昼めし旅 長野&岐阜中山道SP“漆器職人(秘)秋ナス味噌”&“旬の高級魚○○天ぷら”

放送日 2016年9月27日(火) 11:50~12:55
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:50~

本日の舞台は中山道。風情ある町並みでご飯調査!

キーワード
中山道

長野県・塩尻市 (バラエティ/情報)
11:52~

長野県・塩尻市をご飯調査。塩尻市の名物はブドウ。ワイン用のブドウの栽培も最盛期を迎えている。

望郷 明日夜8時58分放送。

奈良井宿入り口という看板を発見した。中山道の宿場の一つで趣のある町並みがあった。

奈良井宿は全長約1キロメートルで、江戸時代には日本最長の宿場町として栄えた。観光客の姿も見える。おせんべい屋の店頭では試食のおせんべいをもらった。

せんべい専門店会津屋。店内には約40種類の煎餅が並ぶ。一番人気は正油せんべい。しょうゆダレは創業当時から継ぎ足して使われている。店長永井昌子さんにせんべいを作っているところを見せてもらう。作っていた辛子みそはいかにも辛そうな見た目だが食べるとそこまでではないという。永井さんにあなたのご飯見せてくださいと交渉。この番組をよく見ているという中島さんの助けもあり強引に交渉成立となった。

お店の裏の調理場で調理スタート。ナスとピーマンを素揚げし、ごはんの釜には醤油を入れ、みじん切りにしたニンジン・ちくわ・鶏肉・こんにゃくなどを入れて炊く。冷凍庫から松茸を取り出しお土産にと頂いた。付近の山でよく取れるという。

会津屋のお昼ごはんが完成した。ナスとピーマンの素揚げにはお店の煎餅にかけている味噌を付けた。初めて作ったが野菜によく合っているという。スタッフもご飯を頂いた。ごはんは味付けが丁度いいとコメントした。お母さんたち3人から年齢や泊まる場所など質問攻めにあっていた。おせんべい屋さんは家族経営でご主人は歯医者に行っているという。ご主人とはお見合い結婚で、日頃言えない本音として家事をやってくれて言うことないと話していた。

キーワード
ワイン
ブドウ
塩尻市(長野)
奈良井宿
中山道
会津屋
奈良井宿せんべい 正油
辛子みそ
ちくわ
こんにゃく
ピーマン
ナス
ニンジン
松茸
鶏肉
ナスとピーマンの素揚げ
五目ご飯
松本市(長野)

岐阜県・美濃加茂市 (バラエティ/情報)
12:04~

岐阜県美濃加茂市は、かつて中山道51番目の宿場町・太田宿としてにぎわった場所。当時のおもかげを感じさせる街並みや、干し柿の王様と呼ばれる堂上蜂屋柿などが有名。

岐阜県美濃加茂市でご飯調査。田園地帯を歩いていると、田んぼの中で養殖しているホンモロコにエサをあげていた男性・岸篤司さんと出会う。ホンモロコはコイ科の中で最もおいしいといわれる高級魚。岸さんは稲作農家の傍らホンモロコの養殖をしているという。獲ったばかりのホンモロコを見せてもらった。

いい大人2人が大騒ぎ!いったい何が!?

キーワード
太田宿
堂上蜂屋柿
美濃加茂市(岐阜)
ホンモロコ

岐阜県・美濃加茂市 (バラエティ/情報)
12:10~

岐阜県美濃加茂市。水中の仕掛け網で捕獲するホンモロコの引き揚げ作業を見学。バケツにあげるとザリガニとドジョウしか出てこなかった。ドジョウはホンモロコのエサを食べてしまうので捕獲したほうが良いが、一度見失ってしまう。その後見つけた桂三度と岸篤司さんは大騒ぎ。岸さんにご飯交渉し、成立した。

「湊かなえサスペンス 望郷」の番組宣伝。

岸篤司さんが昼食を食べるという場所を訪れると麻雀を楽しむ老人たちの姿が。岸さんはホンモロコの養殖だけでなくお年寄りたちの日帰り介護施設の経営も行っている。ごはんをつくるのは施設のスタッフ。

岸篤司さんのお昼ごはん。高山市の名産・すくなカボチャをカットしてあごだしなどで煮込む。ホンモロコは生きたままザルで洗ったら酒を入れて酔わせ、衣をつけて揚げる。炊き上がったごはんは、岸さんがつくったコシヒカリ。

岸さんのお昼ごはん。自身がつくった新米のコシヒカリを食べた岸さんは、甘くておいしいと一言。また、自身で養殖したホンモロコについては、苦味がちょっと残るのがいいなどと話した。すくなカボチャはしっとりしていて甘いという。ご厚意に甘えてホンモロコを頂いた桂三度は、ビール飲みたいなどとコメント。

岸さんの夢は、ホンモロコの釣り堀や触れ合える水遊び場を備えた”モロコの里”をつくること。岸さんは、魚や人が共生して食べ物になるということを実感できる場所にしたいなどと語った。

岐阜県美濃加茂市でご飯調査を続行。温暖な気候の山之上町には約130軒の果樹園がある。旬を迎えているのは梨。さこう農園では、朝採りした梨を買うことができる。豊水を試食した桂三度は果汁がとまらない、最高の梨などとコメント。山之上町の土は水はけの良い赤土で、梨の栽培に適した土壌だという。農園の酒向さんの奥様にご飯交渉するため、ご自宅へ。妊娠8ヶ月だという奥様は了承してくれた。

果樹農園を営む酒向家は、ご主人・直樹さんのご両親と同居している。リビングには暖炉があった。

迷惑な?2世帯ならではの○○事情!

キーワード
ホンモロコ
ザリガニ
ドジョウ
キッチン 花時計
美濃加茂市(岐阜)
すくなカボチャ
コシヒカリ
高山市(岐阜)
ホンモロコ祭り
さこう農園
豊水
山之上町(岐阜)

岐阜県・美濃加茂市 (バラエティ/情報)
12:27~

テロップ:ドラマスペシャル 湊かなえサスペンス 望郷

結婚5年目でお子さんを授かった酒向さんのご飯を調査。下味をしっかりつけた鶏肉を170度のオリーブオイルでじっくり揚げる。ナスに切込みを入れて輪切りにし、カレー粉をまぶした魚肉ソーセージを挟む。焼き目をつけたらお母さんの創作料理カレー風味ナスのソーセージはさみ焼きの出来上がり。カボチャの煮物はあごだし・しょうゆ・砂糖で味付けし5分ほどにてかつお節をふりかける。マヨネーズを少なめにしたカロリー控えめのポテトサラダ。酒向家の晩ご飯が完成。三度さんは鶏の唐揚げを食べ「家庭でこのサクサク感よく出せましたね」、ナスのはさみ焼きを食べ「カレー味が絶妙」などとコメントした。

このあと 奥様とご主人の運命的な出会いとは!?

キーワード
さこう農園
ナス
カレー粉
鶏の唐揚げ
ナスのはさみ焼き
ポテトサラダ
カボチャの煮物
美濃加茂市(岐阜)

岐阜県・美濃加茂市 (バラエティ/情報)
12:34~

果樹農園を営む酒向さん夫婦の結婚秘話を聞いた。出会いは直売所の店員と客。旦那さんに一目惚れした奥さんのアプローチが始まった。実はその時旦那さんも奥さんに一目惚れしていたという。1年半の交際を経て2011年に結婚。間もなく待望の1人目のお子さんが産まれる。

キーワード
美濃加茂市(岐阜)

長野県・塩尻市 (バラエティ/情報)
12:36~

長野県塩尻市でご飯調査。

この近辺は木曽漆器という漆の樹液を使った塗り物の産地。約400年の歴史、主に日常で使う食器として発展した。作業場へ案内してもらった。77歳の巣山さんはこの道50年の6代目。今でも毎日作業を続ける仕事人。印に沿って器の形を整える作業。器として最終的な形を決める工程。続いては塗りの作業。他の塗り物は馬や羊などの毛を使用するが漆塗りは人の髪の毛を使うことが多い。塗っている時に毛が抜けるのを避けるために長くて細い人間の髪が使われたという。

このあと 元日も仕事に奮闘する理由とは…

キーワード
木曽漆器
塩尻市(長野)
中山道
元日

長野県・塩尻市 (バラエティ/情報)
12:43~

木曽漆器職人の巣山さんのご飯を調査。ご自宅にお邪魔させてもらうと、実は巣山さんは自宅を展示場にしており建物は国の有形文化財に指定されていいるとのこと。

自宅で奥さまが作ってくれるご飯を見学。食卓には「ナスのみそダレがけ」「イワシの塩焼き」と味噌汁が並んだ。巣山さん夫婦は子供が3人居るとのことで、全て男。女の子が欲しいなと思っていたなどと話した。2人の出会いのきっかけは木曽漆器の展覧会で、ご主人の作品に奥さまが一目惚れしたとのこと。

3人のお子さんがいるが、巣山さん夫婦は後継者は望めないと話した。頑張り続けれた理由として「こういうのに向いてたのか」と、最近気づいたと話した。ご主人が仕事が1番楽しいと語った。

キーワード
ナスのみそダレがけ
イワシの塩焼き
木曽漆器

今日のおやじ飯 (バラエティ/情報)
12:49~

今回は「焼き魚 あら川」の店主、荒川さんがおやじ飯を紹介する。あら川は「しめサバのおし寿司」などが人気のお店。

今回は「焼き魚 あら川」のおやじ飯「焼きサバほぐし丼」を紹介する。酢飯を作り、そこにガリを加え焼きサバと共に混ぜ合わせる。これを器に盛り付け、大根おろしとネギを乗せれば「焼きサバほぐし丼」の完成。

キーワード
焼き魚 あら川
しめサバのおし寿司
さわらの西京焼き定食
焼きサバほぐし丼

エンディング (その他)
12:54~

「昼めし旅」次回の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 9月27日 放送
  3. 次回の放送