昼めし旅 【千葉県木更津…農家直伝!春レタス(秘)ツナ炒め】

放送日 2019年3月19日(火) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

オープニング映像が流れた。

キーワード
木更津(千葉)

千葉県 木更津市 (バラエティ/情報)
11:43~

千葉県木更津市でご飯調査。木更津市といえば潮干狩りの人気スポット。農業が盛んで、なばななどが旬を迎えている。佐藤エリさんがご飯調査スタート!

二つの祖国の番組宣伝が流れた。

千葉県木更津市でご飯調査スタート!お話を伺った平野さんは息子さん夫婦と養豚をしている。この日は趣味の自家菜園の手入れをしていた。

このあと!「奥様の愛情たっぷりの自家菜園で採れた野菜たっぷりめし」

キーワード
non-no
なばな
ふきのとう
いちご
木更津市(千葉)
東京湾
ネギ

千葉 木更津市 (バラエティ/情報)
11:49~

二つの祖国の番組宣伝が流れた。

千葉県木更津市で平野さんのご飯を調査中!平野さんは本業の養豚の傍ら、家庭菜園を行っている。ご飯を見せてもらえないか頼んでみたところ、交渉成立した。平野さんの楽しみは2人のお孫さんが2ヶ月に1回遊びに来ること。来る度に柱に成長の記録を残している。

キッチンにおじゃました。佐藤さんもお手伝いし、ブロッコリーを食べやすい大きさに切る。平野さんのお家では茹でずに蒸して調理する。この日はブロッコリーのほか、採れたての水菜などでサラダを作った。もう一品はご主人の大好物である煮物。ご主人は7年前に体調を崩し、健康のためにヨガを始めた。ご主人は180度の開脚を披露した。平野さん家の昼ごはんは「自家採れ野菜のサラダ」「里芋・ちくわ・さつま揚げの煮物」「ホウレンソウのゴマ和え」。

引き続き千葉県木更津市でご飯調査。お話を伺ったのは農家の中川さん。中川さんの畑は東京ドーム10個分の広さだという。ご好意で採れたての春レタスをいただいた。ここでご飯を見せてもらえないか頼んでみた。声を掛けた中川さんは5年前にも吉木りささんがお邪魔していた。交渉成立、佐藤さんはお礼に収穫のお手伝いを行った。1日におよそ1800個のレタスを収穫しているとのこと。作業が終わった夕方、着替えをした佐藤さんは中川さんのお宅へ伺った。

ゴマ油を引いたフライパンに、レタスを入れ軽く火を通す。レタスがしんなりしたらツナ缶を投入する。お孫さんも大好きなメニュー。中川さん家の晩ごはんは「春レタスのツナ炒め」「豚汁」「大根とこんにゃくの味噌田楽風」。佐藤さんも春レタスのツナ炒めをいただいた。

キーワード
菜花
春菊
ホウレンソウ
サトイモ
サニーレタス
レタス
ブロッコリー
木更津市(千葉)
水菜
自家採れ野菜のサラダ
里芋・ちくわ・さつま揚げの煮物
ホウレンソウのゴマ和え
東京ドーム
吉木りさ
菜の花
ふきのとう
イチゴ
春レタス
とうもろこし
ターツァイ
ターツァイの炒めもの
レタスしゃぶしゃぶ
春レタスのツナ炒め
豚汁
大根とこんにゃくの味噌田楽風

茨城県 桜川市 (バラエティ/情報)
12:10~

明治時代の町並みが残る、茨城県桜川市でご飯調査。県の西部に位置する桜川市は、明治時代東北から関東に通じる流通の拠点として繁栄。商人たちが数多くの蔵を建てた。そのため、歴史ある建物が今も数多く残る「重要伝統建造物保存地区」に指定されている。

茨城県桜川市でご飯調査スタート。古い旅館の女性に話しを伺うと、「明治中期に建ったと言われています」とのこと。

奥様が大切にするご主人の形見とは?

キーワード
桜川市(茨城)

茨城県 桜川市 (バラエティ/情報)
12:16~

茨城県桜川市の老舗旅館でご飯調査中。普段番組を見てくれているという田中さんは、知り合いを紹介してくれることに。紹介してもらったのはタバコ屋さんの潮田さん。潮田さんの家は江戸時代から明治にかけて呉服屋さんだったそう。建物は明治の末に見世蔵造りにしたものだそう。見世蔵とは伝統的な建築様式。土壁や漆喰などで作られた土蔵に店と住まいもくっつけた建物のこと。そんな歴史あるお宅のご飯が気になるので「あなたのご飯を見せてください」と言うと、「なにか考えましょう」と許可をいただけた。

「ビートたけし・笑福亭鶴瓶など豪華キャスト集結!山崎豊子原作『二つの祖国』3月23・24」と表示。

潮田さんは明治に建てられたお宅に、娘さん夫婦と暮らしている。「刺子半てん」はご主人が着ていたもの。かつて火消しが着ていた半てん。これを着て火を消すと、裏返して派手な絵柄を見せながら帰ってきたのだそう。地元の消防団に50年以上在籍したご主人は、10年前に肝臓の病気で他界した。奥様が「見せたいものがある」ということで、築150年の離れへ。13年前にご主人は消防団として長く地域に貢献したことが讃えられ、瑞宝双光章を授与された。ご主人との思い出をうかがったところで、お昼の時間。

石をこよなく愛する石材店ご主人のご飯とは!?

キーワード
山崎豊子
ビートたけ
笑福亭鶴瓶
桜川市(茨城)
瑞宝双光章
大根
にんじん
すみつかれ

茨城県 桜川市 (バラエティ/情報)
12:26~

茨城県桜川市の潮田さんの家のご飯調査中。潮田さんの本日の昼ごはんがそろった。酒粕で煮込んだ郷土料理「すみつかれ」。栃木では「しもつかれ」という。「すみつかれ」は「健康食だと思っている。家庭によって酒粕が強かったり甘みも違う」とのこと。

引続き茨城県桜川市でご飯調査。お邪魔したのは吉原さんが一人で切り盛りする石材加工会社。桜川市は墓や灯籠などに使われる「御影石」の産地として全国的に有名。市内にはおよそ150軒の石材加工会社があるそう。線香やお供え物を置く台の仕上げ作業は、吉原さんが一番緊張する作業だという。隣りにある自宅の石は全て自分で加工したもの。最近はコンクリートで造ることが多い部分も。郵便受けも吉原さんが造ったもので「安定している。石だから風が吹いたって音はしないし、どっしりしてるよね」とのこと。「一杯お茶飲んでいきな」と言って家に案内してくれた。現在1つ年上の奥様と2人暮らし。趣味の書道で知り合って意気投合し、48歳の時に結婚。これまで一度も喧嘩したことがないオシドリ夫婦。奥様はきょうは書道の先生をしているので不在だそう。ご主人が書いた「玉雪開花」という書を見せてもらった。夫婦そろって師範の資格を持っているそう。吉原さんに「あなたのご飯を見せてください」と言うと、「構わないですよ」と許可をいただけた。

奥様がご飯を作って用意しており、吉原さんは温めて食べる。電子レンジの使い方は奥様が操作手順を番号を振って貼ってくれている。なかなかナポリタンがチンできなかったが、吉原さんのご飯がそろった。ナポリタンにはニンジン・タマネギ・ピーマン・豚肉が入っており、少し甘めの味付け。吉原さんは「女房は薄味なんだよ。遊びと食事は一緒にね。お互い70過ぎると一番うれしいのは、二人で楽しく話をできること。体が丈夫なのが一番の財産」と話した。

キーワード
ブロッコリー
レタス
大根
ニンジン
すみつかれ
桜川市(茨城)
タマネギ
ピーマン
豚肉
ナポリタン
  1. 前回の放送
  2. 3月19日 放送
  3. 次回の放送