混ぜてしまうと炊きムラができてしまうという。この2つを抑えておけば失敗することはない。

さつまいもは食物繊維が含まれており、コレステロールなどの脂質を排出する効果がある。そんなさつまいもを炊き込みご飯にし、さらにアサリも入れると脂肪の分解を消費を促して酵素の働きを助けてくれる。炊き込みご飯にする時は、さつまいもの川を残して大きめに切り、アク抜きをしてアサリは水煮缶を使う。水煮缶の煮汁も合わせ入れ、調味料と水で「玄米モード」にして炊き込むと完成する。番組出演陣も炊き込みご飯を試食して好評だった。

栗にはグレープフルーツとほぼ同じビタミンCが含まれており、美肌効果が期待できる。その効果をさらに上げてくれるのは豚肉で、中に含まれるコラーゲンとビタミンCを一緒にとることで再度コラーゲンが生成されるという。栗、豚肉、しめじを調味料と一緒に炒めて炊き込みご飯にすると効果的に摂取できる。また、ビタミンCがレモンの10倍あるパプリカと、老化予防できるアスタキサンチンを含んでいる秋鮭を使って炊き込みご飯にするのも良い。作り方は秋鮭のハラミとパプリカを焼いて、調味料と吸収率が良いバターを加えて炊き込んで完成となる。

キーワード
さつまいも
秋鮭
炊き込み
さつまいもご飯
コレステロール値
アサリ
さつまいもとアサリの炊き込みご飯
栗ご飯
ビタミンC
食物繊維
酵素
鉄分
しめじ
パプリカ
アスタキサンチン

抜け毛予防のソレマル新常識 2連発! (バラエティ/情報)
20:18~

春から秋にかけて4倍になる抜け毛を簡単で効果的な方法などを紹介する。

キーワード
養毛・育毛剤の評価法
服部道廣
脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
城西クリニック福岡
抜け毛
  1. 前回の放送
  2. 10月24日 放送
  3. 次回の放送