ガイアの夜明け 独占取材!“シャープ危機”…再生への闘い

日経スペシャル ガイアの夜明け(にっけいスペシャル ガイアのよあけ)は、2002年4月からテレビ東京系列とBSジャパンほかで放送中の経済ドキュメンタリー番組である。通称ガイアの夜明けもしくはガイア。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年6月9日(火) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

独占取材!“シャープ危機”…再生への闘い (バラエティ/情報)
22:00~

5月14日に東京・芝浦に多くの報道陣が詰めかかけた中、シャープの高橋興三社長は巨額の最終赤字に転落したと語った。その額は2223億円で、高橋社長は不退転の決意で希望退職の実施、給与やボーナスのカットといった再建策を発表。会見の模様は上海拠点などにも中継されていた。入社11年目の岡野将吾さんには1歳に満たない子供がいて、不安はあるが受け身になっていても何も始まらないと語った。

大阪・阿倍野区にあるシャープ本社は再建策により、売却されることとなった。本社近くにあるお好み焼き店 お多幸を切り盛りする井上トヨ子さんはシャープが無くなったら、ともにお店を閉めるとコメント。店では冷蔵庫やテレビなどシャープ製品を扱っていて、井上さんはなんとか生き延びてほしいと願っている。一方で三重・亀山市にあるシャープ亀山工場では高橋興三社長がビデオメッセージで、リストラや給与カットといった痛みを伴う改革に社員からの理解を求めていた。

江口洋介はシャープがこれまでに世に送り出してきた商品を紹介。国産第一号の白黒テレビ、国産初のターンテーブル式電子レンジ、世界初の液晶表示電卓を生み出してきた。近年では液晶技術を結集して「アクオス」を発売したが、中国製や韓国製に押されて利益は低迷している。2011年・12年には大幅な赤字を計上し、2013年には業績は回復したが2014年に再び経営危機を迎えた。

メリルリンチ日本証券の片山栄一氏は中期経営計画には課題が残されていると指摘。特に業績を厳しくしたのは液晶事業だと話すが、同事業トップに就任する和田正一役員は事業を盛り返したいとコメント。シャープ亀山工場内ではスマホ用の液晶パネルを大量製造していて、和田役員は中国でのスマホシェアを獲得することがこれまで以上に重要と語った。シャープ上海部品販売の社員らはその社運を託されていて、岡野将吾部長は液晶パネルなどの部品をスマホメーカーに販売する業務に携わっていた。

中国の新興スマホメーカーであるシャオミは僅か5年で、出荷台数において世界5位に踊りでた。シャープにとっては液晶パネルの大口取引相手だが、再建のためには第二のシャオミを発見する必要があった。岡野将吾さんと上司の大橋康博さんは中国第4位の経済都市となった深センにある家電量販店を訪れた。シャープの4Kテレビは約40万円と決して安価ではないが、来店する富裕層は新技術などの惹かれて購入に意欲的だった。実際、世界中の4Kテレビの約6割は中国向けに出荷されている。

岡野将吾さんと上司の大橋康博さんはテレビ会議で液晶開発責任者とスマホ用の4K液晶パネル導入について議論した。奈良・天理市のシャープ天理工場ではその開発が大詰めを迎えていて、上田直樹さんら技術者はその技術をもとに更なる展開ができると期待をふくらませた。中国・上海で岡野さんは妻のあずささん、8ヶ月の息子と束の間の休日を楽しんでいた。

キーワード
高橋興三社長
シャープ
芝浦(東京)
上海(中国)
アクオス
阿倍野区(大阪)
亀山市(三重)
メリルリンチ日本証券
シャープ上海部品販売
シャオミ
日本経済新聞
ジャパンディスプレイ
深セン(中国)
4Kテレビ
ディスプレイサーチ
4K
天理市(奈良)
シャープ天理工場
液晶パネル
4K液晶パネル

独占取材!“シャープ危機”…再生への闘い (バラエティ/情報)
22:22~

中国・深センでは中国最大級のディスプレー展示会「CITE2015」が開幕した。テレビやスマホメーカーなど約1600社が参加し、シャープは展示会場だけでなくフォーシーズンズホテル 深センのホールを借りきって新製品を展示。高橋興三社長は社員の奮励努力を期待すると述べ、ホテルの会場には続々と人々が来場。中でも人々が群がったのは世界初披露となったスマホ用の4K液晶パネルだった。

岡野将吾さんと上司の大橋康博さんは中国・北京にある大手インターネット放送局 楽視を訪問。同社は2004年に創業し、ドラマだけでも10万話以上を配信している。更に4K映像を2000本以上配信していて、自社ブランドで4K液晶テレビを開発・販売。現在ではスマホを開発中で、液晶パネルにも高水準を求めていた。商談を終えた岡野さんと大橋さんは中国・上海で同僚らと飲み会を行い、トークの話題は必然と中期経営計画についてだった。

4月中旬に中国・北京ではインターネットテレビ局の楽視が会見を開き、自社ブランドで開発したスマートフォンを販売すると発表。液晶パネルはシャープ製で、2015年末にも量産可能な液晶で世界最高峰の技術がつぎ込まれている。更にシャープは液晶パネルの中国での取引先を今後、25社まで増やす目標。

このあと、液晶技術を活かして全く新しい技術の開発が・・・

キーワード
シャープ
深セン(中国)
CITE2015
フォーシーズンズホテル 深セン
4K液晶パネル
4K
シャープ上海部品販売
楽視
上海(中国)
北京(中国)

独占取材!“シャープ危機”…再生への闘い (バラエティ/情報)
22:33~

江口洋介はシャープ首都圏研究所を訪れ、近藤克己さんから液晶テレビに注ぎ込まれた技術について説明を受けた。この技術を応用して冷蔵庫でも冷凍できる保冷剤、液晶アンテナなどを開発していて、近藤さんは全力投球している最中とコメント。

シャープの研究開発本部に所属する鎌田豪さんは液晶の光学技術を応用し、太陽光をそのまま屋内照明として有効に使えると考えていた。千葉・柏市にある首都圏研究所では鎌田さんら研究者が広視野角フィルムを開発。このフィルムを液晶画面に貼るとその部分だけ色を鮮やかに見ることができ、国内外で数々の賞を受賞。鎌田さんはこの技術をもとに、驚くべき性能を秘めたフィルムを開発している。

キーワード
シャープ
シャープ 首都圏研究所
柏市(千葉)

独占取材!“シャープ危機”…再生への闘い (バラエティ/情報)
22:42~

シャープの鎌田豪さんら研究員は液晶テレビの技術を応用し、あるフィルムを開発。このフィルムで太陽光を上向きに屈折させることができ、部屋全体を明るく照らすことができる。シャープのオフィスでは既に実験が行われて、社員からの評判は上々だった。鎌田さんらチームは不動産会社のヒューリックを訪れ、フィルムを装着した模型を使ってプレゼンテーション。試験的に導入してもらうことになり、虎ノ門の空きフロアで窓から入った太陽光がフィルムを通じてどこまで届くのか計測した。

キーワード
シャープ
日本橋(東京)
虎ノ門(東京)

独占取材!“シャープ危機”…再生への闘い (バラエティ/情報)
22:48~

シャープは液晶テレビの技術を応用し、太陽光を上向きに屈折させて部屋全体を明るく照らすフィルムを開発。鎌田豪さんら研究員は取引先のヒューリックを訪れ、新たに建設されたビルに納入したフィルムで年間で25.1%の照明の電気代を削減できるとの実験結果を報告した。相手側も納得のいく結果で、ビルの竣工式では西浦三郎社長は鎌田さんに上機嫌な様子でこれからできるだけ使いたいとコメント。鎌田さんはこれを皮切りに世界中にこの技術を広め、それとともにシャープを再建したいと語った。

キーワード
シャープ
日本橋(東京)
虎ノ門(東京)

エンディング (その他)
22:50~

エンディング映像。

「ガイアの夜明け」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 6月9日 放送
  3. 次回の放送