カンブリア宮殿 町の飲食店の味と人情を支える 知られざる食品集団!

放送日 2015年7月16日(木) 21:54~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

今夜のカンブリア宮殿 (その他)
21:56~

今夜の放送内容紹介。「プレコフーズ社長高波幸夫」「客の要望、すべて応えます!」「飲食店の「味と人情」を支える知られざる食品集団」など。

キーワード
プレコフーズ
髙波幸夫

飲食店の”味と人情”を支える 知られざる食品集団 (バラエティ/情報)
21:57~

オープニング映像。

東京渋谷区にある「サンフランシスコピークス」を紹介。ホットドッグ1050円~、ドライトマト&モッツァレラ、エゾシカ&クランベリーなど特製ソーセージが10種類もある。そんなソーセージのレシピを考えたのが車田篤さん。しかし、今回特製ソーセージの開発にあたり、どの業者も手間がかかると相手にしてくれず難航した。そんな中、ある企業が全面協力してくれたことで完成にこぎつけた。

東京都調布市にある和の食彩「簓」の紹介。三元豚や庄内鴨など極上の肉を取り扱っている。一方、東京渋谷区にある九十九ラーメン恵比寿本店のスープでは、通常よりも大きな豚ゲンコツや匠の大山鶏などが使われていた。どちらの店もプレコフーズに肉を注文していた。

東京板橋区プレコフーズ北東京配送センターでは、午前4時から慌ただしさを増していた。ファックスやネットさらには留守番電話で入った注文を処理していた。日本のみならず世界中から選び抜いた美味しいお肉、実に1000種類以上を小分けにして、飲食店1万7000軒に肉を配達している。

プレコフーズでは、お客が出勤してすぐに仕込みに入れるようにカギを預かっている。さらに少量でも配送を行っていて、1000円以上の注文であれば配送料が無料になる。およそ200台の車で1都3県をカバーしている。

東京江東区にある「小古食堂」を紹介。「ハンバーグライス」1300円を紹介。「小古食堂」ではプレコフーズと一緒に特製ハンバーグを開発した。レコフーズを1994年に設立し、顧客50軒を1万7000軒にまで拡大した。髙波幸夫社長は「小さな小さなお客の集合体」と話した。

東京渋谷区にあるハンバーグ店「ゴールドラッシュ」を紹介。「テリヤキ&チェダーチーズハンバーグ」200グラム1430円を紹介。かつて髙波幸夫社長が飛び込みで営業を行なった店で、ゴールドラッシュは以降2店舗から7店舗に、プレコフーズは年商118億円にまで拡大した。

村上龍はプレコフーズについて「IT企業ではなく食品卸しという業種で、この売上高の伸びは驚異的」とコメントした。小池栄子は「チャーシューの肉巻きであったり焼き鳥の串刺しもやってくださるんですよね?」と話すと、髙波幸夫社長は「ごく普通の作業」と話した。

東京神田にある有鳥天酒場では、から揚げが100円で食べ放題となっている。繁盛店の胃もたれしない味付けにはプレコフーズの存在があった。

プレコフーズ髙波幸夫社長は「小さな飲食店は「価格よりも品質」なんらかの差別化を図らないと大規模チェーン店と戦えない。大規模チェーンは単価しか言ってこないが、品質や加工方法を重視するお客が結構いる」と話した。

東京新橋でプレコフーズ齊藤優はすでに顧客がたくさんいるエリアに営業をかけている。齊藤優は「「面」を攻めることによって、配送のために動く量が格段に減る」とコメントした。

プレコフーズ髙波幸夫社長は企業の原点について、僕の育ちにあるかもしれない、社長になったのが約20年前、町の鶏肉屋から一般の肉屋になっていった、と話した。

このあと「感動!急成長の裏に母の教え」

キーワード
渋谷区(東京)
ホットドッグ
ドライトマト&モッツァレラ
エゾシカ&クランベリー
調布市(東京)
プレコフーズ
三元豚
大山鶏
庄内鴨
板橋区(東京)
ハンバーグライス
江東区(東京)
テリヤキ&チェダーチーズハンバーグ
神田(東京)
新橋(東京)

飲食店の”味と人情”を支える 知られざる食品集団 (バラエティ/情報)
22:23~

東京品川区戸越銀座商店街で、プレコフーズ髙波幸夫社長の両親はかつて「鳥利商店」という肉屋を営んでいた。しかしスーパーが出来た途端人の流れが変わってしまったので、飲食店への飛び込み営業をはじめた。個人店の店主が取り引きの条件として口にしたのは大手の卸売業者では絶対に応じないような細かい要望だった。髙波幸夫社長はかつて母に、商いは飽きない、小さな積み重ねをしなきゃいけないと言われた、と話した。

プレコフーズは髙波幸夫社長の母の教えを今も実践し続けている。新橋での配達を行なっていた工藤聖也はその店にあったセールスも行なっていた。配達スタッフ全員がすべて正社員として雇われているため、全員が仕事に対する責任感を持っている。

プレコフーズ髙波幸夫社長は企業の原点について、昔は配送マンと呼んでいたがここ5年くらいでルートセールスマンと呼び方を変えた、と話した。村上龍はプレコフーズについて、すべての考え方が『昔の商店街』がベースになっている、と話した。

このあと「野菜に魚まで!ギョッと驚く新展開」

キーワード
品川区(東京)
戸越銀座商店街
プレコフーズ
新橋(東京)

飲食店の”味と人情”を支える 知られざる食品集団 (バラエティ/情報)
22:36~

茨城県土浦市にある養鶏場をプレコフーズ髙波幸夫社長が訪れた。プレコフーズのブランド鶏「総州古白鶏」を紹介。プレコフーズは、「総州古白鶏」などの自社で育てたブランド肉を鮮度のいいまま東京に送り、自社で解体まで行ない店へ配送している。世田谷区「セキハナレ」では、プレコブランドの美桜鶏を使用している。

東京大田区大田市場をプレコフーズ髙波幸夫社長が訪れた。プレコフーズは、4年前大田市場の卸業者を買収し、野菜を売買できる権利を取得した。一方中央区築地市場では、プレコフーズが2014年仲卸である「嘉徳」を買収した。プレコエフユニット遠藤伸次は「築地は「売ってやるぞ」目線、今買わなかったら売ってやらない、まったくそういうものはなくなった、お客のニーズになるべく応える」とコメントした。

プレコフーズ髙波幸夫社長は鮮魚も扱うようになったことについて、食肉のお客が1万7000軒ある、ここに野菜も鮮魚もニーズがあるのは分かっていた、生鮮3品を鮮度よく安全な商品を届ける食品卸はない、と話した。また髙波幸夫社長は「一番好きな言葉は「意志あるところに道は開ける」、1つ好きなことを決めてその道でコツコツやることが一番大切」と話した。さらに社員によく言うのは「1日1センチの努力を続けて下さい。1年間で365センチの台に乗っている巨人になる」と話した。

このあと「超高級ステーキで仕掛ける「おいしい」ビジネスとは」

キーワード
プレコフーズ
総州古白鶏
土浦市(茨城)
匠の大山鶏
三元豚 白王
美桜鶏
世田谷区(東京)
大田区(東京)
中央区(東京)
プレコエフユニット

飲食店の”味と人情”を支える 知られざる食品集団 (バラエティ/情報)
22:47~

プレコフーズ髙波幸夫社長が東京銀座の「銀座とりや幸」を訪れた。髙波幸夫社長は、プレコグループが経営しているはじめての飲食店、と話した。さらに西麻布のプレコグループが経営した「フラムセーヌ」を紹介。髙波幸夫社長は「飲食店の大変さやノウハウ、そういったことを蓄積しながら、それをお客にフィードバックしていくというのが目的」と話した。

キーワード
プレコフーズ
銀座(東京)
西麻布(東京)
フラムセーヌ

エンディング (その他)
22:49~

村上龍は「プレコフーズの売上推移を見てびっくりした。右肩上がりという表現では足りない。バブル崩壊痕これほどの上昇グラフは日本の財政赤字くらいしか思いつかない」とコメントした。

カンブリア宮殿の番組宣伝。

キーワード
プレコフーズ
  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送