主治医が見つかる診療所 真夏の免疫力UP〜口・腸・胃の粘膜を強くする最新方法

『主治医が見つかる診療所』(しゅじいがみつかるしんりょうじょ)は、2006年4月10日から2008年9月22日までテレビ東京系列で放送され、その後2012年4月23日から同局系列で放送されている医療番組。開始当初は毎週月曜20:00 - 20:54(JST)の放送だったが、2006年10月2日からは毎週月曜19:00 - 19:54に枠移動した。その後、2012年からは再び月曜20時台で放送されていたが、2017年10月19日から毎週木曜19:58 - 20:54に枠移動した。2005年に3回単独放送された後レギュラー化された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年8月17日(月) 20:00~21:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

夏の免疫力アップスペシャルのキーワードはうなぎ。ビタミンAが夏の疲れをとってくれる。うなぎの粘液が強いほど健康で、粘膜は私たちの体の中にもある。皮膚と消化管は医学的には同じもので、消化管の粘膜は細菌などからバリアをしている。粘膜バリアを強くすることで免疫力をアップできる。

オープニング映像。

キーワード
埼玉医科大学
うなぎ
ビタミンA

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
20:04~

今回は、粘膜バリアを強くして免疫力アップ、というテーマでお送りする。ゲストの紹介。藤吉さんは急性胃腸炎になったと話した。また、粘膜が健康なら、町内の善玉菌が活性化し、免疫機能が力を発揮、ガン細胞の発生を抑制するなどと解説した。

辨野教授が、免疫の調整をする機能が粘膜にあり、粘膜バリアが正常に作用しているかが免疫調整に一番大事と話した。

秋津先生が、消化管の中で最初は口、ここの粘膜が最初のバリアになっていると話した。筑波大学附属病院の武川先生を紹介、口は唾液によって粘膜バリアがより強力になる。唾液の働きは、殺菌作用と洗浄作用がある。ところが、夏は、エアコンで乾燥したり、汗で脱水したりと、口の中が乾きやすい。

唾液を出す方法を紹介。茨城県に住む佐々木さんは、約3年前から口の乾きに悩まされていた。悪化し、舌が口の中で張り付き、話せなくなった。また、カゼをひきやすくなった。

キーワード
筑波大学附属病院
唾液
土浦市(茨城)

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
20:17~

佐々木さんはこぶ茶を1日1回飲むことで、口の渇きが3ヵ月で改善したという。こんぶのグルタミン酸が唾液を促すのだという。レモンや梅干しの酸味より、こんぶの旨味のほうがたくさん分泌するという。もうひとつは、唾液を出すマッサージだという。舌下腺、耳下腺、顎下腺から唾液は出るので、耳下腺、顎下腺は外から刺激できる。

耳下腺のマッサージ、顎下腺のマッサージの場所、やり方を紹介した。こするように4回刺激、2セット行う。

スタジオで、唾液は、1日1.5リットル出る、唾液腺はすごい働き者であると話した。辨野先生は、口の中に100億近い常在菌がいて、唾液によって病原菌を抑制していると話した。中山先生は、自己免疫疾患について解説、膠原病など、免疫が正常な細胞を攻撃するという、免疫異常は、口や気道の粘膜だといわれているという。秋津先生は、こぶ茶は熱中症の予防にも良いと話した。塩分のとりすぎになるので、こんぶ水がよいと話した。レモンなどの酸味の唾液は分泌が2~3分で減少するが、旨味は分泌が20分近く持続するという。

番組オリジナルの免疫アップのマッサージを紹介。

キーワード
舌下腺
耳下腺
顎下腺
こぶ茶
こんぶ水
グルタミン酸
常在菌
自己免疫疾患
関節リウマチ
熱中症

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
20:29~

番組オリジナルの唾液腺マッサージを紹介。耳を挟むようにして両脇一度に、唾液腺にそって口の中にマッサージをする。顎の下と耳の穴の前の「下関」を一緒にマッサージするとよい。4~5回ずつを2セット、寝る前と朝起きた時の1日2回やるとよい。

1つ目のポイントとして、唾液をしっかり出す、そのための方法として、こぶ茶をこまめに飲むことと、唾液腺のマッサージが有効、と伝えた。

辨野先生は全身の免疫担当細胞の約7割は腸に集約されていると話した。腸の粘膜バリアを効果的に厚くして免疫力アップをしてくれる食材を紹介する。

徳島市にやってきた。免疫力アップの野菜が作られているという。それは夏にとれる新レンコンだという。冬のものよりアクが少なく食べやすい。

埼玉医科大学日高キャンパスにやってきた。レンコンを研究している和合博士に、レンコンの効果について聞いた。ムチンのネバネバに効果があるという。

キーワード
下関
唾液腺
こぶ茶
唾液
唾液腺マッサージ
新れんこん
徳島市(徳島)
埼玉医科大学
ムチン

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
20:38~

唾液や消化液には、ムチンが自然に含まれている。腸の粘膜を保護するバリアになっている。うなぎのヌルヌルは人間の消化管と同じだという。小腸の画像を紹介、病原体から守る最後の砦となっている。

徳島のレンコン農家での食べ方を教えてもらう。夏のレンコンはみずみずしくアクが少ない。酢水に10秒つけ、ツナとゴマドレッシングを和えた新レンコンのゴマ風味サラダを紹介した。生で食べると ムチンが効果的にとれる。次に、レンコンを縦斬りにし、軽く炒め、しょうゆとゴマで味付した新レンコンのキンピラを紹介。ムチンは加熱に弱いので火を通しすぎていはいけない。またビタミンCもたっぷり入っている。農家の新居さんは風邪を何年もひいていないという。

別のレンコン農家酒井さんを訪ねた。レンコンを乾燥させ、粉にしたレンコンパウダーを紹介。ここ、数年前から浸透したものだという。スーパーで売っている。お湯でといてレンコン湯にして飲んでいるという。風邪の予防になるという。

徳島の食堂を訪ねた。メニューに、レンコンパウダーをつかった料理があった。野菜と豆腐を鍋に入れ、火にかけ、レンコンパウダーを入れ。ダシ汁をそそぎ、沸騰させずに味噌をといたら、味噌汁のできあがり。ほかにレンコンパウダー入りのカレーや豚肉のみそ炒めなど紹介した。さらに、サラダにふりかけたり、そうめんに薬味として、ヨーグルトにちょい足ししても良い。

和合博士が、レンコンパウダーの作り方を教えた。レンコンをまるごと2mmぐらいにカットし、2~3日干す。そのあとフードプロセッサーなどで細かく砕くとできあがり。

渡辺正行は、レンコンがこんな能力があると知らなかったと話した。

レンコンのネバネバはムチンである。ムチンは、悪玉菌は常にムチンを攻撃しているので、補うことは効果があると話した。森本アナが、ムチンと腸の粘液バリア、免疫力アップの関係を模型で解説した。

レンコンパウダーがスタジオに登場。そうめんとヨーグルトに混ぜてスタジオで試食することになった。甘みがあって美味しいという。子どもにも食べやすいと話した。丁先生は、漢方でレンコンの実を使う、下痢止めや膀胱などの病気の改善につかわれたと話した。

レンコンパウダーを取り扱っている富澤商店 コレド室町店を紹介。自然食品の専門店や、一部スーパーなどであつかっていると紹介した。

人間の便は8割が水分で、のこりが腸の粘膜と腸内細菌だという。古い粘膜をスムーズに排出することが大事だ。文教大学湘南キャンパスを訪ねた。辨野博士と共に研究している笠岡博士を紹介。ふたりはさつまいもに注目しているという。腸内環境を整える食物繊維は不溶性と水溶性があり。不溶性はそれ自体が排便をうながす。水溶性は、善玉菌のエサとなり、免疫細胞を活性化するという。さつまいもは、2種類の食物繊維を摂取できる。

また、焼き芋には、ヤラピンが含まれており、粘膜バリアを厚くし、排便を促すという。皮に近い部分に多く含まれるので焼き芋は皮ごとたべるのがおすすめ。焼き芋に関し、博士は、ある実験を行った。女子大生22人に3週間さつまいもをたべてもらったところ、お通じがよくなったという。1日100gのさつまいもを摂取することで排便量が約1.5倍に増えるという。

スタジオで、焼き芋は皮ごとたべるのが良いとあらためてわかった、繊維の種類でもいろいろあって役割がちがうのがわかったなどと話した。ポイントをもういちどおさらいした。

免疫力の7割を作り出すと言われる腸の粘膜バリアを厚くして免疫力を高めるためには、ムチンを積極的にとることが効果的。古くなった腸の粘膜をスムーズに排出して、腸内環境を整える為には、サツマイモの摂取がとても有効である。

夏場にダメージをうけやすい胃の粘膜バリアをまもるための方法について、篠山さんが調査にむかった。免疫力アップの野菜があるという。

キーワード
レンコン
ムチン
新レンコンのゴマ風味サラダ
新レンコンのキンピラ
ビタミンC
レンコンパウダー
レンコンパウダー入り味噌汁
レンコンパウダー入り夏野菜カレー
レンコンパウダー入り豚肉の味噌炒め
ヨーグルト
そうめん
れんこんパウダー
蓮根粉
文教大学
さつまいも
不溶性食物繊維
水溶性食物繊維
免疫細胞
ヤラピン

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
21:13~

暴飲暴食をすると胃酸が多く分泌、粘膜バリアを傷つけてしまう。高槻市の大阪薬科大学の馬場教授を訪ねた。胃の粘膜バリアを保護する「明日葉」を紹介。明日葉の産地は八丈島だという。

明日葉をもとめ、八丈島にやってきた。道端に野生の明日葉が生えていた。明日葉が栽培されている畑に向かった。その途中の玉石垣を紹介。明日葉農家の浅沼さんは20年栽培している。明日葉は、台風がきてなぎ倒されてもすぐに生える生命力があるという。八丈島を含め、伊豆諸島に自生している。明日葉は、降水量が多く、水はけがよく、適度な日陰でないと育たない。

キーワード
大阪薬科大学
明日葉
高槻市(大阪)
八丈島(東京)
玉石垣

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
21:25~

明日葉の茎から黄色い汁がでてきた。とても苦い。これが胸焼けのときなど効くのだという。

黄色い汁の正体について、カルコンだという。胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜を保護して力を強めるという。現代人は、不規則な生活やストレスで胃酸が出過ぎている。カルコンには胃酸の過剰分泌を抑える働きがある。江戸時代にはすでに注目されていた。苦い明日葉の食べ方について紹介する。

明日葉農家の浅沼さんは、牛小屋に連れてきた。62歳までは酪農家だったという。牛に明日葉を食べさせたらお乳がでることがわかり、明日葉農家になったという。牛に明日葉を食べさせた。

キーワード
貝原益軒
大和本草
明日葉
カルコン

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
21:33~

自宅でアシタバ料理をいただく。アシタバの茹で汁、油炒めをいただく。加熱すると苦味が薄れる。アシタバのすまし汁も美味しいという。

島の総合病院に、島民の健康状態を聞いた。老人は本当に元気だ、胃の悪い人はきわめて少ないという。

明日葉料理をもっと食べたいと、JA東京島しょ八丈島の加工場にやってきた。明日葉の天ぷらを教えてもらう。茎と葉を別々に揚げるのがポイント。ほかに明日葉チャーハンを教えてもらう。ゴマ油で炒めるのがポイント。最後に明日葉ムース。

キーワード
アシタバの茹で汁
アシタバの油炒め
アシタバのすまし汁
JA東京島しょ八丈島 明日香荘
明日葉の天ぷら
明日葉チャーハン
明日葉ムース

夏の最新免疫力アップSP (バラエティ/情報)
21:43~

最後に、明日葉ムースをいただく。作り方は、明日葉25gと豆乳200ccをミキサーにかけ、弱火で加熱、水で戻したゼラチンを加え、練乳と生クリームを足し、冷やし固めたらできあがり。暑い夏にピッタリだ。カルコンは加熱しても成分が変化しないので、いろんな料理に利用できる。生の明日葉は、伊豆諸島のアンテナショップのほか、一部の大手スーパーなどで購入できる。

篠山は、島の人たちは本当に元気だったと話した。スタジオに明日葉料理が登場。

スタジオで、明日葉の天ぷら、明日葉チャーハン、明日葉ムースをいただく。料理としておいしいと話した。先生方も、夏場は苦いのもおいしい、苦味のある状態でも食べたいなどと話した。

胃の粘膜バリアを守って免疫力アップするには、暴飲暴食を改めて胃酸の過剰な分泌を抑える事が大切。胃酸の過剰な分泌を抑えるには明日葉のカルコンが大変効果的である。

キーワード
明日葉ムース
明日葉
明日葉の天ぷら
明日葉のムース
明日葉チャーハン
カルコン
胃酸

エンディング (その他)
21:50~

藤吉久美子は、帰りにレンコンとサツマイモと明日葉を買って帰ると話した。

1.こぶ茶と唾液腺マッサージで唾液をたくさん出す。2.レンコンとサツマイモで腸を元気に。3.明日葉で弱った胃を守る。と再度伝えた。

主治医が見つかる診療所の次回予告。

エンディングテーマ「世界が瞬きしている間に」テスラは泣かない。

キーワード
テスラは泣かない
世界が瞬きしている間に
  1. 前回の放送
  2. 8月17日 放送
  3. 次回の放送