ガイアの夜明け コーヒー 新サバイバル!

放送日 2018年5月15日(火) 21:54~22:54
放送局 テレビ東京

番組概要

コーヒー 新サバイバル! (バラエティ/情報)
21:58~

東京・町田で全国から10店が集まりコーヒーを提供するイベント「コーヒーコレクション2018」が開催。来場者は2015年は約2000人だったが、約5000人が来場した。コーヒーの競争が激化する中、スターバックスコーヒーは新商品開発に向けて動いていた。

キーワード
スターバックスコーヒー
コーヒーコレクション2018
グリッチコーヒー
町田(東京)

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

コーヒー 新サバイバル! (バラエティ/情報)
22:00~

東京・原宿にある「スターバックスコーヒー」。多くの若者で店内は賑わっている。看板商品は「ダークモカチップフラペチーノ」などの「フラペチーノ」。若者には人気のスターバックスであるが、30代になると週1回も飲まないなど社内で年代別に分かれている。さらにコンビニで淹れたてのコーヒーが飲める用になり選択肢が広がっている。そこで、スタバでは新商品の開発などに取り組む。

コーヒーチェーンの店舗数はトップが1341店でスターバックスコーヒー、2位が1124店でドトールコーヒーショップ。その下にコメダ珈琲店やタリーズコーヒーなどが続き、ますます競争が激しくなっている。スターバックスコーヒー1号店は1996年にオープンで当時は珍しい全面禁煙となっている。人気商品である「キャラメルフラペチーノ」、「フラペチーノ」を購入するのは若い世代という調査結果を受け、幅広い世代に楽しんでもらうためこれまでにない商品開発に密着した。

2017年10月「スターバックスコーヒージャパン」の商品開発現場に密着した。開発していたのはフラペチーノから離れた世代が再び飲みたくなるような商品。ビバレッジ部の東さんはピンクのコショウを振り替えたフラペチーノで大人の味を演出。しかし、イメージを 掴みあぐねていた。そこで、カフェの本場であるイタリア・ミラノへ上司とともにやってきていた。まず入ったのはジェラート専門店でジェラートに入っているのはレモンの皮を入れているなど話を聞く。東さんがさらに気になって入った店ではエスプレッソにアイスが入ったデザート。店員に話を聞くと生クリームが多いなどの話を聞いた。

11月上旬、帰国した東さんは早速試作品を作る。レモンを細かく刻み生クリームと氷を混ぜ合わせたものに砂糖少なめのエスプレッソを入れた大人フラペチーノが完成した。この試作品をコーヒースペシャリストの松田さんに飲んでもらう。スタバのコーヒーにレモンが合わないと指摘された。次に取り出したのは生クリーム。スタバでは生クリームを使用していないので新しい試みとなる。目指すのは濃厚な生クリームと話す。

11月中旬、テストキッチンに開発チームが集まっていた。濃厚生クリームを使った大人フラペチーノの試作品を試飲してもらった。生クリームがエスプレッソを引き立てると好評価。そして、商品化を決める幹部陣も試飲し、2018年5月に発売する予定となった。ところがその2日後にある問題が持ち上がった。それは調理に使った容器に脂肪分の曇り残っていた。スターバックスでは水洗いで容器の汚れが落ちるようにしており、脂肪分が残っていると別の商品を作った時に混ざってしまう可能性がある。大人フラペチーノを実現するためには全国の店舗で容器を買い足す必要となる。

キーワード
スターバックスコーヒー
ダークモカチップフラペチーノ
原宿(東京)
ドトールコーヒーショップ
コメダ珈琲店
タリーズコーヒー
サンマルクカフェ
キャラメルフラペチーノ
スターバックスコーヒージャパン
目黒(東京)
ミラノ(イタリア)

コーヒー 新サバイバル! (バラエティ/情報)
22:21~

11月上旬、帰国した東さんは早速試作品を作る。レモンを細かく刻み生クリームと氷を混ぜ合わせたものに砂糖少なめのエスプレッソを入れた大人フラペチーノが完成した。この試作品をコーヒースペシャリストの松田さんに飲んでもらう。スタバのコーヒーにレモンが合わないと指摘された。次に取り出したのは生クリーム。スタバでは生クリームを使用していないので新しい試みとなる。目指すのは濃厚な生クリームと話す。

濃厚な生クリームを使った大人フラペチーノの開発している東さん。大人フラペチーノを実現するためには全国の店舗で容器を買い足す必要でコストをかけてでも売り出すか決断が迫られていた。12月、北海道・帯広市に東さんの姿があった。濃厚生クリームを販売している企業を訪れ、安くて味の良い商品を探しにやってきていた。試飲をした結果、容器を買い足しても新商品を発売すると決めた。

「全仏オープンテニス」の告知テロップ。

5月8日、東京・丸の内にスタバスタッフの姿があった。作っていたのは濃厚生クリームを使った大人フラペチーノで、まずは丸の内で試飲してもらった。40代の男性は「これだといける」など好評価だった。その翌日、大人フラペチーノは正式に「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」として発売された。店内の様子を見ていた東さんは「率直に言えばほっとした」など述べた。

所変わってパナマ。首都から300キロ離れた山岳地帯には高級コーヒー豆「ゲイシャ」の畑が広がっていた。原産地であるエチオピア・ゲシャ村が名前の由来となっている。コーヒーの原点は半世紀以上に遡る。日本では一般的にコーヒーが広まったのは1960年代以降、純喫茶で堪能できその後、缶コーヒーなどが発売され家庭でも楽しめるようになった。これをファーストウェーブと呼ばれる。90年代にはスターバックスコーヒーを始めとするコーヒーチェーン店が展開し、カプチーノなど様々な商品が発売される。これをセカンドウェーブとされる。そして、2000年台には豆の生産地などを明確に分けた。

「流山おおたかの森S.C.」内にある「スクロップ コーヒー ロースターズ」。このコーヒー店では注文を受けてから豆をひき一杯分ごとにコーヒーを入れるのがこだわりである。そのスクロップで取り扱う豆は熊谷市にある工場で焙煎している。コーヒーを試飲するのは国際的なコーヒー鑑定士「Qグレーダー」の資格を持つ中嶋さんで年間200種類以上のコーヒーを試飲し、豆の買い付けなどを任されている。1月下旬、本社であるマルハンダイニングではコーヒーのフォースウェーブを模索する中、中嶋さんはパナマの「ゲイシャ」を家飲み用に開拓すると提案。

2月中旬、中嶋さんの依頼を受け、コーヒー買い付けを専門にする会社の高橋さんがパナマへとやってきた。まずは「エリダ農園」で話を聞く。オーナーのウィルフォードさんによると「ゲイシャ」の購入予約をしていったという。すると高橋さんは車の荷台に乗り込み山道を進み始めた。

キーワード
スターバックスコーヒージャパン
スターバックスコーヒー
目黒(東京)
ミラノ(イタリア)
帯広市(北海道)
エスプレッソ アフォガート フラペチーノ
丸の内(東京)
上野(東京)
ゲイシャ
流山おおたかの森S.C.
パナマ
スクロップ コーヒー ロースターズ
スクロップ コーヒー ロースターズ 焙煎工場
Qグレーダー
マルハンダイニング
流山市(千葉)
熊谷市(埼玉)
江東区(東京)
エリダ農園

コーヒー 新サバイバル! (バラエティ/情報)
22:37~

「全仏オープンテニス」の告知テロップ。

「ゲイシャ」を求めパナマへとやってきた高橋さんは車で山道を進みやってきたのは「ゲイシャ」を専門に栽培する「アブ農園」。オーナーのホセさんに話を聞くと2000ポンドの収穫を予定していると話した。2月下旬、高橋さんは「ゲイシャ」のサンプルを中嶋さんに手渡す。仕入れ値を聞くと100グラム3000円~4000円くらいと高橋さんは答えた。

4月1日、焙煎工場で試飲をしている中嶋さんの姿があった。「ゲイシャ」はジャスミンのような爽やかな香りと柑橘のような爽やかな酸味と軽い甘みが特徴。中嶋さんはブレンドコーヒーを作り、価格を抑える事を考えた。

4月中旬、神奈川・逗子市にある「スズキヤ 逗子駅前店」へと中嶋さん達がやってきた。「スズキヤ」では3月のコーヒーの売上が前年に比べると2割減となっていて「スズキヤ 逗子駅前店」の大川店長は「ゲイシャ」に期待を寄せていた。そして4月28日にゲイシャ・ブレンドのテスト販売を行った。

キーワード
ゲイシャ
パナマ
アブ農園
スクロップ コーヒー ロースターズ 焙煎工場
熊谷市(埼玉)
スズキヤ 逗子駅前店
逗子市(神奈川)

コーヒー 新サバイバル! (バラエティ/情報)
22:48~

「全仏オープンテニス」の告知テロップ。

4月28日にゲイシャ・ブレンドのテスト販売を行った。まずは1人の女性がやってきてパッケージは好評。コーヒーの入れ方などを聞いて購入。その後も次々と商品を買い求める客の姿があり、この日は45個が売れた。中嶋さんは「いろいろな商品サービスを探求して取り組んでいきたい」など話した。

キーワード
スクロップ コーヒー ロースターズ 焙煎工場
ゲイシャ
スズキヤ 逗子駅前店
逗子市(神奈川)

エンディング (その他)
22:51~

エンディング映像。

「ガイアの夜明け」は、『ビジネスオンデマンド』と『パラビ』で配信中!

オープニング曲「鼓動」

エンディング曲「夜空の花」

「ガイアの夜明け」の番組宣伝。

キーワード
ガイアの夜明け
ビジネスオンデマンド
パラビ
鼓動
夜空の花

番組宣伝 (その他)
22:52~

「ワールドビジネスサテライト」の番組宣伝。「”道の駅”ランキング」。

  1. 前回の放送
  2. 5月15日 放送
  3. 次回の放送