昼めし旅 【南房総旬味ざんまい飯…絶品ワラサめしvsくじらのたれ】

放送日 2019年6月25日(火) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

本日の昼めし旅は房総のうまい魚が集まる、千葉県館山市でご飯調査!元釣り宿の女将が作るワラサのマル秘丼が登場!房総の珍味!クジラのたれとは?

キーワード
ワラサ
クジラ
館山市(千葉)

千葉県 館山市 (バラエティ/情報)
11:43~

千葉県・館山市でご飯調査。おいしい海の幸の宝庫で、今旬なのがイサキ。農作物の栽培も盛んで、今はトウモロコシの収穫の真っ最中だという。ご飯調査をするのはキャイ~ンのウド鈴木さん。

ひまわり農家の黒川さんと出会った。西岬地区では、砂地と温暖な気候を利用し約30年前からひまわりを栽培しているという。西崎のひまわりと知られ、全国で人気がある。

このあと!元釣り宿の女将直伝!ワラサの絶品料理。

キーワード
定置網丼
トウモロコシ
イサキ
アジ
ヒラメ
マグロ
アジのたたき
しらす
館山市(千葉)
房総半島
キャイ~ン
西岬(千葉)
東京湾
ひまわり
ワラサ

千葉県 館山市 (バラエティ/情報)
11:49~

千葉県・館山市で、ひまわり農家さんのご飯を調査。黒川さんご夫婦のひまわり畑ではアレンジメントなどに使用する小ぶりなひまわりを栽培している。6~7月が最盛期で、1日1000本以上を収穫している。ウド鈴木さんはご主人からひまわりをいただいた。ここで、奥様にお昼ご飯を見せてもらえないか頼んだ。交渉は無事に成立し、約束した時間にご自宅に伺う。「五右衛門荘」の看板がある黒川さんのお宅では、地魚料理が評判の釣り宿を兼業していた。ご主人は船長、奥様は女将。約40年釣り宿を切り盛りしていたという。奥様が膝を痛め、釣り宿の仕事が困難になったため約10年前に宿をたたんだとのこと。手術で膝を治療し、現在はひまわりの栽培を手伝っている。

新鮮なワラサを直伝のタレで着ける。大葉にネギ、大根おろしを乗せればワラサの漬け丼の完成。黒川さんの家のお昼ご飯は「ワラサの刺し身」「ワラサのカマ塩焼き」「ワラサの漬け丼」「野菜サラダ」。館山あたりではワラサは漬け丼にすることが多いという。ご主人は「(ワラサは)大きいでしょ。食べ切れねぇんだ、一瞬でね。腐らないよう殺菌を兼ねて漬け丼にする」と話した。ウド鈴木さんもご相伴にあずかった。カマ塩焼きを食べたウド鈴木さんは「うま~い!抜群の塩加減!」とコメントした。

続いて水田が広がる場所でご飯調査。トマト嫌いなトマト農家さんを発見し、ご飯を見せてもらえないか頼んでみた。お父さんに連絡をとると、ウド鈴木さんがいるトマトハウスまで来てくれた。自宅は汚くて見せられないというが、お父さんは「うちの隣が新築でキレイなんですよ…赤ちゃんが生まれたばっかりでね」と隣のお宅を紹介してくれた。

ビニールハウスから車で5分ほどの隣のお宅へ。無事交渉成立した。新築の家には石井さんご夫婦と、長男家族の5人で暮らしている。ご主人の趣味は日曜大工でいろいろ手作りしたという。庭にはデッキやベンチ、ピザ窯があった。知り合いを招いてピザパーティーをするのが夢だったという。ご自宅に上がらせてもらうと、噂の孫・葉絃くんが登場した。

このあと!館山の味覚!絶品料理が登場!!

キーワード
秦基博
ひまわりの約束
キャイ~ン
館山市(千葉)
ひまわり
大葉
ネギ
大根
玉ねぎ
レタス
ワラサ
イナダ
トマト
トウモロコシ
ブロッコリー
ピザ
館山(千葉)

千葉県 館山市 (バラエティ/情報)
12:13~

石井さんは作りおきのチャーシューを準備した。チャーシューを切ってタマネギを乗せた。次に、「クジラのたれ」という醤油や塩ベースのタレにクジラの赤身肉を漬け込み天日干しした南房総の郷土料理を出した。ご主人は南房総市の和田という地域までクジラ肉を買いに行き、自分で漬けて干して作るほどのこだわりを持っている。石井さん家のきょうの晩ごはんはチャーシュー玉ねぎスライス乗せ、クジラのたれ、インゲンの素揚げ、ウドの天ぷら、トコブシの煮付け。長男の知也さんも帰宅し、家族で食事をとった。ウドが苦手だと言うご主人は、きょうウド鈴木さんがいるということで食べてみると「うまい」と答えた。ウド鈴木さんは生まれて初めてクジラのたれを食べ「上手いなこれ。どうなったらこの味になるんだろう?噛めば噛むほど旨味が出てくるくじらジャーキーだ」とコメントした。また、家族の大好物のチャーシューを食べ「これが石井家の味ですね!お母さんのタレがうまい」と絶賛した。

キーワード
タマネギ
ウド
インゲン
クジラ
アワビ
トコブシ
館山市(千葉)
南房総(千葉)
北海道

群馬県 前橋市 (バラエティ/情報)
12:20~

群馬・前橋市でご飯調査を行う。群馬県は小麦の生産が盛んで、日本三大うどんの一つと言われる「水沢うどん」、「太田焼きそば」など小麦を使った料理が有名である。中でも前橋市は県内で1,2位を争う小麦の産地となっている。

今回須田ディレクターが群馬・前橋市でご飯調査を行う。須田ディレクターは大きなビニールハウスを発見し、向かうことにした。ビニールハウスの中で花が咲いていた。

このあとご自慢の名画&麦農家さんの絶品めし拝見!。

キーワード
前橋市(群馬)
モネ

群馬県 前橋市 (バラエティ/情報)
12:26~

そのビニールハウスは前橋バラ組合のもので、8軒のバラ農家が共同で栽培・出荷しているとのこと。約1万坪の土地で約60種類以上のバラを栽培しており、東京などに向け1日1万本出荷している。組合員の大谷伸二さんはバラ農家の2代目で、全国のバラの美しさを競う「日本ばら切花品評会」で最高賞の農林水産大臣賞を受賞した経験があると話した。優勝したのはナギサウェーブという品種のバラで、波状の花びらと鮮やかなピンク色が特徴となっている。大谷さんのナギサウェーブは、存在感のある大きさと整った花の形が高く評価されている。

須田ディレクターは、麦の収穫をしている男性に声をかけた。男性は神宮憲興さん。神宮さんは、今年は雨が多いのため小麦の収穫の予定が遅れ気味なため、急いで行なっていると話した。神宮さんは地元の食品メーカーに納品している小麦と、県内のビール工場に納品している大麦の栽培をしている。神宮さんにご飯を見せてもらうよう頼むと、奥さんに聞いて承諾してもらった。

自宅には神宮さんの奥さんの公子さんがいた。神宮さんの200坪の敷地には、トラクターなどが入ったガレージと去年建てたばかりの新居がある。神宮さん夫妻には二人の息子さんがおり、それぞれ結婚し東京と埼玉に暮らしている。神宮さんにモネの睡蓮のレプリカを見せてもらった。特殊な印刷技術を使っているため、レプリカでも数十万の価値があるものだと言う。

公子さんはキンピラゴボウと肉じゃがを作っていた。自家菜園があるため、野菜料理が中心だと言う。神宮さん家のきょうのご飯は、ナスとピーマンの煮浸し、肉じゃがなど。毎晩ビールを飲みながら、夫婦二人で食卓を囲むという。神宮さんは「いつもの味だね。おいしいな」と話した。神宮さんはサラリーマンだったが、退職し、公子さんの父親の畑を相続して農家を始めたと言う。神宮さんは「ビールは喧嘩しても飲む。潤滑油だよな」と話した。

キーワード
前橋市(群馬)
前橋バラ組合
日本ばら切花品評会
東京都
バラ
ブルゴーニュ
ナギサウェーブ
モネ
睡蓮
埼玉県
クラウン
タマネギ
ナス
ピーマン
じゃがいも
  1. 前回の放送
  2. 6月25日 放送
  3. 次回の放送