昼めし旅 【銚子市・厚揚げ豆腐の肉詰め】

放送日 2019年3月12日(火) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

オープニング映像が流れた。

千葉県 銚子市 (バラエティ/情報)
11:43~

本日の昼めし旅は、千葉県銚子市でご飯調査。銚子市は全国の漁港の中で年間水揚げ量日本一を誇る「銚子漁港」がある。漁師町のイメージが強いが、野菜の栽培も盛んな街。これからの季節は調子のシンボル「犬吠埼灯台」にちなんで「灯台キャベツ」と呼ばれる春キャベツが収穫を迎える。食材の宝庫であるこの街でご飯調査するのは、石田靖さん。さっそく銚子市でご飯調査スタート。

ブロッコリーを収穫しているご夫婦に声を掛けると「これからブロッコリー。温かくなったから急にでっかくなっちゃった」とのこと。石田さんも収穫させてもらった。

実は栄養満点!?ブロッコリーの茎を使った絶品料理!

キーワード
銚子漁港
灯台キャベツ
犬吠埼灯台
吉本新喜劇
銚子市(千葉)
ブロッコリー

千葉県 銚子市 (バラエティ/情報)
11:49~

千葉県銚子市のブロッコリー畑でご飯調査中。石田さんは「茎を折る音でどれだけ張りがあるかわかりますよね。知ってます?ブロッコリー(の食べる部分)って蕾なんですよ。ずっと置いといたら花咲くんですよ」と言った。話を伺ったのはブロッコリー農家の伊藤さん。普段よく食べている部分は蕾が集まったもの。成長すると黄色い花が咲く。また、茎の部分はビタミンCなどがたっぷり。伊藤さんは栄養満点の茎の部分まで残し、市場などに出荷している。石田さんは生のままのブロッコリーをいただき、「甘いです!」と感想を言った。「仕事はいつまでするんですか?」と母親・小夜子さんに聞くと「お昼まではかかるでしょう」と答えた。石田さんは「ここに来たのもなにかの縁なので、お手伝いしましょうか」と言った。石田さんは「あなたのご飯見せてください」と伊藤さんに言うと、「食材無い…」と言った。小夜子さんは「記念だから良いよ」と許可をもらった。伊藤さんの家は代々続く農家。今の家は明治初期に建てられたものだそう。石田さんは「高めの縁側良いですね」と言った。築およそ150年の伊藤さんの家は、敷地面積300坪ほどある。家の中にお邪魔すると、まず大きな大黒柱があった。屋根を支える梁には立派な欅の木が使われていた。

「テレビ東京開局55周年 ドラマスペシャル『二つの祖国』2夜連続放送」の表示。

伊藤さんのお宅ではブロッコリーの他に自宅の庭で野菜を育てている。この日は庭の菜花を湯がいて出汁醤油をかけていただく。次にブロッコリーを使ってもう一品。味のチェックも兼ねてこの時期にはブロッコリーが食卓によく並ぶのだそう。ビタミンCたっぷりの茎の部分は食べやすい大きさにして炒め物にする。火を通すとホクホクの食感に。ベーコンと一緒に炒める。伊藤さんの家のお昼ごはんが揃った。とちおとめは息子・正彦さんが作っている。昼ごはんはいつも家族4人でいただく。石田さんもご厚意でブロッコリー炒めをいただき、「おいしいわ。芯の部分は芋っぽいですね」と感想を言った。小夜子さんは「冥土の土産に良かったです」と言った。

引き続き千葉県銚子市でご飯調査。新築工事中の家の前にいた女性・いつ子さんに「お茶飲む?」と言われ、話を伺うことに。「まだ2月に引っ越してきたばかり。ゴチャ満開。まだ何にもないよ」と言って家に上がらせてくれた。いつ子さんには2人の娘さんがいる。この家には長女の美佐子さんと暮らしている。8年前の東日本大震災。銚子市でも津波が押し寄せてくるなど大きな被害があった。地震発生時にいつ子さんは家の二階にいて怖い思いをしたのだそう。だから8年越しで建てた念願の新居は平屋。娘さんと同居できて、これからは安心できる。石田さんは「あなたのご飯見せてください」と言うと、いつ子さんは「あの番組か。きょうは炊き込みご飯だけど…娘が帰ってきてから」とのこと。娘さんに電話をして確認しようとしたが出ない。「近所に住んでる友達にかけてみる」と言って電話をすると、切った後にその友人がやってきた。卵を持ってやってきたのは茶飲み友達の草刈さん。草刈さんも別の人に「私御飯作らない」と言って電話をした。そんな話をしているうちに娘さんが帰ってきた。娘・美佐子さんに「あなたのご飯見せてください」と言うと、許可をいただけた。

美佐子さんは栄養士の資格を持っており、現在は近くの介護施設で50人分の食事を作っている。この日は厚揚げの肉詰め。醤油・砂糖・酒などで煮込む。味付けは母親の年齢を考えて少し薄味。落し蓋をして15分ほど味を染み込ませたら「厚揚げの肉詰め」の完成。石橋さんの家の晩ご飯がそろった。石田さんもご相伴に預かり、厚揚げの肉詰めをいただいた。「甘辛いのが良い。玉ねぎがシャキシャキして美味しい」と感想を言った。

キーワード
ブロッコリー
銚子市(千葉)
ビタミンC
とちおとめ
菜花
ふきのとう
コショウ
ブロッコリーとベーコン炒め
天ぷらそば
東日本大震災
豚ひき肉
厚揚げの肉詰め
炊き込みご飯
野菜サラダ
牛ロース炒め

山梨県 北杜市 (バラエティ/情報)
12:09~

山梨県北杜市でご飯調査。北杜市で話題のスイーツは生信玄餅。山梨県を代表する銘菓・信玄餅の進化系で、餅が固くなるのを防ぐために入れている砂糖を極限まで減らし、地元産の「梨北米」を100%使用している。

人気の飲食店「ファミリーチャイナ」に訪れた。ファミリーチャイナはその名の通り家族経営のお店。広い敷地には店で出す野菜を栽培している。お店は平成元年から営業しているという。人気メニューは「五目炒麺(ツォーメン)」で、やわらか麺の焼きそばの上に地元産の野菜や豚肉などのあんがたっぷりかかっている。店内には手作り惣菜のバイキングもある。なんと一皿無料。

このあと!「奥様手作り絶品大根漬けが登場!」

キーワード
信玄餅
梨北米
北杜市(山梨)
八ヶ岳
ひまわり
ファミリーチャイナ
五目炒麺
島らっきょう
ニンニク
たけのこ
豚肉
大根

山梨県 北杜市 (バラエティ/情報)
12:16~

「二つの祖国」の番組宣伝が流れた。

山梨県北杜市で中華料理店のご飯を調査中。こちらでお客さんに人気なのが1皿無料の手作り惣菜バイキング。

奥さんは「みんなおいしいって言ってくれるのが嬉しい」と話した。相川ディレクターは一番人気の「五目炒麺」を注文した。奥様は手作りの「干し柿と柚子入り大根漬け」をサービスしてくれた。干し柿と柚子の皮を大根で巻き、甘酢に約1ヵ月漬けたもので、高級なお漬物だという。

お昼ご飯を見せてもらえないかお願いしたところ、ちょうど今から食べるところだったということで交渉成立。豚肉を醤油や酒などに漬けて、仕上がりが柔らかくなるように工夫されていた。そこに鶏と豚のスープを入れ、たっぷりの野菜と一緒に煮込む。地元産の野菜をたっぷり使ったタンメンができた。

引き続き山梨県北杜市でご飯調査。”みんなのおうちこうえん”を発見し、お話を伺った。お話を伺った星さんご家族は、6年前に東京の青梅市から移住してきた。4000坪の敷地を家賃月5万円で借りているという。

このあと!「4000坪に住む心温まる理由とは!」

キーワード
北杜市(山梨)
八ヶ岳
ファミリーチャイナ
五目炒麺
高菜
りんご
じゃがいも
高菜漬けの炒めもの
りんご煮
ジャガイモのもろみ味噌煮
干し柿
柚子
大根
干し柿と柚子入り大根漬け
豚肉
テレビ東京
青梅市(東京)
ヤギ

山梨県 北杜市 (バラエティ/情報)
12:27~

4000坪もの敷地に住む星さんご家族。東日本大震災で外遊びができなくなった福島のこどもたちのために4年前から遊び場を提供している。子どもたちの参加費は5日間で1人3000円。足りない分は寄付を募って賄っている。庭のブランコはご主人の手作り。その他にも必要なものは何でも自分で作ってしまう。ヤギの小屋もご主人の手作り。学童保育から帰ってきたのは、二女のいろのちゃん。お子さんは9歳、8歳、3歳の三姉妹。同じ敷地内にあるご自宅にお邪魔した。夜は自分で棚に上がって寝るニワトリのコッコちゃんは岡崎おうはんという純国産の地鶏。あなたのご飯見せてくださいとお願いし、交渉成立!

三姉妹の大好物、しめ鯖・春雨・自家製◯◯。勉強机も家具職人のご主人が作った。白菜は千切りにし、サニーレタスと合わせる。きょうのメインはしめ鯖。ここでご主人が帰宅、今日もタオル掛けを作ってきたという。ご主人は手作りみそまで作っていた。長女のそらちゃんはお手伝いも率先してやる。この日の味噌汁の具は大根。二女のいろのちゃんは春雨が大好物。星さん家の晩ご飯の完成。お米も自家製で農薬を使わず作っている。しめ鯖・白菜の千切り・サニーレタス、大根のみそ汁、春雨サラダ。

キーワード
東日本大震災
岡崎おうはん
北杜市(山梨)
福島市
ヤギ
ニワトリ
白菜
サニーレタス
大根
しめ鯖
大根のみそ汁
春雨サラダ
  1. 前回の放送
  2. 3月12日 放送
  3. 次回の放送