ガイアの夜明け 家電ゴミが“宝”に変わる!

放送日 2013年6月11日(火) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

ビックカメラ有楽町店では、NTTドコモの新商品「GALAXYS4」が発表されて店頭に並んでいた。日本の携帯電話の出荷台数は4000万台以上にのぼる。東京・足立区の片山さんは使い終わった携帯電話を家に残しているという。店が引き取っている携帯電話は10年前に比べて減少している。日本では小型家電は燃えないゴミとして捨てられていて有用金属が年間290億円にのぼるともいわれている。

世界中の家電ゴミが集まる町で行われていることや、金属を自動選別する画期的な機械の実力など、今日の番組内容を簡単に紹介した。

キーワード
NTTドコモ
GALAXY S4
足立区(東京)
携帯電話

家電ゴミが“宝”に変わる!~都市鉱山…最新リサイクル~ (バラエティ/情報)
22:05~

東京・江東区では、収集車が燃やさないゴミを回収していた。座椅子や小型家電など様々なものが捨てられている。中防不燃ごみ処理センターには、大量の小型家電が集まっていた。こうした小型家電は、巨大な機械で粉々にされ、鉄やアルミが選別される。しかし、希少金属が含まれる基盤は捨てられてしまう。環境省は、小型家電は量が集まらないと採算が合わないと説明している。

小型家電には、資源として使える金属が残っている。基盤には金や銀などが使われている。しかし、ゴミとしてではなく持ち込む先がわからないと説明した。

小型家電は、不要品回収業者の一部が海外に流出させている。専門家の寺園淳さんは、海を渡る小型家電のなかでスクラップに混ざった家電は中国に輸出されていると説明した。

中国・広東省のグイユには、中古の電気製品や解体された部品を取引する一大市場があった。そこに、おびただしい数の家電ゴミの残がいがあり、日本語が書かれていた。他にも各国の名前が書かれた家電ゴミがあった。

町を行き交う大型トラックを追いかけると、荷降ろしが始まったトラックからは大量の家電が降ろされていった。そこから三輪トラックにハードディスクなど細かくわけられて運ばれていった。

キーワード
江東区(東京)
グイユ(中国)

家電ゴミが“宝”に変わる!~都市鉱山…最新リサイクル~ (バラエティ/情報)
22:16~

中国・広東省にあるグイユには、世界中から家電ゴミが集まってくる。海外から集められた家電ゴミは、三輪トラックに積み替えられて町中の路地裏に運ばれていった。そこでは、男性が山積みになった基盤を解体していた。町には、携帯電話の解体などの看板が並んでいた。ある業者は、鉄や銅、金などを集めていると話し、働き手は貧しい農村から集まってきたと説明した。

日本ではリサイクルしても採算が合わない作業でも、中国ではビジネスとして成立していた。こうした業者は300以上あるが、作業環境をみると健康被害などが心配される。作業場から流れでた排水は垂れ流されて川は酷く汚れていた。中国では、家電ゴミの輸入を禁止しているが、日本の家電ゴミは今でも流出し続けている。

今年の4月1日、小型家電リサイクル法が始動した(日本経済新聞)目玉政策のひとつとして、東京・昭島市などに設置された小型家電 回収ボックスがあげられた。

東京・江東区の江東区役所に設置された「小型家電回収ボックス」では、携帯電話などを持ち込んでリサイクルすることで金属が回収できると話した。ゴミは自治体が集めていて、小型家電を集めている自治体には国で支援も行われている。問題点としては、分別・収集にコストがかかること、広報をしないと伝わらないことなどをあげた。

今年4月にスタートした「小型家電リサイクル法」について、去年、環境省が行なったアンケートでは6割以上の市区町村は消極的な姿勢を示していた。理由としては体制面や予算面での難しさがあげられた。そんななか、5年以上前から小型家電リサイクルをして成功を収めている自治体があった。

キーワード
日本経済新聞
小型家電リサイクル法
小型家電回収ボックス
グイユ(中国)
携帯電話
昭島市(東京)
江東区(東京)

家電ゴミが“宝”に変わる!~都市鉱山…最新リサイクル~ (バラエティ/情報)
22:28~

大型スーパー「いとく片山店」の入り口には小型家電回収ボックスが置かれていた。近所住民は回収ボックスを日常的に利用しており、2口用意されているほど。秋田県では全市町村で家電リサイクルを実施しており、採算が取れるよう秋田大館市のエコリサイクルのみに集約される。

エコリサイクル・笹本常務によるとリサイクル品は増加傾向にあるという。解体後、基盤部分はグループ会社・小坂製錬に持ち込まれ金や銀、錫、アンチモンといった金属になってよみがえる。

笹本常務は「事業として考えれば明らかにマイナス」と話す。希少金属が多い小型家電は全体回収量の2割だけとなり、他からは金銀より価値の低い鉄やアルミ部分が多く採算が取れないという。

今年4月、不採算家電について笹本常務はプラスチック回収の可能性を考案。しかし、プラスチックは多くの種別があり、リサイクルのためには1つずつ成分を分析せねばならない。笹本常務は「なるべく廃棄物を減らしたい」と語った。

このあとは、携帯電話をリサイクルするための画期的技術を紹介する。

キーワード
エコリサイクル
アンチモン
小型家電回収ボックス

家電ゴミが“宝”に変わる!~都市鉱山…最新リサイクル~ (バラエティ/情報)
22:39~

NTTdocomoでは、画期的なリサイクルが始まっていた。「ドコモショップ 高田馬場店」の窓口に使わなくなった携帯電話を渡すと、個人情報の流出を防止するために穴をあけた。その後、神奈川県に運ばれてバッテリーが外され、愛媛県に輸送される。バッテリーを外した携帯電話は、熱処理機に投入され、プラスチックは油になり、金などのレアメタルが取り出された。

北九州市の日本磁力選鉱では、全ての小型家電ゴミに対応する画期的な技術が開発されていた。ここには2億円を投入して建設された小型電子機器処理ラインがあるという。

キーワード
NTTdocomo
携帯電話
神奈川県
愛媛県
日本磁力選鉱
北九州市(福岡)

家電ゴミが“宝”に変わる!~都市鉱山…最新リサイクル~ (バラエティ/情報)
22:45~

北九州市の老舗のリサイクル企業「日本磁力選鉱」は、2億円を投入して小型電子機器処理ラインを建設していた。家電ゴミは細かく砕かれて分解される。その後、選別工程で鉄、アルミ、プラスチックと基盤に分けられる。プラスチックと基盤は別の機械で希少金属を含む部品とその他のものに選別される。日本磁力選鉱では、今年度中の黒字化を目指している。さらに、携帯電話の使用済みバッテリーから金属を取り出す実験も行なっている。

キーワード
日本磁力選鉱
北九州市(福岡)

エンディング (その他)
22:49~

「ガイアの夜明け」の次回予告。

「単なるゴミにも貴重な資源が眠っている。自治体と企業の協力や画期的技術でリサイクルは進められている」と江口洋介がまとめた。

  1. 前回の放送
  2. 6月11日 放送
  3. 次回の放送