カンブリア宮殿 栄光と激動の50年 東京ディズニーリゾートの独自戦略

放送日 2014年12月18日(木) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

栄光と激動の50年 東京ディズニーリゾートの独自戦略 (バラエティ/情報)
22:00~

千葉・浦安市にある東京ディズニーリゾートには東京ディズニーランド、東京ディズニーシーがあり、2013年度の入場者ランキングでは3130万人と2位以下に2000万人以上の差をつけてトップとなった。ヘビーユーザーの中には週一で来園する人もいる他、ディズニーグッズ、ネイルなどで服装を固めた女性は週に4回は訪れているという。東京ディズニーリゾートのお客の9割はリピーターで、年間入園者数は右肩上がりを続けている。2つのテーマパークではオープン以来、5000億円以上の追加投資を行い、絶え間なくバージョンアップしている。

東京ディズニーリゾートではウエスタンランドの「スモークターキーレッグ」、プーさんのハニーハントの「ハニーポップコーン」など限られた場所でしか食べられないフードがある。だがディズニーと資本関係がないオリエンタルランドがディズニーにライセンス料を支払い、テーマパークの独占的実施権を得ている点は日本で唯一。ディズニーのトム・スタッグズ会長はオリエンタルランドの存在が日本人に適したパークを作ることができていると高く評価している。

11月5日、東京ディズニーシーでは開演前にクリスマスショーの直前リハーサルが行われていた。準備期間は約1年で、ショー開発部長の奥野圭氏は客席でキャラがダンスを踊って客と盛り上がるのは東京ディズニーリゾートの特徴とコメント。東京ディズニーリゾートでは今年に期間限定イベントが6回行われ、いずれも日本で考案されたもの。またオリエンタルランドは日本人向けキャラクター商品を独自開発していて、ミッキーの手を型どった「しゃもじ」、小分けにできる「歯ブラシ」などが好評。中でも日本のお客に人気なのがキャラのかぶりもので、「オラフ」など年に200種類の新商品を販売。

また来年の干支である羊にちなんで、オリエンタルランドはこひつじのダニーというディズニーキャラをモチーフにしたグッズも開発。そしてお客のニーズを探るべく園内では聞き取り調査が毎日実施されていて、オリエンタルランドの加賀見俊夫会長兼CEOはディズニーファンに愛されている。会長は幾多の困難を経て夢と魔法の国を作り上げ、30周年を迎えた昨年は4375億円という過去最高の売上高を記録。

オリエンタルランドの加賀見俊夫会長によると東京ディズニーシーは日本で唯一で、村上龍はシーでのミュージカルでミッキーによるドラム演奏を絶賛した。また多くのリピーター客を獲得するために1日では園内を全て廻れないようにしていて、加賀見会長は開演以来、お客のニーズは変化しているとコメント。

このあと、ディズニーランドを日本に!挑んだ男たちのドラマ。

キーワード
ビッグサンダー・マウンテン
トゥーンタウン
ウエスタンランド
スモークターキーレッグ
プーさんのハニーハント
ハニーポップコーン
オリエンタルランド
しゃもじ
歯ブラシ
オラフ
アナと雪の女王
こひつじのダニー

栄光と激動の50年 東京ディズニーリゾートの独自戦略 (バラエティ/情報)
22:20~

千葉・浦安市は海苔の養殖が盛んな漁師町だったが、戦後の復興とともに海は汚染されていった。その後、海を埋め立ててレジャー施設を建設するという計画が浮上し、オリエンタルランドが設立。社員は3人という小さな会社で、現会長の加賀見俊夫は入社数年目で定款作りに関わった。初代社長の川崎千春はディズニーの誘致を目指して62年にディズニーに初訪問し、高橋政知社長が79年にディズニーとの契約に成功。だが80万平方メートルの敷地にテーマパークを作り、年間の入場者数1000万円という目標は世間から冷ややかに見られ、建設費用も当初の想定を大きく超過。だが高橋社長は動じず、83年4月に老若男女問わず楽しめる東京ディズニーランドが開園。集客目標も達成し、高橋社長は現会長と酒を楽しく交わした。

1995年に加賀見俊夫氏はオリエンタルランドの社長に就任し、2001年に東京ディズニーシーが開演。イクスピアリ、ディズニーアンバサダーホテルなど複合的リゾート施設に作り上げ、ウォルト・ディズニー・カンパニーでは二代目の高橋政知社長と加賀美現会長が多大な貢献をした2人の日本人と認められている。

村上龍は1950年代にディズニーを日本に誘致しようとした川崎千春初代社長の発想に驚き、加賀見俊夫会長は川崎社長は半分アーティストだったとコメント。オリエンタルランドがディズニーと契約するまでに10数年を要したが、加賀美会長は本質をついた話、スピーディーな仕事の進め方、即断即決を心がける権限移譲などディズニーから学ぶ点が多かったという。

このあと、バイト主婦も感激!働きたくなる秘密。

キーワード
オリエンタルランド
浦安市(千葉)
川崎千春
ディズニー
高橋政知社長
ウォルト・ディズニー・カンパニー

栄光と激動の50年 東京ディズニーリゾートの独自戦略 (バラエティ/情報)
22:32~

東京ディズニーリゾートでは全従業員の9割が在籍アルバイトで、客の前では笑顔を絶やさず、ムードを盛り上げるために時には客を歌う。オリエンタルランド内にはディズニー・ユニバーシティという研修施設があり、講師を務めるのは先輩アルバイト。教えられることはキャストとしてそれぞれの持場で眼前の客を喜ばせる役を演じること。掃除担当の古川一也さんは雨が降る中、客を盛り上げるために落ち葉でミッキーマウスを表現。さらに古川さんは客の傷ついた靴底も即席で修理していた。

東京ディズニーシーにあるレストランで働く小板橋佳代さんは子育てを終えてから働き始めて4年で、手持ち無沙汰な子どもを見つけると隠れミッキーをともに探しに出かけた。東日本大震災の時、首都圏の交通機関は麻痺し、帰宅難民が溢れた。東京ディズニーリゾートでも約2万人が帰宅できなかったが、アルバイトたちが善処して1人のけが人を出さなかった。開演前には年に1回、従業員らの家族で本番さながらの大規模防災訓練が行われ、小規模訓練は年180回実施。オリエンタルランドではアルバイトたちに報いるため、1月27日の閉園後にアルバイトが客となってショーが披露された。その間は社員1200名が対応し、アルバイトたちは束の間の一時を堪能した。

オリエンタルランドの加賀見俊夫会長は東京ディズニーリゾートのアルバイトたちに判断を任せ、サービスによってお客が喜ぶとバイトたち自らの喜びとなるとコメント。そのためには楽しく仕事することが大切だと語った。ディズニーテーマパークでは安全性、礼儀正しさ、ショー、効率性が順番に重視され、震災時には2万人強が帰宅できなかったが現場の判断で毛布やダンボールで防寒し、空腹な客のためにクッキーなどを提供した。

このあと、”新・ディズニーリゾート“ 壮大な構想が明らかに!

キーワード
オリエンタルランド
隠れミッキー

栄光と激動の50年 東京ディズニーリゾートの独自戦略 (バラエティ/情報)
22:46~

オリエンタルランドの加賀見俊夫は自分が重なる点があるとしてダンボが好きで、変化する世の中の中では発想が大切とコメント。また東京ディズニーリゾートでは敷地を拡張して、新たなアクションを導入し集客率アップと混雑緩和を目指している。更にシニア層向けのレストランも建設するなど、今後10年で計5000億円を投資予定。

キーワード
ダンボ
オリエンタルランド

エンディング (その他)
22:48~

「カンブリア宮殿」の番組宣伝。

収録を終えた村上龍は東京ディズニーリゾートについて、「長く厳しい交渉、万全の安全対策、徹底した従業員教育を経て夢の国はやっと完成した。心を踊らせ、家族や恋人たちの幸福に寄与し、東京ディズニーシーの建設中に加賀見俊夫会長はモア、ロマンティックと繰り返した。それは日本だけに存在するものを象徴する言葉だったのだと思う」と評した。

キーワード
オリエンタルランド
  1. 前回の放送
  2. 12月18日 放送
  3. 次回の放送