カンブリア宮殿 災害・救急・最新技術の裏側で大活躍!地図のゼンリンの秘密

放送日 2018年8月9日(木) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

災害や最新技術で大活躍!便利で生活を支える地図革命 (バラエティ/情報)
22:00~

栃木県茂木町の「道の駅もてぎ」では「まるごとブルーベリー」が1番人気。さらに名物「冷やしゆず塩ラーメン」も人気。ここではSLが見学ができる。大黒聖介さんは道の駅の達人、妻の大黒和美さんと道の駅巡りをして全道の駅を制覇している。大黒さんはゼンリン「道の駅 旅案内全国地図」をバイブルとし、毎年新しい情報が載って読んでも楽しい地図だと話した。

ゼンリンは従業員3000人、年商610億円。従業員には地図マニアが多い。看板商品は2000冊、ゼンリン住宅地図。住んでいる人や交差点、一方通行の時間なども載っている。住宅地図トップメーカーで、カーナビ用地図のシェア70%、グーグルやヤフーにも地図を提供している。

川崎市消防局司令センターモニターでゼンリンの地図が利用。ポンプ車や救助隊が向かう情報を地図上で示される。森淸仁さんは地図で「救急車ならここは通れる」などがわかると話した。消防車ではゼンリン住宅地図の消火栓の場所を確認。西日本豪雨での人命救助でゼンリン住宅地図が使われる。停電でも使えるため、紙の地図が重宝される。他の地図より詳しく描かれるため重宝される。千代田区のゼンリンでは災害時に災害対策本部を設置、被災自治体に無償で地図を貸し出す。高山善司社長は地図の使い方をより効果的にするために社員が現場に入るべきという。福岡県朝倉市とともに気象災害予測支援システムを作った。西日本豪雨でも活用し、朝倉市全域の地図が表示された画面で河川状況がリアルタイムで表示し水位も表示。防災交通課の二宮正義さんはこれを使い避難指示を拡大したと話した。ゼンリンはこのシステムを全国に広めようとしている。

スタジオトークで、ゼンリン住宅地図を紹介。高山善司社長は社員が表札や塀や道路など調べていると話した。村上龍は世界で類を見ないとした。社長は一宮市消防地図を解説。消火栓の位置、危険物のある建物、道路の幅なども載せているとした。これも全部歩いて調べているとした。テーマ別に作る地図が重要で、編集力や企画力を持たないといけないとした。

ゼンリンの地図づくり現場に密着。全国1000人の調査員が1日6時間歩いて調査する。都市部では毎年更新、東京都浅草で新しいビルの階数や形をチェックして地図に書き込んだ。青梅市で、調査員の須沢健二が集落から離れた民家を調査。前回は空き家だったが、今回も空き家かを確認。空き家情報は災害時に救助の必要性を判断する。ゼンリンの調査員のペンには独自のルールがある。調査員の豊田康浩さんは解体された建物は赤色で消し、建設中は緑でメモ。10年ほど前からピンク情報という項目が増えたという。

キーワード
ゼンリン
ゼンリン住宅地図
川崎市消防局
まるごとブルーベリー
冷やしゆず塩ラーメン
茂木町(栃木)
道の駅 旅案内全国地図
グーグル
ヤフージャパン
千代田区(東京)
朝倉市(福岡)
西日本豪雨
浅草(東京)
青梅市(東京)

災害や最新技術で大活躍!便利で生活を支える地図革命 (バラエティ/情報)
22:23~

「世界ソフトボール」の番組宣伝テロップ。

ゼンリンの地図づくり現場に密着。全国1000人の調査員が1日6時間歩いて調査する。調査員の豊田康浩さんは10年ほど前からピンク情報という項目が増えたという。最新のカーナビで、江戸東京博物館をチェックすると入り口まで案内される。これがピンク情報で、豊田さんは道路が2つ面しているので車が入り口に横付けできるようにしているとした。新たな地図を導入するため360度カメラとレーダーを搭載されたハイテクカーが導入された。道路周辺の風景を撮影、表示や標識を読み込みデータベース化している。この情報は自動運転に利用される。

スタジオトークで、高山善司社長は地図の調査員は1日6時間歩くと話した。情報が正確かどうかは現場に行かないとわからないとした。高山社長は調査員を経験したが犬が天敵で、吠えられると怪しまれると話した。高山社長は品川区の地図を新規で作るとすると1年かかると話した。

福岡県北九州市でゼンリンの創業70周年の大運動会を開催。グループ社員3000人が集結した。普段交流のないつながりを強化する目的。ゼンリンの創業者は大迫正冨、観光ガイドブックの出版社だった。別府温泉の旅行者が増加、観光スポットが載った本は重宝された。付録の地図が大評判となった。大迫は地図作りのゼンリンへ転身。1962年の住宅地図は一軒一軒手書きだった。注文が殺到し周辺自治体に広がりエリアを拡大。転機は高度成長期の建設ラッシュだった。手書き地図では限界があった。2代目の大迫忍は費用に100億円かかるコンピューターの製図システムを導入を提案したが役員会で大反対となった。しかし大迫は反対を押し切りコンピューター導入を決断。1984年日本初の住宅地図電子化に成功。30年以上経ってもゼンリンの屋台骨となり、ネット地図やカーナビで他社を先行し電子で8割の売り上げを得ている。

キーワード
ゼンリン
浅草(東京)
青梅市(東京)
ゼンリン住宅地図
北九州市(福岡)
大迫正冨
大迫忍

災害や最新技術で大活躍!便利で生活を支える地図革命 (バラエティ/情報)
22:38~

埼玉県秩父市で、ゼンリンと楽天がドローン宅配の実験を行った。久喜邦康市長は市は山が入り組んでいるいるため物資輸送が大きな課題とした。ゼンリンは世界初の空の地図を製作。山や塔など空間にある障害物を3Dデータ化し安全飛行できる空の道を作る。

スタジオトークで、高山善司社長は2代目社長の100億円の投資について確信はあったと思うと話した。村上龍はその時その時の最新ハードを使う伝統があると話した。社長は進化しないと生き残れないという精神は創業時からあると思うとし、自分も新しもの好きで試したくなると話した。社長はとにかく便利になる方法を考え続けているとした。

「世界ソフトボール」の番組宣伝テロップ。

東急ハンズ梅田店で、住宅地図がデザインされたクリアファイルが人気。神戸の地図では人気のパン屋にクロワッサンのマーク、名古屋ではモーニングが食べられるお店にコーヒーのマークがあった。ゼンリンで地図を使った新商品で注目を集めるのは「まちたんけんキット」だった。

キーワード
秩父市(埼玉)
ゼンリン
ドローン
ドローン宅配
東急ハンズ梅田店
地図作りで発見!まちたんけんキット

災害や最新技術で大活躍!便利で生活を支える地図革命 (バラエティ/情報)
22:47~

「世界ソフトボール」の番組宣伝テロップ。

ゼンリンで地図を使った新商品で注目を集めるのは「まちたんけんキット」。中島康成くんと中島康介くんは夏休みの研究に選んだのは「地図作りで発見!まちたんけんキット」で自分の町の防災マップを作ることだった。

キーワード
東急ハンズ梅田店
ゼンリン
地図作りで発見!まちたんけんキット

エンディング (その他)
22:49~

カンブリア宮殿の次回予告。

カンブリア宮殿は「ビジネスオンデマンド」「パラビ」で配信中。

村上龍による編集後記。人類にとっての最大の発明として「文字」「紙」「羅針盤」「印刷機」「インターネット」に注目。羅針盤と海図は陸上では「地図」になるのかもしれないなどとした。また、電子化では導入しなければ生き残れないと考え、当時の売上と同額の100億円を投資したゼンリン。村上龍はその強みを技術や設備ではなく、調査員が足が集めたデータであると述べた。

キーワード
パラビ
ビジネスオンデマンド
ゼンリン

番組宣伝 (その他)
22:52~

「ワールドビジネスサテライト」の番組宣伝。サマータイム導入に賛否!?

キーワード
サマータイム
  1. 前回の放送
  2. 8月9日 放送
  3. 次回の放送