昼めし旅 〜春節に沸く神戸の中華街で発見!10人大家族の仰天!超豪華祝いめし

放送日 2019年2月28日(木) 11:40~12:40
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
11:40~

日本三大中華街の1つ、神戸・南京町。中国の旧正月を祝う春節の祝い飯を調査。

キーワード
南京町(兵庫)
春節

兵庫県神戸市 (バラエティ/情報)
11:43~

兵庫県神戸市、昨年開港150年を迎えた日本を代表する港町。この日は春節真っ只中の2月7日。横浜・長崎と並ぶ日本三大中華街の1つ南京町もお祭りムード。春節の祝い飯を調査!

マヤさん、神戸に来たのははなんと20年ぶり。元パリコレモデルのマヤさん、フランスの国旗のお店を発見。

マヤさん、お店に入るとフランス人の愉快な店主が出てきた。

キーワード
神戸市(兵庫)
春節
南京町(兵庫)

兵庫県神戸市 (バラエティ/情報)
11:49~

雑貨屋さんとフランス料理のお店をやっているそう。雑貨はフランスから直輸入をしているとのこと。南フランス行くとフルーツが季節によって変わると説明。セミはフランスではとてもいいイメージで、幸せになるというもの。南フランスのデザイナーがこのお店のために考えてくれているカバンを紹介。日本のスタイルでも使え、ヨーロピアン雰囲気でも使えると説明。日本に来て18年というアジーさん。ここで「あなたのご飯を見せて下さい」、弁当とか持ってこなくてレストランで食べるそう。3時半からご飯だというので交渉失敗。

さらに坂を上りながらご飯調査。素敵な建物とマヤさんが指さしたのはスターバックスだった。坂の途中で絵を描いている女性を発見。普段描いているという絵を見せてくれた。うまく描く訓練をしているため、意識を追っかける線をドローイングすると説明。実際にマヤさんをモデルにドローイングをして描いてもらった。nao morigoさんはパリやシンガポールなどで個展を開いているそう。

午後1時。北野坂を上り、異人館のほうへ。この地区は明治から昭和初期にかけて日本に来た外国人が暮らした場所。洋館が立ち並んでいる。六甲牧場のソフトクリームを発見。マヤさんはピスタチオのソフトクリームを注文。ピスタチオはナッツの一種、そのまま食べても美味しいが、パウダーにしてお菓子の材料としても人気。一口食べたマヤさん、超なめらかとコメント。社長を呼んで頂いた。ピスタチオカラーの色の洋服をたまたま着ていた社長。650円と少し高いと思っているそうで記憶に残るというコメントをつけたという。ソフトクリームをやる前はジュエリー関係のお仕事をしていたそう。ソフトクリームの他にチーズケーキもやっているという。こだわっているというか美味しいと言ってほしいという願いなだけだと話した。ソフトクリームは2010年のアンケートで全国1位にもなっている。ここで突然「あなたのご飯見せて下さい」、こんな時間にないよと社長。

社長が自分でブレンドして焙煎したコーヒー豆を見せてくれた。社長はカフェも経営しており、全部で6店舗を経営している。そんな豆のコーヒーとチョコレートチーズケーキを頂いた。

中国 大家族の春節祝い飯に潜入!

南京町は横浜・長崎と並ぶ日本三大中華街のひとつ。東西およそ270m、南北およそ110mの範囲に100店舗以上が軒を連ねる。

キーワード
神戸市(兵庫)
メゾン・ド・プロヴァンス
ビストロ・カフェ・ド・パリ
コムリパピヨン・レザーバッグ
ステーキランチ
北野坂
スターバックス
スターバックスコーヒ 神戸北野異人館店
ピスタチオプレミアム
スペシャルミルク
ホワイトチョコチーズケーキ
神戸六甲牧場
チョコレートチーズケーキ
神戸牛
串付きトルネードウインナー
エッグタルト
桃まん
南京町(兵庫)
横浜(神奈川)
長崎県
春節
中国

兵庫県神戸市 (バラエティ/情報)
12:13~

春節限定!鶏の丸揚げ/本場中国の春節祝い飯!

神戸中華街で春節祝い飯を調査中。胡麻団子は春節の最終日に無事正月を終えられることに感謝して食べるという。胡麻団子を食べさせてくれたお店の人にご飯を見せてもらえないかお願いしたが、また今度とお断りされた。

豚まん店を発見し、撮影許可を頂き店内へ。出来たての豚饅頭、人気の老祥記は1日に1万個以上販売されている人気商品。

午後6時、女友達4人組に出会った。今から小籠包を食べるという。続いて中華食材を扱う東栄商行を発見した。商品はおよそ2000種類あり、中国全土の商品が揃うため関西に住む中国人が多く足を運ぶという。紹介してもらった2階のレストランへおじゃました。

キーワード
南京町(兵庫)
中国
春節
神戸中華街
神戸(兵庫)
豚饅頭
豚バラ肉
神戸市(兵庫)
京都府
小籠包
亀ゼリー
天津甘栗
鶏の唐揚げ

兵庫県神戸市 (バラエティ/情報)
12:26~

神戸中華街で春節祝い飯を調査中。東栄酒家で人気メニューの鶏の丸揚げをいただいた。春節には家族で訪れる客が多いため、春節の期間だけサービス価格で提供している。ここで店長にご飯を見せてもらえないかお願いしたところ、即OKしてもらえた。店長の王さんは中国福建省出身だという。

王さんは10人の大家族。魚のすり身を使ったつみれは、家族の団らんを願っている。ホンツァオというもち米と紅麹で作る酒からできる赤い酒粕を入れ、赤い福建風酢豚を作る。春節の日にだけ食べるタイの甘酢あんかけは1年間裕福に暮らせるようにという願いを込められている。焼きビーフンは牡蠣など海鮮が入るのが福建風。王さん家の春節の祝い飯は10品も食卓に並んだ。1994年王さんは大阪へ単身で来日し、料理人として住み込みで働いた。2年後ようやく家族を迎えられた。5人の子どもに恵まれ、そのときよく食べたのがビーフンだったという。

キーワード
神戸中華街
鶏の丸揚げ広東風
鶏肉
神戸(兵庫)
福建省(中国)
春節
ブロッコリー
マテ貝
ズワイガニ
スズキ
アカハタ
牡蠣
エビ
タチウオ
福建風酢豚
タイの甘酢あんかけ
焼きビーフン
ズワイガニの春雨
エビ炒め
タチウオの天ぷら
魚丸
  1. 前回の放送
  2. 2月28日 放送
  3. 次回の放送