昼めし旅 2015年3月3日放送回

放送日 2015年3月3日(火) 11:45~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:45~

オープニング映像。

キーワード
スカイベリー

栃木・佐野市「あなたのご飯見せて下さい」 (バラエティ/情報)
11:48~

佐野の何も無い畑から昼飯旅がスタートした。道中トマトの無人販売機を見つけた桂三度さんはそこで8個で400円のトマトを購入した。

桂三度さんが散策中発見したのは後ろのドアが空いた軽自動車。その持ち主を探しにビールハウスへ向かい持ち主に話しかけて取材の許可を貰った。ビニールハウスの中で育てていたのは苺だ。ただの苺ではなく新品種のスカイベリーという苺で1箱約5000円であり贈答品として注目されている。桂三度さんがスカイベリーを試食、「おいしい」「大味になりそうなのにギュッと甘さが凝縮していますね」コメントした。

つづいて、桂さんは佐野市街地へ。「耳うどん」と書かれた看板を発見し、店舗を訪れた。訪れた店舗「勝味屋」は佐野名物耳うどんの有名店だ。ご主人の八長さんは16歳の時から修行を始め、43年前に独立、そのころからうどんを出しているという。

苺を育てている篠崎さんは有機肥料で質の良い苺を4代にかけけて50年前から苺を作ってきており、3年前栃木県から試験的にスカイベリーの栽培を依頼されスカイベリーはとちおとめに続く新品種として期待されており傷が一つでもつくと価値が無くなるので徹底した温度管理や水量・土でも完璧ないちごが出来るのは50分の1だそうだ。また三拍子揃っている苺は大変貴重が高い。

スカイベリーは美しい円すい形が絶対条件である。ほんの少しの形の違いで篠崎さんは、「200円ぐらい価格に差があります」と答えた。つづいて厳選されたスカイベリーを見せて貰った。その際、桂さんはいちごを落としてしまい、パニック状態に。しかしいちごを落としたことで部屋中にいちごの香りが広がり、桂さんは「このスカイベリーの香りめっちゃいいですね」とコメントした。その後、「あなたのご飯を見せて下さい」とお願い。篠崎さんの自宅へ行くことに。

耳うどんの特徴はその形で、耳にそっくりである。耳うどんの由来は悪い神様の耳を食べれば家のことを聞かれずにすむという魔除けの意味で昔から食べられていた。だし汁は企業秘密で、具材は人参や大根など9種類の多くの具材を使う。茹で上がった耳うどんとだし汁、具材をくわえて耳うどんは完成。さっそく桂さんは試食し「すごくおいしい。」とコメント。もうひとつの佐野名物「大根そば」を試食。佐野は大根の名産地でもある。桂さんは勝味屋さんの奥様に「あなたのご飯を見せてください。」と話し、お昼ごはんを見せてもらうことにした。

女将さんのお昼ごはんは、手打ちうどんと絶品丼だ。今日は、豚のヒレ肉をつかった、ソースカツ丼が今日のまかない。つづいて耳うどんの切れ端を使用し、もうひと品つくる。秘伝のだし汁に特性のカレーソースをまぜ、それをゆでた耳うどんの切れ端に入れる。各々の料理を試食、桂さんは「カレーうどんのだしと耳うどんは絡んで美味しい。」とコメントした。

このあとは、「高知の新鮮食材でいただく絶品料理登場!」と「かわいいワンちゃんに付いて行くと…」の話題。

篠崎さんの自宅に到着。普段は奥様が作るが不在のため、篠崎さんが自炊をする。まずはかき菜をきり、バターでいたる。塩コショウなどで味付けしかつおだしのだし汁と混ぜ、お味噌汁が完成。続いて餃子を作り、手作り餃子定食が完成し試食することに。桂さんは餃子について、「すべての具材がみんな手をつないで仲良しというかんじである。」とコメントした。また、味噌汁についてはバターと味噌汁が合うことに気づいた。昼食後、大きなイチゴの乗ったケーキを篠崎さんが桂さんへ持ってきてくれ、試食をした。

キーワード
佐野市(栃木)
スカイベリー
にんじん
里芋
大根
ゴボウ
れんこん
白菜
豚肉
ヒレ肉
耳うどん
佐野ラーメン
キャベツ
にら
豚ひき肉
餃子
お味噌汁
かき菜
いちご

高知県「あなたのご飯見せて下さい」 (バラエティ/情報)
12:09~

坂本龍馬が生まれた高知県の西部にある四万十市を訪れた。そこで見つけたのは欄干のない沈下橋という形式の橋だった。これは増水時に水面下に沈む設計の橋で流木や土砂のたまりを防ぐために欄干を外してあるのだという。この形式の橋が四万十川には47設置されている。

四万十川上流の方へ進むと農家レストランを発見。この「しゃえんじり」では地元の自分たちが作った野菜を中心に家庭料理を出している食堂だという。食堂の名前の由来は四万十市の方言で「野菜畑」という意味だといいここでは1000円ですべての料理が食べ放題になっている。

四万十川の河口付近の名鹿にある一圓さんが経営するいちえん農場を訪れた。東京ドームのおよそ5倍の広さがある農場で柑橘類などの栽培を行っている。

四万十市にあるしゃえんじりの皆さんのまかないご飯をみせてもらうことに。四万十川の川海老をたまねぎなどと合わせ天ぷらにしたり大根とさといもの煮物を作ったりなど地元の食材を使ったまかないが完成した。

しゃえんじりは地元の主婦6人が集まって10年前にオープンしたお店。自分たちが作った野菜だからこそ「今の時期の大根は皮を厚めに剥いだら柔らかく食べれる」などその時期にどのように調理したら一番美味しいのかをよくわかっているのだという。

いちえん農場では養鶏もしており土佐ジローを1000羽飼育しているのだという。土佐ジローは一般のブロイラーが出荷まで60日程度なのに比べ450日以上かけて飼育する高級地鶏でここでは解体も行っているという。

このあと高級地鶏 土佐ジローの絶品鍋が登場!

キーワード
四万十川
四万十市(高知)
沈下橋
まめにみそ
ポテトサラダ
きんぴらごぼう
ふきのとう
たまねぎ
ニンジン
さつまいも
川海老
ブロッコリー
大根と里芋の煮物
川海老と野菜のかき揚げ
なます
大根
名鹿(高知)
土佐ジロー

高知県「あなたのご飯見せて下さい」 (バラエティ/情報)
12:26~

高知県・四万十市のいちえん農場でご飯調査する。いちえん農場で養鶏しているのは「土佐ジロー」で450日かけて育てる、高級地鶏だ。料理を作るのは奥さんの一圓圭さん。今日のお酒のつまみはサワラの塩焼きと土佐ジローのもも肉だ。今日の晩ご飯は「土佐ジローのすき焼き」で、作り方は、酒を入れ沸騰したらもも肉・むね肉・玉ひも・レバー・砂肝を入れ、砂糖・醤油で味を整えてシイタケ・えのき・豆腐・ニンニクの葉を加えて完成だ。いちえん農場では養鶏に加え、柑橘類の栽培、蜂蜜の生産、炭作りなど循環型農業を実践している。スタッフは一圓さんのお宅に泊めてもらい、朝食を食べて帰った。

キーワード
土佐ジロー
土佐ジローのもも肉
サワラの塩焼き
土佐ジローのすき焼き
シイタケ
えのき
ニンニクの葉
もも肉
むね肉
レバー
砂肝
四万十市(高知)

今日のおやじ飯 (バラエティ/情報)
12:33~

今日のおやじ飯を教えてくれるのは「馬菜・銀座本店」だ。人気メニューは「おまかせ馬刺し5点盛り」と「桜鍋すきやき」だ。今日のおやじ飯はひな祭りにピッタリの「卵とじちらし」だ。作り方はご飯をボウルへ、市販のちらしずしの素とショウガを加える。このあと卵とじちらし寿司!お子さんも大好きな味に仕上げます!

キーワード
卵とじちらし
おまかせ馬刺し5点盛り
桜鍋すきやき
ニンジン
小松菜
銀座(東京)

今日のおやじ飯 (バラエティ/情報)
12:38~

ご飯にショウガを加えたらヨーグルトを加えて全体に馴染むように混ぜる。続いてニンジンと小松菜を500wのレンジで1分調理し、溶き卵の中に野菜と砂糖を加えてよく混ぜる。オリーブオイルをひいたら、野菜入りの溶き卵を焼きご飯の上に乗せる。最後に海苔をチラして完成だ。

キーワード
卵とじちらし
ニンジン
小松菜
  1. 前回の放送
  2. 3月3日 放送
  3. 次回の放送