ガイアの夜明け サラリーマン人生で“得たもの”を活かせ!

放送日 2016年6月28日(火) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

ソフトバンクモバイル株式会社の映り込み。

オープニング映像。

江口洋介が様々な課題を借りる中小企業が大手企業出身者の力を借り立て直すケースが増えていると話した。

東京・千代田区にある「SADA神田・秋葉原ショールーム」を取材。店員が客のサイズを測り、客の好みに細かく応えている。「佐田」は大正12年に生地の卸問屋として創業され、自社工場でスーツを製造している。現在の4代目社長は小売り事業に力を入れ店舗数を拡大してきた。悩みは店舗数の拡大により、店員の接客態度が悪くなっていること。そこで人材支援会社の「サーキュレーション」に仕事を依頼。「サーキュレーション」は「佐田」に「ディズニー・ストア・ジャパン」、「日立製作所」で働いていた人材を2名紹介した。

接客のプロ橋本さんが「SADA神田・秋葉原ショールーム」を視察。店内に入るも、店員は電話対応で橋本さんの存在に気づかない。店内も配線がむき出しになっているなど問題点があった。バックヤードも整理されていないという課題が見つかった。

キーワード
千代田区(東京)
佐田
サーキュレーション
ディズニー・ストア・ジャパン
日立製作所
SADA神田・秋葉原ショールーム

サラリーマン人生で“得たもの”を活かせ! (バラエティ/情報)
22:10~

ソフトバンクモバイル株式会社の映り込み。

「SADA神田・秋葉原ショールーム」に今年の新入社員が集められた。視察に来ていた接客のプロ橋本が注意したのは、店内に置いてあった採寸の時に着るスーツの配置。橋本さんは客の目線に立って店内のレイアウトについて指導した。配置について新人に語るのと間接的に、店の責任者に問題点を伝えていた。橋本が一番改善が必要だと感じていたのは、店員が客の採寸を行なう時。きちんと採寸していないとリピーターは増えないのだという。

「SADA 大阪梅田ショールーム」に直営店の店長たちが集められた。普段どのような採寸をしているのか全員で確認し合うと、独自の採寸方法を用いている店舗があることが判明した。接客のプロ橋本は「佐田」のブランディングが必要だと語り、全店舗で統一した測り方を作ることになった。

キーワード
大阪市(大阪)
佐田
SADA神田・秋葉原ショールーム
SADA 大阪梅田ショールーム

サラリーマン人生で“得たもの”を活かせ! (バラエティ/情報)
22:20~

ソフトバンクモバイル株式会社の映り込み。

日立製作所出身の新道が中国・北京にある「オーダースーツSADA」の工場を訪れた。検品で不合格となったスーツをやり直すために、今やっている作業を中断させているのが効率を悪くしていた。新道さんはストップウォッチで作業の時間を測り、カメラで撮影し、徹底的に効率の悪い工程を探しだした。ホテルに戻ると新道さんは撮影した映像を見て、従業員の歩数など細かい問題点を発見した。

キーワード
オーダースーツSADA
日立製作所
北京(中国)

サラリーマン人生で“得たもの”を活かせ! (バラエティ/情報)
22:25~

江口洋介が様々な課題を借りる中小企業が大手企業出身者の力を借り立て直すケースが増えていると話した。

日立製作所出身の新道が中国・北京にある「オーダースーツSADA」の工場を訪れた。作業工程の悪い工場のレイアウトを変更した。また使用する道具を整理することで作業時間を短縮。ミスが多い作業の箇所にはライトと鏡を設置し、作業員の注意力を上げる事でミスを少なくするようにした。新道さんは次々と改善作業を行い、楽しそうに仕事をしていた。

新オープンした「SADA 千葉駅前ショールーム」に接客のプロ橋本が訪れた。各店舗の店長と作成した採寸マニュアルには、採寸方法が写真付きで細かく書かれていた。マニュアルに沿って採寸を行い、バラバラだった採寸方法を統一することにした。今後は接客全般のマニュアルも作っていくのだという。

「テクノプラザおおた」で「群馬ものづくり改善インストラクタースクール」が行われていた。中小企業が抱える問題点をいかに解決するか、そのノウハウを教える。受講者は中小企業の社員と、大手企業を退職した人達。大手企業を退職した人が直接中小企業で指導を行なうのは難しく、このスクールで学んだ後、中小企業に派遣される。中小企業の社長からどのように悩みを聞き出すのか、シュミレーションを行なう授業などが行われていた。スクールを卒業したインストラクターが、このあと小さなこんにゃく工場で指導を行なう。

キーワード
オーダースーツSADA
日立製作所
北京(中国)
千葉市(千葉)
SADA 千葉駅前ショールーム
太田市(群馬)
テクノプラザおおた

サラリーマン人生で“得たもの”を活かせ! (バラエティ/情報)
22:37~

「サンデン」を定年退職した古澤さんは、「改善インストラクタースクール」を卒業していた。古澤さんと、同じく卒業生で「日本精工」で工場長をしていた山越さんは、こんにゃくの里・昭和村にあるこんにゃく工場「北毛久呂保」を訪れた。そこは従業員15人の小さな工場で、味には定評がある。社長の悩みは、作業効率が悪い場所の改善。使われていない大型の機械があり、工場のスペースを圧迫しているという問題点が見つかった。これらの機械は、新商品開発のために導入されたが、商品は試作品止まりで終わり、悪循環となっていた。新商品として開発が進められている場所では、作業員の姿勢が窮屈になっていると発見された。

キーワード
伊勢崎市(群馬)
サンデン
昭和村(群馬)
こんにゃく
北毛久呂保
日本精工

サラリーマン人生で“得たもの”を活かせ! (バラエティ/情報)
22:46~

こんにゃく工場「北毛久呂保」の改善を求められた古澤さんと山越さんは、従業員と社長を集め、従業員が今どんな悩みを抱えているのか話し合った。すると従業員から今までの不満が数々出てきた。また工場の作業で、従業員が改善してほしい場所を意見を聞きながら直していった。稼働率の悪い機械は外に運び出し、稼働する時だけ中に入れることに。社長は「みんなに参加してもらって変えていくことが一番の肝」だと手応えを感じた。

キーワード
昭和村(群馬)
北毛久呂保
こんにゃく

エンディング (その他)
22:51~

ガイアの夜明けの次回予告。

ビジネスオンデマンドの案内テロップ。

ナビゲーターの江口洋介は「大手企業で務めてきた人と、人材が不足している中小企業を結びつけ、課題を解決していくことが今後増えていくのではないか」と語った。

キーワード
ビジネスオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 6月28日 放送
  3. 次回の放送