ガイアの夜明け 密着!会社と闘う者たち 〜“長時間労働”をなくすために〜

放送日 2016年2月9日(火) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

密着!会社と闘う者たち 〜“長時間労働”をなくすために〜 (バラエティ/情報)
22:00~

2015年4月、東京・千代田区にある厚生労働省にて過重労働撲滅特別対策班が発足した。長時間労働を取り締まる専門チームで、警察官と同様に捜査権を持ち、逮捕や家宅捜索を行うことができる。3ヶ月後にはABCマートを違法残業で摘発し書類送検した。同班が次に目をつけたのは法人としてのドン・キホーテで、店舗を内偵調査した他、内部文章を押収。当番組では過重労働撲滅特別対策班による摘発に密着。

江口洋介は東京・新宿にある新宿労働基準監督署を訪れ、徳力信ニ署長は自分が働いている会社が法律に違反していると思う労働者がやってくると説明。1日で電話、投書、メールなどを含むと平均して90~100件の相談がある。多くの相談内容は賃金支払、突然の解雇、パワハラなどで、過重労働に関する相談は急増しているという。ここでは法律違反があると思われる会社に是正勧告を文書で行い、是正が行われないようであれば刑事訴訟法に基いて強制捜査に踏み切ることもある。

東京・千代田区にある厚生労働省 東京労働局の中に過重労働撲滅特別対策班(通称:過特)の部屋がある。違法な長時間労働を行う企業を専門的に取り締まり、樋口雄一氏が捜査員を取り仕切っている。過特はこれまでにABCマート、フジオフードシステムを労働基準法違反で書類送検し、次に狙いを定めていたのがドン・キホーテ。同社は平成元年の創業から売上高は右肩上がりだったが、長時間労働の問題が顕在化していた。これまでに全国の労働基準監督署から41件の是正勧告が出されていたが、改善は見られなかった。今回、過特のメンバーである宮地剛史氏が調査に乗り出した。

宮地剛史氏は情報に基いて長時間労働が疑われる、ドン・キホーテの支店の内偵調査を行った。駐車場で従業員の出勤の様子、荷降ろし作業をチェックしていた。この店の営業は朝10時から翌朝5時までで、宮地氏は従業員の勤務実態を観察。夜7時には駐車場で従業員の退社時間を見張り、朝一番に出勤した男性の3ヶ月の勤務時間を概算した。そして、内偵調査に基づき、過特の若山特別監督官は強制捜査に踏み切るために捜査内容を説明。長時間労働が全社的に行われている可能性が高いとして、全国5ヶ所の施設へ一斉捜索を開始した。

キーワード
塩崎恭久厚生労働大臣
過重労働撲滅特別対策班
厚生労働省
ABCマート
ドン・キホーテ
長時間労働
千代田区(東京)
新宿労働基準監督署
東京労働局
札幌市(北海道)

密着!会社と闘う者たち 〜 (バラエティ/情報)
22:16~

昨年6月16日、東京・目黒区にあるドンキホーテ本社に過重労働撲滅特別対策班の監督官が強制捜査に入った。同時刻には札幌市のグループ会社にも家宅捜索を行い、書類やデータといった内部資料を押収。監督官らは全社員の出勤簿を渉猟した結果、大幅な長時間労働の証拠を発見した。ある社員は最大で16時間以上の労働をしていた。捜査と平行して経営陣への事情聴取を行い、当番組でも独自に取材を申し込んだ。大原孝治社長は長時間労働の認識はなかったが、権限を持っていた店長や支店長は長時間労働を理解していたかもしれないと話した。現在は大幅な増員を行ったことで違法状態は解消し、この状態を継続していくことに邁進すると語った。

2016年1月、過特は立件する被疑者は店長5名、支社長3人に決定した。更に

キーワード
樋口雄一主査
ドンキホーテ
過重労働撲滅特別対策班
厚生労働省
目黒区(東京)
札幌市(北海道)
千代田区(東京)

密着!会社と闘う者たち 〜“長時間労働”をなくすために〜 (バラエティ/情報)
22:25~

皆様に感謝を込めてキャンペーン実施中 テレ東見てもらってイイですか?の紹介。

キーワード
アリさんマークの引越社

エンディング (その他)
22:50~

エンディング映像。

「ガイアの夜明け」の番組宣伝テロップ。

  1. 前回の放送
  2. 2月9日 放送
  3. 次回の放送