ガイアの夜明け 巨大’’規制’’に挑む!−バターの闇 新たな戦い−

放送日 2018年8月14日(火) 22:00~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

3月下旬、人だかりができていたのは期間限定のフランス産チーズの無料試食イベント。仕掛けたのはフランス乳業団体のローラン・ダミアンさん。このイベントを開いたのは7月、日本とEUが署名したEPAによりEUから輸入する食品や工業製品にかかる関税を9割以上が撤廃されることから。それに先駆けフランスの乳製品を日本に売り込みに来たが、バターはなかった。それは今回EPAでのバターは関税がかかったままだったから。日本では過去に何度もバター不足になっているが、政府はバター足りていると説明している。

人気のパン屋に話を聞くと、多い日でバターは5~6キロ使う。国産バターは手に入りにくく、全国のバターをかき集めていて業界全体で手に入りにくい。価格も徐々に値上げ傾向で、値段をあげないといけない日がやってくるかもしれないと話した。

なぜ、国産バターは高くて足りないのか。国内の生乳流通の半分以上を扱う「ホクレン農業協同組合連合会」は以前番組の取材でバター不足が起きてもかまわないとも取れる内容が議論を読んだ。2年に及ぶ取材から見えてきたのは自由な取引を阻む高く厚い壁だった。そして今回さらなる問題が明らかに。

オープニング映像。

キーワード
ラ・メゾン・デュ・フロマージュ
EPA
EU
齋藤健農林水産大臣
青山〔東京)
習志野市(千葉)
ホクレン農業協同組合連合会

巨大“規制“に挑む! (バラエティ/情報)
22:09~

酪農家が生産した生乳は指定団体に買い取られ、各乳業メーカーに卸され加工して販売される。指定団体は全国に10あるが、運営しているのは全て農協系で結果的に96%は農協系の指定団体が独占しているのが現状。この状況を打破しようとしているのが、民間企業の「MMJ」。MMJは指定団体より高く買取り、乳業メーカーには安く卸している。今年4月法律が改正され自由化へと動き出した。

MMJの売りは高値での買い取り。契約農家は83軒、出荷先をMMJに帰るだけで売り上げが数百万円~数千万円アップする。群馬県伊勢崎市にMMJの本社がある。一間のオフィスに社員は4人、人件費や設備コストを圧縮し、高い買取価格を実現している。MMJは2002年に設立。酪農家仲間が経営難で廃業していったのがきっかけ。MMJに出荷する福田貴仁さんはMMJの方が利益が出るので、規模の拡大を考えていけると話す。2年前、福田さんは出荷先を指定団体からMMJに変えたいと思い農協に相談したが対立。また農協は出荷しなくても賦課金を支払うよう通達した。

2017年7月、福田さんは公正取引委員会を訪ねた。阿寒農協が科した賦課金の是非を国に判断してもらおうとした。そして10月、公正取引委員会は賦課金が独占禁止法にあたるおそれがあると阿寒農協に注意した。阿寒農協は賦課金の徴収を一時停止した。一方日本各地でも組織の圧力が。

キーワード
MMJ
農協
阿寒農業協同組合
浜中町(北海道)
伊勢崎市(群馬)
阿寒町(北海道)
公正取引委員会
霞が関(東京)

巨大“規制“に挑む! (バラエティ/情報)
22:19~

映画「銀魂2」のテロップ。

2017年12月福島市にある福島乳業は震災後は風評被害で赤字続きだったが、起死回生にとMMJとの契約。福島乳業は原料を東北の指定団体から買い、MMJからも乳牛を買ってブランド商品を作った。しかし地元の新聞でMMJと取引を開始すると話すと指定団体の態度が一変、前金じゃないと売らないと言い出した。また、福島乳業は指定団体から1億7000万円の借金があり返済を猶予してもらえないか相談すると、取引先の売り上げを担保に取ることができる契約書にサインを求められ、3ヶ月後に取引先から売上金の回収を始めた。そのため福島乳業に金が入らなくなり資金繰りが悪化した。福島乳業は指定団体に多く納めていた金の返却をしたが叶わなくなり、今年5月工場は閉鎖され従業員は全員解雇、社長には連絡が取れなくなっていた。専門家は指定団体は債権の回収がわずかで潰れても構わないというのが根底にある。MMJと取引をしたことが債権回収の理由であれば独占禁止法に当たるのではと指摘。指定団体の専務に話を聞くと反論するものはないと答えた。今年8月福島乳業の社長と再開、工場の債権に向けて奔走している。指定団について怒りはあるとした。

北海道阿寒町では自由な取引を求める酪農家と農協が対立。組合への反発から福田さんに続いて7軒の農家がMMJに出荷。また今年4月、これまで指定団体だけが生乳の卸売ができたが、MMJも指定団体に並ぶ事業者として国から認められた。酪農家の宮高敏祝さんは農協を通じてMMJに売ることで対立を避けるのではと考えたが、農協は制度が変わっても求めに応じて出荷先を変えることはないと主張し、系統機関に委託するのが原則という販売規程を理由に要望を拒否した。その後販売規程を調べると他にも売ることができることが発覚したが、宮高さんはMMjに出荷することができなかった。そこでJA北海道中央会に問い合わせたが、回答拒否された。

値上がりし続ける国産バター、プロたちも高いと評価。MMJは3年がかりであるものを完成させた。

キーワード
銀魂2
福島乳業
東北生乳販連
独占禁止法
福島市(福島)
仙台市(宮城)
新橋(東京)
阿寒農協
JA北海道中央会
阿寒町(北海道)
MMJ

巨大“規制“に挑む! (バラエティ/情報)
22:41~

映画「銀魂2」のテロップ。

2月下旬、ホテルの会議室に表れたのは乳業コンサルタント。国産バターを食べ品質を評価したが、どれも似たような味で高いとした。日本のバター価格は主要国で一番高い。7月下旬、MMJ本社ではバター工場の建設を予定。最新の機械を使って製造コストを下げる。試作品もできており、パン屋で試食販売をさせてもらうことになった。

キーワード
銀魂2
MMJ
北海道
習志野市(千葉)

巨大“規制“に挑む! (バラエティ/情報)
22:48~

映画「銀魂2」のテロップ。

規制にとらわれないバターを試食販売することに。今回は税別150円で販売、90個用意し完売した。茂木修一社長は既得権益の人たちは邪魔してくるが既得権益を開放していくのが仕事。これからも頑張っていこうと思うと話した。

キーワード
銀魂2
習志野市(千葉)

エンディング (その他)
22:51~

ガイアの夜明けは「ビジネスオンデマンド」「Paravi」で配信中。

江口洋介は日本では巨大な規制で生産者を守ることが消費者のためになるとされてきたが、今は農業に携わる人は減り農家の収入も改善していない。今後海外から安い商品が入ってくる。規制で守り続けることが日本のためになるのかと話した。

「ガイアの夜明け」の次回予告。

キーワード
ビジネスオンデマンド
Paravi

番組宣伝 (その他)
22:52~

「WBS」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月14日 放送
  3. 次回の放送